« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013.10.29

2013 J1第30節 レッズvs柏

2013/10/27
2013 Jリーグディビジョン1 第30節

kick off 16:05(45/45) 埼玉スタジアム2002 34,814人
浦和レッド
ダイヤモンズ
2-1 柏レイソル
2 前半 1
0 後半 0
【得点】
5分 8柏木 陽介
11分 8柏木 陽介
14分 9工藤 壮人

スライドショー

◆浦和レッドダイヤモンズメンバー
1山岸 範宏
5槙野 智章、4那須 大亮、2坪井 慶介
3宇賀神 友弥、22阿部 勇樹、13鈴木 啓太、14平川 忠亮
24原口 元気、8柏木 陽介
19阪野 豊史

[選手交代]
65分 19阪野 豊史→11関口 訓充
69分 8柏木 陽介→7梅崎 司
77分 2坪井 慶介→6山田 暢久

[警告]
27分 19阪野 豊史:C2 ラフプレー
76分 2坪井 慶介:C2 ラフプレー
83分 13鈴木 啓太:C5 遅延行為
86分 6山田 暢久:C1 反スポーツ的行為

◆柏レイソルメンバー
21菅野 孝憲
23渡部 博文、3近藤 直也、4鈴木 大輔、
22橋本 和、7大谷 秀和、28栗澤 僚一、27キム チャンス
18田中 順也、9工藤 壮人
11クレオ

[選手交代]
40分 22橋本 和→30山中 亮輔
65分 18田中 順也→15ジョルジ ワグネル
70分 4鈴木 大輔→29谷口 博之

[警告]
7分 23渡部 博文:C5 遅延行為
74分 21菅野 孝憲:C3 異議

風の強い晴天の埼スタ。
序盤からレッズが攻め立てる。一方の柏は、立ち上がり守りが緩くルーズに
なっていて、良い形でレッズが攻める事が出来ました。
5分レッズ、24原口が中央左寄りから強烈なシュートを放つとGK菅野が弾く。
これに詰めた8柏木が決めて先制ゴール。
[浦和レッドダイヤモンズ 1‐0 柏レイソル]
11分レッズ、5槇野の攻撃参加から、8柏木が決めて追加点を奪う。
[浦和レッドダイヤモンズ 2‐0 柏レイソル]
完勝したアウェーゲームの再現かと思える程に有利に進めました。
しかし14分柏、裏で受けた7大谷からフリーで受けた9工藤にゴールを奪われる。
[浦和レッドダイヤモンズ 2‐1 柏レイソル]
この失点以降、少し後ろが守備的になってしまい、柏の攻勢を呼んでしまった
印象で、リズムの悪い時間が続きました。
そんな中、前線で1TOPに入った19阪野がチェースに、ポストに頑張ってました。
19阪野が良いチェーシングを掛けた時ではなくて、ファールを取られたときに
阪野コールが起こり、どうせなら良いプレーの後にしてあげればと思いました。
前半は結局この後、ゴールは生まれず、レッズが1点リードで折り返しました。
mobcastの前半スタッツ。
レッズ:柏
ボール支配率
54:46
シュート
5:5
枠内シュート
3:2
走行距離上位3選手
1.鈴木 啓太6.00km 2.阪野 豊史5.93km 3.阿部 勇樹5.79㎞
トップスピード上位3選手
1.阪野 豊史32.2㎞/h 2.坪井 慶介32.1㎞/h 3.平川 忠亮31.8km/h

前半失点後は流れが摘まめなくなったレッズ。HTの修正に期待も苦戦が続く。
良く前線で追い回した19阪野。ゴールがあれば最高でしたが、合格点だったと
思いました。65分、19阪野に代えて、最近好調の11関口を起用。
69分、2ゴールの8柏木に代えて7梅崎を起用。これは8柏木のコンディション面
を考慮しての交代でした。
77分、2坪井に代えて500試合出場となる6山田 暢久を投入。
後半で、一番沸いた瞬間だったかも知れません。
厳しい展開の中で、何とか失点せずに凌ぎ切ったレッズが勝利。
[浦和レッドダイヤモンズ 2‐1 柏レイソル]
中々、逃げ切れない試合が多かったので終始ヒヤヒヤ感はありましたが
守り切れて、大きな勝利を手に出来ました。
mobcastの試合スタッツ。
レッズ:柏
ボール支配率
51:49
シュート
7:7
枠内シュート
3:3
走行距離上位3選手
1.阿部 勇樹11.34㎞ 2.鈴木 啓太11.24km 3.宇賀神 友弥11.17km
トップスピード上位3選手
1.平川 忠亮34.1km/h 2.槙野 智章32.6㎞/h 3.阪野 豊史32.2㎞/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.28

平成25年度埼玉県高校選手権2次予選 浦和東-西武台

2013/10/27
平成25年度 第92回全国高等学校サッカー選手権大会
兼 埼玉県高校選手権2次予選 3回戦

kick off 10:30(40/40) 西武台高校第2グラウンド
浦和東高校 0-1 西武台高校
0 前半 1
0 後半 0
【得点】

37分 10松山 友弥

スライドショー

◆浦和東高校メンバー
1大久保 秀斗
3眞方 優作、2ンドカ ボニフェイス、4橋爪 武大、5鈴木 和也
8八木 嵩寿、19大澤 潤也、12石川 翔太、20岩出 拓矢
11濱田 駿、21小濱 陽平

[選手交代]
52分 21小濱 陽平→10木所 和樹
65分 8八木 嵩寿→18寺内 大登
72分 20岩出 拓矢→23佐藤 直輝
73分 19大澤 潤也→26池田 壮太朗

◆西武台高校メンバー
1新井 栄聡
2片野 弘樹、6松藤 洋明、3矢島 和弥、4小澤 学史
5川又 悠史、17及川 皓平
11宮野 直也、7三沢 直人、10松山 友弥
9田中 将洋

[選手交代]
63分 2片野 弘樹→22土屋 優希

3連覇を目指す浦和東とS1リーグで首位に立ち65得点と圧倒的な攻撃力の
西武台の対決。新人大会決勝では浦和東が3-0。S1リーグでは西武台が3-0。
S1リーグでも2位の浦和東(12勝0分4敗)、首位の西武台(11勝3分2敗)で優勝を
争う両校が3回戦という早い段階で激突しました。
会場は9時を回ると急に人が集まり始めて、試合開始前に超満員となりました。
浦和東の木所がベンチスタートだったのは意外でしたが、寄せの速さと5鈴木の
ロングスローでチャンスを創出しました。
立ち上がりから10分程こそ優勢に映った西武台でしたが、中盤への浦和東の
プレスに苦しみ、上手くビルドアップできなくなり厳しい展開に。
流れからは、チャンスを作ることは少なかったものの、浦和東がロングスローで
2ボニをターゲットとして、試合のペースを掴み、西武台ゴールに迫りました。
劣勢だった西武台は集中を切らさず、ゴール前では体を張って守り、37分に
左サイドから前線11宮野へフィードを送ると、浦和東の選手がボールを弾ませた
所を、11宮野が拾ってフリーの10松山へ。これを落ち着いて10松山が流し込み
先制ゴール。[浦和東高校 0‐1 西武台高校]
40分を過ぎ、ATは20秒ほどで前半終了。押されている印象の西武台が先制して
折り返すことになりました。

後半になると浦和東がロングスローとFK、CKを足掛かりに更に攻勢をかける。
一方、西武台もカウンターから追加点を目指す展開となりました。
52分浦和東、選手交代。21小濱→10木所。1枚目の交代で10木所を起用。
63分西武台、選手交代。2片野→22土屋。SBで奮闘の2片野はここで交代。
65分浦和東、選手交代。8八木→18寺内。スピードを生かして攻撃の中心的な
存在だった8八木に代えて、新人大会などで軸になっていた印象の残る18寺内。
前半からS1リーグ戦の時よりも1段プレッシャーを強めた戦いをして来ていた
印象の浦和東は、流石に疲労感は出始めて、徐々に西武台が繋ぐ時間ができる。
72分浦和東、選手交代。20岩出→23佐藤。
73分西武台、5川又のミドルがバーを強襲するが得点とはならず。 73分浦和東、選手交代。19大澤→26池田。
試合終盤には両チーム、チャンスを作るが浦和東1大久保、西武台1新井が守って
後半は両校無得点で終了。予想外の[浦和東高校 0‐1 西武台高校]のスコアで
試合終了。強風でハイボールのコントロールの難しい環境の中で、見応えのある
中盤の攻防を見せてくれました。勝ち上がった西武台は次戦11/2に浦和駒場スタ
ジアムの準々決勝第2試合で市立浦和と対戦します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.26

JR東日本カップ2013 1部第17節 日体大vs東洋大

2013/10/19
JR東日本カップ2013 第87回関東大学サッカーリーグ戦1部 第17節

kick off 13:50(45/45) 川口市青木町公園総合運動場 323人
日本体育大学 2-2 東洋大学
1 前半 2
1 後半 0
【得点】
23分 2宮内 啓汰
55分 15阿部 潤
29分 29仙頭 啓矢
36分 13川森 有真

スライドショー

◆日本体育大学メンバー
21大野 将弥
2宮内 啓汰、5中西 規真、4菊地 俊介、13川田 正人
15阿部 潤、10稲垣 祥、6石井 晃樹、7梅村 徹
14長谷川 健太、9田中 豪紀

[選手交代]
HT 13川田 正人→24横野 敏大
86分 14長谷川 健太→26藤井 貴之

[警告]
4分 5中西 規真 C1 反スポーツ
55分 15阿部 潤 C2 ラフ
82分 10稲垣 祥 C4 繰返違反

◆東洋大学メンバー
1浅沼 優瑠
16筑井 駿、3鈴木 健士、6石川 俊輝、7馬渡 和彰
4郡司 昌弥
29仙頭 啓矢、10桑田 直徹、8年森 勝哉、11黒須 大輔
13川森 有真

[選手交代]
82分 29仙頭 啓矢→14平石 直人
86分 4郡司 昌弥→5藤井 悠太
87分 13川森 有真→32遊馬 将也

[警告]
52分 4郡司 昌弥 C1 反スポーツ
90+3分 3鈴木 健士 C1 反スポーツ

日体大は北脇を累積による出場停止で欠く戦い。
主審が一貫してボディコンタクトを厳しめに取っていたのも、激しいコンタクト
の多い印象の日体大には、難しい試合になって感じを受けました。判定基準は
概ね安定していたので、早めに順応できれば良かったと感じました。
東洋大が5分には8年森のFK、8分には右7馬渡のクロスに左から29仙頭が走り込む
も相手GKにキャッチされる等チャンスを作りました。
23分押されていた日体大が10稲垣を起点に9田中→15阿部と繋ぎ2宮内がゴール。
[日本体育大学 1‐0 東洋大学]
24分東洋大、7馬渡がシュートはGKキャッチ。失点後、即反撃してリズムは東洋大
が保ったままの感じ。
29分東洋大、7馬渡のクロスに29仙頭が走り込んで合わせゴールを奪う。
[日本体育大学 1‐1 東洋大学]
31分日体大、10稲垣からのスルーパスはGK抑える。
35分東洋大、左29仙頭がタイミング計り右の7馬渡へサイドチェンジ。
良い展開も、惜しくも収まらず。
36分東洋大、巧く崩して左16筑井から13川森で逆転ゴール。
[日本体育大学 1‐2 東洋大学]
前半は東洋大が、29仙頭の豊富な運動量で良いポジションを取った事が効いて
優位に試合を進めて1点リードで折り返しました。

HT明け、日体大が選手交代。
53分日体大、9田中のFKはファー4菊地を狙うが合わず。
55分日体大、右7梅村から9田中を経由して左15阿部が同点ゴールを決める。
[日本体育大学 2‐2 東洋大学]
57分日体大、10稲垣の早いリスタートから9田中→15阿部と繋ぐがボレーで撃てず
東洋大7馬渡が戻り防ぐ。
60分辺りから前半優勢だった、東洋大だが全体にスピードが落ち始める。
若干、日体大が優位に立って時間が推移も追加点は生まれず。
82分東洋大、選手交代。疲れが見えていた29仙頭がここで下がる。
86分両チーム、選手交代。
87分東洋大、選手交代。
87分オンサイドのプレーを第二審がオフサイド判定で主審も取ってしまい
主審が誤審を謝った上で、東洋大が日体大にボールを返して再開。
ATに入り、1回ずつチャンスを得るがゴール奪えず、2-2で引き分け。
日体大の左と東洋大の右によるサイドの攻防は面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.23

JR東日本カップ2013 1部第17節 中央大vs明治大

2013/10/19
JR東日本カップ2013 第87回関東大学サッカーリーグ戦1部 第17節

kick off 11:30(45/45) 川口市青木町公園総合運動場 373人
中央大学 1-3 明治大学
1 前半 1
0 後半 2
【得点】
26分 12小出 啓太
36分 22藤本 佳希
69分 8和泉 竜司
84分 27石原 幸治

スライドショー

◆中央大学メンバー
1シュミット ダニエル
6高瀬 優孝、12小出 啓太、5木村 圭佑、13鈴木 悠太
8田辺 圭佑、4細見 諒
10澤田 崇、25渋谷 亮、7砂川 優太郎
11川越 勇治

[選手交代]
70分 11川越 勇治→14古橋 匡梧
71分 25渋谷 亮→20鳥波 将斗

[警告]
38分 6高瀬 優孝 C2 ラフ
83分 12小出 啓太 C1 反スポーツ

◆明治大学メンバー
1三浦 龍輝
15髙橋 諒 、4小出 悠太 、3山越 康平、12室屋 成
27石原 幸治、16差波 優人、6水野 輝、18秦 和広
8和泉 竜司、22藤本 佳希

[選手交代]
60分 18秦 和広→34田中 慶太
90分 22藤本 佳希→33苅部 隆太郎

小出啓太ゴール
 

試合開始から明治が、2分には右FK、4分には8和泉のシュートと攻め込み
7分明治、左で27石原と15高橋が中央13鈴木と1対2の数的優位の状況を作り
15高橋のクロスを8和泉がHSで狙うが枠外へ。
この後は一進一退の状況となったが、26分中央が右サイドで11川越がFKを獲得。
8田辺がファーへと送ったボールに外から飛び込んだ12小出がボレーで合わせて
素晴らしいゴールを決める。[中央大学 1‐0 明治大学]
28分中央、7砂川の右CKに12小出HSはGKへ。
31分、32分と中央が右から7砂川のCKで攻めるが追加点奪えず。
36分明治、6水野から18秦へ。18秦が右からクロスを送るがブロックされる。
しかし、このこぼれが18秦の下へと戻るラッキーに救われ、フリーでクロス。
これを22藤本が中でしっかり合わせてゴールを奪う。[中央大学 1‐1 明治大学]
41分には明治、44分、45分には中央にチャンスが訪れたがゴールなく1-1で、
折り返しとなりました。

47分明治、左よりからのFKを16差波が蹴るがゴールに繋がらず。
48分中央、8田辺のミドルは枠外へ。
49分明治、22藤本が受けてシュートに持ち込んだが力なくGKへ。
この後は明治の時間が続きました。
60分明治、選手交代。
63分明治、8和泉から27石原へ素晴らしいタッチとコントロールのパスが通るが
27石原の1stコントロールが流れてシュートは枠外。
66分中央、GK1シュミット ダニエル好判断で凌ぐ。
68分明治、27石原からのパスを15高橋がシュートはGKかすめゴール角に当たり
跳ね返りを、34田中が狙ったが枠捉えず。
69分明治、34田中のシュートのこぼれを8和泉が押し込んで逆転ゴール。
[中央大学 1‐2 明治大学]
ほぼ、攻め続けの状態の明治が決めきれない時間が続いた中、貴重なゴール。
70分、71分と中央が立て続けに選手交代。
72分、73分と中央がチャンス作るが明治が体を張りブロックしてゴール許さず。
79分中央、7砂川のCKのクリアボールを8田辺が狙うが枠外。
84分明治、BOX角少し外から16差波のFKから8和泉がシュート、こぼれを27石原が
決めて決定的な3点目を奪う。[中央大学 1‐3 明治大学]
90分明治、選手交代。
AT4分も明治がコントロールして[中央大学 1‐3 明治大学]で試合終了。
中央は前半頑張って走っていた分、疲労が感じられる後半となり、明治のプレー
スピードに付いて行けなくなって、厳しい後半となりました。
個人的には、前半の12小出のボレーシュートが見られて満足な試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.17

第93回天皇杯3回戦 レッズvs山形

2013/10/16
第93回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦

kick off 19:05(45/45) 浦和駒場スタジアム 5,890人
浦和レッド
ダイヤモンズ
2-3 モンテディオ山形
1 前半 1
1 後半 2
【得点】
41分 19阪野 豊史
76分 38邦本 宜裕
39分 10伊東 俊
67分 15宮阪 政樹
79分 24ロメロ フランク

スライドショー

◆浦和レッドダイヤモンズメンバー
18加藤 順大
12野田 紘史、17永田 充、2坪井 慶介
7梅崎 司、27小島 秀仁、6山田 暢久、11関口訓充
29矢島 慎也、19阪野 豊史、34山田 直輝

[選手交代]
57分 6山田 暢久→23野崎 雅也
65分 27小島 秀仁→38邦本 宜裕
69分 29矢島 慎也→35関根 貴大

[警告]
28分 27小島 秀仁 繰返違反

◆モンテディオ山形メンバー
21常澤 聡
13石川 竜也、23イ ジュヨン、4西河 翔吾、22キム ボムヨン
24ロメロ フランク、15宮阪 政樹、19秋葉 勝、10伊東 俊
9中島 裕希、8林 陵平

[選手交代]
73分 8林 陵平→30山崎 雅人
86分 10伊東 俊→18萬代 宏樹
90+2分 9中島 裕希→5堀之内 聖

[警告]
83分 22キム ボムヨン 繰返違反
90分 18萬代 宏樹 反スポーツ

天皇杯3回戦、会場は2回戦と同様、浦和駒場スタジアム。
2回戦に続いて、出場機会の少ない選手中心のレッズとJ2山形の対戦。
35関根、38邦本がユースからベンチ入り。リードした中で入り易い状態で
出場できれば良いなと思いつつ、実質、J2vsJ1サテライトの対戦で、
栃木ウーヴァにも、かなり危ないシーンを作られたレッズは厳しい戦いに
なるだろうなと思ってました。
試合は、やはり難しい感じで攻め手無く時間が経過。
試合が動かしたのは39分山形、17永田が攻撃参加をしようとして、持ち上がった
瞬間に10伊藤に奪われて、8林へ預けて、10伊東が右足決めてゴール。
[浦和レッドダイヤモンズ 0‐1 モンテディオ山形]
40分レッズ、阪野へのパスが通り裏を取ったが、出し手へのファールを主審が
取ってしまいFKになる。
41分29矢島のFKに左から走り込んだ19阪野が地面スレスレのボールに頭で
合わせ同点。19阪野、待望のゴール、今後の量産に期待したい。
[浦和レッドダイヤモンズ 1‐1 モンテディオ山形]
前半はレッズが追い付いて終了。

後半先に動いたのは、上手く行っていないレッズ。
57分、運動量が少なく、タリー状態だった6暢久に代えて23野崎を起用。
更に65分には、27小島に代えて38邦本を起用。38邦本が34直輝のポジション
に入って、34直輝が23野崎とボランチを組む。
67分山形、こぼれ球を15宮阪がミドルで狙い左ポストをかすめゴール。
[浦和レッドダイヤモンズ 1‐2 モンテディオ山形]
69分レッズ、最後の交代は29矢島に代えて35関根。ユースの2人に託す事に。
厳しい試合展開での起用となった、38邦本と35関根ですが、
76分38邦本が見せる。 34直輝からの楔がこぼれた所に反応して、収めると
コントロールして左足で シュートを放つ。ゴールに吸い込まれて同点。
[浦和レッドダイヤモンズ 2‐2 モンテディオ山形]
38邦本がクラブ最年少出場ばかりか、クラブ最年少ゴールを記録する。
高校1年生の個の力に救ってもらった先輩達だったが、79分山形15宮阪の
パスを 受けた、24ロメロ フランクに切り替えされると、あっさりかわされて
シュートを 許して失点。[浦和レッドダイヤモンズ 2‐3 モンテディオ山形]
1点リードを許したレッズだったが、前への圧力は高まらず、ゴールを奪えず
試合終了。シュート数、前半3本、後半2本のレッズ。山形は7本と4本。
シュート数に表れている通りの試合内容で、食い下がったけど、届かなかった
やっぱり、試合に出る事は非常に大切であると、思い知らされる試合だった。
38邦本はゴールを決めたし、良さは出ていたと思います。35関根に関しては
かなり、厳しめに当たられて、Jリーグの当たりの強さを公式戦で体験した事を
今後に活かして活躍して欲しいと思います。
公式戦は難しいでしょうが、控えメンバーの為に、練習試合を週1試合位
組んで欲しいと思います。
この試合の辛い所は、今シーズンの天皇杯敗退の救いを、38邦本のゴール
に、 求めざるを得ない事だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.14

平成25年度埼玉県高校選手権2次予選 聖望学園-埼玉栄

2013/10/14
平成25年度 第92回全国高等学校サッカー選手権大会
兼 埼玉県高校選手権2次予選 2回戦

kick off 12:30(40/40) 西武台高校第2グラウンド
聖望学園高校 3-1 埼玉栄高校
0 前半 0
3 後半 1
【得点】
46分 11五味 佑樹
64分 7中釜 拓未
71分 7中釜 拓未
68分 14小林 拓海

スライドショー

◆聖望学園高校メンバー
1浅見 俊貴
3鈴木 翼、5楠田 将太郎、4福島 拓、2長尾 昌哉
9原島 安寿、8荒木 智泰、7中釜 拓未、11五味 佑樹
13田村 航輝、6山川 一成

[選手交代]
63分 13田村 航輝→22濱崎 快
75分 11五味 佑樹→14石井 健之
79分 9原島 安寿→10野村 裕土

◆埼玉栄高校メンバー
1小林 徹也
3関根 佑、14小林 拓海、6小崎 裕也、4遠藤 響
8靏岡 能也、7矢野 魁人、5藤原 唯壱、18白石 勇之介
10田中 康平、9長谷川 大也

[選手交代]
HT 3関根 佑→15本樫 拓弥
63分 4遠藤 響→12矢部 晃太
66分 18白石 勇之介→20高橋 利樹
68分 5藤原 唯壱→25北原 大輔
77分 8靏岡 能也→19太田 拓実

越谷西を延長で退けて2次トーナメント2回戦へ上がって来た、聖望学園と
S1リーグの埼玉栄の対戦。
5分聖望学園、11五味がほぼ正面からのFKを蹴るが、フィードっぽいボールが
長くなった感じで大きく枠から外れる。
7分埼玉栄、18白石が右から抉って10田中が頭で合わす、綺麗な形からゴールと
思われたがGK浅見がファインセーブ。
5分までは、中盤で奪ってショートカウンターに移行する聖望学園が先にリズム
に乗った感じでしたが、その後は、裏への動き出しをした選手へのフィードで
局面を打開した埼玉栄が試合を支配して時間が進みました。
フィジカルコンタクトに対してかなり厳しいと感じる笛が多く、警告も8分、
18分、19分とあっという間に、3枚出されて退場者が心配な展開になりました。
埼玉栄が7矢野、8靏岡、18白石、6小崎のコンビネーションでチャンスメークも
聖望学園1浅見の前へ出るタイミングの良さと、シュートへの反応の速さで防ぎ
スコアレスで折り返しとなりました。

HT明け、優勢に進めていた感じの埼玉栄が選手交代。
44分埼玉栄、10田中がシュートはGK浅見がセーブ。
46分聖望学園、上手く繋いで攻め切り11五味がゴール。
[聖望学園高校 1‐0 埼玉栄高校]
48分埼玉栄、18白石からパスを受けて4遠藤がシュートはブロックされる。
62分埼玉栄、10田中からのパスをゴール正面で受け7矢野がシュート。
ここも、聖望学園GK浅見がファインセーブ。
63分両チーム、選手交代。
64分埼玉栄、左6山川が中へ22濱崎へ送ると、スルーしてファー、7中釜がゴール。
[聖望学園高校 2‐0 埼玉栄高校]
66分埼玉栄、選手交代。
67分埼玉栄、20高橋がドリブルでBOX内へ入りシュートはGKキャッチ。
68分埼玉栄、左ゴールライン際を突破した10田中のパスをファーから14小林が
決めて反撃の狼煙を上げる。[聖望学園高校 2‐1 埼玉栄高校]
68分埼玉栄、選手交代。
71分聖望学園、11五味が獲得のFKを8荒木が蹴って中央で7中釜が合わせゴール。
[聖望学園高校 3‐1 埼玉栄高校]
75分聖望学園、足が攣った11五味に代えて14石井を起用。
77分埼玉栄、選手交代。
79分聖望学園、選手交代。
80分聖望学園、4福島が足攣って担架で外へ出る。
AT表示は何と6分。かなり長いです。
80+2分聖望学園、4福島が治療を終えて中へ戻りました。
聖望学園が巧く試合をコントロール、埼玉栄陣でのプレーを増やす。
長い、長い6分のATを超えて試合終了。
聖望学園が勝利しました。GK浅見の神が降りた様な活躍が勝利に繋がりました。
紙一重の試合でしたが、聖望学園が自分達に出来る事を確実に遂行し続けた
事が勝利に繋がった印象でした。無理なプレーは選択せず、セーフティに切る
場面も有りましたし、確実なプレーを我慢強く選択する姿勢は見事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成25年度埼玉県高校選手権2次予選 川越南-西武台

2013/10/14
平成25年度 第92回全国高等学校サッカー選手権大会
兼 埼玉県高校選手権2次予選 2回戦

kick off 10:30(40/40) 西武台高校第2グラウンド
川越南高校 2-6 西武台高校
2 前半 3
0 後半 3
【得点】
6分 7栗原 大樹
40分 9遊佐 拓矢
12分 4小澤 学史
24分 3矢島 和弥
38分 17及川 皓平
58分 9田中 将洋
79分 5川又 悠史
80分 10松山 友弥

スライドショー

◆川越南高校メンバー
26都甲 皐汰
25加藤 圭一郎、3正木 元、2原田 慎吾、5近藤 瞬
6岩城 直弥、7栗原 大樹
8吉川 輝、10大野 貴裕、11朝倉 俊樹
9遊佐 拓矢

[選手交代]
50分 8吉川 輝→20三澤 航
55分 7栗原 大樹→21岡田裕亮
76分 11朝倉 俊樹→13閏間 哲、6岩城 直弥→12及川 航太

◆西武台高校メンバー
1新井 栄聡
19伊藤 遼大、6松藤 洋明、3矢島 和弥、4小澤 学史
5川又 悠史、17及川 皓平
11宮野 直也、7三沢 直人、10松山 友弥
9田中 将洋

[選手交代]
25分 11宮野 直也→18池永 夏月
49分 19伊藤 遼大→8山崎 智也
57分 18池永 夏月→23西村 隼人
76分 8山崎 智也→24河野 翔磨
80+1分 6松藤 洋明→21宮越 楓希

西武台高校第2グラウンドに9:40分過ぎに着くと既に沢山の人が来ていて
S1リーグ戦の時とは、まるで違う状況になっていました。
試合が始まるころには、スタンドの後ろや、普段は人が入らないエリアにも
人が入っても溢れるほどの、人が集まった中での試合となりました。
一発勝負の初戦の緊張感が包んでいる感じの中でキックオフ。
既に、1試合戦い勝って来ている埼玉県S2Aリーグ1位の川越南が対戦相手。
14ブロックを1回戦vs越谷東9-0、2回戦vs越谷南5-1、決勝vs三郷工技5-0。
2次予選トーナメント1回戦vs久喜北陽8-1と攻撃が好調で侮れない相手です。
4分西武台、9田中がシュート、5分には6松藤が起点となったカウンターから
10松山が右CKを取り7三沢が蹴るがゴール奪えず。
6分川越南が、7栗原のシュートで先制する。[川越南高校 1‐0 西武台高校]
10分西武台、左7三沢のFKに中央で3矢島がHS。ピタリのボールが入ったが枠外。
このプレーで西武台も充分引っくり返せる、手応えを感じました。
12分西武台、右10松山からのボールを左で4小澤が受けてシュートに持ち込み
同点とする。[川越南高校 1‐1 西武台高校]
15分、16分、20分とチャンスを得点に繋げなかった西武台。
22分川越南、右FKを10大野がGKとの間へボールを送ると9遊佐が突っ込んだが
僅かに触れずGKがキャッチ。触れば1点のシーンを作る。
24分西武台、FKの流れで右7三沢からのボールを5川又はバーを叩き、跳ね返りを
3矢島が押し込んで逆転。[川越南高校 1‐2 西武台高校]
25分西武台、23分に負傷した11宮野に代わって18池永を緊急投入。
38分西武台、BOX少し外からのFKを7三沢がニアから巻いて狙うが壁に当たる。
ルーズボールを17及川が決めて突き放す。[川越南高校 1‐3 西武台高校]
40分川越南、西武台の中盤の繋ぎを高い位置で奪って9遊佐がゴール。
[川越南高校 2‐3 西武台高校]1点差に追い上げて後半を迎える川越南。
反撃の機運が高まる形で前半を終えました。
西武台としては、3-1で折り返せれば安全な試合に出来た印象でしたが
勿体無い失点でした。
川越南の10大野、9遊佐の確かな技術力と、11朝倉のスピードに7栗原の高さが
西武台の守りを苦しめている印象。勢いを持って川越南が後半を迎えます。

川越南が41分10大野の右CK、46分8吉川のHSと攻めたがゴールならず。
49分西武台、50分川越南が選手交代。
52分西武台、7三沢のFKは良い位置からで直接狙うがコースが甘くなりGKへ。
55分川越南、選手交代。ターゲット役として活躍の7栗原がここで交代。
57分西武台、宮野の怪我で緊急出場した18池永はここで交代。
58分西武台、7三沢の絶妙な縦パスを9田中が受けてドリブルからシュート。
これが決まる。[川越南高校 2‐4 西武台高校]
61分西武台、ルーズボールの落ち際を10松山がボレーで狙うが枠外。決まって
たらゴラッソでした。また、10松山なら決められそうなシーンでした。
67分川越南、西武台のミスを衝いて21岡田→20三澤と繋ぎシュートは枠外。
70分過ぎ辺りから、立て続けに西武台がゴールに迫るが越谷南が粘る。
76分川越南、2選手交代。西武台、途中出場の8山崎を下げる。
79分西武台、23西村と10松山でボールを奪い最後は5川又がシュート。
決定的なゴールを奪う。[川越南高校 2‐5 西武台高校]
80分西武台、BOX少し手前、中央から10松山がコースを狙ってゴール。
[川越南高校 2‐6 西武台高校]
40+1分西武台、選手交代。DFで大活躍だった6松藤に代えて21宮越を起用。
長いATとなり後半45分35秒を過ぎて試合終了。
西武台が苦労しながらも、終わってみれば4点差を付けて勝利も、点差を
余り感じることのない試合となりました。
川越南の攻撃力は中々、試合を楽しく見応えあるものにしてくれました。
厳しい試合を勝って、3回戦は優勝候補同士の対決となる、大一番、浦和東戦。
激しい試合となるでしょうが、カードの少ないクリーンな試合になると良い
と思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013ナビスコ準決勝第2戦 レッズvs川崎

2013/10/12
2013Jリーグヤマザキナビスコカップ 準決勝 第2戦

kick off 17:00(45/45) 埼玉スタジアム2002 27,197人
浦和レッド
ダイヤモンズ
1-0 川崎フロンターレ
0 前半 0
1 後半 0
3(4) AGG 3(3)
【得点】
80分 30興梠 慎三

スライドショー

◆浦和レッドダイヤモンズメンバー
1山岸 範宏
5槙野 智章、4那須 大亮、46森脇 良太
3宇賀神 友弥、13鈴木 啓太、22阿部 勇樹、14平川 忠亮
24原口 元気、8柏木 陽介 30興梠 慎三

[選手交代]
67分 14平川 忠亮→7梅崎 司
69分 24原口 元気→10マルシオ リシャルデス
79分 3宇賀神 友弥→11関口 訓充

◆川崎フロンターレメンバー
1 杉山 力裕
23登里 享平、2伊藤 宏樹、5ジェシ、3田中 裕介
6山本 真希、20稲本 潤一
10レナト、14中村 憲剛、11小林 悠
13大久保 嘉人

[選手交代]
HT 14中村 憲剛→19森谷 賢太郎
83分 6山本 真希→9矢島 卓郎
90+2分 20稲本 潤一→18アラン ピニェイロ

いつもの一試合の雰囲気のレッズサポーターと、特別な試合な感じの
川崎サポーター。南の半分とSA指定の南にかなり来ていた川崎サポータが
気合いを感じる応援を試合前から始めました。
選手入場時には北ゴール裏いっぱいのデカ旗で選手を迎えたレッズサイド。
川崎サイドは、2段にして旗を出していました。
試合が始まると、レッズが前線から積極的な守備で、川崎の前線へのボールを
かなり制限して、良いペースで試合を進めました。
前半65%のポゼッションを誇り、前向きのプレーが多かったレッズでしたが
24原口、30興梠のシュートは川崎GK杉山に防がれ得点は奪えずに後半に。
9本  シュート数  3本
5本 枠内シュート 1本
良い流れを作り攻め続けたレッズ。等々力での第1戦とは違う攻撃的な試合で
ゴールだけが足りない、そんな感じの前半でした。

HT明け、川崎は14中村が負傷で交代。第1戦では6山田暢久、2坪井が負傷し
戦線を離れたレッズとは対照的に、この日は川崎にアクシデントが起こりました。
後半も攻め手を緩めなかったレッズは、チャンスを作るもゴールを奪えず。
67分、14平川→7梅崎。69分、24原口→10マルシオ。79分に3宇賀神→11関口。

と立て続けに選手交代を行う。
80分11関口の突破からニアへ詰めた30興梠が足を延ばし、ワンタッチでゴール。
難しいシュートを決めて先制。
[浦和レッドダイヤモンズ 1-0 川崎フロンターレ] このまま終われば、アウェー
ゴール「2」を持っているレッズが勝利。
この状況が、レッズに若干の隙を生み出す。
キープするのか攻めるのか、何と無く共通の意思を感じられないプレーが出て
川崎、10レナト、6山本に危ないシーンを作られたが枠を外れて事なきを得た。
このまま、1‐0で試合が終わりレッズがナビスコ決勝へと駒を進めました。
試合終了とほぼ同時に湧き上がった「We are REDS!」の声は渦となり、地響きを
引き起こしたようにバックスタンドでは感じられました。
僅か27,197人の入場者の声とは思えぬ、轟音と共に歓喜に包まれました。
結局ポゼッションは63%
16本 シュート数  8本
7本 枠内シュート 1本
スコアは1点差ながら、見事に試合を支配しての完勝でした。
川崎相手に完封は、予想以上の結果でした。大宮戦に続いて完封でチーム
状態も 上がってきている印象。良い勢いを保って終盤戦に挑めそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.07

2013 J1第28節 レッズvs大宮

2013/10/5
2013 Jリーグディビジョン1 第28節

kick off 16:05(45/45) 埼玉スタジアム2002 47,790人
浦和レッド
ダイヤモンズ
4-0 大宮アルディージャ
1 前半 0
3 後半 0
【得点】
11分 22阿部 勇樹(PK)
72分 24原口 元気
76分 30興梠 慎三
83分 11関口 訓充


スライドショー

◆浦和レッドダイヤモンズメンバー
1山岸 範宏
5槙野 智章、4那須 大亮、46森脇 良太
3宇賀神 友弥、 13鈴木 啓太、22阿部 勇樹、14平川 忠亮
24原口 元気、8柏木 陽介
30興梠 慎三

[選手交代]
77分 14平川 忠亮→7梅崎 司
77分 24原口 元気→10マルシオ リシャルデス
81分 30興梠 慎三→11関口 訓充

[警告]
68分 3宇賀神 友弥 C2:ラフプレー
73分 13鈴木 啓太 C2:ラフプレー

◆大宮アルディージャメンバー
1北野 貴之
8下平 匠、2菊地 光将、22ニール、27今井 智基
9チョ ヨンチョル、20和田 拓也、17高橋 祥平、13渡邉 大剛
11ズラタン、19ノヴァコヴィッチ

[選手交代]
81分 20和田 拓也→34片岡 洋介、19ノヴァコヴィッチ→32長谷川 悠

[警告]
33分 27今井 智基 C1:反スポーツ的行為
68分 17高橋 祥平 C1:反スポーツ的行為

[退場]
9分 22ニール S5:得点機会阻止(他)
89分 27今井 智基 S5:得点機会阻止(他)

立ち上がりは、2分大宮19ノヴァコヴィッチにシュートを許すが枠外へ。
9分レッズ、30興梠が倒されてPK獲得。大宮22ニール退場に。
11分レッズ、22阿部がこのPKを決めて先制。
[浦和レッドダイヤモンズ 1‐0 大宮アルディージャ]
その後、相手が10人な事もあり、前線の3人のコンビネーションや4那須、22阿部
のHS、3宇賀神、14平川のサイドからの切れ込みなど、チャンスは作るが追加点が
取れないレッズ。前半は68%というポゼッションを活かしきれずPKの1点で終える。

後半もレッズの優勢は揺るがないが、60分大宮13渡邉にカウンターを許す。
しかし、GK山岸がセーブして無失点。ビジョンでは文化シャッターさんが活躍。
72分レッズ、8柏木から左3宇賀神が中央に走って来る24原口を見てパス。
フリーで受けた24原口がゴールを奪う。
[浦和レッドダイヤモンズ 2‐0 大宮アルディージャ]
75分、27今井のクロスを19ノヴァコヴィッチがボレーで狙うがバーを直撃して
跳ね返る。跳ね返りを14平川が拾って縦パス。30興梠が走り勝って、最後は
GKをかわしてシュートを決める。
[浦和レッドダイヤモンズ 3‐0 大宮アルディージャ]
77分レッズ、選手交代。14平川→7梅崎、24原口→10マルシオ
81分レッズ、選手交代。30興梠→11関口
81分大宮、選手交代。20和田→34片岡、19ノヴァコヴィッチ→32長谷川
83分レッズ、10マルシオ→8柏木と繋ぎ、11関口に決めろよ!という感じのパス。
これを11関口がゴールに流し込んで4点目。
[浦和レッドダイヤモンズ 4‐0 大宮アルディージャ]
89分レッズ、11関口が抜け出すと遅れた27今井が止めて退場となり大宮は9人に。
結局試合を通したポゼッション率でも61%と圧倒的に支配したレッズが4点を取り
勝利を手にしましたが、2-0からの19ノヴァコヴィッチのシュートが決まってたら
まるで違う試合になっていたでしょうし、攻撃の良いイメージは維持しつつ
守りをもう一歩、確実な状態にして欲しいと思います。
それでも、久しぶりに気持ちのスッキリするレッズの試合でした。
帰り道は、雨も上がり良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.06

プリンス関東U-18 レッズYvs横浜FMY

2013/10/5
高円宮杯U-18サッカーリーグ2013 プリンスリーグ関東 1部 第15節

kick off 13:00(45/45) 埼玉スタジアム第2グラウンド
浦和レッドダイヤ
モンズユース
2-2 横浜 F・マリノスユース
0 前半 1
2 後半 1
【得点】
64分 5齋藤 一穂
79分 13條 洋介
23分 18斉藤 海
57分 9武 颯

スライドショー

◆浦和レッドダイヤモンズユースメンバー
18関口 亮助
5齋藤 一穂、8須藤 岳晟、19橋岡 和樹
22荒木 聡太、13條 洋介、4茂木 力也、2細田 真也
14斎藤 翔太
9小川 紘生、27邦本 宜裕

[選手交代]
HT 19橋岡 和樹→11進 昂平
60分 27邦本 宜裕→23安東 輝
63分 4茂木 力也→16小木曽 佑太
70分 22荒木 聡太→10関根 貴大
87分 13條 洋介→24東 伸幸

◆横浜 F・マリノスユースメンバー
31谷口 裕介
13尾身 俊哉、4上野 海、18斉藤 海、3福田 圭佑
14汰木 康也、20長倉 颯、6早坂 翔、10田中 健太
11深澤 知也、9武 颯

[選手交代]
73分 4上野 海→19佐藤 陸
80分 11深澤 知也→15瀬賀 悟
82分 10田中 健太→22田中 郁也

2分レッズ、22荒木がクロスを送るがカットされCKに。左CKを9小川が蹴る。
8須藤へ入ってこぼれた所を27邦本がシュートは枠外。
7分横浜FM、右から10田中が突破を図るが5齋藤が守りCKに。左CKを10田中。
これはレッズ8須藤がクリアする。
9分横浜FM、左からの攻撃で9武→14汰木→6早坂と繋ぐがラストはGKキャッチ。
12分横浜FM、右10田中のキープから22荒木をかわしてシュートは枠外へ。
レッズの3バックの外側を使われて危ないシーンを作られる。
17分横浜FM、右3福田に裏を取られるが11深澤へのパスはオフサイド。
23分横浜FM、FKを13尾身が蹴る、レッズのクリアが小さくなった所を18斉藤が
シュート、これで横浜FMが先制する。
[浦和レッドダイヤモンズユース 0‐1 横浜 F・マリノスユース]
29分レッズ、27邦本から14斎藤が受けて27邦本が落としをシュート、枠外へ。
30分レッズ、5齋藤が27邦本へ楔を入れるとターンから狙うが切られた。
31分横浜FM、10田中から11深澤で1点物のシーンを作るがレッズ19橋岡戻り
GK 関口と連携して失点を防ぐ。
34分レッズ、9小川、13條が繋いで左からの攻め、最後は13條狙うがブロック
され こぼれを27邦本狙うが枠外。
36分横浜FM、レッズのミスから10田中がドリブルからパスコースも2つある中で
シュートを選択。中央からのシュートはGK関口がキャッチ。
38分レッズ、上手く繋いでゴールへ迫るがあと一歩届かず、1分ほど続けた
攻撃も 得点できない。
45分レッズ、14斎藤から右2細田がクロス。CKを得て9小川が5齋藤に合わすが
惜しくも決めきれず。
前半はレッズ1点リードを許しての折り返しとなります。
国体で35分を見ていたので45分を長く感じました。

HT明け、守備面で貢献の高かった19橋岡を下げてTOPに11進を起用。4-4-2に
システムを変えた感じで27邦本が左へ入り、14斎藤がボランチへ、22荒木が
左SB に、4茂木がCBに入りました。
47分レッズ、14斎藤→11進→27邦本と繋ぎ左CK取るが、9小川CKはニアクリア。
50分横浜FM、13尾身のFKはファー合わず、逆サイドぎりぎりで10田中抑えて
11深澤へ、リターンパスを10田中へ送るがオフサイド。
52分レッズ、13條がBOX内でこぼれ拾ってルーレットからシュートはCKに。
52分レッズ、左CKを9小川が蹴り、13條→5齋藤→13條→27邦本と繋ぐがDFが
体を張って13條、27邦本のシュートをブロック、ゴールできず。
57分横浜FM、スローインから20長倉→14汰木で左を崩され9武が決める。
[浦和レッドダイヤモンズユース 0‐2 横浜 F・マリノスユース]
60分横浜FM、右20長倉から中央14汰木へシュートは枠外。
60分レッズ、選手交代。27邦本→23安東。
61分横浜FM、11深澤がフリーでシュートはGK関口キャッチ。
62分レッズ、4茂木が腿辺りを痛めた感じで自ら外へ。63分16小木曽と交代。
63分レッズ、14斎藤から22荒木で左FKを獲得。
64分レッズ、このFKを23安東のキックにニアで5齋藤がHSを決めて反撃開始。
[浦和レッドダイヤモンズユース 1‐2 横浜 F・マリノスユース]
65分レッズ、9小川がボールを運んでチャンスメークもゴール奪えず。
67分レッズ、パスがリズムよく繋がり9小川がクロス、GKキャッチ。
11進を起用して並びを代えた後半は、前線の動き出しの早い11進の効果もあり
意図を感じるパスが通り始めて、64分のゴールで勢いも付いて良い時間に。
70分レッズ、選手交代。22荒木→10関根。負傷で代表離れた10関根状態は
心配 なのですが、期待せずには居られない存在です。
71分レッズ、11進が相手と競りながらシュートに持ち込むが枠外。
72分レッズ、10関根からのパスを受けた23安東のシュートは1点もの!
しかし横浜FM、GK31谷口がスーパーセーブを見せる。
73分横浜FM、選手交代。
73分レッズ、10関根と11進がワンツー、13條がミドルシュートを放つが枠外。
75分レッズ、11進→10関根→2細田→10関根と渡り、10関根のシュートは
神憑り的反応を見せたGK31谷口の足で防がれる。13條のシュートはGK触るも
ボールはゴールへ向かうが、勢い落ちてカバーの選手にクリアされる。
78分レッズ、2細田から10関根へ。CKを獲得。右9小川のCKはニアでクリア。
79分レッズ、再びのCKを9小川から5齋藤へ、こぼれるが9が拾ってクロス、
11進がGKと競ってこぼれを13條が右に決める。遂に同点に追いつく。
[浦和レッドダイヤモンズユース 2‐2 横浜 F・マリノスユース]
80分横浜FM、選手交代。効いていた印象の11深澤を下げる。
81分レッズ、23安東→14斎藤→11進と中央繋ぐがゴールならず。
81分レッズ、クロスに11進がHS、GKハンブルしてCKに。右23安東がCKを蹴る。
ファーから11進が中へ絞り触るがゴールならず、10関根拾い、13條へ至近から
13條シュートはGKセーブ、こぼれにBOX内で16小木曽、10関根が2人で奪い、
9 小川へ落として、右23安東へ捌く、23安東はクロスを狙うDF入るが、9小川が
フォロー、右ゴールライン際を仕掛けたが、ゴールキックに。
82分横浜FM、選手交代。10田中も交代。11深澤に続いて嫌な感じだった選手が
ピッチから姿を消しました。
83分レッズ、23安東シュートはGKキャッチ。
85分レッズ、16小木曽、8須藤が横浜FMに裏を取らせず。
85分レッズ、5齋藤からフィードが前線の11進へ、そして右2細田を使って
クロスをBOX内で安東がシュートも又もやGK31谷口がセーブ。
86分横浜FM、9武→15瀬賀→14汰木→22田中と繋がれるが、外へ追い出せて
クロスをクリア。
87分レッズ、選手交代。13條→24東を起用。
88分レッズ、23安東のFKはクリアされ、8須藤が拾って前線10関根へ。
競り合いでボールはこぼれたがGKが抑える。
89分横浜FM、22田中の仕掛けを5齋藤が切って右CK。22田中から9武HSは枠外。
AT表示は3分。
90+1分横浜FM、13尾身のFKから攻めもレッズクリア。
90+3分横浜FM、13尾身のFKから14汰木チャンス作るがレッズが守る。
90+4分レッズ、16小木曽のクリアを10関根がカウンター。自陣深くから
ドリブルで運び、一気にゴール前へ、10関根のシュートはバーを強襲するが
ゴールならず。左で跳ね返りを9小川が拾い、溜めてから中央10関根へ送るが
ゴールならず。
度重なる横浜FMのGK谷口のスーパーなセーブがあり逆転は出来なかったが、
2点差を追い付いて得た勝ち点「1」を残り3試合で価値有る物に、変えて
くれると、信じるに値する後半の反撃でした。
残り3試合全勝すると、勝ち点23まで伸ばせます。3連勝を実現できれば
プレミア昇格チームが1チーム出れば残留可能な6位には上がれるのではと
思っています。
余り考え過ぎず、ただ目の前の一戦を必勝で挑んでくれればと願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第68回国体 (少年男子)決勝戦 東京都vs大阪府

2013/10/3
スポーツ祭東京2013 第68回国民体育大会 サッカー競技会(少年男子)決勝戦

kick off 11:32(35/35) 味の素スタジアム 2,359人
東京都(少年男子) 1-0 大阪府(少年男子)
0 前半 0
1 後半 0
【得点】
48分 6小松 駿太



スライドショー

◆東京都(少年男子)メンバー
12松嶋 克哉
2相原 克哉、16岡崎 慎、4渡辺 拓也、5柳 貴博
6小松 駿太、15安部 柊斗
7田代 蓮太、14井上 潮音、9相馬 勇紀
11神谷 優太

[選手交代]
55分 14井上 潮音→8大熊 健太
70+3分 6小松 駿太→3鴻巣 良真

[警告]
58分 11神谷 優太 遅延行為

◆大阪府(少年男子)メンバー
1松原 秀模
2初瀬 亮、3松岡 秀平、13庄司 朋乃也、5吉岡 裕貴
8岩本 和希、6久保田 和音、7市丸 瑞希、10牧野 寛太
15小田垣 旋、11岸本 武流

[選手交代]
51分 3松岡 秀平→14羽田 健人
55分 10牧野 寛太→16丸岡 悟

1回戦 9月29日
東京都(少年男子)3-1宮城県(少年男子)/大阪府(少年男子)シード
2回戦 9月30日
東京都(少年男子)3-1徳島県(少年男子)/大阪府(少年男子)3-1愛媛県(少年男子)
準々決勝 10月01日
東京都(少年男子)3-0埼玉県(少年男子)/大阪府(少年男子)4-2愛知県(少年男子)
準決勝 10月02日
東京都(少年男子)2-1京都府(少年男子)/大阪府(少年男子)5-1福島県(少年男子)

1回戦から登場で5戦目の地元開催、東京と1回戦シードの圧倒的な攻撃力を
感じさせる勝ち上がりの大阪府の対戦となった決勝戦。
1分東京、9相馬がシュートは枠外。
5分大阪、6久保田がボールを奪いドリブルから切れ込んでシュート、GKキャッチ。
5分東京、15安部の仕掛けで大阪3松岡と接触、二人とも傷んで中断。
7分東京がボールを返して試合再開。
10分大阪、11岸本がBOX手前から狙うがGKキャッチ。
11分大阪、右15小田垣からマイナスのボールが11岸本へ、シュートはGKキャッチ。
15小田垣がこのボールへ詰めたプレーには副審がオフサイドの判定でした。
12分大阪、東京のミスで得たチャンスに15小田垣。しかし、16岡崎がカバーに
入り凌ぐ。
13分大阪、CKの流れから右からのクロスを11岸本がHS、枠外。
14分東京、14井上から左2相原。2相原のクロスはカットされCKに。
14分東京、11神谷の左CKのクリアを拾い15安部が中へ。14井上シュートは枠外。
入りは東京がやや優勢に始まった感じでしたが、10分、11分の攻撃からは大阪が
10牧野、11岸本、15小田垣を軸に良い時間を作り始めました。
20分を過ぎると、独自のリズムを感じる15小田垣に手を焼く感じだった東京DFも
タイミングを掴んで来た印象で、外されなくなって来ました。
26分大阪、ロングフィードを左で受けた11岸本がDFが居る中、シュートを放つ。
GKがキャッチする。
30分大阪、左CKを8岩本から11岸本HSは枠外。GK出遅れて触れず危ないシーン。
大阪11岸本の斜めへの動き、特に東京の4渡辺と5柳の間に走り込んでくる動き
に対する対処ができずフリーになられるシーンが多い。
AT1分を経過して前半はスコアレスで折り返す。

36分東京、9相馬が仕掛けてCK獲得。11神谷がCK蹴るもクリアされる。11神谷
が拾って攻め直し、繋いで行くが攻めきれず。
37分大阪、8岩本がBOX内で受けて反転、マークを外してシュート、バー上へ。
41分大阪、左8岩本から中央11岸本を経由して中央右寄り15小田垣がBOX内から
シュートを放つがGKキャッチ。
41分東京、6小松のシュートは枠外。
46分大阪、10牧野がBOX手前ゴール正面からミドルは左へ外れる。
48分東京、9相馬が踏ん張って繋いだボールを7田代が中央14井上へ。
14井上のスルーパスを6小松が受けて先制ゴール。
[東京都(少年男子) 1-0 大阪府(少年男子)]
49分大阪、3松岡が負傷して試合が止まる。出血した模様で51分歩いて外へ。
51分大阪、選手交代。負傷の3松岡に代えて14羽田を起用しました。
ここで試合再開。
53分大阪、スローインから左寄りで受けた11岸本がドリブルで中央へ進み
シュートを放つがバー直撃でゴールならず。
55分両チーム選手交代を行う。
57分東京、カウンターを仕掛け8大熊から11神谷へ。11神谷オフサイドの笛の
後にシュートしてしまい警告を受ける。
59分大阪、右5吉岡のアーリークロスに11岸本が飛び込みHSは枠外へ。
62分大阪、右を駆け上がった16丸岡がコーナー付近から下げて5吉岡がクロス。
形を作るがGKキャッチ。
64分東京、9相馬が裏を取った瞬間にマーク来る中シュート、枠外へ。
66分大阪、11岸本が強引に突破。ファールと思った東京、瞬間止まりピンチも
シュートは枠外へ。
67分大阪、FK16丸岡がファーへ送るが合わずに外へ。
70分大阪、11岸本がクロスを上げるが右CKに。16丸岡のCKはクリアされる。
クリアを16丸岡がクロス11岸本が頭で合わせるがGKキャッチ。
70分大阪、東京GKのパントキックのボールを奪い16丸岡→15小田垣→7市丸と
繋ぐが東京がクリアする。
70+2分大阪、ロングスローから繋いで8岩本がミドルシュートも枠外。
70+3分東京、厳しい終盤に9相馬がファールを受けてFKを獲得。
70+3分東京、選手交代。ゴールを決めた6小松に代えて國學院久我山の3鴻巣。
70+4分大阪、11岸本がCK取る。こぼれ球を7市丸が狙うが枠外へ。
大阪の勢いのある攻撃を耐えて東京が1点を守り勝利。地元開催の国体で優勝。
選手の中には試合終了後、勝利に号泣する選手も居ました。
素晴らしい決勝戦をしてくれた両チームに感謝したくなる試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第68回国体 (女子)決勝戦 宮城県vs兵庫県

2013/9/30
スポーツ祭東京2013 第68回国民体育大会 サッカー競技会(女子)決勝戦

kick off 9:30(35/35) 味の素スタジアム 1,519人
宮城県(女子) 1-0 兵庫県(女子)
0 前半 0
1 後半 0
【得点】
61分 10佐々木 美和


スライドショー

◆宮城県(女子)メンバー
1齊藤 彩佳
2岡倉 海香、15小野田 莉子、14千葉 梢恵、3柿木 瑠奈
10佐々木 美和、6権野 貴子、5平田 美紀、9伊藤 美紀
8白木 星、11岩澤 和

[選手交代]
56分 11岩澤 和→7西川 彩華
61分 10佐々木 美和→4川﨑 咲耶

[警告]
30分 5平田 美紀 ラフ
39分 5平田 美紀 反スポーツ
50分 8白木 星 反スポーツ

[退場]
39分 5平田 美紀 警告2

◆兵庫県(女子)メンバー
1切畑 琴乃
3江上 成美、11羽座 妃粋、2西山 衣美、8北川 和香菜
9千葉 園子、14岡島 絵里、5藤本 まどか、4代田 美希、7小谷野 優
6杉澤 光帆

[選手交代]
44分 7小谷野 優→13小島 和希子
49分 6杉澤 光帆→10有原 蒼葉

1回戦 9月30日
宮城県(女子)5-1茨城県(女子)/兵庫県(女子)1-0三重県(女子)
準々決勝10月01日
宮城県(女子)4-1群馬県(女子)/兵庫県(女子)1-0大阪府(女子)
準決勝10月02日
宮城県(女子)2-0愛媛県(女子)/兵庫県(女子)1(5PK4)1鹿児島県(女子)

なでしこチャレンジリーグで躍進、優勝した常盤木学園高校中心に卒業生を
加えた、全常盤木学園的な宮城が、順当に決勝進出。伊賀くの一の選手を含む
三重に勝つなど、守り切って接戦を勝ち上がって来た印象の兵庫の対戦。
宮城のGK、CB、CMF、FWとセンター線がしっかりして居る印象を感じました。
攻める宮城、耐える兵庫の流れで30分を経過。
32分兵庫、漸く右クロスに9千葉がニアでHSはGKセーブCKに。
34分兵庫、4代田のシュートのこぼれが前に居た11羽座へ入りシュート。
至近距離からのシュートもGK齊藤が反応してキャッチ。
これが決まっていれば兵庫の思い通りの展開だったのでしょう。
32分からの3分間は兵庫が勝負掛けて、前に人も割いて圧力を強めました。
ペースの著しい変化も有ってチャンスを得ましたが決めきれませんでした。
前半は、ほぼ一方的な宮城ペースで進みました。

38分宮城、攻め込んで5平田が相手と接触からバランスを失って倒れると
判定はシュミレーションで反スポーツの警告を受けて、2枚目となり退場。
後半の大半を一人少ない状況で戦わなければならない展開となりました。
ここで宮城は、ボランチ5平田が抜けた所は、開けたまま、1ボランチで
両SBにボールサイドをケアさせる感じで4-1-2-2で試合を進めます。
44分兵庫、選手交代。
45分兵庫、6杉澤から14岡島がシュート体制に入るがDF14千葉が戻りGK抑える。
49分兵庫、選手交代。良い感じにプレーして居た6杉澤がここで下がる。
5平田を失ってみると、繋ぎで如何に機能していたのかを思い知らされる様に
宮城のビルドアップは機能不全になりました。
55分兵庫、FKを獲得。ここで宮城選手交代。7西川を起用。その後2ボランチ。
56分兵庫、このFKを中央右よりから13小島狙うが枠外へ。
宮城は交代策が当たり、4-2-1-2の形が機能しました。
60分宮城、8白木のパスを左で受けた10佐々木が切れ込んでシュートを決める。
[宮城県(女子) 1‐0 兵庫県(女子)
前半の流れを考えると、やっと、やっとゴールに辿り着いた、そんなゴール。
10佐々木はこのゴール前に交代準備が整っていてここで交代。
70+3分兵庫、ロングフィードを宮城ゴール前へ送るがGKキャッチ。
兵庫の善戦と後半の殆どを10人で戦った宮城が1点奪い優勝しました。
ビルドアップの上手く行かないチョットの間以外は数的不利を感じさせない
しっかりした技術に基づいたサッカーで勝者にふさわしい内容でした。
余りにも宮城のチャンス多いので、割愛しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第68回国体 (少年男子)2回戦 埼玉県vs静岡県

2013/9/30
スポーツ祭東京2013 第68回国民体育大会 サッカー競技会(少年男子)2回戦

kick off 14:00(35/35) 府中市朝日サッカー場 468人
埼玉県(少年男子) 1-0 静岡県(少年男子)
0 前半 0
1 後半 0
【得点】
56分 13中塩 大貴



前半スライドショー

◆埼玉県(少年男子)メンバー
1加藤 有輝
13中塩 大貴、2朝妻 佑斗、3東 伸幸、14藤沼 拓夢
6高橋 聡史、8川田 拳登
15堀内 千寛、10黒川 淳史、7松崎 快
9松澤 彰

[選手交代]
57分 15堀内 千寛→16新井 瑞希

◆静岡県(少年男子)メンバー
1市川 玄
3田口 雄太、5深澤 優太郎、4小池 佑、2村松 航太
9石川 信秀、7鈴木 健太郎、8長谷川 歓大、14津島 孝至
16白鳥 速巳、11大石 竜平

[選手交代]
50分 16白鳥 速巳→15加納 澪
54分 9石川 信秀→13立川 嶺
60分 7鈴木 健太郎→10福井 悠陽

[警告]
58分 11大石 竜平 異議

4分静岡、11大石が右から上がる、スピードがあり埼玉としては要注意。
7分静岡、左3田口から受けた14津島がドリブルで運ぶ、3東の所で一旦、
引っ掛るが、再び津島も下へボールが入り、GK加藤が出てCKに。このCKはクリア。
9分静岡、FK獲得、8長谷川、14津島がポイントへ。8長谷川が中へ送るがクリア。
最初の5分程は、両チーム様子を見た感じ。その後は静岡が先にペースを掴む。
14分埼玉、7松崎がボールを奪いドリブル、ゴール正面でFKを獲得。
14分埼玉、FKを8川田が蹴って2朝妻がHS、続けて9松澤もHSを放つが2本目は
オフサイド。静岡のGK市川が素晴らしい反応を見せた。
20分埼玉、8高橋が個人技を活かしてドルブルで縫う様に抜けて前へ進んで行く。
この場面ではちょっとやり過ぎた感じだったが、良いアクセントになる。
17分辺りからは、埼玉のパスが良いテンポで繋がり始め良い時間になりつつある。
23分埼玉、15堀内、1stコントロールがデカくなり、シュートを選択、枠外。
24分、埼玉、静岡共に慣れてきた感じで、中盤の攻防が激しくなって来た。
25~27分埼玉、パスを繋いで押し込むが、崩し切れず。
28分埼玉、8川田と7松崎のワンツーはリターンが静岡DFに掛るがこぼれを7松崎
が拾って、10黒川とのワンツーで突破を狙うが静岡がカットする。
30分埼玉、9松澤が良く粘って10黒川がシュートはブロックされる。
30分埼玉、14藤沼が仕掛けて右CKに。7松崎が蹴り中央9松澤を超えてGKキャッチ。
31分埼玉、15堀内から9松澤へ。BOX内で受けるが収めきれず。
34分静岡、16白鳥がドリブルからシュートはブロック。
前半はゴールなく0-0で折り返すこととなりましたが、序盤こそ静岡に攻められた
埼玉でしたが、途中からしっかり守れるようになって、良い時間を作りました。
後半、早めの先制が欲しい所です。

後半スライドショー

36分埼玉、開始早々FK。8川田→2朝妻→3東→8川田→2朝妻→6高橋→15堀内
→8川田→2朝妻→3東とボールを動かして7松崎へ楔を入れるがミスに。
38分静岡、11大石、中央ミドルレンジからボレーで狙うが枠外。
41分埼玉、右から7松崎がシュートは枠外。
42分埼玉、8川田が裏を狙ったパスを9松澤へ送るが少し強くなりGKがキャッチ。
43分埼玉、右14藤沼から7松崎がシュートは枠外。
埼玉は、ボールをロスした後の帰陣が早くて、静岡に隙を与えていない印象。
44分埼玉、8川田から9松澤へ再び裏狙いのパスは、繋がらず。
47分埼玉、左から15堀内が抉り9松澤へ、静岡がシュートは許さない。
50分静岡、選手交代。
52分静岡、左11大石が良く走って中へクロス送るが人が居ない。
53分静岡、左3田口のクロスに15加納がHS、枠外。
54分静岡、選手交代。
56分埼玉、正面少し左寄りのFKを8川田、13中塩がHSを決めて先制。
[埼玉県(少年男子) 1-0 静岡県(少年男子)]
57分埼玉、選手交代。
59分静岡、11大石が抜けてクロスDFがカットしてCKに。14津島がニアへ蹴りクリア。
2度目のCK、14津島が蹴るが中でGKを抑えてしまいファール。
60分静岡、選手交代。
62分埼玉、16新井が仕掛けたこぼれ球を9松澤がシュートはブロックされる。
63分埼玉、後方からのBOX内スペースへのフィードに9松澤走り勝ちSH、枠外。
65分埼玉、14藤沼から9松澤、シュートはGKがセーブする。
66分埼玉、右CKを7松崎、9松澤のHSはバーを直撃して外へ。
66分埼玉、7松崎のシュートはGKキャッチ。
68分埼玉、10黒川のクロスに16新井HSもGK。
69分埼玉、16新井と9松澤のワンツーから16新井、静岡5深澤戻りCKに。
70分埼玉、左CKを7松崎、大外3東のHSもゴールならず。
AT表示は3分。
70+1分 静岡、ハーフウェイライン辺りからFK。8長谷川、前へ送るがゴールならず。
試合後の埼玉の選手達の喜びから、この1戦に掛けて来た思いを強く感じました。
なかなかの好ゲームを作った選手達の活躍を期待しましたが、東京に敗れて大会を
終えました。各チームで活躍して欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.04

第68回国体 (少年男子)2回戦 長崎県vs山梨県

2013/9/30
スポーツ祭東京2013 第68回国民体育大会 サッカー競技会(少年男子)2回戦

kick off 12:00(35/35) 府中市朝日サッカー場 350人
長崎県(少年男子) 3-2 山梨県(少年男子)
2 前半 1
1 後半 1
【得点】
3分 OWN GOAL
34分 16平野 皓巴(PK)
64分 10井原 楓人
12分 16前田 大然
45分 10保坂 泰輝(PK)

前半スライドショー

◆長崎県(少年男子)メンバー
12松村 優太郎
2高橋 大寿、14城臺 映伍、5中山 銀次郎、9山下 誠矢
7馬場 海斗、6池田 久哉、8藤川 丈
15國場 剣咲、13栗原 茂樹
16平野 皓巴

[選手交代]
49分 6池田 久哉→10井原 楓人
70+1分 13栗原 茂樹→11宇多田 章公哉

[警告]
25分 7馬場 海斗 反スポーツ
45分 14城臺 映伍 反スポーツ

◆山梨県(少年男子)メンバー
12林崎 航
3山本 拳士、4森本 裕来以、2渡辺 剛、5山口 翔太
13深澤 泰雅、8末木 裕也、6大場 祐樹、16前田 大然
7土屋 真輝、10保坂 泰輝

[選手交代]
56分 13深澤 泰雅→14小俣 翔太
68分 10保坂 泰輝→15中込 瑠夏
70分 8末木 裕也→11塚田 士文

[警告]
33分 2渡辺 剛 反スポーツ

2分山梨、FKを6大場が蹴り中央へ。頭で競って、ミドルは枠外。
3分長崎、中央16平野から右の13栗原へ。13栗原がグラウンダーのクロス。
山梨がクリアに入るがOWN GOALとなる。
[長崎県(少年男子) 1‐0 山梨県(少年男子)]
5分山梨、右CKを6大場が蹴るがGKがキャッチ。
6分長崎、16平野が右からシュートを放つがGKセーブ。
7分長崎、6池田がドリブルで抜いて16平野へ。このパスはオフサイドとなる。
9分長崎、裏を狙うパスに15國場が抜けるが、シュート撃てず。
山梨の守りがボールプレーヤーへの寄せが甘く、簡単に裏を取られるのが
気になる序盤戦でした。
10分山梨、左13深澤がドリブルで仕掛けるが長崎が奪い返す。
11分山梨、7土屋がBOX内へ入るが足元にボールが入り撃てず。
12分山梨、中央7土屋から左13深澤へ。13深澤のクロスに中央で16平野がHSを
決める。[長崎県(少年男子) 1‐1 山梨県(少年男子)]
17分山梨、左CKを6大場、ファー7土屋が頭で戻すが中合わず。
19分山梨、FKを獲得。6大場からのボールに2渡辺が斜めに入るがGKキャッチ。
長崎がカウンターに移るがラスト7馬場に合わず。
20分長崎、左から15國場がシュート、枠外へ。
23分長崎、13栗原→9山下と繋いで、16平野が入って来たが僅かにずれた。
26分山梨、10保坂のシュートはポストに当たりゴールライン際へ流れるが
10保坂が抑えてBOX僅か外でFKを獲得。
6大場が長い助走から強く蹴って狙って行くがニアでクリアされる。
28分山梨、ロングレンジのFK獲得。6大場直接狙った感じもGK余裕でキャッチ。
29分山梨、3山本から10保坂、左を使いコーナー付近でFK獲得。6大場が蹴る。
クリアを拾った8末木がボレー、相手に当たりGKへ。
30分長崎、右からカウンターを仕掛け2次、3次と攻撃を繰り返すが山梨が凌ぐ。
31分長崎、13栗原が仕掛けて右CK。8藤川がファー16平野へ。16平野のシュート性
クロスに15國場?が合わせるが枠外。
33分長崎、16平野がスピードに乗ってBOX内へ、山梨2渡辺体を入れてボールを
支配下に置いた後に、ボディーコンタクトがあった様に感じましたが、PK判定。
2渡辺は警告を受ける。34分、このPKを長崎16平野が自ら決めて突き放します。
[長崎県(少年男子) 2‐1 山梨県(少年男子)]
AT1分を越えた所で前半を終了。

後半スライドショー

37分山梨、16前田が抜け出してシュートに持ち込むが枠外。
38分山梨、右よりの良い位置から8末木が狙うが、壁に入った8藤川の顔を直撃。
41分山梨、8末木が13深澤へパスを送るが、長崎GKが先にキャッチ。
44分長崎、15國場が左から切れ込んでシュート、GKキャッチ。
44分山梨、13深澤がスピードで突破から抉って10保坂へ、トラップが前に出ると
長崎GKがこれをキャッチ。シュートに持ち込めず。
45分山梨、10保坂が足をかけられてPK獲得。自ら決めて同点に。
[長崎県(少年男子) 2‐2 山梨県(少年男子)]
47分山梨、右CKを6大場が蹴り、後ろから入った16前田がHSはバー上惜しい。
49分長崎、選手交代。
51分長崎、左15國場から16平野へ。山梨が最後の所はやらせずGKがキャッチ。
52分山梨、7土屋が右サイドから運んで、一旦はボールを失うが奪い返して
シュートを放つが枠外。
53分山梨、5山口が仕掛けてCK獲得。6大場が蹴りファー4森本戻すが中合わず。
56分山梨、選手交代。
62分長崎、10井原がシュートはGKキャッチ。
63分山梨、左CKを6大場がニアへ蹴るがクリアされる。
64分長崎、左サイドで15國場のパスを受けた10井原が、クロスを上げと感じたが
ボールはループシュートのような効果を生んでGKをかすめつつゴールイン。
[長崎県(少年男子) 3‐2 山梨県(少年男子)]
66分山梨、左からFKを6大場がゴールエリア少し外へ速いボールを入れる。
GK飛び出して待っていた選手に当たると、GKへのファールと判定される。
68分長崎、右10井原のクロスは16平野に収まらず、GKキャッチ。
68分山梨、選手交代。
70分山梨、選手交代。
AT表示は2分。
70+1分長崎、選手交代。
70+3分山梨、6大場からのボールを7土屋が頭でとらえるがGKキャッチ。
後半37分34秒で試合終了。
山梨は、運が無かった試合で、こんな日もあると割り切るしかない感じ。
前半、守備面に甘さを感じたものの、後半はほぼ試合を支配していました。
長崎はGK松村の安定感と、15國場、16平野の攻撃に良いものがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第68回国体 (少年男子)2回戦 福島県vs福岡県

2013/9/30
スポーツ祭東京2013 第68回国民体育大会 サッカー競技会(少年男子)2回戦

kick off 10:00(35/35) 府中市朝日サッカー場 401人
福島県(少年男子) 1-0 福岡県(少年男子)
0 前半 0
1 後半 0
【得点】
67分 8中村 駿介(PK)



スライドショー

◆福島県(少年男子)メンバー
1オビ パウエル
5稲村 知大、4金城 ジャスティン俊樹、3渡邉 康平、2牧野 潤
8中村 駿介、6吉田 直矢
12津田 亘介、9名畑 祐杏、13佐藤 凌輔
11小野 寛之

[選手交代]
51分 6吉田 直矢→10柳原 隆二
70+1分 9名畑 祐杏→14石井 凌平

[警告]
13分 1オビ パウエル ラフ

◆福岡県(少年男子)メンバー
1鈴木 透
5奥 裕啓、4餅山 大輝、3須崎 洸平、2水城 太賀
6野中 優之介、7中村 健人
8久保 春弥、10江崎 響太朗、9増山 朝陽
11毎熊 晟矢

[選手交代]
なし

1分福岡、10江崎が右から中央へ切れ込みシュートを放つがブロックされる。
4分福岡、9増山から7中村が受けてクロス、福島が中でクリア。
4分福岡、10江崎の右CKはGKオビがキャッチ。 6分福島、BOX内で12津田が11小野へラストパス、決定機も福岡3須崎がDFに
入りGKキャッチ。
6分福岡、左からの攻めでシュートに至るがDFに当たり緩くなりGKキャッチ。
8分福島、左から中央を経由して右へ8中村のシュートはCKに。
8分福岡、福島のCKからカウンター、9増山から8久保で持ち上がるがGKが切る。
11分福岡、右CKを10江崎が蹴りファーで4餅山がHSは枠外。
13分福島、GKオビ前へ出て、左サイドタッチライン際のファールで警告。
13分福岡、10江崎のFKはGKオビがキャッチ。
14分福岡、右から8久保がクロスもGKオビがキャッチ。
14分福島、12津田が中央右寄りから少し早目のタイミングでミドル。
福岡DFはパス警戒でフリーも僅かにバー上へ外れる。
15分福岡、左から9増山が仕掛けてCK。10江崎からファー4餅山、クリアされる。
18分福岡、7中村がボールを奪い運びマークが付く中、抜き切る前にシュート、
枠外へ。
19分福岡、右フリーで9増山が受けてクロスを中へ。10江崎が右隅を狙って放った
シュートは枠を外す。
23分福岡、右2水城からのパスをGKの手前で10江崎がシュート。GKオビ素晴らしい
反応で防ぐ。完全に入ると思うシーンでした。
27分、28分福島、9名畑がドリブルで仕掛けるがフィニッシュには至らず。
29分福島、福岡ゴール前で攻撃を続けたが、福岡がシュート許さず。福岡11毎熊
がカウンターへ移行するが福島も守る。
30分福岡、左5奥がクロスを送るがGKキャッチ。
31分福岡、6野中のミドルシュート気味のボールに9増山反応も、GK先にキャッチ。
33分福島、左の良い位置でFK。8中村が中央へ送るが中で福島にファール。
福岡が優勢に進めた感じの前半だったが、福島のGKオビがクロス、シュートへの
反応、判断が良く得点許さず。
福岡の攻撃を耐えてからのカウンターには鋭さがあり、中々の好ゲームです。

36分福岡、攻め込みラストパスを送ったがGKキャッチ。
37分福岡、9増山と10江崎のパス交換で攻め込み10江崎がシュート。GKキャッチ。
近いエンドで福島GKオビを見ると抜群の存在感がありました。
38分福岡、福島のFKをGK鈴木がキャッチ、カウンターを仕掛ける。
9増山が右からクロス。GKオビがパンチングで凌ぐ。
39分福岡、正面からのFKはGKオビがキャッチ。
41分福岡、パスを受けた10江崎がコース少ない中、浮かして狙ったがバー上へ。
42分福島、6吉田を起点として攻めるが、9名畑には福岡の4餅山、3須崎が付いて
最後はGK鈴木がキャッチ。
42分福岡、スルーパスに10江崎、11毎熊が抜けて、右の10江崎から11毎熊が受けて
フリーでシュートを放つがGKオビがBigセーブ、ゴールを許さず。
44分福岡、10江崎のシュートはGKセーブ、こぼれに8久保が詰めたがオフサイド。
48分福岡、3須崎のフィードを10江崎がヘッドもGKキャッチ。
51分福島、12津田のクロスにGK被ってしまい、ファー6吉田が折り返す。
12津田がこれを狙うが枠外へ。
51分福島、選手交代。
52分福島、9名畑のシュートのこぼれに10柳原詰めたが、GKキャッチ。
53分福島、10柳原へのパスに、福岡3須崎が付いて守る。
53分福岡、左から7中村がシュートはGKキャッチ。
54分福島、3渡邉→12津田から10柳原へのパス、福岡4餅山が通さず守る。
59分福岡、10江崎のシュートはDFに当たって、GKキャッチ。
61分福島、左5稲村から8中村が受けてシュートは枠を外れる。
63分福岡、左8久保のクロスは11毎熊を狙うがGKオビがキャッチ。
65分福岡、6野中がミドル狙うが枠外へ。
66分福島、10柳原がドリブル、福岡の選手の間へ割って入るとBOX内で倒される。
67分福島、このPKを8中村が決めて先制。
[福島県(少年男子) 1‐0 福岡県(少年男子)]
68分CK、70分FKを獲得して福岡攻めるがゴール奪えず。
70+1分福島、選手交代。
70+1分福岡、70分に獲得のFKはニアでクリアされ、更に攻めBOX内から9増山が
放ったシュートはGKオビがキャッチ。
70+2分福岡、正面右よりのFKを9増山が狙うが枠を外れて試合終了。
公式記録上19本のシュートを放った福岡だったが、福島からゴールを奪えず
敗戦となりました。190㎝のGKオビのリーチや反応の速さに対して、単純な
攻撃をせずにパスを繋ぎ崩して決定機も作るなど、攻める福岡、守る福島の
緊張感のある好ゲームでした。福島もただ守るのではなく、カウンターの
鋭さもあって、イメージ的には数年前に総体や選手権で見た尚志高校の試合を
見てる感じでした。
細かな技術はこれからとしても、福島のGKオビの成長は楽しみに感じる圧倒的な
存在感でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.02

第23回Jr.リーグ 中大-早大

2013/9/29
第23回大学対抗Jr.リーグ 後期上位リーグ

kick off 10:00(45/45) 中央大学多摩キャンパスグラウンド
中央大学 0-3 早稲田大学
0 前半 1
0 後半 2
【得点】


34分 6小松 聖音
52分 8石川 拓(PK)
60分 14山内 寛史

スライドショー

◆中央大学前半メンバー
15置田 竣也
71山口 絋範、26木村 圭佑、40大和田 達、20高橋 龍之介
22秋元 佑太、18李 正洙
13古橋 匡梧、57右高 静真、41川越 勇治
14内田 祐介

[HT選手交代実施後]メンバー
83石川 拓磨
20高橋 龍之介、19森重 瑞紀、26木村 圭佑、33市木 良
69鳥波 将斗、34中村 昇平、58橋本 龍馬、75平口 開斗
43木村 陽一郎、21青柳 駿平

◆早稲田大学メンバー
1阿部 雄太
5望月 理人、4平澤 俊輔、3田中 進之介、2新井 純平
12小長谷 勇太、7竹谷 昂祐、6小松 聖音、8石川 拓
14山内 寛史、13市村 一貴

[選手交代]
69分 12小長谷 勇太→18堀田 稜
77分 14山内 寛史→22中山 雄希
81分 8石川 拓→23秋岡 活哉

2分早稲田、6小松からのパスを右で受けた8石川がシュートは枠外。
6分早稲田、左から14山内がシュートはGKがキャッチ。
16分早稲田、FKからの流れで左で5望月がキープしてクロス、8石川が
ミドルは枠外。
18分早稲田、右から2新井がスローイン、13市村が2新井へ戻し、3田中へ
一旦下げて7竹谷、6小松と繋いで8石川がクロスは中央DFがクリア。
7竹谷が拾って12小長谷がゴール前で詰めたがクリアされる。
20分早稲田、3田中から右2新井へ。2新井のフィードに8石川が走りスローインに。
8石川から14山内でシュートに持ち込んだがGKキャッチ。
23分中央、右FKを22が蹴り左コーナー付近で13古橋が受けたが早稲田がクリア。
ここからカウンターで4平澤と12小長谷のワンツーで攻め込むが12小長谷が4平澤
へ戻したゴール前へのパスが繋がらずGKがキャッチ。
27分早稲田、左FKを8石川が縦へ、ニアに入った3田中のHSは枠外。
28分中央、14内田が仕掛けたこぼれ球に41川越が反応も早稲田が守る。
29分早稲田、6小松のミドルは枠外。
33分早稲田、6小松から2新井→12小長谷が左寄りからシュートはこぼれて
右2新井の下へ、中央の6小松とワンツーで2新井がシュートはGKキャッチ。
34分早稲田、左14山内がカットから運んで外を並走して来た6小松へ。
6小松が決めて優勢に進める早稲田が先制。[中央大学 0‐1 早稲田大学]
37分中央、71山口がドリブルからシュートを放つが枠外へ。
41分中央、71山口の仕掛けからのシュートチャンスも早稲田集中して撃たせず。
43分早稲田、12小長谷→8石川→13市村と良い流れで繋がりシュートは枠外。
45+1分早稲田、12小長谷が左から思い切りの良いシュートを放つが枠外へ。
[中央大学 0‐1 早稲田大学]で前半終了。

中央が大幅に選手を入れ替えて後半開始。
47分早稲田、ルーズボールを上がって来た6小松がミドルはGK抑える。
49分早稲田、8石川がBIGチャンスもシュートが相手に当たりゴールならず。
50分早稲田、左CKを8石川が蹴ると、BOX内競り合いで中央の選手がハンド。
52分早稲田、8石川がこのPKを決めてリードを広げました。
[中央大学 0‐2 早稲田大学]
60分早稲田、12小長谷から、左5望月へ。5望月のクロスを14山内がHSを決める。
[中央大学 0‐3 早稲田大学]
67分早稲田、2新井と8石川の右からの攻めでFKを獲得。ゴールならず。
69分中央、右から75平口がかわして中へクロスを送るが43木村へ合わず。
69分早稲田、選手交代。12小長谷に代えて18堀田が入りました。
71分中央、69鳥波のシュートからCKに。右から21青柳が外より43木村へ競り勝つが
ルーズボールは早稲田クリア。
72分中央、21青柳のCKはこぼれるが33市木が拾って21青柳が強く低いクロスは
中で合わせることは出来ず。
75分早稲田、7竹谷から18堀田が呼び込んでボールを受けてドリブルからミドル。
GKがキャッチする。
76分早稲田、13市村のクロスから混戦に。18堀田、14山内と中央DFが詰める。
18堀田がキープしてシュートはGKキャッチ。右からフリーで2新井も来ていたので
パスの選択も有ったが、撃てる時に撃ったのは良かったと思います。
77分早稲田、選手交代。14山内に代えて22中山を起用。
79分早稲田、2新井のクロスに7竹谷がダイビングヘッドもGKセーブ。
81分早稲田、選手交代。8石川→23秋岡を起用。
82分中央、33市木から中43木村を経由して右から21青柳がシュートは枠外へ。
83分早稲田、23秋岡が拾ってドリブルで運びシュート。GKキャッチ。
85分中央、43木村のシュートはバー直撃。
86分中央、20高橋が左からクロス、43木村が飛び込むが届かず。
89分中央、43木村が粘り左CKを獲得。34中村のCKはニアで合わせたが枠外。
90分早稲田、22中山のミドルは枠外。
90+1分早稲田、7竹谷から18堀田が受けてドリブルで運び23秋岡へパス。
競り合いで23秋岡倒れるがファールなし。
90+3分早稲田、右2新井のクロスに22中山がHSはGKキャッチ。
後半2点を追加した早稲田が[中央大学 0‐3 早稲田大学]で勝利しました。
2新井はフルタイム出場して、関東リーグでの出場を楽しみにしたい感じ。
18堀田も途中出場でしたが元気な姿を見せてくれました。
あと、23秋岡は久しぶりに実戦で見た気がしました。
中央では43木村 陽一郎が後半から出て、厳しい試合展開の中、奮闘していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.01

JR東日本カップ2013 1部 第14節 早稲田-国士舘

2013/9/28
JR東日本カップ2013 第87回関東大学サッカーリーグ戦 1部 第14節

kick off 13:50(45/45) 早稲田大学東伏見サッカー場 439人
早稲田大学 2-2 国士舘大学
1 前半 0
1 後半 2
【得点】
24分 25宮本 拓弥
88分 5池西 希
64分 22藤嵜 智貴
90+2分 4今瀬 淳也

スライドショー

 

◆早稲田大学メンバー
1松澤 香輝
6三竿 雄斗、3金沢 拓真、2奥山 政幸、26西山 航平
8近藤 洋史、5池西 希、4中田 航平、7近藤 貴司
25宮本 拓弥、10榎本 大希

[選手交代]
78分 4中田 航平→28石川 拓

[警告]
18分 6三竿 雄斗 C1 反スポーツ
89分 7近藤 貴司 C1 反スポーツ

◆国士舘大学メンバー
1小澤 章人
22藤嵜 智貴、4今瀬 淳也、3吉田 吏玖、2石川 喬穂
33池ヶ谷 颯斗、7橋本 拓門
14進藤 誠司、10新村 武玄、26佐々木 陸
16平松 宗

[選手交代]
73分 10新村 武玄→8福田 真也
81分 2石川 喬穂→29山田 真己人

早稲田は2分CK、5分FKとセットプレー獲得するがゴールならず。
国士舘は、早い寄せと球際の激しさで早稲田を上回る印象。
8分国士舘、10新村がFK獲得。ミドルレンジから7橋本、早稲田3金沢がクリア。
更に7近藤がクリアも10新村が拾い、中へボールを送る、GK松澤がキャッチ。
15分国士舘、16平松からパス受けて左14進藤がクロスを入れるが中合わず。
18分早稲田、6三竿がピンチを防ぐファールで警告を受ける。
ここまで、ちょっと落ち着かない感じの試合内容。
19分早稲田、5池西からの縦パスを受けた10榎本がシュート。形を作る。
23分早稲田、6三竿、5池西、7近藤が左で攻撃を組み立てるが、ミドルの
チャンスは撃たず、縦へパス狙うが受け手と合わず。
24分早稲田、8近藤のセンスを感じさせるパスに抜け出した25宮本がゴール。
[早稲田大学 1‐0 国士舘大学]
25分国士舘、失点直後、16平松?のシュートはGK松澤がBIGセーブ。
27分国士舘、混戦となったゴール前で16平松へこぼれるが、6三竿がコース切る。
31分早稲田、4中田から8近藤と繋いでCKを獲得。ニアでクリアされるが、ここ
から早稲田の時間が続く。20分頃までは国士舘のプレッシャーの前に厳しい
試合をしていた早稲田が、ここに来てペースを握る。41分まで激しく攻め立てた
早稲田だったが追加点を奪えず。
43分国士舘、26佐々木が左からクロス、ここは早稲田26西山がクリア。
44分国士舘、右からのCKに早稲田GK松澤出たが触れず、4今瀬のHSは枠外へ。
AT1分も得点は動かず、[早稲田大学 1‐0 国士舘大学]で折り返し。
30分過ぎからの時間に追加点が欲しかった早稲田ですが、序盤良く凌ぎリード
しての折り返しは悪くない内容でしょう。

49分早稲田、8近藤のFKに3金沢が合わせに行くが届かず。
52分国士舘、左14進藤のクロスは6三竿がクリア、これを7橋本がミドルは枠外。
54分国士舘、中央で10新村が1stタッチでDFかわしてシュート、GKキャッチ。
55分国士舘、14進藤が無理なボールに飛び込み、26西山が傷むが大丈夫でした。
56分国士舘、7橋本のFKは早稲田DFクリアを拾って5池西が大きくクリアする。
59分早稲田、国士舘7橋本のFKをキャッチしたGK松澤が素早くパント、5池西が
頭で繋ぎ前線10榎本へ渡るが、これがオフサイドに。
63分早稲田、10榎本が前線でキープから5池西へ落とし、5池西の縦パスを受けた
8近藤が反転シュートもGK防ぐ。
64分国士舘、7橋本のCKに22藤嵜が競り勝ち同点ゴール。
[早稲田大学 1‐1 国士舘大学]
65分早稲田、8近藤から4中田へ渡りCKを獲得。CKからニア25宮本には合わず。
68分国士舘、14進藤のシュートは6三竿がブロック。
73分国士舘、選手交代。
早稲田は、蹴り返す事が多くなり、繋げずに受け身に立たされる展開。
75分早稲田、4中田→10榎本→8近藤でCKを取る。
76分早稲田、8近藤のCKに10榎本合わせるがバーを叩きノーゴール。
77分国士舘、クリアに反応した右8福田のクロスを早稲田6三竿がクリア。
中26佐々木に合っていれば1点もののシーン。
78分早稲田、選手交代。
78分国士舘、2石川FKを蹴った後にふくらはぎ辺りを痛めた感じ。
80分国士舘、2石川が足を痛めつつ頭でクリア、OWN GOALかという軌道もCKに。
81分国士舘、2石川はここで交代。
81分国士舘、右CKを7橋本が蹴り、大外から4今瀬が頭で戻すが戻り切らず。
83分早稲田、28石川が7近藤とのワンツーからボレーで狙いCK獲得。
このCKを8近藤が蹴り中で25宮本が競り勝ちHSも枠外。
84分国士舘、7橋本がシュート、早稲田、5池西、8近藤が体張り守る。
85分国士舘、16平松が非常に激しく26西山に当たりボールを奪うと反転シュート。
クロスバーを直撃してノーゴール。
87分早稲田、25宮本が獲得したCKから10榎本がGK前に入るがファールを取られる。
88分早稲田、8近藤のパスを受けて10榎本がドリブル突破。少し右外へ出されるが、
中央へクロスを送ると、走り込んで来た5池西がシュートを叩き込む。
[早稲田大学 2‐1 国士舘大学]
90分国士舘、7橋本のFKは、GK松澤がスーパーセーブで凌ぐ。
90+1分国士舘、右CK7橋本が蹴るがゴールならず。
90+2分国士舘、右CK7橋本が蹴り中央で4今瀬がHS、これが決まり同点。
[早稲田大学 2‐2 国士舘大学]
AT前から交代準備していた竹谷は、追い付かれてしまい残念ながら出番なし。
90+3分早稲田、左6三竿からゴール前へ、5池西、7近藤とシュートはミートせず。
90+3分国士舘、14進藤がチャンスを掴むがノーゴール。
試合は[早稲田大学 2‐2 国士舘大学]で終了しました。
88分に勝ち越した時には、このまま逃げ切れるかと思いましたが、試合内容を
考えると、互いに勝つチャンスがある試合で、妥当な結果だったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »