« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013.11.26

2013J1第32節 レッズvs川崎

2013/11/23
2013 Jリーグディビジョン1 第32節

kick off 14:04(45/45) 埼玉スタジアム2002 45,607人
浦和レッドダイヤモンズ 1-3 川崎フロンターレ
0 前半 1
1 後半 2
【得点】
57分 5槙野 智章
12分 5ジェシ
59分 OWN GOAL
90+1分 13大久保 嘉人

スライドショー

◆浦和レッドダイヤモンズメンバー
1山岸 範宏
5槙野 智章、4那須 大亮、46森脇 良太
3宇賀神 友弥、22阿部 勇樹、13鈴木 啓太、14平川 忠亮
24原口 元気、8柏木 陽介
30興梠 慎三

[選手交代]
57分 14平川 忠亮→11関口 訓充
70分 3宇賀神 友弥→7梅崎 司
84分 46森脇 良太→34山田 直輝

◆川崎フロンターレメンバー
21西部 洋平
23登里 享平、4井川 祐輔、5ジェシ、8小宮山 尊信
20稲本 潤一、6山本 真希
10レナト、14中村 憲剛、16大島 僚太
13大久保 嘉人

[選手交代]
78分 8小宮山 尊信→3田中 裕介
87分 14中村 憲剛→11小林 悠
90+3分 10レナト→7中澤 聡太

3連勝してリーグ制覇に繋げたい残り3節。ナビスコ準決勝第2戦で掴んだ、
対川崎への手応えをしっかり活かせれば、相性の悪さを乗り越えられると思った
試合前でした。試合を簡単に振り返っておきます。
レッズのポゼッションにしっかり対応して、スライドして隙を与えず、前への
パスコースを消して下げさせる所を狙う川崎に対して、不用意に下げてしまい
ピンチを招くレッズ。主導的に持って攻めている印象よりも持たされている感じ
を受ける試合展開となりました。
12分下げた所に乗じて詰められてCKを与えて、このCKから5ジェシの高さに完敗の
失点でリードを許してしまうレッズ。
24原口や30興梠のシュートシーンもゴールに繋がらず、前半は1点リードを許す。
後半はリードされた事で、前への気持ちが前半よりは感じられる入りとなった。
57分、24原口の仕掛けのこぼれが5槇野へ入り、5槇野のシュートが決まる。
この同点ゴールで乗って行けるかと思われたが、59分サイドを崩されOWN GOAL。
30興梠の1タッチシュートもGK西部に守られるなど、追い付けず。
ATには13大久保にゴールを許して1-3とリードを広げられて敗戦。
前から取りに行く姿勢が徹底されて、勝利への強い気持ちが感じられたナビスコ
準決勝第2戦とは違って、どこかネガティブなポゼッションが多くなり、川崎の
術中に嵌ってしまった印象の試合でした。
残り2試合、開き直って攻めてゴールを相手より多く奪って勝つ、攻撃的な守備と
ゴールに向かうポゼッションをフルタイム忘れない試合をやり切って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.21

平成25年度 選手権埼玉県 決勝 市立浦和vs正智深谷

2013/11/17
平成25年度 第92回全国高等学校サッカー選手権大会埼玉県予選
兼 埼玉県高校サッカー選手権

kick off 14:05(40/40) 埼玉スタジアム2002 9,825人
さいたま市立
浦和高校
1-0 正智深谷高校
0 前半 0
1 後半 0
【得点】
79分 4松本 渉

スライドショー

◆さいたま市立浦和高校メンバー
1鈴木 涼平
14冨田 康平、12小林 俊哉、4松本 渉、13石神 佑基
6稲辺 光、19野澤 圭吾
9水上 凌、10戸嶋 祥郎、11峰田 正輝
8鍛治 浩一

[選手交代]
63分 11峰田 正輝→7村上 湧

◆正智深谷高校メンバー
21礒部 大暉
22戸澤 千空、3宗像 奎、4菊池 佳祐、2黒田 佳吾
16諸岡 裕人
18栗田 怜、6岡部 拓実、7齋藤 雄士
20福井 康太、10オナイウ 阿道

[選手交代]
70分 20福井 康太→8田中 和也
75分 2黒田 佳吾→24田中 輝由
80+1分 6岡部 拓実→5井上 耕治

西武台、武南を撃破の市立浦和が、昌平を退けて決勝に勝ち上がった
正智深谷に挑んだ決勝戦。
正智深谷対策を打って来た、市立浦和は、18栗田に13石神、7齋藤に14冨田を
SBに起用してのマッチアップでサイドからのスピードある攻撃を封じて、
CB松本がDFを統率しつつ、危険を察知するとしっかりカバーして隙を与えない。
選手権予選ではスーパーサブとして躍進を支えて来た8鍛冶をスタメンで起用、
9水上、11峰田とスピードある3人へ中盤からの配球でゴールを目指すも、正智
深谷も決定機を作らせず。また、正智深谷対策でSBに二人を配した事で、幅が
普段程は使えなかった印象の市立浦和の攻撃を、16諸岡、3宗像、4菊池が、
しっかり中央を固めている感じでした。
市立浦和は10戸嶋からのサイドへの展開から、正智深谷は10オナイウの個から
ゴールの気配を伺わせるシーンを作りますが、スコアレスで折り返しました。

前半にも感じたが、市立浦和の10戸嶋、6稲辺、正智深谷の6岡部、16諸岡が
試合を巧くコントロールしている印象。ポジション取りが良く攻守にキーを
握っている感じが続きました。
55分正智深谷、18栗田が13石神が触れずに抜けてきたボールを拾いシュート。
ここは、市立浦和GK1鈴木がBIGセーブで凌ぐ。ここまで概ね18栗田を抑え込んで
来たサイドからのピンチを守護神が救った。
63分先に動いたのは市立浦和。11峰田に代えて7村上を起用。
70分、75分と正智深谷も選手交代。 20福井に8田中 和也、2黒田に24田中 輝由。
78分市立浦和、10戸嶋を起点に7村上、19野澤、13石神と繋いで右CKを獲得。
79分市立浦和、14冨田の蹴ったCKに中央入った4松本が左膝で押し込むゴール。
[さいたま市立浦和高校 1‐0 正智深谷高校]
80+1分正智深谷、選手交代。6岡部を下げて5井上。
80+2分正智深谷、10オナイウが右からロングスローを送るが市立浦和が守って
試合終了。
決勝戦にふさわしい、熱戦を見せてくれた両校でした。
これで、西武台(S1首位)、武南(プリンス関東2部)、正智深谷(関東大会県予選
優勝/関東大会準優勝、インハイ3位)と続けて県内強豪校に勝利して、全国に
挑みます。関東大会予選では、正智深谷に決勝で負けてBグループで参加した、
関東大会では初戦突破の後、準決勝で日大藤沢に敗戦となりました。
1/2の2回戦からの登場で、埼スタに和歌山代表の初芝橋本高校を迎えます。
埼スタ、駒場、国立と勝ち上がって欲しいと思います。
東京B代表となり12/30開幕戦の國學院久我山高校と共に勝ち上がると1/3埼スタで
対戦となるので、是非、対決を見たいと思います。
実現すると、どっちも頑張れ状態になりますが、実現したらうれしいです。

表彰式スライドショー

大会優秀選手

Senshuken_yuushuu_2013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.18

平成25年度新人体育大会 決勝 尾間木中vs戸塚西中

2013/11/17
平成25年度新人体育大会 兼 第26回県民総合体育大会
兼 第23回テレビ埼玉旗争奪サッカー大会

kick off 10:00(30/30) 埼玉スタジアム2002 約1,200人
さいたま市立
尾間木中学
2-1 川口市立
戸塚西中学
2 前半 0
0 後半 1
【得点】
25分 7益子 雄冴
27分 9上田 七海
50分 16奥本 統太郎

スライドショー

◆さいたま市立尾間木中学メンバー
1木村 勇士
3徳田 一輝、5藤森 圭太、6大森 悠平、18船越 大地
10橋本 拓磨、8黒川 拓海、7益子 雄冴、14新井 英博
9上田 七海、11佐藤 晃太郎

[選手交代]
17分 8黒川 拓海→2矢形 祐太
44分 7益子 雄冴→20高橋 航大
58分 11佐藤 晃太郎→19吉岡 壱晟

◆川口市立戸塚西中学メンバー
1菅野 良
2平野 翔也、43相馬 海音、4長谷川 充、3鈴木 翔斗
10吉見 太一、21宮岡 燎馬、16奥本 統太郎、6村山 貴哉
9清水 右都、11柳 雄大

[選手交代]
27分 11柳 雄大→12溝口 峻
31分 6村山 貴哉→36木村 一翔
34分 10吉見 太一→23伊藤 左右治
41分 12溝口 峻→6村山 貴哉
56分 23伊藤 左右治→11柳 雄大

尾間木は右SB18船越が高く張り出て、自然と14新井も高い位置取りとなり
基本は4-4-2ながら3-4-3に近い感じで戦いを挑みましたが、序盤から優勢に
試合を進めたのは、戸塚西でした。21宮岡がアンカーとして機能して、10吉見の
ドリブルや9清水のスピードを活かした裏を狙いでチャンスを作りました。
15分戸塚西、16奥本がカットからシュート、これはポストに嫌われ、9清水の
シュートはバーに当たりゴールならず。
17分尾間木、選手交代。8黒川→2矢形を起用。2矢形はバックラインに位置取る。
オーソドックスな4-4-2の布陣とすると、バランスが取れてペースを掴む。
20分過ぎからチャンスが続いた尾間木は、25分左14新井からのパスをゴール
エリア内中央で7益子が合わせて先制ゴール。
[さいたま市立尾間木中学 1‐0 川口市立戸塚西中学]
27分にはFKから14新井が繋いで9上田がDFをかわしてゴールを奪い2点目。
[さいたま市立尾間木中学 2‐0 川口市立戸塚西中学]
27分戸塚西、選手交代。11柳→12溝口。
28分尾間木、11佐藤のボール奪取から9上田へのパスは戸塚西GK1菅野が良い
タイミングで出てキャッチ。
AT1分で前半を終了。尾間木の2点リードで折り返しとなりました。

後半開始直後、31分戸塚西、選手交代。6村山→36木村。
34分戸塚西、選手交代。10吉見→23伊藤。
35分戸塚西、12溝口が右サイドで詰めて行ってボールを奪ってクロスは、ゴール
ラインを巻いて一旦外へ出たと判定される。
36分尾間木、10橋本の正面からのロングシュートはGK触りバーに嫌われる。
41分戸塚西、選手交代。12溝口→6村山。31分に下がった6村山再びピッチへ。
43分尾間木、10橋本、積極的に仕掛けたが、戸塚西がボール奪ってカウンター。
しかし、尾間木のDFもしっかり戻り守りきる。
44分尾間木、選手交代。7益子→20高橋。
49分戸塚西、9清水のポストからチャンス作るが尾間木がカット。
50分戸塚西、9清水が溜めてタイミング計り16奥本へ、右から放ったシュートは
ファーのサイドネットを揺らす反撃のゴール。
[さいたま市立尾間木中学 2‐1 川口市立戸塚西中学]
52分戸塚西、9清水から23伊藤へスルーパスは尾間木6大森がスライディング
タックルでクリア。
9清水のポストプレーが良い流れを呼び込む戸塚西、1点差とされて守りに意識が
行って、押上げが遅くなり20高橋が前線で孤立する時間が多くなった尾間木。
56分戸塚西、選手交代。23伊藤→11柳。
57分尾間木、20高橋から10橋本。ミドルシュートはGK触ってバーに嫌われる。
58分尾間木、選手交代。11佐藤→19吉岡。
AT4分表示。残り時間が少ない中、戸塚西は9清水のポストからの展開に掛ける。
ATを凌ぎ切った尾間木が優勝しました。

表彰式スライドショー

大会優秀選手

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.11.12

平成25年度 選手権東京A 準決勝 東海大菅生vs修徳

2013/11/9
平成25年度 第92回全国高等学校サッカー選手権大会
東京都大会 Aブロック 準決勝

kick off 13:00(40/40+10/10+PK) 味の素フィールド西が丘 4,232人
東海大学菅生高校 0-0 修徳高校
0 前半 0
0 後半 0
0 延長前半 0
0 延長後半 0
0 PK方式 3
【得点】


スライドショー1

◆東海大学菅生高校メンバー
1田中 晶
2梶原 烈、4小村 和也、3中田 優哉、5須田 翔馬
6吉永 昂弘、10榎戸 皓平
7森 毅斗、8加藤 拓帆、9小峰 優月
11谷沢 郁弥

[選手交代]
85分 7森 毅斗→20大関 倖弥

◆修徳高校メンバー
1高橋 太郎
5今野 尚也、4渡邉 黎生、3田中 拓夢、2峰 和也
14関 秀太、8池田 晃輔、6久保 祐貴、11小野寺 湧紀
9加藤 禅、7佐藤 悠輝

[選手交代]
51分 11小野寺 湧紀→10田上 真伍
延長前半開始前 14関 秀太→13雪江 悠人
94分 7佐藤 悠輝→17藤本 優斗

1分修徳、開始直後に得たFKを7佐藤。小さく11小野寺へ。リターンを受けた
7佐藤のクロスはDFがブロック。サインプレーは不発に終わりました。
5分修徳、4渡邉→5今野→8池田→5今野→9加藤→7佐藤→相手→9加藤シュート、
こぼれを14関狙うが枠外。
7分修徳、右CKを11小野寺がショートで始め7佐藤に預けてから上げたクロスは
菅生が守る。
9分菅生、左CKを5須田が外を狙ったが、修徳GKも触れなかったが合わず。
10分修徳、9加藤のフリックから11小野寺が14関へ裏を取るパスを出す。14関から
パスをもらった7佐藤が落として、11小野寺のシュートは8加藤が戻りでブロック。
16分修徳、FKの流れからのフィードを9加藤が頭で繋ぎ、7佐藤のシュートは枠外。
19分修徳、11小野寺の左CKが2本続き、クリアを2峰が前線へ送ると、こぼれ球を
8池田がボレーもDFがブロック。
20分修徳、右2峰がクロスを、7佐藤がHSは左へ外れる。
22分修徳、9加藤から2峰と繋ぎクロスでCK獲得も、CKからはゴール奪えず。
24分菅生、中央の10榎戸から左7森へコーナー付近でギリギリ追い付けるパス、
7森追い付いたがクロスを上げることは出来ず。
24分菅生、中央で受けた8加藤がルーレットから左7森へ。7森のミドルは流れて
ゴールへ向かわずに外へ。
27分菅生、5須田の右CKに、10榎戸が良いタイミングで入りHSはバー上へ。
28分修徳、チャンスもゴールは奪えず。この間に6久保が負傷、担架で外へ。
31分修徳、9加藤のクロスはGK田中が好判断で弾く。触らなければ8池田がフリー。
32分修徳、6久保、ピッチに戻る。
36分修徳、11小野寺のCKから繋いでチャンスを作るがノーゴール。
38分菅生、5須田のFKは縦へ送られるがGKパンチ、こぼれをミドルはバー上へ。
39分修徳、左5今野が縦へ、走り込んだ9加藤がシュートは枠へ向かわず左へ。
40+1分修徳、14関とのワンツーから7佐藤がシュートはGK田中がキャッチ。
40+4分菅生。5須田の右CKに、10榎戸が合わせてHSはGK高橋がキャッチ。
前半は修徳は押し込む時間が多かったが、スコアレスで折り返し。

HT明け、修徳の応援席の葛飾ラプソディーで後半開始となりました。
41分菅生、左SB2梶原の上りから11谷沢が切れ込みシュート、DFがブロックして
GKキャッチ。
44分菅生、左CK獲得して5須田が蹴るが中でGKへのファール。
44分菅生、左2梶原がクロスを送るがGKキャッチ。
47分菅生、8加藤のミドルは枠外。菅生3中田が自陣で倒れ込み外へ出る。
前半と異なり、菅生が攻め込む時間が続いた。
49分修徳、7佐藤から2峰がクロス、9加藤のHSはDFに当たりCKに。
51分修徳、選手交代。キッカーを務めた11小野寺に代えて中心選手の10田上。
55分修徳、10田上が横へ出すと6久保が前向きで入ってミドルは枠外。
57分修徳、右サイドで7佐藤と14関のパス交換から14関がクロス。中央へ入った
9加藤のシュートは枠外へ。菅生のDFも良く付いて自由に撃たせなかった。
62分菅生、5須田のFKからのフィードに6吉永がフリックも中合わず、GKへ。
63分修徳、5今野のクロスに中央9加藤が頭で狙うが当たらずGKキャッチ。
64分修徳、7佐藤→9加藤と繋ぎ2峰が斜めへフィード、10田上に僅か合わず。
良い狙いを感じるプレーで惜しいシーンを作った。
66分修徳、14関がカウンターから左へ、10田上が中央9加藤へ。9加藤がシュート
の準備をしつつ、BOX内へ進入。一瞬早く、まさに間一髪でGK田中先にさわり
9加藤が飛び込む形となりファールを取られる。GK田中が頭を打って中断も
確認に入って○のサインが出て一安心。
70分修徳、右を抜けた7佐藤がクロス、9加藤のHSはバー上へ。
71分菅生、2梶原が出血でいったん外へ出るが72分戻る。
74分修徳、2峰から中央7佐藤へ、正面からのシュートは左へ外れる。
77分修徳、右FKを10田上が蹴り7佐藤へ、こぼれると9加藤が詰めてシュート。
しかし、GK田中がこれをブロックしてゴール許さず。
78,79分修徳、10田上が左CKから巻いてファー隅へ9加藤詰めるがGKクリア。
右CKとなり10田上がシュートコーナーからゴール前で14関、9加藤にチャンスも
撃ちきれず、中央絶好の位置から8池田の放ったミドルも僅かに枠を外れる。
80+1分菅生、5須田のスローインから8加藤がシュートはブロックされる。
80+1分修徳、2峰のロングスローから9加藤フリックも中央を通過して行く。
80+3分菅生、8加藤から10榎戸でチャンス作るが修徳が凌ぐ。
80+4分修徳、7佐藤とのワンツーから、10田上がクロスを入れるとニア9加藤がHS
菅生GK田中がここもしっかりキャッチ。
60分過ぎからは、攻める修徳、守る菅生の構図となったが、GK田中が立ちはだ
かってゴールを許さずに、試合は前後半10分の計20分間の延長戦に進みました。

インターバルでしっかりストレッチをした菅生と、監督の指示を立って聞いて
いた修徳、耐えていた菅生に疲労度は感じましたが、この時間の使い方が、
どの様な変化をもたらすか、注目して延長戦へ。
ここで再び修徳の葛飾ラプソディー。両チームベンチ前で円陣を経て延長戦開始。
修徳は、延長戦から14関に代えて13雪江を起用しました。
82分菅生、5須田の遠目の左FKから、チャンスを作り良い位置でFKを獲得。
83分菅生、このFKを5須田が左隅へ狙うが、修徳GK高橋が 見事キャッチ。
85分菅生、選手交代。7森に代えて20大関を起用。
86分修徳、6久保が落として、13雪江が繋ぎ、10田上がミドルは枠外。
88分修徳、8池田のミドルはバー上へ。
90分修徳、右CKを10田上が蹴るがスローインに。13雪江のロングスローはニアへ
4渡邉が合わせに行くが触れず。勝負は残り10分の延長後半に持越し。

ここでも葛飾ラプソディーが響く西が丘。
92分修徳、右CKを10田上、ゴールに繋がらず。CK前に足が攣った7佐藤は外へ。
94分修徳、選手交代。足の攣った7佐藤代えて17藤本投入。
両10番がハイボールに競り合いバッティング。菅生10榎戸は出血外へ。
97分修徳、17藤本が左からピンポイントで9加藤へ。HSはここでもGK田中が
好セーブでゴールを守り抜く。
97分修徳、17藤本→9加藤と繋ぎ、10田上が狙うも、又もGK田中がキャッチ。
99分菅生、左20大関がクロスを入れるがGK高橋キャッチ。
99分菅生、94分辺りで出血して止血していた10榎戸が戻る。
100分修徳、13雪江のロングスロー実らず。
100+1分修徳、13雪江のロングスローに4渡邉が入るがシュートを撃てずに下げて
8池田が放ったシュートはわずかに左へ外れる。
100+2分菅生、修徳陣まで攻め込んだがシュート撃てず。修徳がカウンターから
左から17藤本がクロスを送るがニアでGKが抑えてスコアレスで終了。
決勝進出はPK方式により決定される事となった。

スライドショー2

PK方式
修徳 10○ 8○ 6○
菅生 10× 5× 3S×
修徳は3人がしっかり決めて、一方の菅生は1人目と2人目が、それぞれ枠外と
クロスバー。追い込まれた状態で3人目のシュートをキャッチして3‐0で決勝進出を
決めました。
攻める修徳のシュートを防ぎ耐え続けた、菅生の戦いは印象に強く残りました。
決勝は先に勝った、成立学園と修徳の対決と決まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.11

平成25年度 選手権東京A 準決勝 成立学園vs東海大高輪台

2013/11/9
平成25年度 第92回全国高等学校サッカー選手権大会
東京都大会 Aブロック 準決勝

kick off 11:00(40/40) 味の素フィールド西が丘
成立学園高校 2-0 東海大学付属
高輪台高校
1 前半 0
1 後半 0
【得点】
25分 10浅野 裕永
58分 11中村 諒介

スライドショー1

◆成立学園中学・高校メンバー
1中座 大輔
3浦上 吏騎、5荷平 雅史、4内田 悠麿、2吉田 将也
11中村 諒介、8金子 拓矢、6山本 涼太、9根本 凪人
10浅野 裕永、7深尾 春輝

[選手交代]
58分 9根本 凪人→18河上 知樹
70分 10浅野 裕永→19町田 ブライト
80分 11中村 諒介→14丸 紘生
80+1分 7深尾 春輝→20上田 悠起

◆東海大学付属高輪台高校メンバー
1砂田 政和
5後藤 優一、4廣瀬 滉大、3宮下 諒也、2小山 拡志
7吉野 崚平
10伊藤 竜之介、8阿部 駿佑、11荒川 真作
14野村 浩輔、9金子 真彦

[選手交代]
34分 14野村 浩輔→17安斉 優太
60分 8阿部 駿佑→20渡邊 夢大、7吉野 崚平→19三ヶ尻 京平

[退場]
33分 1砂田 政和

3分成立、左3浦上のクロスに逆サイドから飛び込んだ9根本のHSは当たり悪く
高輪台GKがキャッチ。
5分成立、5荷平の自陣からのFK。縦へ入れたが直接GKがキャッチ。
7分成立、8金子が左から入れて10浅野の落としを、7深尾がボレーは枠外へ。
9分高輪台、成立の2吉田からボールを奪い返した10伊藤がミドルを放つ。
成立GK中座がファインセーブで防いだ。
10分成立、良い位置でFKを獲得。9根本が狙うが枠外へ。
13分高輪台、5後藤が左からクロスは中合わず成立がクリア。しかしこれを拾って
5後藤から10伊藤へ。成立がCKへ逃げる。
13分高輪台、左CKを2小山が入れたが中と合わずゴールキックへ。
14分成立、左サイドでワンツーから11中村が抜けてドリブルで運んだがGK防ぐ。
16分成立、10浅野が運んで11中村とパス交換で崩しを図るが、11中村への
リターンを高輪台DFがカットする。
19分成立、3浦上からのパスを受けた7深尾が左深めの位置からクロスを入れると
ゴールへと向かったが僅かに枠の外へ。
20分成立、10浅野がドリブルでBOX内へ侵入するが高輪台のCB3宮下がカバーする。
22分成立、7深尾から11中村。11中村はコースを見つけるとミドル、GKキャッチ。
23分には高輪台も、4廣瀬がボール奪取から早く攻め、11荒川がドリブルから
スルーパスで10伊藤が前を向きましたが、成立の2吉田がクリアしてCKに。
25分成立、右FKを9根本が蹴り込み、左から飛び込んだ10浅野の高い打点からの
HSが距離はあったがゴール右端に吸い込まれて先制。
[成立学園高校 1‐0 東海大学付属高輪台高校]
28分、2吉田→8金子→10浅野と繋ぎ、9根本へ入れたボールがルーズボールに。
これに反応した2吉田のミドルはバーを直撃して外へ。
29分高輪台、10伊藤が左を突破して11荒川へトラップがはまらずGK抑える。
30分成立、9根本のパスで10浅野が裏を取りBOXへ入るも、高輪台の5後藤が戻る。
32分成立、高輪台最終ラインのミスを逃さず奪った、7深尾のシュートは無人の
ゴールへ。しかし、右ポストに当たりゴールならず。
33分成立、6山本のスルーパスで完全に抜け出した10浅野を、BOX外で高輪台GKが
倒してFKに。このプレーでGK1砂田は一発退場に。
GKの後ろには誰もいない状況下だったので、止むを得ない判定と思いました。
34分高輪台、選手交代。トップの1翼を担い9金子の下や横で衛星的な役割を
していた14野村に代えて、GK17安斉を投入。
0トップ気味の布陣にシフト。守備時は4-2-3-0、攻撃時は3-0-2-4或るいは
2-1-1-5の様な感じで攻撃をする意思を見せ続けました。
35分交代直後、退場の原因となったFK。右寄り、30m程の位置から9根本が狙う。
しっかり枠を捉え良いコースを衝いたが、1stタッチのの安斉が好セーブで阻止。
38分高輪台、FKを9金子が中央僅かに左から狙うが落ち切らずバー上へ。
40分成立、8金子がこぼれをミドルで狙うが枠外。 40+2分成立、3浦上が奪って
10浅野シュートは枠外。
40+3分高輪台、10伊藤から2小山がクロスはハイボールになりGKキャッチ。
ターゲットの11荒川に高さが無かったのでハイボールでは厳しかった。
前半は成立が先制して折り返しました。

スライドショー2

43分成立、9根本が右から蹴ったFKはゴール前で混戦になるがクリアされる。
47分高輪台、3宮下が駆け上がった2小山のスピードを殺さない絶妙のフィードを
送ると、2小山が中央へグラウンダークロス。こぼれを9金子がシュートは枠外へ。
50分高輪台、10伊藤が個で突破してクロスを上げ切る。DFがクリアしたが
9金子がシッカリ捉えたボレーは、成立GK1中座が好セーブ。
52分高輪台、8阿部が拾って、9金子のミドルは枠外へ。
53分成立、右サイドから9根本が中に戻したボールを、6山本が狙ったが、高輪台
3宮下が体を張ってブロックする。
55分高輪台、10伊藤が左に開き縦に抜け出してハイボールを中へ送るが、
ターゲットは11荒川で競り合うが成立ボールとなる。
58分成立、3浦上から左サイドでボールを受けた11中村が、中央へスライド。
コースを確認しながらズレて、ミドルレンジから狙うと右隅に決まり追加点。
[成立学園高校 2‐0 東海大学付属高輪台高校]
58分成立、選手交代。9根本に代えて、18河上。
59分高輪台、7吉野がFKを獲得。9金子が狙うが枠外へ。
60分高輪台、2選手交代。8阿部→20渡邊、7吉野→19三ヶ尻。
62分~67分成立。18河上のFKを5荷平が頭で戻すがクリアされる。11中村が
仕掛 けてCK獲得から、4回18河上のCKからゴールに迫るが、高輪台が必死の
クリアで守る。
69分高輪台、10伊藤から9金子へのスルーパスが通るが成立DFがクリアCKに。
この左CKを2小山が蹴ると、ニアの9金子のHSは惜しくも枠外へ。
70分成立、選手交代。先制ゴールの10浅野に代えて19町田を起用。
73分成立。19町田がドリブルで右出つつ、意外なタイミングでロングシュート。
これは高輪台GK17安斉がキャッチ。
76分成立、18河上から右2吉田へ。クロスを高輪台3宮下が際どいクリアながら
CKに逃げる。18河上の左CKに、5荷平がニアへ入って来てのHSはバーの上へ。
78分成立、19町田のスルーパスで裏を取った、11中村のシュートは枠外。
成立の途中出場19町田のフィジカルの強さに手を焼く高輪台。
80分高輪台、11荒川が粘って9金子がフィニッシュは僅かに左へそれる。
80分成立、選手交代。11中村に代えて14丸を起用。
80+1分高輪台、20渡邊→9金子→10伊藤→11荒川と繋ぐがシュート撃てず。
80+1分 7深尾に代えて20上田を起用。
最後まで選手交代を使うなど隙を見せなかった成立が2-0と完封勝利。
高輪台は、前半33分の退場から10人で戦ったが、数的不利を感じさせない
攻撃的な姿勢を崩さない戦いぶりは見事なものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.07

第23回Jr.リーグ 早稲田大vs朝鮮大

2013/11/6
第23回大学対抗Jr.リーグ戦後期

kick off 17:00(45/45) 早稲田大学東伏見サッカー場
早稲田大学 2-0 朝鮮大学校
1 前半 0
1 後半 0
【得点】
36分 12田中 太郎
49分 10山口 潤

スライドショー

◆早稲田大学メンバー
1松澤 香輝
6望月 理人、5平澤 俊輔、3田中 進之介、2新井 純平
8小原 敬、7小松 聖音
9堀田 稜、11石川 拓、12田中 太郎
10山口 潤

[選手交代]
62分 7小松 聖音→17竹谷 昂祐、11石川 拓→20中山 雄希
70分 10山口 潤→19市村 一貴
72分 3田中 進之介→14青木 奎樹
77分 12田中 太郎→18小林 大地
80分 5平澤 俊輔→15恩田 雄基

◆朝鮮大学校メンバー
1チャン ソンリョン
5チョウ サンス、23チョウ ハンジェ、26キン チャンス、7ハン リョンテ
4カン キョンデ、19ハン ホガン
33リャン スソン、2リ ソンイン、3ユン スノ
13パク サンユ

[選手交代]
59分 33リャン スソン→11カン テジュン
66分 19ハン ホガン→9ホン ソンフィ
70分 7ハン リョンテ→24キン テチョル
77分 3ユン スノ→22シン リュンテ

4分早稲田、7小松からのパスを受けて11石川がシュートもGKセーブ。
9分朝鮮大、左から5サンスがクロス、13サンユのHSは余裕をもってGKキャッチ。
この後、5分ほど中盤で優位に立った朝鮮大の時間となるが早稲田凌ぐ。
14分早稲田、右2新井のクロスを9堀田がシュートはGKセーブ、CKに。
16分早稲田、右で2新井と12田中のコンビネーションからチャンスメーク。
19分早稲田、左サイドからのクロスに12田中がシュートはGKセーブ。
21分早稲田、7小松から9堀田へのパスが少し短くなるが、何とか前へ運ぶ
しかし、シュートには持ち込めずクリアされる。
23分早稲田、左6望月のクロスに10山口がHSは枠外へ。
26分早稲田、9堀田の右CKを中央11石川がスルーして後ろの7小松がシュートは
相手に守られこぼれに詰めた選手はシュート撃てず。
29分朝鮮大、裏で受けた13サンユが決定機を迎えるが枠外へ。
31分早稲田、左6望月から12田中のHSはGK好セーブ。
34分早稲田、12田中→2新井と繋ぎ11石川のシュートもゴールならず。
36分早稲田、12田中がゴールライン際を抜いてシュートを決め先制。
[早稲田大学 1‐0 朝鮮大学校]
40分早稲田、9堀田、裏で受けたがオフサイド判定。
41分早稲田、9堀田の仕掛けのこぼれを10山口が拾ってシュートはGKセーブ。
42分早稲田、7小松のミドルは当たりコースとも良かったがGK好セーブ。
43分早稲田、左9堀田から右11石川へパスが通りシュートは枠外へ。
45分早稲田、10山口から左6望月と渡りシュートは枠外へ。
序盤こそ朝鮮大のプレスが効いて劣勢に立たされた早稲田だったが、15分以降は
29分のシーンを除けば危ないシーンはなく試合を支配。決めきれない印象。
右サイドから攻め上がるタイミング、守りでもCB3田中との連携、鼓舞する声と
指示を送った2新井の存在が大きき感じた前半でした。
右の2新井、12田中のコンビネーションでリズムを得て後は、左6望月がサイドを
上がるスペースを9堀田が中へ絞って作るなど、左右のバランスよく組み立てて
いました。

前半、良い時間が続いた早稲田は追加点の欲しい後半。
49分早稲田、右12田中から11石川が繋ぎ10山口がゴール。
[早稲田大学 2‐0 朝鮮大学校]
早稲田は、50分9堀田、51分8小原、55分9堀田とシュートを放つが決まらず。
59分朝鮮大、選手交代。
62分早稲田、2選手交代。17竹谷、20中山を起用。
66分朝鮮大、選手交代。
68分早稲田、17竹谷のシュートはGKセーブでCK。これを17竹谷が蹴ってファーへ
9堀田からのパスを受けて10山口が振り向いてシュートは枠外。
70分両チーム、選手交代。早稲田は19市村を起用。
71分朝鮮大、ナイスミドルを放つが、GK松澤も好セーブでゴール許さず。
72分早稲田、GKから9堀田→2新井と繋ぎ、19市村がシュートは枠外。
72分早稲田、選手交代。14青木を起用。
76分早稲田、20中山がミドルを狙うが枠外。
77分両チーム、選手交代。早稲田は18小林を起用。
78分早稲田、2新井が獲得のFKを17竹谷が蹴り9堀田が頭ですらしたボールは
ファーのゴールマウス角に当たり外へ。
80分早稲田、選手交代。15恩田を起用。
87分早稲田、6望月が上がってミドルは惜しくも枠外。
88分早稲田、朝鮮大11テジュンの突破を6望月と9堀田で守り許さず。
90分早稲田、17竹谷のクロスのこぼれを20中山が拾ってシュートは、朝鮮大DFに
ブロックされる。
90+1分朝鮮大、FKをゴール前へ送るがGK松澤がキャッチ。前線へ蹴った所で
試合終了となりました。もう少し、ゴールを奪えたかな?という試合でしたが、
早稲田が危なげなく勝利しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.04

平成25年度埼玉県高校選手権2次予選 昌平vs聖望学園

2013/11/3
平成25年度 第92回全国高等学校サッカー選手権大会
兼 埼玉県高校選手権2次予選準々決勝

kick off 13:35(40/40+10/10+PK) Nack5スタジアム大宮 1,811人
昌平高校 2-2 聖望学園高校
0 前半 1
2 後半 1
0 延長前半 0
0 延長後半 0
6 PK方式 5
【得点】
52分 9野村 裕一朗
59分 11青柳 達也
39分 13田村 航輝
80分 16原口 洸

前後半スライドショー

◆昌平高校メンバー
1脇本 健太郎
6小又 望夢、2佐藤 佳人、3国井 拓也、15小林 怜毅
7斉藤 啓介、13沼田 弘登、5上林 大貴、11青柳 達也
10和田 幹大
9野村 裕一朗

[選手交代]
76分 13沼田 弘登→12福田 恒太
83分 7斉藤 啓介→8長谷川 虹輝

◆聖望学園高校メンバー
1浅見 俊貴
3鈴木 翼、5楠田 将太郎、4福島 拓、2長尾 昌哉
7中釜 拓未、8荒木 智泰、6山川 一成
9原島 安寿、11五味 佑樹
13田村 航輝

[選手交代]
48分 13田村 航輝→16原口 洸
68分 11五味 佑樹→22濱崎 快
71分 9原島 安寿→14石井 健之
75分 7中釜 拓未→10野村 裕土
78分 2長尾 昌哉→24中村 司

攻撃時にはハーフウェイ辺りと非常に高く最終ラインを引く聖望学園。
序盤はこのライン設定に、昌平が1発で裏を狙いオフサイドに掛るなどして
聖望学園のペースで進んだ印象。9原島がかなり個人で頑張れたのも大きく
16分に昌平の左からの6小又のクロスに9野村が頭で合わせるシーンまでは
良いリズムを維持していました。
昌平は、聖望学園の高いライン設定と、ボールの転がりが意外と悪そうな
天然芝のピッチの影響かグラウンダーのパスのスピードが緩くなってしまう
シーンも見受けられました。
しかし、徐々に慣れると左サイドを巧く使って攻撃を組み立て始めて前半の
中盤戦は互角の展開へと移っていきました。
27分昌平、こぼれ球を11青柳が決め先制かと思われましたが、オフサイド。
31分聖望学園、9原島のHSはGKセーブ、5楠田のシュートはブロック、こぼれを
狙った7中釜のシュートは枠外へ。
39分聖望学園、相手のミスを拾った11五味が右に開いて13田村がシュート。
これが決まって先制。[昌平高校 0‐1 聖望学園高校]
40分昌平、10和田が正面からミドルを狙うが枠外へ。
前半は、相手のミスを巧く衝いた聖望学園が先制して折り返し。
埼玉栄戦の印象よりも、かなり強いチームになった感じを受ける聖望学園。
強敵相手にトーナメントを勝ち上がった自信は侮れない感じがしました。

44分昌平、フィードを受けた10和田が聖望学園3鈴木をかわしてGKと1対1に。
GKをかわした所で堪らず10和田の体を止めたGK浅見だったが何故か笛が鳴らず。
そのままプレーが続きました。唯一考えられるのは、カウンターが早くて主審が
パス時点でハーフウェイ辺りに居たので、プレーを見る事が出来なかったという
位、完全に止め倒しました。
45分昌平、11青柳が嫌な空気を一掃するようにシュートもゴールならず。
48分聖望学園、6山川→13田村→8荒木と繋いで13田村がシュートはGK好セーブ。
48分聖望学園、選手交代。16原口起用。
50分昌平、DF6小又がナイスカバーでクリア。
52分昌平、左13沼田からのクロスに9野村がボレーでループシュートを決める。
[昌平高校 1‐1 聖望学園高校]
勢いづいた昌平が、54分、57分に10和田がシュートを放つがゴールならず。
59分昌平、6小又のパスに10和田が相手DFと競りつつスルー、11青柳が浮かして
逆転ゴールを奪う。[昌平高校 2‐1 聖望学園高校]
63分聖望学園、右3鈴木のクロスに9原島ジャンピングボレーはGKキャッチ。
68分昌平、9野村がラインを破り抜け出てループ狙うが枠上へ。
68分聖望学園、選手交代。22濱崎を起用。
71分聖望学園、選手交代。14石井を起用。
75分昌平、13沼田が担架で外へ出る。
75分聖望学園、選手交代。10野村を起用。
77分聖望学園、14石井のシュート性のクロスに正面1人、ファーに2人詰めるが
GKがセーブ。
77分昌平、選手交代。担架で出た13沼田に代えて12福田を起用。
78分昌平、左12福田のクロスに9野村が合わせるがバー上へ。
78分聖望学園、選手交代。24中村を起用。
79分昌平、BOX内で10和田が溜めて12福田がシュートはGKキャッチ。
ATに入って、ロングボール、ロングスローで同点を目指す聖望学園。
80+3分、遂に24中村の左からのライナー性のロングスローが16原口の同点HSを
産み出して土壇場で追い付き、試合は延長戦に突入。
[昌平高校 2‐2 聖望学園高校]

延長、PKスライドショー

82分聖望学園、6山川から22濱崎へ良いパスが出たがオフサイド。
昌平の7斉藤、聖望学園の3鈴木の足が攣る。
83分昌平、選手交代。7斉藤に代えて8長谷川を起用。
85分聖望学園、6山川も足が攣る。両チームかなり体力的に厳しくなってきた。
88分昌平、12福田が抜け掛けるがDF3人戻って守る。
90+1分聖望学園、24中村のロングスローはGKキャッチ。
90+2分昌平、9野村へのクロスが合わずに延長前半終了。
96分聖望学園、16原口へのフィードに対して、昌平GKの判断が遅れるが防ぐ。
99分昌平、抜け出した9野村にBOX外で入れ替わられたGKが引き倒すが、何とも
ノーファールの判定に。2度目の決定機阻止もお咎め無しになる。
100分昌平、左から右の9福田へ、5上林のシュートは枠外となり同点で終了。
準決勝を賭けたPK戦に突入します。

先攻は昌平。7人で決着したPK戦で6人が決めて、聖望学園の7人目をGK脇本
が見事にセーブしてPK戦6-5で勝ち上がりました。
昌平 3○  6○ 5○ 11S× 10○ 9○ 8○
聖望 3○ 10× 14○  8○ 22○ 6○ 24S×
聖望学園の同点ゴールには、痺れましたが、昌平の勝利で不可解なジャッジが
クローズアップされる事無く済んで良かったように感じました。
審判員の方も大変なのは解りますが、この試合に関してはポジショニングを
もう少し考えて頂ければと思いました。
選手への接し方は落ち着いている様に見えましたし、2つの大きな見落し以外は
上手く試合を進めていたと思えるただけに勿体無く感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成25年度埼玉県高校選手権2次予選 浦和南vs正智深谷

2013/11/3
平成25年度 第92回全国高等学校サッカー選手権大会
兼 埼玉県高校選手権2次予選準々決勝

kick off 11:38(40/40) Nack5スタジアム大宮 2,112人
浦和南高校 1-3 正智深谷高校
0 前半 1
1 後半 2
【得点】
60分 10稲垣 達也
30分 22戸澤 千空
46分 18栗田 怜
80+1分 7齋藤 雄士

スライドショー

◆浦和南高校メンバー
1福島 拓人
4田中 将、19佐藤 雄介、3石川 弘太、18関 駿介
8井上 拓夢、20安達 虎徹、5白畑 基、7豊田 拓也
11武藤 竜太、9堀越 竜介

[選手交代]
HT 7豊田 拓也→10稲垣 達也、20安達 虎徹→15照沼 莉玖弥、
11武藤 竜太→12上田 哲也
62分 9堀越 竜介→14長崎 卓人
79分 8井上 拓夢→16小島 智空

◆正智深谷高校メンバー
21礒部 大輝
22戸澤 千空、5井上 耕治、4菊池 佳祐、2黒田 佳吾
18栗田 怜、16諸岡 裕人、8田中 和也、7齋藤 雄士
20福井 康太、10オナイウ 阿道

[選手交代]
60分 8田中 和也→6岡部 拓実
71分 20福井 康太→9加藤 航四郎
80分 9加藤 航四郎→3宗像 奎
80+2分 16諸岡 裕人→14笠本 桜太

場内のメンバー発表では、浦和南のスタメンがDf登録6人にMF登録4人で驚き
ましたが、実際にはDF21江原ではなく、FW11武藤が入って居ました。
それでも、10稲垣をベンチスタートとして、どこかで勝負を仕掛けたいと考えて
強敵に臨む準備をして来たのだろうと思いました。
10オナイウに19佐藤が付いて、ボールが入れば2人で挟み込む、ボールが奪えれば
前線に預ける。前線の9堀越、11武藤が左右拘らずに良く動き、ハイボールの競り
合いでも互角に渡り合い、浦和南が試合を進める上では、良い感じに見えました。
それでも、パスを含めプレーの速度で、正智深谷が上回りペースを握ります。
30分正智深谷、22戸澤が8田中とのパス交換から、ドリブルで中央へ切り込み
ゴールを奪う。[浦和南高校 0‐1 正智深谷高校]
このゴールの少し前位から、両チームのパスの精度の差がハッキリして来て
浦和南の奮闘で最少失点で前半を折り返したが、正智深谷の有利は動かない印象。

1点を失った浦和南は、HT明け10稲垣、15照沼、12上田の3選手を起用。
46分正智深谷、左で受けた10オナイウからのパスで18栗田が裏を取りゴール。
[浦和南高校 0‐2 正智深谷高校]
両校の今シーズンの成績を考えると、決定的なゴールかと思えました。
しかし、60分浦和南、4田中のフィードを正智深谷がクリアミス、10稲垣が
抜け出して、落ち着いて決めて1点差に。[浦和南高校 1‐2 正智深谷高校]
60分正智深谷、選手交代。6岡部を起用。
62分浦和南、選手交代。14長崎を起用。
68分正智深谷、浦和南にFKを与えたが、カウンター7齋藤から20福井でチャンス。
浦和南のDFが戻って防ぐ。
1点差とした浦和南は12上田、19佐藤をターゲットとしてパワープレー。
この2人の高さを活かした攻撃に、正智深谷は押し込まれる。
71分正智深谷、選手交代。9加藤を起用。
浦和南の愚直なまでのパワープレーが、時には正智深谷の処理ミスを招いたり、
セットプレーに繋がったりで、同点もありそうな展開に。
78分には浦和南が、15照沼のFKからGKのパンチが小さくなりチャンスを迎えたが
シュートは枠を捉えず。
79分浦和南、選手交代。16小島を起用。
80分正智深谷、選手交代。3宗像を起用。
80+1分正智深谷、10オナイウから18栗田と繋ぎ、最後は右から7齋藤がニアを
ぶち抜く見事なシュートを決める。[浦和南高校 1‐3 正智深谷高校]
ATに入って2点を追う浦和南、前線でのファールが続きチャンス作れず。
80+2分正智深谷、選手交代。14笠本を起用。
AT3分30秒ほどの所でタイムアップ。正智深谷が準決勝に進みました。
春先の状況から考えると、良くココまでチームを仕上げて来たと感じる
浦和南の善戦でした。
正智深谷は、やはり強かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013ヤマザキナビスコ決勝 レッズvs柏

2013/11/2
2013Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝

kick off 13:10(45/45) 国立競技場 46,675人
浦和レッド
ダイヤモンズ
0-1 柏レイソル
0 前半 1
0 後半 0
【得点】

45+2分 9工藤 壮人

スライドショー

◆浦和レッドダイヤモンズメンバー
1山岸 範宏
5槙野 智章、4那須 大亮、46森脇 良太
3宇賀神 友弥、22阿部 勇樹、13鈴木 啓太、14平川 忠亮
24原口 元気、8柏木 陽介
30興梠 慎三

[選手交代]
69分 14平川 忠亮→11関口 訓充
77分 13鈴木 啓太→10マルシオ リシャルデス

[警告]
30分 46森脇 良太

◆柏レイソルメンバー
21菅野 孝憲
29谷口 博之、3近藤 直也、23渡部 博文
15ジョルジ ワグネル、28栗澤 僚一、20茨田 陽生、2藤田 優人
10レアンドロ ドミンゲス、9工藤 壮人
11クレオ

[選手交代]
HT 2藤田 優人→26太田 徹郎
76分 29谷口 博之→ 5増嶋 竜也

[警告]
26分 29谷口 博之
77分 10レアンドロ ドミンゲス
83分 21菅野 孝憲
88分 15ジョルジ ワグネル

選手入場時、レッズのゴール裏は、エンブレムに聖杯を掴み取る見事な
ビジュアルを展開。柏のゴール裏も「柏」の文字が綺麗に浮かびました。
そして、バックスタンドの多くは官製コレオは大半が拒否して、各々が旗や
マフラーで選手を迎えました。

柏のブロックの前で慎重に回してポゼッションを高めるレッズに
じれずにしっかりとブロックを維持して、カウンターの機会を待ちつつ
無理には攻めない柏。トーナメント決勝らしいと言えば、それらしい
膠着した試合展開となった前半。
45+2分に柏が、前半終了間際に1チャンスを活かして9工藤が先制ゴール。
[浦和レッドダイヤモンズ 0‐1 柏レイソル
このゴールにより前半は柏が先制して、してやったりの状況で折り返し。

後半、頭から動いたのは柏。2藤田を下げて26太田が入りました。
前半、柏に守られていて、主導的に攻めているというよりは、持たされている
時間が多かった印象のレッズが先に動くかと思っていたので、意外でした。
前半よりは、リードされたこともあり、リスクを掛けた感じのレッズが
良い形を作りましたが、クロスや繋ぎでのミスが多く、チャンスを活かせず。
52分レッズ、5槙野のクロスを、15ジョルジワグネルがクリア。右CK獲得。
8柏木のゴール前へのボールを4那須がHS。しかし、枠の右へ外れる。
70分レッズ、24原口がBOX左で仕掛け、DFを抜き切らずにタイミングをずらして
中央へ走り込んだ22阿部へパスを供給。シュートを放つも、枠を外れる
柏も、10レアンドロ ドミンゲス、11クレオ、9工藤らが機能するが追加点は
なく時間が推移する。
90分レッズ、BOX内24原口へのクロスが収まりきらず、8柏木に当たり、こぼれを
30興梠が拾ってネットを揺らす。
ゴールネットが揺れた時には第3審の旗は上がっておらず、沸き立つスタンド。
しかし、主審と、第3審が確認してオフサイドの判定となり、ノーゴール。
試合は、前半終了間際に先制した柏がリードを守り切り勝利しました。
2003年以来のナビスコ戴冠はなりませんでした。
レッズ対策を施しつつ、大谷、橋本の出場停止の中、茨田、谷口、故障明けの
レアンドロ ドミンゲスなど出場した選手が、先週のJリーグ30節の失点後に
見せた堅い守りを発揮して、しっかりゲームプランを遂行して優勝しました。
残念ながら、レッズは柏を崩し切るだけの技術を持ち合わせて居なかった試合
だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »