2010.03.13

PUMA CUP 準決勝 2試合

PUMA CUP 2010 第15回全日本フットサル選手権大会

準決勝 会場:国立代々木競技場第一体育館

第1試合:12:00Kick Off

府中アスレティックFC(A1位) 1 - 3 湘南ベルマーレ(B1位)

前半スコアレス。攻めた湘南に守りに回った府中。

湘南が上手くボールを回したり、ポジションを取る影響もあるでしょうが

府中は攻める意識が希薄に感じる前半でした。

後半湘南が先制した事でゲームが活性化。

2点リードされて府中がゴレイロの攻撃参加でしっかりセットして形を

作りましたが湘南がボール奪取からカウンターで3点目。

府中はシュートの精度が低かったのが響きチャンスはありましたが

1点返すのがやっとでした。

第2試合:14:30Kick Off 

デウソン神戸(F1位) 0 - 1 シュライカー大阪(C1位)

前半残り1分は神戸が連続してシュートを放ち大阪ゴールに迫り

ましたが大阪ゴレイロの「イゴール」が神と化してゴールを許さず

虎の子の先制点を守り折り返しました。

昨日と合わせた6試合で一番迫力ある試合になってます。

後半もイゴール劇場でした。あれだけセーブされると攻めもより

完全を目指し逆にタイミングを失うこともあったように感じました。

湘南対大阪の決勝となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.03.12

PUMA CUP 準々決勝 4試合

PUMA CUP 2010 第15回全日本フットサル選手権/国立代々木競技場第一体育館
準々決勝4試合を観戦して来ました。

第一試合KickOff 10:30

ぺスカドーラ町田(D1位/Fリーグ2位)2 - 3府中アスレティックFC(A1位/Fリーグ10位)

前半1対1。町田にファールが目立ちます。名古屋不在で激戦の大会。
何処が勝っても可笑しくない感じがします。
後半1ー1で延長へ度重なるファールで第2PK3回は凌いだ町田でしたが
延長後半に府中にゴールを許し延長0ー1のトータル2ー3でFリーグ2位の
町田が敗退しました。町田の藤井選手をもっと見たかったです。

第2試合KickOff 12:55

バルドラール浦安(E1位/Fリーグ6位)2 - 3 湘南ベルマーレ(B1位/Fリーグ8位)

バルドラール浦安が湘南ベルマーレに1ー2とリードを許し
内容でもおされ気味で折り返し。
湘南のボラ選手がフットサルらしくて面白いプレーが多いです。
後半残り5分を切り浦安タイムアウトから全員攻撃。
湘南が先にボール奪取からゴールを奪い勝負ありと思いましたが諦めない
浦安が1ゴールを返しました。最後まで緊迫感ある試合でした。

第3試合KickOff 15:00

デウソン神戸(F1位/Fリーグ7位)5 - 4 バサジィ大分(B2位/W2位/Fリーグ4位)

前半3ー0で神戸がリード。
前半は神戸のワンサイドゲーム。残りが少なくなった中で全員攻撃を仕掛けた
大分ですが数的優位を感じることなくゴールが遠かったです。
後半は大分が巻き返し開始から攻勢に出ると2点を返し1点差として勢いづく。
神戸も失点で再び気合いが入り集中が高まると2点を返し突き放しました。
最後まで諦めない大分が残り1秒でゴールを決めて1点差まで追い上げました。
フィールドプレーヤーが少ないだけに作戦がはまると劇的に変わる印象を受けました。
フットサルの大会を見るのは2回目なので詳しくは解らないのですがハーフタイム、
タイムアウトでの作戦変更などで最後までわかりませんね。

第4試合KickOff 17:15

シュライカー大阪(C1位/Fリーグ3位)3 - 2エスポラーダ北海道(A2位/W1位/Fリーグ5位)

大阪が2点を奪い折り返しましたがゴレイロが警告受けるなど
ファール6個に現れるように楽な展開ではありません。
北海道はファール無しで前半を終えました。
決定機はあるので後半先にゴールすればかなり混戦になりそうです。
後半、大阪のオウンゴールで追い上げた北海道が同点を目指した隙をついて
大阪が突き放しその後の反撃を1点に抑え逃げ切りました。
全て1点差の決着となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)