2007年10月16日 (火)

亀田家への罰則に思う

JBCの裁定が決まり、父、史郎コーチが

セコンド・ライセンスの無期限停止、

大毅は1年間のボクサー・ライセンス停止

興毅は厳重戒告となった。

JBCは史郎氏の練習指導も認めないと断言した。

大毅には、かなり温情を掛けて再起の道を

大きく残した印象。興毅は執行猶予みたいな物ですね。

印象としてはかなり軽め、且つ予想の範囲の処置。

これを大毅厳しすぎるとコメントしてしまうあたりが

父・史郎コーチのズレてしまっているところだと思う。

親としての発言なら理解できなくも無いが

世界戦のセコンドとして、自らも罰を受け

やってはいけない反則を。数え上げたらキリがない

と言われる程の反則を繰り返し、最終ラウンドの

愚行を犯したボクシング選手に僅か1年の資格停止。

これを温情ある裁定と受け入れられない人が

セコンドをやってはいけないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月13日 (土)

亀田大毅選手に厳罰を

大毅や史郎氏のライセンス停止も

11日のWBC世界フライ級タイトルマッチで反則を
繰り返した挑戦者の亀田大毅(18=協栄)に対し、
日本ボクシングコミッション(JBC)は12日、
倫理委員会を15日に開催して処分を検討することを決めた。
JBCの安河内剛事務局長は大毅や父でトレーナーの史郎氏、
協栄ジムの金平桂一郎会長らにライセンス停止などの
重い処分を科す可能性を示唆した。

安河内事務局長は「最終回は顕著で、3点の減点なんて
記憶にない。(相手を持ち上げて投げた)反則が
ボクサー生命にかかわる影響があったかを一番問題視する。
重大な処分が出る可能性がある」と話した。

[2007年10月12日22時13分]

以上日刊スポーツ

http://www.nikkansports.com/battle/kameda/f-bt-tp1-20071012-268994.html

楽しみにTVを見ていましたが、クリンチすれば

チャンピオンの腿を撃ち、9ラウンドには投げ倒し

12ラウンドにはあの暴挙。

ボクシングに対する冒涜だと感じるし

高い金を払って見に来ているお客さんに

失礼極まりない。

プロとしてあっては、ならない行為だったと思う。

ジムやトレーナーへの処分はともかく

亀田大毅選手には一旦ライセンス剥奪なり

停止が必要だと思う。

内藤選手がチャンピオンとして

しっかり防衛した事と、切腹に関する

チャンピオンの発言がせめてもの救いとなる

史上最悪のタイトル戦となってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年8月22日 (火)

激闘の末に早実優勝!

昨日の延長15回引き分け再試合となった決勝戦。
3連覇に挑む駒大苫小牧と古豪早実の対決。
昨日同様の緊迫した内容ながら、
序盤1回2回と早実が1点ずつ得点し
試合を優位に進めて行く。
6回に駒苫がホームランで1点を取るが
早実もすかさず1点を取り返す。
そして、ダメ押しとも思える1点を追加して
最終回、駒苫の攻撃。
2番が出塁すると3番がホームラン。
1点差と追い上げて迎える4番と本間君と
あの15回表の対決の再現。
ココと言う時の斉藤君の速球の力は
4連投にも関わらず衰えず146Km/hを記録。
4番との対決を抑えると、5番も抑え最後は
駒苫のエース田中君との対決に
ボールながら147km/hも記録して結果的に抑えて
早実が夏の甲子園初優勝を飾った。
素晴らしい試合を連日に渡って繰り広げてくれた
両校の選手に素晴らしい試合をありがとうと言いたい。
それにしても早実の斉藤君のカウント球と勝負球を
しっかりと使い分けた投球には驚かされたこの夏だった。
強打を誇る相手との対戦が多かったがしっかり抑えきった
常に自分のペースに相手を引き込んでの投球だったと思う。
是非、プロの世界で彼の投球を見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

甲子園決勝に思う

素晴らしい戦いだった。

そして、延長15回表の早実エース斉藤君の2OUTからの
ピッチングはプロ野球でも見られないような見事なものだった。
ずーっと一人で投げ続けてきて連戦連投。
そしてゲーム最終盤160球を超える投球の後に
147km/hの速球をコースに決める!
甲子園全体が異様な興奮にあるのがTV越しに伝わってくる。
そして最後はフォークボールで三振に討ち取った。
結局延長15回引き分け再試合となったが、
両校のエース共に将来日本野球界を背負う可能性のある
逸材であると思う。この2人が引き分け再試合でまた投げるだろう。
この試合はトーナメントの決勝戦。
選手の健康管理に健康診断などを取り入れたのなら
試合日程を何とかするべきだろうし
今日の試合だったら引き分け両校優勝で充分だったと感じる。
選手は試合があれば出場するだろうし
決勝となれば張り切るだろう。
連戦で緊張をきらない事と興奮で、その試合は乗り切ってしまう
かも知れないが、過剰な疲労があることは間違いない。
運営する高野連と文部科学省も少し考えた方がいいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

荒川さん金メダル!

すでに皆様ご存知の通り見事な演技で
コーエン、スルツカヤを抑えて
荒川さんが金メダルを獲得しました。
それにしても、本当に大変な事だと思います。
アジア初の偉業であると共に、クワンもスルツカヤも
夢見て手が届かなかったオリンピックの金メダル
世界中が実力1と認めていた2人でも掴めなかった
金メダルを取ってくれました。
このオリンピック最初のメダルが貴重な、偉大な
フィギアスケート女子・金メダルであった事と
各大会でしっかりとジャッジの点の出方を
研究した上で、点の出る演技と自分の表現したい演技
を見事にすり合わせて妥協せずに取り組んだ
彼女の手に入った事を本当に喜びたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

早稲田健闘及ばず!

王者東芝府中相手に、食い下がり頑張った早稲田だったが
結果的には零封されて敗戦。
それでも、東芝府中フィフティーンを苛つかせたり
東芝府中のモールを止めたり、ミスを誘うDFを見せ、
良い場面も在った。
PGを狙えば点は取れたが、トライを決めれば
正気も生まれたかもしれない中で、PGを蹴らずに
攻めて行った姿に今年の早稲田を見せられた気がした。
すばらしいチームに仕上げてきた清宮監督が去るが
今シーズンのチームから多くを引き継ぎ、
先につないで欲しいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年2月12日 (日)

第2試合早稲田大学奇跡の勝利!!

前半開始から今までの大学対社会人(トップリーグ)の
戦いとは様子の違う試合になった。
ラインアウトやスクラム、モールでもトヨタ自動車に
一歩も引けを取らず、特にラインアウトではトヨタボールを
再三MYボールにするなど素晴らしい早稲田に対し浮き足立つ
トヨタ、勝って当たり前、負けは許されないと言う立場からか、
2006_0212_141116AA
五郎丸の前半7,14分のPG2本でしっかり6-0とリードを重ねる早稲田。
更に23分、ゴール前のモールを上手くコントロールして押し込み佐々木がトライ!
これで11-0としたが、すかさずトヨタも反撃を見せ、強烈なハンドオフから
28分トロイ・フラベルがトライを返し11-7。
2006_0212_143528AA 2006_0212_143544AA
取られれば取り返す展開で、ダミーパスからステップで切れ込み
31分曽我部がトライで18-7、35分には五郎丸のPGで21-7とする。
このまま、2T2G差で後半に行ければ、と思ったが、流石トヨタ
ティアティアが終了間際にトライを決め21-14で前半終了。
後半開始早々からトヨタの攻勢が続きやはりトップリーグ越えは難しいかと
感じさせられる時間が続く中で、この試合を決めたといっても良い「BIG PLAY」
が飛び出した。早稲田伝統の防御を後一歩で破れずに攻め続けの
2006_0212_150716AB 2006_0212_150716AA トヨタのパスを見事にインターセプトして自陣から一気に早稲田4番内藤が
トヨタのバックスの追撃を振り切りゴールへ飛び込みトライ!
非常に厳しい時間帯で先に早稲田が得点できた事が大きかった。
その直後にはミスからトヨタにインターセプトからのトライを許し
2006_0212_150928AA 18分五郎丸の逆風にしてはやや距離のあるPGが決まらずいやな感じに。
28-21の1G1T差で、トヨタ5番トロイ・フラベルがシンビンとなった事も
早稲田に追い風となった。
それでも1人少ないとはまるで解らない程、攻め25分廣瀬のPGで28-24と
追い上げたトヨタだったが、その後は粘り強く守る早稲田に対して
ノックオンやオフサイドなど後一歩のところで反則を犯してしまい
迫力満点のロスタイムの連続攻撃も実らず4点差で終了。
ノーサイドの瞬間を迎え、大学選手権優勝よりも遥かに喜んでいる
早稲田フィフティーンの姿があった。
2006_0212_154104AA 秩父宮に詰め掛けた早稲田ファンから試合中に何度と無く自然発生した
ワッセダ!ワッセダ!ワッセダ!のコールにも押されるように粘り掴んだ
歓喜の勝利!大会形式変更後、トップリーグ勢に対する初勝利を上げた。
大学ラグビー界における歴史の1ページが作られた瞬間だった。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

第43回日本ラグビーフットボール選手権2回戦

秩父宮で12:00~第1試合コカ・コーラウェストジャパン対NECブルーロケッツ
14:00~第2試合トヨタ自動車ヴェルブリッツ対早稲田大学の2試合が行われた。
この日観戦に行く最大の目的は、
最近まったくトップリーグの社会人チームに勝てない大学チームが
少しずつレベルアップを図り、善戦を演じた昨年以上に今年の早稲田なら
何かやってくれるのではないか!?という期待からだった。
そして、その何かが起こる予感は、第1試合をみて更に大きくなっていった。
来シーズンからトップリーグに上がる、コカ・コーラがトップリーグの競合NECに
後半途中2点差と迫る大善戦を演じた。終盤は力尽きたが、関東学院大が
互角の戦いをしたコカ・コーラがNEC相手の大善戦である。
早稲田はその関東学院を圧倒して大学選手権優勝を果たしている。
しかし、相手はトヨタ自動車だから、奇跡そう、勝利は奇跡と言う言葉でしか
表現されない位、遠く難しいモノだと、それでもヒョットしたらと思わせてくれた
素晴らしい第1試合だった。

2006_0212_120245AA 2006_0212_125502AA 2006_0212_133914AA 2006_0212_133935AA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

ラクビー全日本選手権

一体何時振りなのか解らないが ずいぶん久しぶりにラクビーを観戦する事になった。 秩父宮で2月に行われる全日本選手権の2回戦を サッカー観戦を一緒に行く仲間と観る事になった。 早稲田大学が何処までトップリーグのチームに 戦えるのかを楽しみにしている。 その前に1回戦に勝ってくれる事を信じて2回戦 に行く事にした。 関東学院大学も2回戦に上がってもらって 善戦を期待したい。 ここ数年格差が開きっぱなしの印象の 社会人チームと大学チームの力の差を 早稲田が何処まで詰めたのか、見てきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)