« 遠征帰り上空からの富士 | トップページ | 7/9~7/14九州遠征記1九州着 »

2008年6月11日 (水)

オリンピック水着問題

天声人語より転載

2008年6月11日(水)付

 服装をしばらない学校なら、

夏はTシャツ姿があふれるだろう。

軽快で洗いやすい一着が好まれるのは

自然なことだ。日本水泳連盟が、

北京五輪の水着は選手が好きに

選べると決めた。いわば制服廃止である。

世界記録を連発している英スピード社製が、

日本代表の多数派になる勢いだ

▼先日の国内大会で飛び出した17の

日本記録のうち、16が話題の新型水着で

生まれた。競泳ニッポンの顔、北島康介

選手の200メートル平泳ぎは世界新だ。

水着は国内3社に限る、との「校則」は

もはや捨てるしかない

▼良薬は口に苦しで、速い水着は慣れる

までが大変だ。生地は透けるほど薄いのに、

体を極限まで締めつける。着用に20~30分

もかかり、女子選手の一人は「3人がかりで

着せてもらった」と苦笑した。ちなみに、十二

ひとえの着付けも2人がかりで30分を要するそうだ

▼水着の収縮力は体が一回り小さくなるほど

だという。つけるのに手間取るからといって、

早めに着替えておくのはつらい。レース直前に

体をねじ込み、終わればさっさと脱ぐ。まさに戦うため

だけの道具。鎧(よろい)兜(かぶと)を思わせる

▼北島選手は〈泳ぐのは僕だ〉とプリントした

Tシャツで訴えた。水着ばかりが注目される

風潮への不満と見た。条件が同じなら負けない

という自信、そして覚悟にも読める

▼水着の制約が外れ、どれで泳ぐも自己責任

となった。選手は選んだ一着で調整を急ぎ、

力と技の勝負に集中することになる。

道具に寄り道していた大方の関心も、

肉体の争いに戻ってくるだろう。

やっと五輪らしくなる。

以上

国内3社はこの4年間で何を研究して来たのだろうか?

今日の北島選手のコメントを見ると努力を怠った

訳ではないようだが、そうなるとSPEEDに比べて

大きく技術開発力で差を付けられていた事になり

それはそれで嬉しい事実ではないですね。

スポンサー契約と勝てる水着がイコールでは

無くなった今回、今後も続くようだと競技者の

環境悪化にも繋がるかもしれない。

メジャースポーツとは違い莫大な放映権料や

スポンサー収入があるわけではない競技では

尚更でしょう。スポーツ用品メーカーとしての

プライドに懸けて国内3社には今回の失態を

巻き返して欲しいと思う。

最後に、五輪本番まで極僅かしかない時間で

勝てる水着に多くの日本人選手が適応できることを

切に願います。

元からSPEEDの水着で泳ぎこんできた選手との

間に出来ている差が少しでも縮んでくれたらと

せっかく練習してきて、4年に1度しかない機会を

掴み取った選手達の努力が報われて欲しいです。

|

« 遠征帰り上空からの富士 | トップページ | 7/9~7/14九州遠征記1九州着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/41505230

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック水着問題:

« 遠征帰り上空からの富士 | トップページ | 7/9~7/14九州遠征記1九州着 »