« 駿台学園vs都日野台 平成26年度高校サッカー東京都2次予選 | トップページ | JR東日本カップ2014 JUFA関東1部 早稲田vs国士舘 »

2014.09.25

JR東日本カップ2014 JUFA関東1部 慶應vs筑波

2014/9/20
JR東日本カップ2014 第88回関東大学サッカーリーグ戦 1部 第14節

kick off 11:30(45/45) 味の素スタジアム西競技場 556人
慶應義塾大学 2-2 筑波大学
0 前半 1
2 後半 1
【得点】
62分 18浅間 翔大
63分 8山浦 新
37分 17中野 誠也
90+3分 11高柳 昂平

スライドショー

◆慶應義塾大学メンバー
1峯 達也
14井上 大、2久保 飛翔、6望月 大知、4保田 隆介
7川田 悠介、18浅間 翔大、10端山 豪、8山浦 新
13加瀬澤 力、9宮地 元貴

[選手交代]
75分 9宮地 元貴→15平戸 奨眞
80分 13加瀬澤 力→17山本 哲平
87分 8山浦 新→11増田 湧介

[警告]
85分 6望月 大知 C1 反スポーツ

◆筑波大学メンバー
1岩脇 力哉
3三丸 拡、5西村 洋平、8早川 史哉、6片岡 爽
7車屋 紳太郎、13斎藤 正朋
10中野 嘉大、26戸嶋 祥郎、20野口 航
17中野 誠也

[選手交代]
73分 20野口 航→15北川 柊斗
79分 26戸嶋 祥郎→18三宅 智大
86分 10中野 誠也→11高柳 昂平

26戸嶋 祥郎のスタメンの文字をメンバー表で見て嬉しい驚きでした。
試合が始まると筑波の攻撃は10中野、3三丸、6片岡から前線へと言う感じで
26戸嶋が良い位置取りをしてもボールが入らず、慶應の9宮地を軸にした
攻撃に受けに回る時間が多い印象でした。
25分過ぎ辺りから、慶應のDFとMFの間で26戸嶋が受ける回数が増えると筑波の
攻撃にリズムが出始めました。
37分にGK岩脇からのボールを10中野が繋ぎ17中野が決めました。
筑波が1点をリードして前半を終了。

後半は慶應が前線からのプレスを強めた感じでスタートで序盤は慶應ペース。
しかし54分筑波がBIGチャンスを迎える。20野口がGKと入れ替り17中野がシュート
このシュートを慶應DFがカバーに入っていてゴールを許さず。
62分慶應、9宮地からパスを受けて7川田がシュートは決めらず混戦に。
18浅間から9宮地。最初は9宮地のゴールと放送。その後の訂正で、公式記録は
詰めた18浅間に変更。混戦だったのでハッキリとはラインが解らなかったが、
18浅間は戻りオフサイドの可能性が高そうなポジションにいました。
ラインを把握して決めたなら、冷静な判断の産んだゴールだったと思います。
63分慶應、勢いに乗り7川田の落としを8山浦が流し込み逆転。
残留に向けて負けられない筑波は、ここから必死の反撃を試みる。
セットプレーも獲得して攻めるが同点ゴールが奪えず、4分表示のATに突入。
90+3分筑波、6片岡のCKに11高柳が頭で合わせて同点ゴール。
その直後に慶應が筑波のゴールネットを揺らすが、その前にファールが有り
ノーゴール。ATに入り5分を過ぎた所で2-2のまま試合終了となりました。

|

« 駿台学園vs都日野台 平成26年度高校サッカー東京都2次予選 | トップページ | JR東日本カップ2014 JUFA関東1部 早稲田vs国士舘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/60374311

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本カップ2014 JUFA関東1部 慶應vs筑波:

« 駿台学園vs都日野台 平成26年度高校サッカー東京都2次予選 | トップページ | JR東日本カップ2014 JUFA関東1部 早稲田vs国士舘 »