« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014.07.17

高円宮杯U-18 2014東京T1リーグ 実践学園vs関東一

2014/7/16
高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 東京 T1リーグ 第13節

kick off 17:00(45/45) 実践学園高尾総合グラウンド
実践学園高校 1-0 関東第一高校
0 前半 0
1 後半 0
【得点】
57分 7新井 直人



スライドショー

◆実践学園高校メンバー
1柿崎 陸
11橋本 康平、4高橋 龍世、5渡辺 東史也、19黒石川 瑛
8天下谷 真太郎、14杉山 大周、6横溝 聖太郎、16野崎 智寛
22須田 皓太、7新井 直人

[選手交代]
52分 19黒石川 瑛→23?
57分 16野崎 智寛→13?
63分 8天下谷 真太郎→3百瀬 隆平
83分 14杉山 大周→9小池 将史
86分 7新井 直人→24石井 幸太

◆関東第一高校メンバー
1岸 将太
5松本 蓮、4鈴木 雅隆、3戸室 公輔、2菊池 優生
6?、7堀内 学
9角口 大征、10佐藤 勇斗、8阿部 凌雅
11音泉 翔眞

[選手交代]
HT 6?→14坂東 智也
71分 8阿部 凌雅→20小笠原 翔紀、10佐藤 勇斗→18鈴木 隼平
77分 5松本 蓮→13道願 翼

実践学園が序盤から中盤までは、14杉山、6横溝の両ボランチが機能して、
良くボールを受けたり奪ったりしながら、11橋本、8天下谷、22須田の左を
軸にしつつ、19黒石川、16野崎、7新井の右からも効果的な攻撃を見せ有利に
進めたが関東一3戸室が良く跳ね返していました。
関東一も、中盤以降は持ち直して徐々にこちらもボランチが触る回数が増え、
多少良い形が見られましたが実践学園の優位は変わらず進みスコアレスで
前半終了。
後半開始、実践学園のDFラインが観戦位置の近くになりました。すると5渡辺の
コーチングを基にして上手く穴を埋め守っていました。
57分実践学園、7新井のFKにニアに3人入った実践学園、関東一も2人が
マークに付き、GK岸も出て、GKに任せたもう一人は、カバーへ回りましたが
誰も触れずに、弧を描いた軌道のボールはファー寄りゴールネットを揺らし
実践学園が先制。このゴールが決勝点となり実践学園が勝利。
後半立ち上がりは、カウンターからチャンスを掴んだ後、関東一の時間も
有りましたがゴールを奪えませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.13

高円宮杯2014プレミアリーグ(EAST) 養和Y-清水Y

2014/7/6
高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 プレミアリーグ(EAST)第7節

kick off 16:00(45/45) 三菱養和会 巣鴨スポーツセンターグラウンド 300人
三菱養和SCユース 2-4 清水エスパルスユース
2 前半 2
0 後半 2
【得点】
18分 10下田 悠哉
43分 9ディサロ 燦 シルヴァーノ
7分 9大野 椋馬
13分 12田口 雄太
72分 9大野 椋馬
84分 22沼野 誠也

スライドショー

◆三菱養和SCユースメンバー
1斉藤 雄太
11高橋 瞭斗、5池田 樹雷人、4関野 太聖、26杉山 耕二、7相馬 勇紀
10下田 悠哉、14瀬古 樹、28齋藤 一、12松井 輝純
9ディサロ 燦 シルヴァーノ

[選手交代]
72分 12松井 輝純→27平山 駿

[警告]
46分 7相馬 勇紀

◆清水エスパルスメンバー
1山川 卓己
12田口 雄太、3鈴木 翔太、15村松 航太、28梅村 豪
14森主 麗司、6宮本 航汰
25西澤 健太、7水谷 拓磨、11望月 大
9大野 椋馬

[選手交代]
62分 14森主 麗司→24福井 悠陽
73分 6宮本 航汰→22沼野 誠也
82分 9大野 椋馬→8柴田 祐輔
90分 11望月 大→4深澤 優太郎
90+3分 12田口 雄太→19武田 夏輝

養和は基本3-4-2-1で組みたい様だったが、清水のプレスが嵌り相手の
スピードに乗った攻撃に両WBが吸収され、5-4-1状態で2列目と9ディサロの
間に距離が出来てしまい、そこを清水に使われパスの出し手へのプレッシャー
が掛らずに、盛んにベンチから左の10下田に前に出る様に指示が出ますが
バランスの修正に苦慮する時間が続きました。
7分清水、25西澤と7水谷のパス交換から中央9大野へ、これを決めて先制。
[三菱養和SCユース 0‐1 清水エスパルスユース]
13分清水、ショートCKからの流れで11望月がゴールライン付近から中央へ下げた
ボールを12田口がボレーで振り抜いてゴール。
[三菱養和SCユース 0‐2 清水エスパルスユース]
流石に首位に立っている清水強いを印象を受けました。
18分養和、右の深い位置で受けた7相馬が粘って相手をかわしクロスを送る。
10下田のHSはループ気味にGKの頭上を抜いてゴール。7相馬の粘りが追撃弾を
生んだ。[三菱養和SCユース 1‐2 清水エスパルスユース]
追い上げる養和の粘り強さは何度も見ているが、前半の内に追い付くとは
この時点では思えませんでした。
しかし、28分まで養和が良い時間を作りその後は一進一退の攻防に。
32分養和、28斎藤が左からのパスを受け右上へ鋭いロング、GKがセーブCKに。
43分養和、7相馬がボールを奪い返してドリブルで運び右9ディサロへ。
角度の無い所からGKの股間を抜いてファーサイドネットを揺らす同点ゴール。
[三菱養和SCユース 2‐2 清水エスパルスユース]
45分養和、7相馬のクロスに14瀬古がシュートも惜しくも枠外。
前半を2-2の同点で終える。
両チーム7番が目立つ展開。早くキレるドリブルで養和を翻弄する水谷と
1点返して以降、本来のポテンシャルを発揮しだした相馬。
清水は6宮本をアンカーに、14森住、11望月、12田口が絡むの左サイドが印象
に残りました。

49分清水、左12田口から中央9大野へ、こぼれを11望月が狙うがニアサイド
ネット外側へ、僅かに外れる。
53分養和、10下田にこぼれが入りシュートは相手に当たる。
55分養和、FK獲得。ポイントに7相馬と9ディサロ、同時にスタートも7相馬が
蹴りGKがキャッチ。
58分養和、清水のクリアが小さくなり右7相馬へ入る。シュートはGK抑える。
養和が後半は修正に成功、上手く寄せられるようになったが、59分清水、
25西澤が相手を剥がして右からクロス、9大野がHSはGKキャッチ。
60分養和、9ディサロがドリブルからシュートに持ち込んだが僅か外。
62分清水、選手交代。14森主→24福井。
64分清水、25西澤に楔が入り、横の24福井へパス、受けた24福井のシュートは
GK正面を衝いてキャッチされる。
65分養和、左11高橋のクロスに中央で10下田がHSはバー上へ。
67分養和、5池田がシュート体制に入るが清水6宮本が体張り守る。
この時、5池田のファールとなったプレーで6宮本が痛んで外へ出る。
70分清水、7水谷が中央をドリブルで運んでシュートは枠外。
72分清水、右25西澤が左斜め前方へスルーパスを9大野が受けてBOX内へ
GK斉藤との1対1はGKが反応し跳ね返るが自ら決めてゴール。
[三菱養和SCユース 2‐3 清水エスパルスユース]
72分養和、選手交代。12松井→27平山。
73分清水、一旦はピッチに戻った6宮本でしたが担架入り交代。22沼野を起用。
77分養和、9ディサロから10下田へ絶好のパスが入るが引っ掛けてしまい枠外。
後半開始から65分頃までの時間と、このシーンで得点出来なかったのは、養和
とすれば、試合を難しくしてしまいました。
82分清水、選手交代。9大野→8柴田。
85分清水、中盤の25西澤から左11望月へ繋いでグランダーのクロスを22沼野が
決めて突き放す。[三菱養和SCユース 2‐4 清水エスパルスユース]
90分清水、選手交代。11望月→4深澤。
90+1分養和、7相馬のロングスローを10下田がフリックもゴール奪えず。
90+3分清水、選手交代。12田口→19武田。
ATが4分位迫ったところで試合終了。
プレースピード、予測、連動性等で少しずつ上回っていた印象の清水が
突き放して勝利しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高円宮杯2014プリンスリーグ関東 レッズY-湘工大附

2014/7/6
高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 プリンスリーグ関東 第7節

kick off 11:00(45/45) 埼玉スタジアム第3グラウンド
浦和レッド
ダイヤモンズユース
2-1 湘南工科大学
附属高校
1 前半 0
1 後半 1
【得点】
39分 10小川 紘生
53分 オウンゴール
83分 3鶴田 雄佑

スライドショー

◆浦和レッドダイヤモンズユースメンバー
25大川 圭為
21中塩 大貴、4吉原 大、2橋岡 和樹、40橋岡 大樹
7勝野 瑛、5茂木 力也
39渡邊 陽、8斎藤 翔太、10小川 紘生
9小島 良太

[選手交代]
82分 39渡邊 陽→17川上 開斗、9小島 良太→19松澤 彰
85分 40橋岡 大樹→15高橋 聡史
87分 10小川 紘生→12小木曽 佑太

◆湘南工科大学附属高校メンバー
1菊池 大輝
2石川 智也、3鶴田 雄佑、4星野 颯、5横山 晴槻
16石川 涼河
11松井 航希、10上米良 柊人、14田所 海、8植木 勇作
7石塚 龍成

[選手交代]
55分 8植木 勇作→19遠藤 広大
72分 14田所 海→20石山 悦寛
85分 7石塚 龍成→9カリヨ イサミ ホセ

UPまで時間が掛ったので簡単に。
6分レッズ、前から上手くプレスを掛けて奪って繋いで7勝野がミドルは枠外。
7分レッズ、こぼれを8斎藤が狙うが防がれてCKに。10小川の蹴った右CKは
21中塩が頭で合わせたが枠を捉えず惜しい。
9分湘工、5横山からのパスを右で受けた7石塚がミドルは枠外へ。
14分レッズ、40橋岡 大樹のクロスを39渡邊がHS、GKがキャッチ。
15分湘工、右から7石塚、8植木で攻めて8植木のヒールパスを受けた10上米良。
シュートを放ったがGK25大川がキャッチ。
17分レッズ、相手のミスか9小島に入り10小川がシュートもGKキャッチ。
ややレッズが優勢な感じもするが、湘工もボールを握ると良い攻めが有り互角
な感じで時間が進み、23分に給水タイムを取った後も互いに譲らず。
39分レッズ、湘工5横山が痛んで中断、湘工の選手がベンチ前で主審の「始め
ます」の声が掛っても動かず5回程声をかけた後にドロップボールで再開。
湘工が見せた隙を巧く衝いて、4吉原からのボールを受けて10小川がゴール。
[浦和レッドダイヤモンズユース 1‐0 湘南工科大学附属高校]
ゴールの後も勢いが出て攻め込んだレッズ。43分21中塩から縦へパスが出て
左で9小島が受けて21中塩。21中塩のクロスは抜けるが、右10小川がクロス
8斎藤のHSは惜しくも枠外。前半はレッズが1点リードして折り返しました。

HT明けの選手交代は無し。
49分レッズ、8斎藤がこぼれに詰めてFKを獲得。10小川がゴール前へ送ったが
オフサイドを取られる。
52分レッズ、10小川のボール奪取から8斎藤がシュート、GK菊池が角を衝いた
シュートをセーブしてCKに。53分このCKを10小川が蹴ると湘工がOWN GOAL。
4吉原が良い位置に入った事も有ってのゴールでした。
[浦和レッドダイヤモンズユース 2‐0 湘南工科大学附属高校]
55分湘工、選手交代。8植木→19遠藤。
この辺りから、レッズ、全体にプレーの精度が落ち始まる。
65分過ぎ、レッズ39渡邊に良く動いていた事も有り、疲労を感じる。
72分、プレーが切れるとここで給水タイム。
72分湘工、選手交代。14田所→20石山。
73分湘工、7石塚のスピードに2人が付いて行けずシュート許すがGK大川が
ファインセーブでチームを救う。
82分レッズ、選手交代。39渡邊→17川上 開斗、9小島→19松澤。
83分湘工、セットプレーから3鶴田がゴールを奪う。
[浦和レッドダイヤモンズユース 2‐1 湘南工科大学附属高校]
85分レッズ、選手交代。40橋岡 大樹→15高橋。
85分湘工、選手交代。7石塚→9カリヨ。
87分レッズ、選手交代。10小川→12小木曽。
終盤も足が止まらない、湘工の追い上げに苦しみながら、何とか1点差を守り
レッズが勝利しました。今の状況下では勝ち点を積む事が一番、好転に繋がる
と思うので、ここからプリンスリーグ関東で、連勝を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »