2008年6月11日 (水)

オリンピック水着問題

天声人語より転載

2008年6月11日(水)付

 服装をしばらない学校なら、

夏はTシャツ姿があふれるだろう。

軽快で洗いやすい一着が好まれるのは

自然なことだ。日本水泳連盟が、

北京五輪の水着は選手が好きに

選べると決めた。いわば制服廃止である。

世界記録を連発している英スピード社製が、

日本代表の多数派になる勢いだ

▼先日の国内大会で飛び出した17の

日本記録のうち、16が話題の新型水着で

生まれた。競泳ニッポンの顔、北島康介

選手の200メートル平泳ぎは世界新だ。

水着は国内3社に限る、との「校則」は

もはや捨てるしかない

▼良薬は口に苦しで、速い水着は慣れる

までが大変だ。生地は透けるほど薄いのに、

体を極限まで締めつける。着用に20~30分

もかかり、女子選手の一人は「3人がかりで

着せてもらった」と苦笑した。ちなみに、十二

ひとえの着付けも2人がかりで30分を要するそうだ

▼水着の収縮力は体が一回り小さくなるほど

だという。つけるのに手間取るからといって、

早めに着替えておくのはつらい。レース直前に

体をねじ込み、終わればさっさと脱ぐ。まさに戦うため

だけの道具。鎧(よろい)兜(かぶと)を思わせる

▼北島選手は〈泳ぐのは僕だ〉とプリントした

Tシャツで訴えた。水着ばかりが注目される

風潮への不満と見た。条件が同じなら負けない

という自信、そして覚悟にも読める

▼水着の制約が外れ、どれで泳ぐも自己責任

となった。選手は選んだ一着で調整を急ぎ、

力と技の勝負に集中することになる。

道具に寄り道していた大方の関心も、

肉体の争いに戻ってくるだろう。

やっと五輪らしくなる。

以上

国内3社はこの4年間で何を研究して来たのだろうか?

今日の北島選手のコメントを見ると努力を怠った

訳ではないようだが、そうなるとSPEEDに比べて

大きく技術開発力で差を付けられていた事になり

それはそれで嬉しい事実ではないですね。

スポンサー契約と勝てる水着がイコールでは

無くなった今回、今後も続くようだと競技者の

環境悪化にも繋がるかもしれない。

メジャースポーツとは違い莫大な放映権料や

スポンサー収入があるわけではない競技では

尚更でしょう。スポーツ用品メーカーとしての

プライドに懸けて国内3社には今回の失態を

巻き返して欲しいと思う。

最後に、五輪本番まで極僅かしかない時間で

勝てる水着に多くの日本人選手が適応できることを

切に願います。

元からSPEEDの水着で泳ぎこんできた選手との

間に出来ている差が少しでも縮んでくれたらと

せっかく練習してきて、4年に1度しかない機会を

掴み取った選手達の努力が報われて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

富士と桜と浦和レッズ

4月5日新宿からのツアーバスで

2008_0405_072750

午後1時キックオフの静岡エコパスタジアムを

目指します。3日前には日本平で清水に

逆転勝利して要約、開花したレッズの08シーズン。

2008_0405_074010

新潟、清水に続き磐田を下して3連勝で首位鹿島と

13日のホームゲームを戦い勝利する!

その為に何があっても負けられないそんな試合へ駆け付けました。

2008_0405_074036

道中は見事な富士山と咲き誇る桜でした。

2008_0405_080919

そして試合も苦労したものの逆転勝利で3連勝を達成。

2008_0405_145522

この流れを大切にして試合の入り方を改善して

13日ホームゲームを迎えたいですね。

2008_0405_162826

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

日本平バスツアー

気持ち良い天気に満開の桜に送られて

目指すは清水戦日本平スタジアム。

2008_0402_151426

新宿集合なので少し早めに入ってデジカメの

電池がヘタッテ来たのでエネループを購入。

そして集合場所へ。

仕事を抜け出して駆けつけた仲間と日本平へ。

途中足柄では富士山も綺麗に見えるし

2008_0402_150404_2 2008_0402_150919

2008_0402_152708

小腹抑さえに買った明太子フランスとメロンパンも

2008_0402_152742

美味しかったです。

2008_0402_152947

東名の両サイドも桜で彩られて綺麗でした。

ほぼ、予定通りに日本平着。

試合はこちらで

帰りのバスは皆笑顔で帰着して、スタジアムに

後ろ髪を惹かれながら帰路に経ちました。

西武線の新所沢行き最終に間に合ったので

小平で下車。TAXI争奪戦に敗れたので諦めて

30分弱歩いて帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18きっぷ遠征第2弾笠松

J1の無い土曜日J2水戸へ移籍した赤星を見に

笠松まで行って来ました。

武蔵野線、中央線、京浜東北線と乗り継ぎ

2008_0329_083603

上野から土浦行き普通電車のグリーン車に乗車。

土浦からは通勤電車で水戸、そして東海へ。

途中、都内は桜が8分から満開状態。

2008_0329_092725

土浦近辺では筑波山が見えました。

2008_0329_095750

水戸の手前では偕楽園と千波湖の眺めが綺麗でした。

東海からは笠松競技場までシャトルバスで移動しました。

2008_0329_115153

およそ10分くらいで到着。途中混雑も無く移動できました。

2008_0329_145744

帰りは、試合終了後最初のシャトルバスで東海へ戻り

水戸で上野行きに乗り換え、ゆっくり上野までと思ったら

2008_0329_160141

土浦で16分停車。横の電車にお乗換えくださいとの事で

2分後に出る横の電車に乗り換えて帰宅しました。

たまには鈍行でゆっくり移動も良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

怒りという感情

正しいモティベーションに基づいて発生した

「怒り」をコントロールして目標達成への

パワーへと消化させることが出来れば

大きなエンスージアズムを得ることが出来る。

日頃から夢を抱き、目標を持っていると言える

状態になれば自己訓練により、「怒り」に飲み

込まれ、自らを見失う事は無い。

そして、「怒り」は対自分へと向かって行き、

自分が夢をかなえる為に足りていない「何か」を

見つけ出すための大きな欲求になるでしょう。

あらゆる感情も自身の制御下にある限り

暴走することは無いでしょう。

しかし、その為には自己を律する柱が必要です。

宗教、思想、哲学、目標など、自分にとって

絶対のものが多ければ多いほど良いのだと

思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

ACL決勝当日のお仕事

安曇野市豊科でサーバーとネットワーク

設定をして来ました。

2007_1107_104039

立川からあずさ7号で松本へ

2007_1107_104110

車窓を見ていると秋を感じさせる紅葉の山や

2007_1107_112902

頂上付近が冠雪している冬の始まりの山など

季節を感じさせる自然な眺めがありました。

2007_1107_113447

松本からの大糸線では里まで完全に紅葉が

2007_1107_122313

来ていて一段季節が進んでいるようでした。

調度良い時間の電車が無いので早めに着き

2007_1107_123027

折角なので仕事の現場近くにあったチョット雰囲気の良い

2007_1107_123932

お店でざる蕎麦を注文。食感は今ひとつの

感じでしたが、味は良かったと思います。

仕事の現場に入りチェックすると予定より

かなり作業が多いし、こんなときに限って

トラブルで解決に時間が掛かったりで

予定の倍以上の時間の作業になり、

ACL決勝の放送開始に間に合うか

ヒヤヒヤの帰り道となりました。

帰り道既に豊科駅に着く頃には夕焼けを追え

薄暗くなっていました。何とか電車が遅れなければ

ぎりぎりで毎回ACLアウェーをPVしている

カフェForzaへ着ける行程で豊科駅発の電車に

2007_1107_174947

乗り松本へ。そこからスーパーあずさ34号に

2007_1107_181913

乗って松本駅で買った「地鶏めし」という駅弁を

2007_1107_182428 

食べて、後は浦議SNSを見ながらそわそわ

しながら、八王子までの約2時間を過ごしました。

何とか無事移動を終了して、秋津に到着。

しっかり試合開始前に間に合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年7月 3日 (火)

アウェーはしごWバスツアー

6月30日から7月1日に掛けて

静岡エコパJ1ジュビロ~

新潟ビッグスワンアルビレディース~

新潟市陸アルビの2日間3試合アウェー戦

参戦&観戦です。

30日11:45集合で12:00に出発。

2007_0630_114211aa

新宿では大丸のジュビロツアーバスを見かけました。

15:45開門少し前にエコパに着く予定でした。

ところが、東名に乗る前に東名事故渋滞の

情報があり急遽首都高を降りて環八を通り

第三京浜、横浜新道保土ヶ谷PAで1回目の休憩を取り

~国道1号~新湘南~西湘と通り西湘を大磯で

降りて東名秦野中井から東名へ

この時点で14:50を回っていました。

2007_0630_154739aa

そして富士川SAで2度目の休憩。

このとき既にほぼ開門時刻になってました。

17:10過ぎ無事エコパに到着しました。

2007_0630_170719aa 車内は冷房が効いていて外は湿度高めでやや蒸し暑い状態でカメラが結露で曇りました。

迂回のお陰で大きな渋滞には巻き込まれ

ませんでしたが所要時間は余り変わらなかった

かも知れません。私達が着いたときには

同時刻に新宿を出たと思われる大丸のジュビロの

バスは既にスタジアムに到着してました。

流石に毎回ホーム開催のときに運行してると

慣れているのでしょうね。

2007_0630_171017aa_1

スタジアムで浦議SNSのマイサポさんと合流。

2007_0630_185736aa

指定席派コミュニティの企画参戦で

席も取っていてくれて助かりました。

この試合は無事0-2

東海アウェー3戦全勝となりました。

見事に勝利の後、一路極楽湯浜松佐鳴台店へ。

駐車場にバスを止めるのに一苦労。

運転手さんの腕に助けられて何とか入れました。

連絡済みではありますが40人以上のバスツアー

流石に直ぐには入れずお店の入口でウィーアーさんの

大行列になって、他のお客さんは珍しいものを

見たように皆さん笑ってこちらを見ていました。

そして午前1時に極楽湯浜松佐鳴台店を出発。

朝、5時少し前に新宿に到着。即山手線に乗り

池袋へそこから東上線で志木に出て志木から

新潟バスツアーで参加しました。

予定の時間に志木にツアーバスが到着。

2007_0701_064152aa

途中、花園道の駅でここからのツアー参加の方が乗り

越後川口で休憩を取り、

2007_0701_093454aa

東北電力ビッグスワンへ。

2007_0701_105012aa

レッズレディース遠方アウェー初参戦です。

ゴール裏でいつも以上に参戦度の高い試合になりました。

2007_0701_112810aa

この試合も0-2で見事にレッズレディースが勝利

2007_0701_144258aa

この後バスに戻り遅めの昼食を新潟ふるさと村で取りました。

中に入るとお寿司屋さんや郷土料理屋さんがありましたが

2007_0701_153638aa

結構良いお値段だったのでラーメン屋さん

新潟らー麺に入り坦々麺大盛を食べました。

そんなに辛さはきつくなくて調度良い感じでした。

それでもジワット汗は出てきました。

食事の後少し、お土産などを見て周り

2007_0701_154740aa

バスに戻りましたが日差しが強いので

出発直前まで外の日陰で待ってバスに戻ると

皆同じタイミングであっという間にバスに集まり

時間通りにサテライトの試合会場

新潟市陸上競技場へ向かいました。

2007_0701_162650aa

入場すると既にピッチ内アップ中でした。

2007_0701_162918aa

流石に2日間で3試合目となると疲労が

溜まっていて参戦とはいかずに、サテライトとしては

珍しく太鼓が2つもあったレッズ側のメインスタンド

最ゴール裏寄り(レッズサイドはゴール裏と

バックスタンドは閉鎖)でしたが、観戦してきました。

トップチームに近いアルビとユースも入り試合から

離れているメンバーの調整の感じの強いレッズ。

しかし、1点先制されるものの1-2と逆転勝利

嬉しい、嬉しい2日間、3戦全勝、勝ち点9の

ツアーの締めくくりとなりました。

試合後に関係者専用駐車場に止めたツアーバスに

戻ると、何とレッズ選手バスの横に止まっているでは

2007_0701_185536aa

ありませんか、しかも、今回の遠征サテライトは

トップチームの3列バスで来ていました。

2007_0701_185616aa

選手より先に会場を後にしましたが

何か嬉しい出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月24日 (木)

ノナティブ使ってみた

先日、仕事の後「田谷の湯」へ

そのときに仕事先で取り扱っている

ノナティブのシャンプー、コンディショナー、ボディソープを使用。

新シリーズになってからは初めて使いましたが

前シリーズにも増して、髪のサラサラした感じや

滑らかさが違うのがわかりました。

Nona51

ボディソープも少量でしっかり洗えた感じでした。

普段、そんなに拘っていない私で体感できる商品なのは

驚きでした。気を使ってる人が使ったらきっと驚くのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

犬山温泉へ

1泊2日の日程で11月12日から犬山温泉へ行きました。

東京駅からのぞみで名古屋へ

そこから名鉄に乗り換え犬山遊園からモノレールと乗り継ぎ

モンキーパーク

様々な地域の多種に渡るサルを見ることが出来ました。

見学を追えてモノレールで犬山遊園に戻り

徒歩で宿泊先名鉄犬山ホテルへ

その後、犬山城へ行こうかと思ってましたが

風も強く寒かったので断念。ゆっくり食事をして

温泉でくつろぎました。

翌朝、朝食後に犬山城まで散歩に

行ってみると見学時間少し前ながらご好意で

入れていただけることになり入城。

流石に現存する最古の天守閣。

階段は急でしたが趣のある素晴らしいお城でした。

犬山城からホテル戻りタクシーで明治村

非常に趣のある洋館や重みのある建物の数々

朝開園時間少し後に入ったものの

午後4時の閉園まで見て歩いても

全てを見ることは出来ませんでした。

建物、SL、市電、馬車など楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

激闘の末に早実優勝!

昨日の延長15回引き分け再試合となった決勝戦。
3連覇に挑む駒大苫小牧と古豪早実の対決。
昨日同様の緊迫した内容ながら、
序盤1回2回と早実が1点ずつ得点し
試合を優位に進めて行く。
6回に駒苫がホームランで1点を取るが
早実もすかさず1点を取り返す。
そして、ダメ押しとも思える1点を追加して
最終回、駒苫の攻撃。
2番が出塁すると3番がホームラン。
1点差と追い上げて迎える4番と本間君と
あの15回表の対決の再現。
ココと言う時の斉藤君の速球の力は
4連投にも関わらず衰えず146Km/hを記録。
4番との対決を抑えると、5番も抑え最後は
駒苫のエース田中君との対決に
ボールながら147km/hも記録して結果的に抑えて
早実が夏の甲子園初優勝を飾った。
素晴らしい試合を連日に渡って繰り広げてくれた
両校の選手に素晴らしい試合をありがとうと言いたい。
それにしても早実の斉藤君のカウント球と勝負球を
しっかりと使い分けた投球には驚かされたこの夏だった。
強打を誇る相手との対戦が多かったがしっかり抑えきった
常に自分のペースに相手を引き込んでの投球だったと思う。
是非、プロの世界で彼の投球を見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)