« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013.02.27

中央大学練習試合2/24vs筑波大学TOP5,6,7本目

2013/2/24
中央大学練習試合5,6,7本目

kick off 13:50(45×3本) 中央大学多摩キャンパスサッカー場
中央大学 1-9 筑波大学TOP
1 5本目 3
0 6本目 3
0 7本目 3
【得点】
20分 18砂川 優太郎

26分 10玉城 峻吾
29分 13曽山 慶太
42分 9赤崎 秀平
60分 10玉城 峻吾
73分 9赤崎 秀平
81分 14中野 嘉大
97分 35萩原 稜
100分 15吉川 修平
115分 6前原 拓哉

◆中央大学5本目メンバー
82置田 竣也
19新藤 菜央、50小出 啓太、40大和田 達、46古賀 鯨太郎
67細見 諒
60渡辺 大斗、48田辺 圭佑
69古橋 匡悟、43木村 陽一郎、18砂川 優太郎

◆中央大学6本目メンバー
27前田 将
19新藤 菜央、37西村 未来、50小出 啓太、62鈴木 悠太
45李 正洙、21青柳 駿平
57右高 静真、81渋谷 亮、49山田 和輝
41川越 勇治

選手交代
67分 19新藤 菜央→71山口 紘範

◆中央大学7本目メンバー
29山田 雄斗
71山口 紘範、30高嶋 知広、37西村 未来、33市木 良
90王丸 裕介、34中村 昇平
75平口 開斗、22秋元 佑太、35翁長 聖
36小形 聡司

◆筑波大学TOP 5本目メンバー
1神舎 宏
12三丸 拡、17西村 洋平、4岸 光、6片岡 爽
7葺本 啓太、3谷口 彰悟
13曽山 慶太、10玉城 峻吾、8上村 岬
9赤崎 秀平

◆筑波大学TOP 6本目メンバー
1神舎 宏
12三丸 拡、17西村 洋平、4岸 光、6片岡 爽
3谷口 彰悟、7葺本 啓太
13曽山 慶太、10玉城 峻吾、8上村 岬
9赤崎 秀平

選手交代
61分 3谷口 彰悟→15吉川 修平
64分 10玉城 峻吾→14高柳
74分 8上村 岬、6片岡 爽→6前原 拓哉、33矢吹 龍磨
80分 12三丸 拡、7葺本 啓太→26八田 康平、21

◆筑波大学TOP 7本目メンバー
36深山 知生
28(田口)、26八田 康平、33矢吹 龍磨、15吉川 修平
35萩原 稜、23二上 浩一、21(齋藤 正朋)
19中野 嘉大、14高柳
6前原 拓哉

選手交代
116分 6前原 拓哉→20西川 翔大

スライドショー

TOPチーム同士の対決は、各選抜に選ばれた選手も居る嬉しい誤算。
レッズユース出身の中央大50小出 啓太、筑波大7葺本 啓太がスタメン。
中央大62鈴木 悠太は6本目から出場と見たかった選手を見られました。
4分中央大、43木村が右からのクロスに飛び込むが合わず。
7分筑波大、9赤崎が裏で受けたが、中央大DF戻る。
10分中央大、48田辺の右CKから、こぼれ球をファー18砂川がシュート。
中で飛び込んでGKの鼻先で合わせて欲しいようなボールはGKがキャッチ。
13分筑波大、9赤崎が裏で受けてシュートはGKキャッチ。
共に攻め合う展開で時間が進みます。
20分中央大、左50小出のフィードを69古橋が中へ折り返すと18砂川が
ゴールを奪う。中央大 1‐0 筑波大。
26分筑波大、9赤崎がキープして10玉城へ。これを決めて同点。
中央大 1‐1 筑波大。
29分筑波大、FKを早く始めて右から左へと展開、最後は13曽山が決める。
中央大 1‐2 筑波大。
31分中央大、筑波大のミスに乗じて69古橋シュートもGKファインセーブ。
36分中央大、43木村がクロスを69古橋へ落とすがGK一瞬早く反応。
42分筑波大、3谷口からのパスを受けた9赤崎がGKを寝かせてからシュート。
余裕のあるプレーで見事なゴール。中央大 1‐3 筑波大。
このまま5本目は終了。

6本目も互いに攻めるシーンのある展開で始まります。
47分、48分、49分と中央大が攻め込むが筑波大DFの集中力とGKの好セーブで
ゴールを許さない。
60分筑波大、10玉城がこぼれ球をゴール正面から叩き込む。
中央大 1‐4 筑波大。
61分から両チーム選手の入れ替えが始まりました。
73分筑波大、左13曽山からBOX内フリーでパスを受けた9赤崎がゴール。
中央大 1‐5 筑波大。
82分筑波大、6前原のパスを受けた14高柳がDFを外してシュートを放ち
ゴール。中央大 1‐6 筑波大。
87分、90分と中央大がフィニッシュに持ち込むが枠を捕らえず。
6本目終了。中央大 1‐6 筑波大。
5本目、6本目と試合的には点差ほどの差を感じる事は無かったが、筑波大
GKのファインセーブが得点差を作り出した印象でした。

この日最後となる7本目。
94分中央大、75平口が右35翁長へ。35翁長のシュートはファーへ外れる。
97分筑波大、35萩原が中央裏で受けてゴール。中央大 1‐7 筑波大。
101分筑波大、左からのパスを同サイドBOX内フリーで受けた6前原。GKの
状態を見て、右でより完全な状態の15吉川へ。15吉川がゴールへ流し込む。
中央大 1‐8 筑波大。
115分筑波大、19中野から6前原で、中央大 1‐9 筑波大。
122分中央大、75平口のシュートからリズムを掴み131分まで良い時間を
作るが得点には至らず。中央大 1‐9 筑波大で試合終了。
7本目に関しては筑波大が、かなり有利に試合を進めていた印象でした。

5~7本目を通して、中央大は筑波大のプレスを受けても、蹴らないで
しっかり繋いで行こうと決めて戦っている感じで、45分×3本良い経験を
積めた練習試合だった様に思います。一つずつ課題を克服して開幕を
迎えて欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中央大学練習試合2/24vs筑波大学B1 3,4本目

2013/2/24
中央大学練習試合3,4本目

kick off 11:50(45×2本) 中央大学多摩キャンパスサッカー場
中央大学 2-4 筑波大学B1
0 3本目 1
2 4本目 3
【得点】
51分 69鳥波 将斗
78分 38橋本 龍馬
45分 9土屋 智寛
53分 29津田 謙太
54分 11佐藤 孝大
81分 24宮田 真之

◆中央大学3本目メンバー
83石川 拓磨
95山下 智大、98荒川 太平、19森重 瑞紀、75眞野 寛規
56小川 雄生
38橋本 龍馬、69鳥波 将斗
77宮崎 準也、23門田 康平、94津久井 達哉

◆中央大学4本目メンバー
83石川 拓磨
98荒川 太平、38橋本 龍馬、29雪野 建、75眞野 寛規
69鳥波 将斗
82梅田 雅大、89大矢 裕之
95山下 智大、94津久井 達哉、23門田 康平

◆筑波大学B1 3本目メンバー
1
27、7、19、8
20、5、14、22
24宮田 真之、9土屋 智寛

◆筑波大学B1 4本目メンバー
1
26、7、19、4
11佐藤 孝大、23、5
10、24宮田 真之、29津田 謙太

選手交代
72分 5→14

スライドショー

序盤は中央大が優勢な印象で始まったが、筑波大B1はボールへの寄せの早さ
プレスの厳しさが有り徐々に中央大の連携を押さえ込みました。
30分辺りから筑波大の時間となって、45分9番が中央大DFを追い回して
ボールを奪いGKをかわすようにシュートを流し込み先制して3本目終了。
中央大 0‐1 筑波大。

4本目、3本目からの通算時間で51分中央大、69鳥波がループを決める。
中央大 1‐1 筑波大。
しかし、53分BOX内で10番から29津田へ繋いでゴール。中央大 1‐2 筑波大。
54分にも筑波大、11佐藤がマイナス方向のパスを戻りながらゴールへ。
中央大 1‐3 筑波大。
70分筑波大、24宮田が左から突破してシュートはポストに嫌われる。
78分中央大、38橋本がペナルティアーク付近ゴール正面からミドルを決める。
中央大 2‐3 筑波大。
81分筑波大、11佐藤の左CKをファーで戻して24宮田が押し込む。
中央大 2‐4 筑波大。
その後も、筑波大に23番、11佐藤のシュートが有ったが追加点は無く終了。
中央大 2‐4 筑波大。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中央大学練習試合2/24vs筑波大学B2 1,2本目

2013/2/24
中央大学練習試合1,2本目

kick off 10:00(45×2本) 中央大学多摩キャンパスサッカー場
中央大学 2-1 筑波大学B2
1 1本目 1
1 2本目 0
【得点】
38分 44田中 崇広
47分 55有元 漠
4分 19岩永 将

◆中央大学1本目メンバー
97宇佐美 輝
35三好 諒、28志比 真浩、96北垣 直樹、56末永 真輝
70字羽井 レイス
38林 広之、17平田 雄大、44田中 崇広
25伊東 健太、55有元 漠

◆中央大学2本目メンバー
97宇佐美 輝
35三好 諒、44田中 崇広、28志比 真浩、51奥村 健太
54平野 達也、70字羽井 レイス
17平田 雄大
38林 広之、55有元 漠、25伊東 健太

選手交代
75分 38林 広之→79佐竹 城

◆筑波大学B2 1本目メンバー
13
4、5、40、36
21、22、20、19岩永 将
7、32

◆筑波大学B2 2本目メンバー
13
16、31、40、36
2、12、15、28
11、26

スライドショー

4分筑波大、40武田のフィードを19岩永が裏で受けて浮かせてゴール。
中央大 0‐1 筑波大。
38分中央大、44田中のナイスミドルが決まり同点。
中央大 1‐1 筑波大。
中央大44田中が攻撃面で良いアクセントを付けていました。
また、70宇羽井の所である程度、試合を落ち着かせられたのも大きかった
感じでしたが、良い形で球離れ良くプレー出来ている時には、非常に良い
流れで、左サイド35三好、38林が絡んでチャンスになりました。
ボールが持てる分、こね過ぎてしまうシーンもありましたが、筑波大に
狙われる回数が少なかった事も有り、危険なシーンはそれ程ありませんでした。
筑波大は19岩永の先制ゴールの後は、中央大の攻撃に対して何処から行くのか
不明確なまま時間が過ぎてしまい、中盤で自由を与えすぎていた印象でした。

2本目、1,2本目通算47分、中央大55有元がゴールを奪う。
46分にも左から35三好がシュートを放ちポストに嫌われる惜しいシーンがあり
その直ぐ後に、決める事が出来たのが、流れを良くした感じでした。
筑波大では、55分の26番がGKと1対1と成るもGKの良い判断で防がれたシーンや
84分の15番と2番のパス交換で攻め込んで2番のシュートシーンが惜しい攻撃で
した。1本目よりは改善された印象でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.18

平成24年度埼玉県新人大会 準決勝 正智深谷-浦和東

2013/2/16
平成24年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 準決勝戦

kick off 13:00(40/40) 川口市青木町運動公園陸上競技場
正智深谷高校 1-2 浦和東高校
1 前半 1
0 後半 1
【得点】
17分 6岡部 拓実

26分 4橋爪 武大
72分 8八木 嵩寿

◆正智深谷高校メンバー
1内野 稜悟
3宗像 奎、5井上 康也、4菊池 佳祐、2黒田 佳吾
19栗田 怜、17笠本、20諸岡、6岡部 拓実
7齋藤 雄士、10オナイウ 阿道

選手交代
75分 6岡部 拓実→9加藤航四郎、17笠本→14和田

◆浦和東高校メンバー
1大久保 秀斗
26佐藤 直人、10ンドカ ボニフェイス、4橋爪 武大、5鈴木 和也
25岩出 拓也、6関根 快人、24大澤 潤也、8八木 嵩寿
11濱田 駿、15寺内 大登

選手交代
29分 6関根 快人→9木所 和樹
HT 25岩出 拓也→7折出 勝也
47分 15寺内 大登→12矢吹 翔

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。

スライドショー

浦和東スタメンに9木所の姿が無くてちょっとビックリ。
5分正智深谷、左から19栗田がシュートを放つが枠外へ。
8分正智深谷、自陣からのFKを蹴りこむが伸びてGKキャッチ。
8分浦和東、攻め込んで25岩出が飛び込みゴールを狙うが僅かに早くGK内野が抑える。
GK内野と接触した25岩出に警告。
14分正智深谷、右CKを6岡部がファーへ、クリアされるが5井上が拾って中へ。
このボールは合わず。
17分正智深谷、右SB2黒田のパスを半身で受けた10阿道が絶妙なスルーパス。
2列目から走りこんで抜け出した6岡部がゴール上へ見事に決める。
正智深谷 1‐0 浦和東。
22分正智深谷、10阿道がすらして中央の7齋藤が左へ。19栗田が仕掛けから狙うが枠外。
24分正智深谷、攻め込んでBOX直ぐ外でGKとのボールの奪いなども粘るが得点できず。
24分正智深谷、6岡部のシュートは枠外へ。
26分浦和東、右サイドで15寺内がFKを獲得。26佐藤がファー4橋爪の頭に合わせると
4橋爪がへディングしたボールはGKを超えてゴールへ向かう。しかし正智深谷7齋藤が
ナイスカバーでかき出したかと思ったが、既にラインを超えていてゴール。
正智深谷 1‐1 浦和東。
29分浦和東、選手交代。6関根に代えて9木所。中盤の中心6関根の交代に目を疑ったが
下がって直ぐに足を気にしていたので負傷による緊急交代だったようです。
9木所はTOPに入り、15寺内がボランチへ移動しました。
31分正智深谷、右10阿道が中央6岡部へ。6岡部撃てずに10阿道へ戻す。今度は20諸岡
へパスを通し、20諸岡がシュートは枠外。
32分正智深谷、6岡部→2黒田と繋ぎ20諸岡シュートは枠外。
33分正智深谷、左6岡部のCKからのこぼれを中央で20諸岡拾って左外へ送るが合わず。
正智深谷、左の19栗田はスピードが有り、右は2黒田、20諸岡、6岡部のコンビが良く
更に10オナイウ 阿道はしっかりボールが収まるのでかなり有利に試合を展開。
浦和東は、途中交代出場の9木所をボランチへ下げて15寺内をTOPに戻す。
この浦和東のポジションチェンジが一つの分岐点となりました。9木所のキープ力と
前へ出る推進力が、正智深谷の攻撃の圧力を緩めさせました。
前半終了は正智深谷 1‐1 浦和東で終了。圧倒的に押している時間が有った正智深谷
としては勿体無い同点。FKの1チャンスで同点で折り返せた浦和東は良く凌ぎ、望み
得る最良の結果で折り返しとなりました。

風も強くなり、日陰の席は寒さが一層増してきたので日向へ移動。
後半HT明けに浦和東が選手交代。7折出を投入。
42分正智深谷、17笠本こぼれを狙うが枠外。
43分浦和東、15寺内がFKを獲得。右FKを9木所がファー11濱田、4橋爪辺りを狙うが
合わずに左サイドへ。8八木が追い掛けて収めると仕掛けて左CKを獲得。
44分浦和東、このCKを9木所がニアで合わせるボールを送るが直接割ってしまう。
47分浦和東、選手交代。12矢吹起用。
51分正智深谷、右CKを6岡部。低くニアはクリア。正智深谷スローインを10阿道へ。
浦和東、10ボニフェイスがクリアでCKに逃げてピンチ凌ぐ。
57~58分、両チーム中盤で激しくボールを奪い合う。最後は正智深谷がファール。
59分浦和東、FKを12矢吹が中に入った9木所、10ボニフェイスへ合せると見せかけて
直接狙ったが枠外へ。
60分浦和東、9木所が右からロングスロー。10ボニフェイスがニアですらとライン
上ギリギリでDFクリア、こぼれを7折出がシュートもバーに嫌われ外へ弾かれる。
63分正智深谷、浦和東DFが収めたボールを、パスで動かされても諦めずに7齋藤が
追い回してボール奪取からクロス。6岡部飛込みでヘッドもニアに外れる。
この辺りから、浦和東9木所が、11濱田と2TOPを組む。
65分正智深谷、6岡部から7齋藤へスルーパスを送るが、浦和東が守る。
72分浦和東、左から9木所のロングスローをニアで10ボニフェイスが競り勝つと
ファーで8八木が詰めて逆転ゴール。正智深谷 1‐2 浦和東。
75分正智深谷、2選手交代。
76分浦和東、9木所のロングスローからCKを獲得。右CKを9木所がファー11濱田へ。
11濱田の落としを7折出がシュートは枠外。
80+2分正智深谷、10阿道からのパスを左で受けた19栗田がミドルを放つが枠外。
試合は正智深谷 1‐2 浦和東で終了。
正智深谷の攻撃力の前に、苦しみ選手のポジションを何度も入れ替えた浦和東。
交代選手や、ポジションを代えた選手が持ち場で力を出して戦える強さを見せました。
内容的には正智深谷の方が上回っていた印象の試合でしたが、ここぞの場面で
決めきるゴールを奪う力の差が、勝敗を分けた試合でした。
この結果、決勝戦は西武台高校vs浦和東高校と決まりました。

決勝戦は観戦予定も体調不良により欠席。
決定機を着実に決めた浦和東が3‐0で西武台を退けて優勝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成24年度埼玉県新人大会 準決勝 西武台-越谷西

2013/2/16
平成24年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 準決勝戦

kick off 11:00(40/40) 川口市青木町運動公園陸上競技場
西武台高校 7-0 越谷西高校
3 前半 0
4 後半 0
【得点】
5分 14宮野 直也
6分 14宮野 直也
27分 10松山 友弥
42分 8杉森 健太
44分 10松山 友弥
70分 10松山 友弥
75分 14宮野 直也


◆西武台高校メンバー
1新井 栄聡
3田中 樹、2宮越 楓希、5矢島 和弥、4小澤 学史
14宮野 直也、7三沢 直人、6川又 悠史、11池永 夏月
9奥富 一槻、10松山 友弥

選手交代
17分 6川又 悠史→17齋藤 郁実
HT 9奥富 一槻→8杉森 健太、11池永 夏月→13田中 将洋
65分 4小澤 学史→22和田 友希
67分 7三沢 直人→21山崎 智也

◆越谷西高校メンバー
1
16、2、4、6
7、17、8、14、10
22

選手交代
46分 22→21
47分 17→9
51分 6→5
62分 16→19

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。

スライドショー

5分西武台、3田中からのパスを受けた14宮野が左サイドを切れ込んで左足クロス。
弧を描いてゴールに一直線。GK弾ききれずそのままゴールイン。
西武台 1‐0 越谷西。
6分西武台、7三沢のロングパスに4小澤が走り右サイド深い位置を突破してGKとDFの
間を通す低いクロス、14宮野が飛び込んでシュート。
西武台 2‐0 越谷西。
越谷西は、序盤、反撃のタイミングで2度ファールスローで流れを失う。
一方、西武台は6川又が膝を痛めた感じで、ボールが来ると頑張るがかなり痛そうに
プレーをする姿があり、かなり心配。
13分越谷西、14番が左サイドから右7番へロングフィード。しかし、7番へは通らず
西武台3田中が体を入れて守る。
16分西武台、3田中がカットから攻撃参加。11池永とのワンツーから角度無い所から
シュート。ゴールマウスへ向かったボールは越谷西、カバーのDFがクリア。
17分西武台、負傷の6川又に代えて17齋藤が入る。
27分西武台、4小澤が逆サイドにロングパス、左で受けた10松山が相手DFを外して
ドリブルで中央まで運ぶ。更にDFとDFの間に切れ込み、個でやり切りフィニッシュ。
西武台 3‐0 越谷西。
31分西武台、右7三沢から受けて10松山のシュートはポストを叩きゴールならず。
33分西武台、中盤で17齋藤が左14宮野にパス。14宮野がドリブルで深い位置まで
運んでマイナスのクロス。10松山のシュートはバー上へ外れる。
34分越谷西、10番ロングシュートを放つがやや出ていたGKが下がってキャッチ。
35分越谷西、スローから3番のロングパスを中央で受けた17番が良いタイミングで
走り込んだ7番に落とす。7番が前向きで受けてシュートを放つがバー上へ。
39分越谷西、14番のロングスローから掴んだチャンスもGKがキャッチ。
前半は西武台 3‐0 越谷西で終了。西武台が早い判断、少ないタッチで繋ぎ、
越谷西に狙い所を絞らせない攻撃で圧倒。しかし、30分辺りからは、狙い過ぎた
パスが多くなり、結果相手の選手にボールが掛かり流れを悪くする時間もありました。

後半HT明け、西武台が2選手を交代。
42分西武台、13田中が7三沢とのワンツーで右サイドを上がる。13田中は8杉森に
横パス、8杉森がドリブルでDFを振り切り縦へ出てシュート。ゴールを奪う。
西武台 4‐0 越谷西。
交代出場の、13田中と8杉森の活躍でゴールを奪い前半終盤の嫌な感じを払拭。
44分西武台、相手のパスを奪った13田中がドリブルからサイドチェンジ。
14宮野が受けてドリブルからGKとDFの間へ低いクロスを送る。ファーへ10松山が
飛び込んで合わせてゴール。西武台 5‐0 越谷西。
46分、47分、51分と越谷西続け様に選手交代。
47分の交代後、越谷西は4-5-1から4-4-2へシステム変更。9番と21番で縦関係の2TOP。
52分西武台、7三沢の中央でのルーレットでの突破から左8杉森、低いクロスを
ゴール前へ。中が合わずGKキャッチ。
54分越谷西、左で受けた7番が縦へ出ずに一旦戻って、大回りした感じから中寄りへ
移動してミドルシュート、しかし枠を捉えず。
55~58分西武台がFK、CKなども交え攻めるがゴール奪えず。
59分越谷西、右サイド5番が仕掛けてCKを獲得。7番がニアを狙うキックをするが
西武台が跳ね返す。
62分越谷西、選手交代。
63分越谷西、左から9番がシュートを放つがGKキャッチ。
65分西武台、14宮野→17齋藤→8杉森と繋ぎ14宮野へ。ラストパスのタイミングが
僅かにずれてシュートは枠外。
65分西武台、選手交代。
66分越谷西、9番が個で頑張ってチャンス作るが西武台が守りきる。
西武台のGK新井のキックが強さを増した風の影響で安定を欠いた時間となり、
越谷西を押し戻せ無い時間帯でした。
70分西武台、22和田と13田中のワンツーから13田中がスピードに乗り縦に出る。
14宮野が呼んで、13田中がクロスを上げと競り合いとなるがGKがパンチ。
こぼれの備えてポジションを取っていた10松山が詰め寄り体に当ててゴール。
西武台 6‐0 越谷西。
71分越谷西、左ハーフウェイ辺りからのFKを5番がファーへ蹴り込む。
4番が狙ったがGKが先にキャッチ。
75分西武台、8杉森が体を入れてボール奪取。8杉森が21山崎へ繋いで
21山崎からの短いスルーパスを14宮野。パスを持ち出しGKと1対1を決める。
西武台 7‐0 越谷西。
越谷西もゴールを目指しましたが、得点奪えず7‐0で試合終了。
最後まで、狙い所が絞れなかった越谷西。1タッチプレーの意識が高すぎるのか
不確実なプレーが結構多かった西武台。7点取り完封と良い結果を出したが
決勝に向けて気になる点ではあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.02.14

平成24年度TCY U-17 決勝 東京ヴェルディ-横河武蔵野

2013/2/10
平成24年度 第14回 東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会 決勝戦

kick off 13:30(45/45) 味の素フィールド西が丘
東京ヴェルディ
ユース
2-0 横河武蔵野FC
ユース
0 前半 0
2 後半 0
【得点】
63分 14安在 達弥
72分 10澤井 直人(PK)


◆東京ヴェルディユースメンバー
12長谷川 洸
3畠中 槙之輔、6羽賀 健太、4小田島 怜
2品田 賢祐
7山口 陽一朗、5三竿 健斗、10澤井 直人
15中野 雅臣
11菅嶋 弘希、14安在 達弥

選手交代
67分 15中野 雅臣→16室町 仁紀
82分 14安在 達弥→17田代 蓮太
90+1分 2品田 賢祐→26渡辺 太貴

◆横河武蔵野FCユースメンバー
1宗仲 光
15平賀 雅也、3初田 駿、4根地嶋 隼人、2松野 崇紀
8島村 直利、10長岡 克憲、18北原 祐希
7七枝 拓己、6吉山 遼馬
11佐野 樹生

選手交代
52分 18北原 祐希→9渡辺 悠雅
68分 8島村 直利→5菅波 錬
72分 11佐野 樹生→14服部光洋
82分 15平賀 雅也→24高木 涼介

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。

前半スライドショー

横河武蔵野の対東京V対策が功を奏した印象で、試合を動かしていたのは
ほぼ90分間に渡り、横川武蔵野という印象の試合になりました。
5分東京V、10澤井が右深い位置で突破してFKを獲得。
獲得のFKを7山口がファーへ。ここはゴールへ繋がらず。
やや、両チーム確認しながら、様子見の序盤、横河武蔵野3初田もコーチングは
控えめに東京Vの動きをしっかり観察しているようでした。
9分横河武蔵野、2松野の仕掛けで右CKを獲得。7七枝が入れると、ゴール前の
こぼれに11佐野、18北原が詰めるが、一瞬早く東京VのGK長谷川がキャッチ。
11分横河武蔵野、4根地嶋のドリブルから、6吉山のスルーパスが2松野へ。
2松野はBOX内左から中へラストパスを送るが東京Vが許さず、クリア。
クリアを拾った7七枝のミドルはGK長谷川の好守で立ちはだかります。
12分横河武蔵野、右CKに6吉山がキッカー。マイナスのグラウンダーのボールを
11佐野が跨いでスルー、10長岡のシュートは反応したDFにブロックされたものの、
特別に準備してきた感じのトリックプレーを披露しました。
15分辺りからは横河武蔵野、3初田の声が響くようになりました。
18分横河武蔵野、4根地嶋のパスから、2松野は1人で縦を鋭く突破して、
中の11佐野の目前でクリアされましたが、2松野がスピードで優位に立ち
右のサイド攻撃が、チームのパスワークにアクセントを付けています。
この後位から、東京Vは左サイドでMFのラインに張り出していた2品田が
DFラインまで下がって守るシーンが増加しました。
19分東京V、5三竿が横河武蔵野のミスパスを拾い、ダイレクトで中央へ走り
出していた11菅嶋へ決定的なスルーパス。
11菅嶋は完全に抜け出しましたが、GKが前へ出てコースを限定した事が、
功を奏した感じで枠の僅か左へ外れました。
「1本のミスを許してくれないよ。」という趣旨の声が監督から横河武蔵野選手へ
掛けられました。
26分東京V、横河武蔵野の判断が、やや半端になった所から攻め込みCK獲得。
ニアで2品田が受けると、一旦前に出てパスを狙う素振りから、反転して右中から
シュートを放つが枠外。
30分東京V、5三竿がミドルレンジから狙ったシュートはわずかに枠の上へ。
33分横河武蔵野、左FKを7七枝が高精度で、ファー外で狙った3初田のHSに
繋がりましたが僅かバー上へ。
36分東京V、10澤井からパスを受けて2品田がアウトサイドで狙うがGKキャッチ。
39分横河武蔵野、10長岡から、左でパスを受けた7七枝が、上がりに合わせて前へ
上がってきた左SBの15平賀が正確なクロスを起点となった10長岡へ。
残念ながらシュートはミートできずGK長谷川がキャッチ。
41分横河武蔵野、11佐野との連携からで10長岡がミドルを放つが枠外。
42分東京V、右サイドを強引に、そして巧みに突破した10澤井がファーの14安在へ。
14安在がボレーで狙ったが当たり悪く浮いて微妙なタイミングで左上隅へ。
GK宗仲が好判断で右手でCKに逃げる。
43分東京V、この左CKを2品田が中へ送るが、横河武蔵野が跳ね返す。
しかし、東京Vがこぼれを繋いで左2品田へ。クロスを上げると思った瞬間、左足を
振り抜く。意表を疲れるがGK宗仲がファインセーブで凌ぎました。
43分横河武蔵野、東京VのCKからファーで18北原がクリア。11佐野、10長岡と渡り
10長岡が11佐野へリバースすると東京Vはファールで止めに掛かったが、主審が
アドバンテージを見てプレーが続く。11佐野が左から攻め込んだが東京V守る。
45+1分横河武蔵野、自陣から15平賀→6吉山→18北原→11佐野→6吉山とパスワークで
東京Vゴール前へ進むが、11佐野の6吉山へのパスがややズレて東京Vが守る。
前半終了。東京V 0‐0 横河武蔵野。

横河武蔵野が東京Vを良く研究している印象で、ビルドアップ時に7山口へのパス
コースを切る、もしくはパスを出させてカットする守りを見せ、前線には2人で
挟んで東京VのFWに自由を与えない。東京Vは42分の10澤井の個人技による局面
打開を用いないと厳しい感じがする前半でした。
東京Vは、横河武蔵野に巧く守られていて、守から攻へ転じた際のスピードの
上がり方が緩く、全体として強い東京Vのイメージより迫力に欠ける前半でした。

後半スライドショー

選手交代無く後半が開始。
46分東京V、開始早々、14安在のポストから、10澤井が右サイドを突破して
折り返すが、GK宗仲が好判断で抑える。
46分横河武蔵野、18北原が抜け出してシュートを撃つがGK長谷川がCKに逃げる。
48分東京V、5三竿の楔を7山口が右、4小田島へ。4小田島のクロスからこぼれを
7山口が拾いミドルで狙うが枠外へ。
やや慎重な入りになった横河武蔵野、監督から選手へ2度目のタイムリーな声が掛かる。
「負けたくないと思うんじゃない!勝ちたいと思うんだよ!」という感じだったかと。
51分横河武蔵野、15平賀が左からチャンスメーク。10長岡から11佐野へ。11佐野の
スルーパスを15平賀が折り返すが、中が間に合わずゴール前を抜けて行きました。
52分横河武蔵野、選手交代。9渡辺を投入。
9渡辺のゴリゴリ行くスタイルが突破に繋がるか、東京V守備網に掛かって、ショート
カウンターの餌食になるか、諸刃の刃になりそうな交代でもありました。
54分東京V、2品田のクロスのこぼれを10澤井ミドルで狙うが枠外。
57分横河武蔵野、9渡辺が6吉山とのワンツーからゴールを目指すが東京Vがクリア。
60分横河武蔵野、ショートパスを繋ぎ詰まると焦らず攻め直す。7七枝→10長岡→
11佐野と繋ぎ15平賀が左で抜いて折り返す。右寄りでフリーの10長岡の下へ。
10長岡がドリブルで左へ流れシュートは惜しくも僅かバー上へ。
61分横河武蔵野、右サイドで9渡辺が2松野へ預けて、リターンを貰う。更に持ち込んで
10長岡へ。10長岡が左へ流れ中央7七枝を囮にして左から放ったシュートはGK長谷川が
ファインセーブでゴールを許さない。
後半、両GKの活躍がより一層、試合を引き締まったものにしました。
62分横河武蔵野、8島村の仕掛けでCK獲得。7七枝の左CK、ゴール前中央へ
送ったが東京Vクリアに成功。
63分横河武蔵野、CKのクリア流れから、自陣深く中央で10澤井がボールを持つと、
CKで上がって来ていた横河武蔵野CB3初田をかわして、左サイド敵陣深くへ。
11菅嶋がTOPスピードで追い掛けるが、横河武蔵野2松野が戻り体を入れる。しかし、
不利な体勢になったが諦めず、再び体を入れ替えBOX内へ進入。15平賀、GK宗仲を
引き付けて丁寧に、右から駆け上がってきた14安在へ。14安在がキッチリ決めました。
東京V 1‐0 横河武蔵野。
ほんの僅かにできたカウンターのチャンスを完結させてしまう辺りは強さを感じました。
しかし、ここまでの戦いぶりからも、充分、同点にする力は見せている横河武蔵野の
反撃に期待しつつ、見守りました。
64分東京V、右CKを7山口から3畠中のHS、ファーへ流れるとフリーでシュートは枠外へ。
67分東京V、選手交代。
67分横河武蔵野、右サイドを2松野が突破、クロスは紙一重でクリア、こぼれを9渡辺が
収めてドリブルで反転して中を向くと8島村へパス。ここで東京Vが奪い返す。
8島村は警告を受ける。
68分横河武蔵野、選手交代。
69分横河武蔵野、11佐野が負傷して外で治療。71分、11佐野戻れないと判断。
72分東京V、11菅嶋がフリーで放ったシュートは、またもやGK宗仲が好セーブ。
しかし、こぼれ球からのBOX内の競り合いで横河武蔵野にハンドの判定。
10人で耐えていた時間、交代も急ぎ準備していた中で大ピンチを招く。
負傷の11佐野に代えて14服部が入る。
東京V、獲得したPKを10澤井がGKの動きを見て余裕を持って流し込みゴール。
東京V 2‐0 横河武蔵野。大きな大きな追加点が入りました。
74分横河武蔵野、7七枝右CKで3初田が、HSを放つも枠の僅かに上へ。
75分東京V、右14安在から中10澤井のHSはGKキャッチ。
82分両チーム1選手交代。
84分横河武蔵野、14服部がロングレンジから良い弾道のシュートを放ちますが
バーの僅か上を通過。
89~90分横河武蔵野、東京V陣へ攻め込みゴール目指すが最後の所で何度と無く
東京Vに跳ね返されました。
90+1分東京V、選手交代。
アディショナルタイムにも7七枝、10長岡があと一歩という所まで攻め込むものの
ゴールを奪うことが出来なかった横河武蔵野。
結局、東京V 2‐0 横河武蔵野で終了。
かなり、良い準備をして臨んだ東京V相手の決勝戦は、主導的に試合を動かしながら
東京Vの守りの牙城を紙一重で崩せなかった、本当に惜しい敗戦となりました。
TリーグやCYなどで見るのが楽しみになる横河武蔵野の戦いでした。

2品田を左サイドで自由を与え、15中野には前線でTOP下や3TOPの一角を個の状況
判断で好きにやらせていた感じの前半の東京V。
後半は開始からベンチから戦術的な声が選手に送られて、監督とコーチが
戦術ボードで確認する場面もありました。
1点取ってからは、落ち着きましたが、72分まで東京Vを追い込んだ横河武蔵野の
戦いぶりが現れていたように感じました。
かなり、追い込んだ状況で戦って2次リーグから4戦全勝の東京V、終わってみれば
結果は残している、強さを感じさせる大会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.13

平成24年度TCY U-17 3決 FCトリプレッタ-FC東京

2013/2/10
平成24年度 第14回 東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会 3位決定戦

kick off 11:00(45/45) 味の素フィールド西が丘
FCトリプレッタU-18 2-8 FC東京U-18
1 前半 6
1 後半 2
【得点】
17分 5割田 大遥(PK)
74分 13田山 真吾
12分 22岸 寛太(PK)
21分 22岸 寛太
25分 22岸 寛太
31分 22岸 寛太
38分 17川上 翔平
45分 25鴨池 陽希
64分 19青木 啓輔
90+1分 27,高橋 宏

◆FCトリプレッタユースメンバー
16宇田川 優心
8眞壁 亮太、5割田 大遥、3玉川 由、2沼池 祐斉
6佐藤 健太、10中嶋 脩人
13田山 真吾、7宮澤 俊太朗、11大久保 広一
9村川 薫平

選手交代
HT 16宇田川 優心→1久保田 泰一郎
60分 3玉川 由→18老川 嵐士
66分 6佐藤 健太→14木村 友輔
77分 13田山 真吾→17佐藤 大貴、11大久保 広一→12吉田 拓真
88分 8眞壁 亮太→20佐々木 龍
90+1分 9村川 薫平→24ピーダーセン世穏

◆FC東京U-18メンバー
21伊東 倖希
25鴨池 陽希、24柳澤 優芽、36大西 拓真、29田宮 碧人
20伊藤 裕也、27高橋 宏季
17川上 翔平、37長澤 皓祐、19青木 啓輔
22岸 寛太

選手交代
66分 24柳澤 優芽→15五勝出 竣仁、29田宮 碧人→26山岸 瑠
70分 19青木 啓輔→38渡辺 龍
83分 25鴨池 陽希→28下平 祥希、36大西 拓真→35高田 誠也
  37長澤 皓祐→39相原 克哉
89分 22岸 寛太→32山口 智司

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。

前半スライドショー

東京ヴェルディ戦の後半は非常に良かったという評判と、近年の活躍も
あり今シーズン初めて見る、トリプレッタ(以下TRP)のサッカーに注目。
6分TRP、右でFKを獲得。11大久保がBOX内中央へ、8眞壁、13田山が居たが
FC東京がクリア。
8分FC東京、27高橋が右裏へ配球。前線と合わなかったがチャンスになりそう。
拮抗していた展開が12分に動く。FC東京TRPのハンドでPKを獲得。
PKを22岸が決めて先制。TRP 0-1 FC東京。
12分TRP、右13田山から斜めにBOX内へ走り込んだ11大久保へパスが通る。
FC東京24柳澤がスライディングタックルで防ぐ。際どいプレーに場内が一瞬
PKかとざわめきましたが、笛は無く試合は続きます。
15分FC東京、22岸がボールを奪いスピードに乗り突破。BOX内は入るが、TRP
3玉川がクリアしてCKに。このCKを17川上がファー?の頭に合わせがHSは枠外。
先制したFC東京がリズムに乗って一気に言ってしまうかと思ったが、
17分TRP、7宮澤が抜け掛かると、29田宮が潰してしまいPK献上。
29田宮には警告。5割田が決めて同点となる。TRP 1-1 FC東京。
21分FC東京、TRPのDFのミスを逃さず37長澤が奪って、中央を走った22岸へ。
22岸は左へ持ち出して落ち着いてシュートを決める。TRP 1-2 FC東京。
25分FC東京、パスワークから、左サイドの17川上→25鴨池と繋ぎ、25鴨池が
クロス。22岸が右アウトで流し込みゴール。と思いましたが、FC東京の
オフィシャルによるとヒールシュートだったそうです。TRP 1-3 FC東京。
30分TRP、パスを繋いで11大久保と10中嶋のワンツーで11大久保が左サイドを
衝いてCKを獲得。13田山がニアに寄ってきた2沼池へ当てて中へ。しかし
FC東京、17川上がこぼれ球を収めると一気にスピードアップ。ドリブルで
グングン運んで、FC東京の他選手も3人程上がって来てパスコースもあったが
自らフィニッシュまで持ち込む。ここはTRPの守りが間に合ってスローインに。
31分FC東京、左から19青木が中央へ持ち込んで22岸へ。22岸が決める。
TRP 1-4 FC東京。
32分TRP、FC東京のゴールへ迫り、7宮澤がBOX内狭い所でパスを9村川へ送る。
9村川へ通ったがDFも3人居て直ぐに反応、9村川はドリブルでゴールを目指すが
最後はGK伊東がキャッチ。しかし、細かなパスを駆使して攻めるTRPらしさを
見る事が出来た印象でした。
32分FC東京、17川上から22岸へ、22岸の落としを27高橋ミドル、枠外へ。
33分FC東京、27高橋がボール奪取から攻め込むがGK宇田川と5割田のカバーで
凌ぎました。
34分TRP、右サイドを5割田、2沼池、11大久保がパスを繋ぎ10中嶋が絡むが
FC東京DFもしっかり戻り攻めきれず。
36分TRP、再び右から攻め込んで7宮澤がシュートもGKキャッチ。
38分FC東京、19青木からフリーの17川上へ。17川上がゴール。TRP 1-5 FC東京。
39分TRP、左から8眞壁がクロスを送る、中はニアの9村川のみ、やや長く、深く
なったクロスはバー上へ。ピンポイントで合えばゴールもあるか。
42分FC東京、メインスタンド側で割りそうなボールに一瞬TRPの足が止まる。
この瞬間の隙を17川上が逃さずドリブルで切り込んでシュート、ゴールならず。
44分FC東京、19青木が持ち込みシュートはGKセーブ、2ndを20伊藤がシュート。
これはTRP、2沼池がカバーで防ぐ。
45分FC東京、17川上の左CKに25鴨池が低空ダイビングヘッドで決めてゴール。
TRP 1-6 FC東京。
45+3分TRP、5割田のFKを中央でFC東京がクリアして前半終了。
1‐1同点となって、FC東京のエンジンが全開になった印象。
FC東京は17川上が攻撃にアクセントを付け、27高橋、37長澤が効いていて
TRPに思うような展開を許さない感じ。また、1ゴールのみだが、25鴨池の
相手ゴール前でのHSの感覚は脅威と言えそう。22岸は相変わらず好調です。

後半スライドショー

後半開始から、TRPは前半終盤に準備が出来ていたGK1久保田を起用。
HTの修正点も聞いたのでしょうが、1久保田の後ろの声が神の声と成ったTRPの
後半の戦いぶりでした。
46分FC東京、上手く引っ掛けて22岸へ。シュートにTRPのDFが寄せてCKに。
48分FC東京、25鴨池左からクロスはDFが守る。スローインとなるとこの流れから
17川上シュート、こぼれ球に反応するがオフサイド。
52分、58分、59分にもFC東京が攻め込む。ボールは持てるが、守りのバランスを
取り戻し粘り強く守るTRPから追加点が奪えない。
60分TRP、選手交代。
64分FC東京、22岸が抜け出しドリブル突破すると右サイドから走りこんだ
19青木がゴールを奪う。TRP 1-7 FC東京。
66分FC東京、19青木からパスを受けて17川上シュートはゴールならず。
66分FC東京、2選手、TRP、1選手交代。
68分FC東京、17川上のスルーパスに22岸がシュート、GK防ぎCKに。
68分FC東京、17川上がCKを蹴る、TRPの頭のクリアがゴールに向かうがバー上。
再びのCKを17川上、25鴨池のHSは枠を捉えず。
70分FC東京、選手交代。
73分TRP、左サイドで14木村が仕掛けてCK獲得。
この左CKを13田山が蹴り8眞壁が中央で競り合いつつHSは枠を捉えず。
74分TRP、FC東京GK伊東のキックを9村川が狙って奪うと13田山が決めてゴール。
TRP 2-7 FC東京。
77分TRP、2選手交代。
78分TRP、7宮澤がFKを獲得。5割田のFKを8眞壁が頭で繋ぎ、7宮澤がシュート。
FC東京がブロック、こぼれを9村川が拾い仕掛けるが守りが上回る。
80分FC東京、CKからファーへ流れると25鴨池が飛び込んでシュート。枠外へ。
83分FC東京、攻め込んであと一歩でゴールもTRP、GKがファインセーブ。
83分FC東京、3選手交代。
84分TRP、17佐藤の右CKからゴール前で混戦となる、14木村のトリッキーな
パスから9村川がシュートチャンスを迎えかかるがFC東京DFが許さず。
88分TRP、選手交代。
89分FC東京、選手交代。22岸が下がる。
90分FC東京、28下平のCKからチャンスを作るがラ35高田のシュートはGKが抑える。
90+1分FC東京、20伊藤がドリブルで持ち込み、右から駆け上がった27高橋が
シュートを放つ、好プレーを続けていたGK久保田触るがボールはゴールへ。
TRP 2-8 FC東京。
90+1分TRP、選手交代。
90+3分TRP、左CKを17佐藤蹴るがGKキャッチ。
90+4分TRP、20佐々木シュートも枠外へ。
後半、良く立て直して奮闘したTRPだったが試合はTRP 2-8 FC東京で終了。
TRPは観ていて気持ちの良いサッカーをしている印象です。
FC東京は、気の緩みが出る印象があるのが気掛かりではありますが、流動的に
良く動く中盤に、決定力ある22岸、更に両SBと攻めは強いと感じます。

FC東京U-18が3位、FCトリプレッタユースが4位で終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.12

平成24年度埼玉県新人大会1回戦 熊谷-川口北

2013/1/20
平成24年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 1回戦

kick off 14:30(40/40) 西武台高校第2グラウンド
熊谷高校 0-1 川口北高校
0 前半 1
0 後半 0
【得点】


20分 4山下 達也

◆熊谷高校メンバー
1
2、5、4、3
9、6、7、8
10、11

選手交代
59分 9→25

◆川口北高校メンバー
1
3高橋 直斗、4山下 達也、5橋本 將平、2
7大隈 拓郎、16福山 海斗、8越後 宗人、11
10アゲセ アンドレ 健太郎、9田口 悠貴

選手交代
53分 11→14

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。

スライドショー

2試合目がかなり風が出て寒さを感じる中の試合と成っていましたが
3試合目になると風が収まって、観戦しやすい状況になりました。
4分熊谷、左スローインから6番がドリブルでコース見つけてシュートは
川口北DFがブロック。 5分川口北、7大隈の仕掛けでCKを獲得。左CKを3高橋が10アンドレへ
ニアで10アンドレがすらしたボールはファーの4山下へ向かうが
僅かに合わず外へ出てしまう。
9分川口北、右CKを3高橋、中央の4山下、10アンドレどちらかに合わせる様な
ボールに熊谷GKが勇気を持って出て、2選手の間に飛び込みパンチで逃げる。
14分にも川口北右からCKを獲得するがゴールならず。
16分熊谷、ロングシュートはバーを叩きゴールならず。
19分川口北、右CKを3高橋、ゴールに繋がらず。
20分川口北、FKを獲得して5橋本。一旦は跳ね返されるが、2次攻撃から
5橋本がフィード、4山下が決めて先制。熊谷0‐1川口北。 25分川口北、3高橋の右スローインから10アンドレを経由して4山下の足元へ
入ると4山下がシュート、ここはGKがキャッチ。
28分熊谷、右3番の仕掛けで右CKを獲得。10がCKを蹴るがゴールに繋がらない。
30分熊谷、BOX内へ進入した8番がマイナスのボールを11番へ送ろうとするが
川口北の守りが許さず、惜しいシーンに留まる。
32分熊谷、10番が11番へ縦のフィードを送るがボールは僅か足の先を通過して
川口北GKがキャッチ。
33分川口北、9田口がミドルを放つと熊谷GKが足を滑らせるが何とかクリア。
これで得たCKを3高橋がニア4山下へ送るがゴール奪えず。
34分川口北、5橋本のロングスローに10アンドレが頭ですらせて4山下が
オーバーヘッドで狙うがバー上へ。
35分熊谷、2番がアーリークロスを11番へ。11番はGKと競るがGKキャッチ。
前半は川口北が1点リードして終了。

後半は選手交代無く開始。
43分熊谷、2番FK、川口北4山下が頭でクリア、こぼれを11番シュートは枠外へ。
45分川口北、攻め込んでゴールに後一歩まで迫るが、熊谷紙一重で防ぎ凌ぐ。
48分川口北、合わせるには格好の位置からFK。3高橋、8越後がポイントに。
8越後がインスイングでゴール前へ。9田口詰めるがGKと接触。得点ならず。
53分川口北、選手交代。
55分川口北、8越後のFKから3高橋がクロス、4山下HSはGKキャッチ。
57分川口北、CKから相手のハンドでPK獲得。58分10アンドレが蹴るがバー直撃。
59分熊谷、選手交代。
61分川口北、9田口のシュートはGKセーブでCKに。3高橋が上げて10アンドレが
ヘッドは枠を捉えず。
69分川口北、右FKを8越後がニアの足下で合わせるボールを送るがクリア。
73分川口北、左FKを8越後がGK前で1バウンドさせるボールを送り込むが
飛び込みが間に合わず。
76分熊谷、左からの2番のクロスをGK取り損ねて、25番にシュートチャンスも
ボールが足に付かず決めきれない。
79分川口北、左CKを3高橋が中央へ低いボールを送ると4山下が合わせるが枠外。
AT2分も凌ぎ川口北が前半の1点を守り勝利。PK失敗もあり嫌な空気に成りがちな
試合でしたが守り切りました。熊谷も諦めに姿勢を貫き食い下がりましたが、
川口北の守りを破る事が出来ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成24年度埼玉県新人大会1回戦 成徳深谷-浦和東

2013/1/20
平成24年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 1回戦

kick off 12:30(40/40) 西武台高校第2グラウンド
東京成徳大学深谷高校 0-1 浦和東高校
0 前半 1
0 後半 0
【得点】


13分 24大澤 潤也

◆東京成徳大学深谷高校メンバー
12
18、3前原 健、4、2
17、6、13、22
19、26

選手交代
HT 6→24
52分 22→14山崎 直人
58分 19→11浅沼 拓実
71分 17→15 77分 18→7

◆浦和東高校メンバー
1大久保 秀斗
26佐藤 直人、10ンドカ ボニフェイス、4橋爪 武大、5鈴木 和也
25岩出 拓也、6関根 快人、24大澤 潤也、8八木 嵩寿
11濱田 駿、9木所 和樹

選手交代
51分 25岩出 拓也→7折出 勝也
58分 8八木 嵩寿→12矢吹 翔
71分 11濱田 駿→14染谷 拓

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。

スライドショー

中央新人大会と背番号の変更があった浦和東。
一方、成徳深谷は初めて見るチームなのでちょっと楽しみ。
試合が始まってみると有利かと思っていた浦和東が劣勢に立たされる試合に。
1分成徳深谷、左から13番がFKは浦和東10ボニフェイスが跳ね返す。
1分成徳深谷、左から3前原のロングスロー、再び10ボニフェイスが跳ね返す。
2分成徳深谷、左から3前原のロングスロー、又も10ボニフェイスが跳ね返す。
序盤攻め込みペースを掴んだ成徳深谷が優勢に進めるが、7分過ぎ辺りから
浦和東も攻撃するシーンが出始める。
8分成徳深谷、26番のクロスは浦和東GKがキャッチ。
12分浦和東、25番のクロスは上げきれずゴールラインを割る。
13分浦和東、24大澤がこぼれ球を拾い持ち直してシュートを決めて先制。
成徳深谷0-1浦和東。予想外の劣勢の中で浦和東が先制。
これで、一気に形勢逆転かと思ったがそうも行かず。
18分浦和東、8八木にボールが入るとGKの頭越しのロングシュートを狙うが
枠を捉えず。
18分浦和東、左サイド8八木から9木所へ更に25岩出へ繋ぎクロスはGKキャッチ。
19分成徳深谷、13番こぼれ球を強引にミドルはGKキャッチ。
21分成徳深谷、右CKを13番が蹴り19番シュート、浦和東守るが2ndを4番が
シュート。しかし、2本目のシュートも浦和東が守る。
22分成徳深谷、右から3前原ロングスローは浦和東クリア。
24分成徳深谷、右CKを13蹴るが浦和東10ボニフェイスが触る、17番シュート
はゴールならず、攻め直しでフリックから17番前へ送るがオフサイド。
26分浦和東、9木所クロスに8八木HSは右CKに。CKを9木所が蹴りファー
10ボニフェイスが戻して8八木がシュートは枠外へ。
33分成徳深谷、26番から17番へクロスを送る。17番の眼前で浦和東DFクリア。
成徳深谷が浦和東の6関根へのボールを徹底してマークして抑える事で、
良い流れを維持し続けていました。浦和東はFWが受けにくる動きも見せて
いましたが、この試合では余り巧く機能しませんでした。
35分成徳深谷、17番が左からクロス、右から22番が入って来たが合わず。
39分浦和東、8八木の仕掛けでFKを獲得。右FKを26佐藤が蹴るがGK防ぐ。
40+1分成徳深谷、右サイドから良いクロスが入るが浦和東GK好セーブ。
内容では、成徳深谷が上回っている感じだが、チャンスに逃さずゴールを
奪った浦和東がリードして前半を終了。成徳深谷0‐1浦和東。

<後半開始から成徳深谷は6番に代えて24番を起用。
42分浦和東、右FK26佐藤がニアへ低いボールを送るが成徳深谷がクリア。
43分浦和東、9木所、右からのロングスローからの攻めも防がれる。
48分浦和東、9木所、右からのロングスローから8八木シュート。
獲得した右CKを9木所からファー11濱田HSはバー上へ。
後半、良い入りをした浦和東だが追加点は奪えず。
50分成徳深谷、26番→17番→22番と繋ぎ攻めるが浦和東守る。
51分浦和東、選手交代。
52分成徳深谷、選手交代。
53分浦和東、24大澤がニア11濱田へ、11濱田合わせるがGKキャッチ。
54分成徳深谷、26番から17番へのクロスは浦和東切ってCKに逃げる。
57分浦和東、9木所のロングスローからシュートに繋がるがゴールならず。
58分両チーム選手交代。
62分成徳深谷、右から3前原がロングスロー、また10ボニフェイス跳ね返す。
70分浦和東、6関根が受けて右12穴吹がシュートは枠外へ。
71分両チーム選手交代。
72分浦和東、9木所が仕掛けてFK獲得。自ら蹴るがGKキャッチ。
74分成徳深谷、選手交代。
75分成徳深谷、3前原ロングスロー、今度は足で10ボニフェイスクリア。
76分成徳深谷、右CKから11浅沼ピッタリのHSは僅かバー上に外れる。
77分成徳深谷、3前原ロングスローは伸びてGKキャッチ。
78分成徳深谷、14山崎カウンターからシュートは枠捉えず。
ATは2分表示。
浦和東がオープンなスペースを使いCKなどで時間を使い1点を守り勝利。
結局、10ボニフェイスがCBとして成徳深谷の攻撃を跳ね返し続けたのが
勝利につながりました。
成徳深谷は良いサッカーをしていました。また、見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成24年度埼玉県新人大会1回戦 西武台-武南

2013/1/26
平成24年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 1回戦

kick off 10:30(40/40) 西武台高校第2グラウンド
西武台高校 2-1 武南高校
1 前半 1
1 後半 0
【得点】
17分 10松山 友弥
61分 10松山 友弥
19分 2勝山 雄月

◆西武台高校メンバー
1新井 栄聡
3田中 樹、15谷口 唯斗、5川又 悠史、4小澤 学史
7三沢 直人、6山崎 智也
14宮野 直也、11池永 夏月、9田中 将洋
10松山 友弥

選手交代
51分 9田中 将洋→8杉森 健太
78分 11池永 夏月、14宮野 直也→13和田 友希、18西村 隼人

◆武南高校メンバー
1毛利 拓臣
2勝山 雄月、23、4南場 洋一朗、26
10鈴木 裕也、24岡田 翔太
7室崎 雄斗、6小宮 孝介、8奥村 宣彦
15山本 奨

選手交代
69分 6小宮 孝介→21
76分 24岡田 翔太→14

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。

スライドショー

埼玉県の強豪校同士が県大会1回戦で当たった試合は期待に違わず
攻守の切り替えも早く、球際の厳しさもある見応えある好ゲームとなりました。
2分武南が左からのFKを獲得。10鈴木が蹴る、ここは西武台GK新井がセーブ。
2ndを24岡田が狙うが枠を捉えず。
4分西武台は11池永がボール奪取からFKを獲得。やや武南がリズムを掴み
そうな流れを引き戻す。
6分武南、15山本の仕掛けでCKを獲得するが2勝山のCKからの攻めはBOX内
武南にファールがあり切れる。
8分西武台、BOX内へ進入して14宮野が10松山へパス。裏で受けたかに見えたが
オフサイド。
8分武南、右からクロスが上がるが西武台GK新井がキャッチ。
若干、パス回しやオフザボールの動きで武南が優勢に感じるが、西武台も
主導権は渡さず、一進一退のせめぎ合いの時間が続く。
共に、中央は堅く厳しい中で、狭い局面からのスルーパスや両サイドの
使い方が勝負を分けるか、そんな感じで見ていました。
試合が動いたのは17分、西武台。5川又からのフィードから10松山がドリブル
突破を果たしゴール。西武台1-0武南。
しかし、武南も空かさず19分、15山本の仕掛けから7室崎へスルーパス。
GK新井がセーブもこぼれを2勝山が決めて同点。西武台1-1武南。
20分西武台、10松山がキープしてFKを獲得。7三沢がファー深い所へ蹴り込む
ここに6山崎が走り込み、スライディングでギリギリ届きゴールを目指すが
枠を捉えることはできず。
武南は、6小宮、7室崎、8奥村、10鈴木が流動的にポジションを変えながら
西武台の守りにギャップを作っても、受けてへのアプローチが早く、時間的
に余裕を与えない様に守備が奮闘。
29分西武台、15谷口のフィードに右から左サイドまで斜めに動いた11池永が
必死に追ったが僅かに間に合わず。
序盤は、中央新人大会では出場のなかった11池永と合わないシーンが合ったが
時間と共に感覚を共有し始めている印象。
31分西武台、11池永がFKを獲得。7三沢のFKは壁に当たり、再び7三沢へ。
7三沢のシュートは武南の守りが跳ね返す。
33分西武台、武南の攻撃が1分程続いた後のカウンター。10松山から9田中へ。
武南、23番が戻って来て防ぐ。
武南のCBの2枚が堅く、並みのDF力ならば、後2点くらい西武台が取っていても
おかしくない感じでした。
40分武南、左FKを2勝山が横へ出して10鈴木が強烈ミドル、GK新井好セーブ。
40+1分、武南、再びBOXへ進入も西武台GK新井が抑える。
西武台も武南の攻撃にゴールを脅かされるがGK新井が好プレーを続け最小失点。
攻守ともにハイレベルな前半は1-1で折り返す。

選手交代なく後半が始まる。
43分武南、右CK10鈴木が蹴るが西武台が跳ね返す。
47分西武台、11池永の縦へのフィードは武南DFがギリギリ触りコースが変わる。
14宮野シュートに持ち込むが枠外。
47分西武台、9田中のミドルも枠外へ。
48分西武台10松山がFK獲得。7三沢のFKは武南クリア。
51分武南、2勝山がロングスロー、GK新井キャッチかと思った瞬間、武南8奥村
GKの前に入り込むがゴールならず。
51分西武台、カウンターからの攻めは切られてスローインに。
ここで西武台が選手交代。8杉森を起用。
52分西武台、スローインの流れからチャンス掴んで6山崎へ、少しパスがズレ
前へのパスコースを閉められミドルはゴールならず。
53分武南、左CKを2勝山が直接狙うがバー上から裏へ抜ける。
58分武南、2勝山のロングスローがゴール前の競り合いを2箇所ほど抜けて
ファーの武南選手の下へ、しかし武南にファールが有り西武台は助かる。
この58分辺りの数分だけが西武台の集中力が落ちていた感じでした。
61分西武台、自陣からパス交換から8杉森が前線へ右から中央へ入り込んだ
11池永が武南DFを引きつけると、11池永とクロスするように抜け出した
10松山が左足でシュート、ゴール右へ流し込んで勝ち越し。西武台2-1武南。
厳しい時間で逆に勝ち越せた事で、再び集中力が高まった西武台。
63分10松山→11池永→8杉森と繋がり8杉森のクロスに11池永がシュートは枠外。
しかし、トーナメント1回戦で終えたくない武南もここから猛反撃。
67分武南、6小宮のスルーパスに左ライン際から走り込んだ7室崎がシュート。
68分武南、右CKを10鈴木が中央へ送るが西武台クリア。
69分武南、選手交代。
69分武南、右CKを再び10鈴木が蹴るがゴールに繋がらず。
76分武南、選手交代。 78分西武台、2選手交代。
79分武南、攻め込んでゴールかというシーンも西武台DFがナイスカバーで ノーゴール。
2ndから武南シュートは枠捉えず。
80分武南、10鈴木のCKから15山本が押し込もうとするがゴールならず。
80+2分武南、2勝山ロングスロー、しかし西武台11池永が跳ね返して試合終了。
西武台2-1武南。
非常に見応えある試合となりました。裏への意識とシュート意識の高い
10松山の存在と、武南のチャンスにゴールを守ったGK新井を中心とした
DF力が西武台を勝利に導いた印象でした。
武南はショートパスからの攻撃で巧いと唸るシーンも多いのです。
ショートカウンターやフィードに対するDFの整備が進めば全国でも昨年の
インハイの 様に上位進出も充分見込めると思います。
まだ始まったばかりの2013シーズン、楽しみな両チームです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.07

早稲田大学練習試合 2/5 vs 暁星高校

2013/2/5
平成24年度 第61回全日本大学サッカー選手権大会 1回戦

kick off 14:50(40分×3本) 早稲田大学東伏見グラウンド
早稲田大学 14-0 暁星高校
5 1本目 0
5 2本目 0
4 3本目 0
【得点】
‐1本目‐
2分 10近藤 貴司
10分12山口 潤
18分 11近藤 洋史
21分 9榎本 大希
39分 9榎本 大希
‐2本目‐
7分 23市村 一貴
17分 18小松 聖音
20分 20田中 太郎
21分 24上形 洋介
34分 23市村 一貴
-3本目-
5分 34堂本 大輝
31分 17片山 瑛一
35分 17片山 瑛一
38分 17片山 瑛一


‐1本目-

◆早稲田大学メンバー
1松澤 香輝
6三竿 雄斗、5金澤 拓真、3奥山 政幸、2八角 大智
11近藤 洋史、7池西 希、8中田 航平、10近藤 貴司
9榎本 大希、12山口 潤

◆暁星高校メンバー
1
43、48、36、38
33、95、27、58
86、69

‐2本目-

◆早稲田大学メンバー
16阿部 雄太
17望月 理人、15田中 進之介、14青木 奎樹、13中谷 幸葉
22石川 拓、19海野 洋介、18小松 聖音、20田中 太郎
23市村 一貴、24上形 洋介

◆暁星高校メンバー
71
58、36、48、38
33、69、95、72
46、86

選手交代
16分 86→51

‐3本目-

◆早稲田大学メンバー
31江口 徹
26西山 航平、25小川 弘志、24永井 あとむ、23山下 翔平
30原 伊吹、27川井 健吾、35山本 有一、29小原 敬
33宮本 拓弥、34堂本 大輝

選手交代
22分 31江口 徹→16中村 大志、24永井 あとむ→37恩田 雄基、
  23山下 翔平→38日高 裕介、30原 伊吹→19小長谷 勇太、
  27川井 健吾→22澤山 周跳、33宮本 拓弥→17片山 瑛一、
  34堂本 大輝→20佐藤 周作

◆暁星高校メンバー
34
43、36、51、47
19、70、11
72
53、48

選手交代
20分 47、48→14、51

※暁星高校のフォーメーションは早稲田確認後に行った為、キックオフ時とは
並びが異なっている所があると思います。
試合中に監督さんからの指示でポジション入れ替えもあり、また、縦関係での
入れ替わりも多く、流動的なポジションとなっていました。

1本目スライドショー

1本目は2分に早稲田が12山口→9榎本と繋いで10近藤が頭で押し込み先制。
9分暁星は86番が右からシュートを放つが枠外へ。
10分早稲田、左から11近藤がドリブル突破で中央へ運び最後は12山口へパス。
12山口が左足で決めて2-0。
11分暁星、95番→69番→43番と流れるようなパスワークで攻めるが左33番への
パスは早稲田がカット。
18分早稲田、FKキッカーは8中田。12山口が受けてドリブルでシュートを狙うが
暁星のGKがコースを塞いだ為、フリーの11近藤へパス。パスを受けた11近藤が
コントロールしてから、落ち着いてゴールを決めて3-0。
21分早稲田、7池西のパスを受けた9榎本が個人技でシュートまで持ち込み4-0。
その後も早稲田が12山口のシュートなどでゴールへ迫るが追加点無く終盤へ。
33分暁星、早稲田のDFの連携が乱れた所を右から58番から33番へ。シュートは
早稲田DFが戻りカバーしました。
35分暁星、右からのクロスに69番がHSは横へ流れファー側サイドラインを割る。
39分早稲田、3奥山からの縦へのフィードを7池西が受けドリブルで持ち上がる。
シュートも可能な状況だったが9榎本へパス。9榎本は、7池西の動き直しで
パスコースが出来るのを待って、より完全な状態を作りゴールを決め5-0。
1本目は5-0で早稲田が勝利。
必死にプレスを掛けて来た暁星に対して、パスで動かさせて隙を作って一気に
前線へ送る展開で得点を重ねて完勝。
6三竿、10近藤 貴司、11近藤 洋史、9榎本のJUFA関東経験豊富な選手と、7池西、
8中田、12山口が巧く絡んだ攻撃はかなり好印象でした。
それでも、縦関係の連動性だったり、11分に見せたパスワークは面白かったです。

2本目スライドショー

2本目は暁星の攻撃も結構見る事が出来て拮抗した時間もあった印象。
しかし、早稲田が5点を奪い完封勝利。
BOX内でのプレー精度の高かった早稲田が決定機をしっかりゴールに繋げた印象。
7分、13中谷の右でドリブルからクロスを上げ、ニアで23市村が合わせてゴール。
17分、23市村の落としを18小松がミドルレンジから決めました。
20分、23市村からパスを受けた20田中がGK、DFを寝かせてからシュートでゴール。
21分、23市村から20田中と繋ぐと20田中がクロス、24上形がヘッドで巧く枠へ運び
ゴールを奪う。
34分、左CKから23市村が決めて2本目も5ゴールを奪いました。
暁星では、10分36番から72番と繋いで46番を狙った攻撃。
11分33番の左からのクロス。
20分CKから33番が繋いだシーン。
30分95番からパスを受けた33番のシュート。
35分46番へのクロスでの競り合い。
など、後一歩のチャンスは作りました。

3本目スライドショー

3本目、立ち上がり攻め込んだ早稲田。2分33宮本、34堂本が続けて、3分33宮本が
BOX内キープから27川井がシュートを放つが暁星のGK、DFが頑張ってゴールならず。
5分川井の左CKから34堂本が決めて先制。
ここから早稲田のゴールラッシュかと思われたが22分7選手交代を経て30分までは
1-0のままで時間が進みました。
31分19小長谷からパスを受けた17片山がBOX内でDfを巧く外してシュートを決める。
35分29小原から17片山で3点目。
38分には暁星のバックパスを狙って17片山が奪ってゴール。短時間でハットトリック。
早稲田では17片山が存在感を示し、左SBに入っていた26西山が3回ほど良い読みで
暁星の前へ繋ごうとするパスをカットして、そのまま攻め上がるシーンがありました。
3本中、1本目に7池西と3本目で26西山、そして主審を1本目、3本目で堀田が勤めていて
レッズユースから早稲田に進んだ3人を見る事も出来てよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.04

平成24年度東京都クラブユースU-17 FC東京-三菱養和

2013/2/3
平成24年度 第14回 東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会

kick off 13:00(45/45) 東京ガス武蔵野苑多目的グランド
FC東京U-18 4-1 三菱養和SCユース
4 前半 0
0 後半 1
【得点】
18分 20伊藤 裕也
26分 22岸 寛太
42分 20伊藤 裕也
45分 23矢島 輝一
52分 4黒木 周

◆FC東京U-18メンバー
21伊東 倖希
29田宮 碧人、24柳澤 優芽、36大西 拓真、26山岸 瑠
20伊藤 裕也、37長澤 皓祐、27高橋 宏季、19青木 啓輔
22岸 寛太、23矢島 輝一

選手交代
60分 19青木 啓輔→38渡辺 龍
77分 23矢島 輝一→32山口 智司
82分 20伊藤 裕也→28下平 祥希
87分 26山岸 瑠→15五勝出 竣仁
90+2分 37長澤 皓祐→35高田 誠也

◆三菱養和SCユース
21畚野 直柔
17椿 健太郎、16関野 太聖、3飯泉 涼矢、19宮島 遼太
7中尾 風、6金 裕志、8天満 大介、11池田 樹雷人
10秋本 和希
4黒木 周

選手交代
HT 8天満 大介→5青山 航、11池田 樹雷人→15相馬 勇紀
63分 6金 裕志→9木村 陸人
73分 7中尾 風→25高橋 瞭斗
74分 17椿 健太郎、10秋本 和希→22山本 雄志、24木脇 次郎

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。

スライドショー

FC東京が序盤から左サイドを20伊藤と29田宮の連携から再三突破。
効果的なサイド攻撃で三菱養和のゴールを脅かしました。
攻め込まれていた三菱養和は10分、4黒木の落としを17椿が受けて7中尾へ
送るが通らず、ここはチャンスに成らなかったがこの形は良さそうでした。
12分FC東京、右27高橋かた左の29田宮へ、29田宮がドリブルシュートは僅か外。
13分FC東京、29田宮からのパスを受けて37長澤がシュートはGK畚野キャッチ。
20伊藤が中へ寄せて、空けたスペースを29田宮が使い何回もチャンスメーク。
18分FC東京、37長澤がハーフラインからドリブル突破から、右に斜めの動きで
走り込んで流し込んで来た20伊藤へパス。ファーへ流し込む。
FC東京 1-0 三菱養和。
26分FC東京、ボールを受けた22岸がドリブルで持ち込みシュート。
GKが取れるかと思われたがゴールネットを揺らす。FC東京 2-0 三菱養和。
29~30分に掛けて三菱養和が4黒木のキープからFC東京陣で試合を進めるが
FC東京の守備網がゴールへ向かうパスのコースを塞ぎ守りきる。
31分三菱養和、4黒木の仕掛けに36大西が対応してCKに。
この右CKを10秋本が中央へ送る。中で競るが共に触れずファー3飯泉へ。
3飯泉のシュートは枠外へ。
30分辺りから三菱養和右SB19宮島の攻め上がりができる様になると
良いリズムで攻撃が回り始めました。
35分FC東京、左27高橋が蹴るがゴールに繋がらず。
序盤から飛ばしていた29田宮の圧倒的な上げ下げのスピードが落ち着くと
三菱養和の時間になり始め、39分左17椿のクロス、40分左10秋本のCK、
41分10秋本のパスを受けた7中尾のシュートなど攻めるがゴール奪えず。
42分FC東京、22岸がドリブルで左サイドからBOX内に進入、走り込んだ20伊藤に
落として20伊藤がニアを抜いてゴール。FC東京 3-0 三菱養和。
良い時間になっていた三菱養和にとっては痛い失点となりました。
43分三菱養和、右FKを10秋本、4黒木のシュートはワンタッチ有ってCKに。
44分三菱養和、右CKを10秋本、中へ送ると競り合いでボールは上へ。
しかし、中で三菱養和にファールがありFC東京ボールに。
45分FC東京、右19青木のパスを受けた23矢島が右寄りから決める。
FC東京 4-0 三菱養和。

後半、HT明けに三菱養和が2選手交代してスタート。
47分三菱養和、中央から4黒木がHS、遠いサイドでのプレーで一瞬入ったかと
思ったがバー上を通り、ゴールの裏に落ちてノーゴール。
52分三菱養和、15相馬から7中尾へのパスは通らずCKに。
この右CKを10秋本がファーへ、枠の外から4黒木が折り返してゴール。
FC東京 4-1 三菱養和。
53分FC東京、22岸がトップスピードでGKもかわすがシュートはスピードに
負けてニアゴール外側へ。
54分FC東京、22岸が正面からシュートはGK21畚野がファインセーブ。
60分FC東京、選手交代。
63分FC東京、38渡辺中へ切り込んでシュートもGK21畚野キャッチ。
63分三菱養和、選手交代。9木村投入。9木村を怪我が治ってから見るのは
始めてでしたが、少し線が細くなった印象がありました。
65~69分に掛けて三菱養和が攻め込んでCKを獲得し続けるがゴール奪えず。
70分FC東京、右CKからチャンスとなるが三菱養和3飯泉がクリア。
三菱養和が続けて選手交代。73分に一人、74分に二人交代。
74分三菱養和、9木村のHSは枠外へ。
77分FC東京、選手交代。
78分三菱養和、25高橋がGKへ向かうボールを送るが飛び込む選手無くGKへ。
80分三菱養和、15相馬から25高橋。シュートは当たり弱くGKキャッチ。
81分FC東京、20伊藤、痛んで中断。82分20伊藤に代えて28下平。
85分FC東京、22岸が右からシュートは枠捕らえず。
87分FC東京、選手交代。
90分三菱養和、右CKを15相馬から9木村、攻め直して再び右CKを相馬。
BOX内ニアで競り合い勝ってHSはゴールならず。
90+1分FC東京、37長澤ドリブルで右から攻め上がるとスルリ、スルリと
三菱養和の選手をかわしてBOX内へ進入するがGKがキャッチ。
90+2分FC東京、37長澤に代えて35高田。
90+3分三菱養和、9木村が競って24木脇がシュートは枠外へ。
後半48分を過ぎて試合は終了。
FC東京が4-1で三菱養和に勝って3位決定戦に進みました。
前半の30分以降は互角以上の試合内容を見せた三菱養和は、3点目、4点目
の失点が勿体無さを感じさせました。
FC東京は、前半で試合を決める試合運びの巧さを感じました。
前半の20伊藤、29田宮の左サイドは圧巻でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成24年度東京都クラブユース U-17 横河武蔵野-大宮ソシオ

2013/2/2
平成24年度 第14回 東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会

kick off 17:30(45/45) 横河電機グラウンド
横河武蔵野FCユース 7-0 大宮ソシオFC U-18
4 前半 0
3 後半 0
【得点】
6分 11佐野 樹生
7分 11佐野 樹生
20分
6吉山 遼馬
28分 10長岡 克憲
58分 OWN GOAL
70分 6吉山 遼馬
73分 7七枝 拓己


◆横河武蔵野FCユースメンバー
20西谷 日向
15平賀 雅也、3初田 駿、4根地嶋 隼人、2松野 崇紀
14服部 光洋、6吉山 遼馬
9渡辺 悠雅、10長岡 克憲、18北原 祐希
11佐野 樹生

選手交代
HT 11佐野 樹生→12、18北原 祐希→13大橋 敦、
  3初田 駿→17小林 雅実
58分 9渡辺 悠雅→7七枝 拓己
65分 2松野 崇紀→16宮川 湧弥
74分 10長岡 克憲、14服部 光洋、6吉山 遼馬
  →5菅波 錬、8島村 直利、23

◆大宮ソシオFC U-18
1
14、9、16、22
8、15
20、28、7
10

選手交代
52分 28→5
69分 8→19

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。
2/10決勝戦メンバー観て訂正しました。

スライドショー

2012年5月、特定非営利活動法人 杉並ソシオフットボールクラブ
に組織変更。東京都クラブユースのオフィシャルでのチーム表示は
大宮ソシオのままなので、大宮ソシオと表記します。

横河電機グラウンドでのナイトマッチ。
良くお会いする方と一緒に観戦。
まず、会場の照明の暗さに、横河武蔵野の選手は何時もこの中で
練習して居るのだなと、照明設備があるだけ良いと言えば良いのでしょうが
中々、大変な環境で練習しているなと思いました。
試合は6分、横河武蔵野が6吉山を起点に右2松野がクロスを入れると
11佐野がファーで押し込んで先制。横河武蔵野 1‐0 大宮ソシオ。
7分 再び11佐野が大宮ソシオのDFを引き連れるようにドリブルから
シュートを決めました。横河武蔵野 2‐0 大宮ソシオ。
一気に差が付いてしまうかに思えた試合でしたが、大宮ソシオがしっかり
引いて集中して守りを固めた事で、先制点の後、CBの2人と6吉山を残して
2-1-4-3の形で攻撃を続ける横側武蔵野にゴールを許さない時間が出来ました。
20分 9渡辺のから18北原へパスが通りゴール。横河武蔵野 3‐0 大宮ソシオ。
※詰めていた6吉山が最後触ってたようです。横河武蔵野のオフシャルで確認。
28分 サイドを変えながら、大宮ソシオの選手を動かして攻める横河武蔵野、
左サイドから大きく右の2松野へサイドを変えるとスピードアップ、2松野が
強引に突破を図りシュートを放ち、こぼれ球に10長岡が詰めてゴール。
横河武蔵野 4‐0 大宮ソシオ。
引いて守り耐えている大宮ソシオですが、守り切ったかと言うタイミングで
横河武蔵野の中盤にボールを奪い返され、攻め返される繰り返しで、攻撃を
組み立てることが出来ず、厳しい時間が続きます。
45+2分大宮ソシオ、FKを続けて奪い、横河武蔵野のゴールに近付きましたが
15番のFKから浮き球を、寄って来た選手へ送りましたがクリアされて前半終了。

HT明け後半開始から横河武蔵野は3選手を入れ替え。
良くコーチングしてバランスを取っていたCBの3初田を下げて、ややバタつく
シーンが有った横河武蔵野ですが、優勢は変わらず。
52分大宮ソシオが選手交代。FC東京戦でも活躍の5番が投入されました。
55分その5番がスピードを活かし、BOX内へ進入してCKを獲得もゴールならず。
58分横河武蔵野、9渡辺がゴール前15菅波へ早いラストパスでゴール。
暗い中、やや遠く、動きも有り15平賀のゴールかOWN GOALか解りませんでした。
※横河武蔵野オフィシャルで確認。OWN GOAL。
横河武蔵野 5‐0 大宮ソシオ。
ここで9渡辺は、7七枝と交代しました。
65分横河武蔵野、右サイドで活躍の2松野に代えて16宮川。
67分大宮ソシオ、5番が巧くボールを持っていた相手に絡み、一旦奪うが
シュート撃てず。
69分大宮ソシオ、選手交代。
70分横河武蔵野、6吉山がBOX内で受けて流し込みゴール。
横河武蔵野 6‐0 大宮ソシオ。
73分横河武蔵野が大宮ソシオゴールに襲い掛かるが、12番、16宮川、12番
のシュートチャンスは大宮ソシオGKが防ぐ。
しかし、次の攻撃で7七枝がゴールを奪い横河武蔵野 7‐0 大宮ソシオ。
74分横河武蔵野、3選手交代。
78分大宮ソシオ、5番が正面からシュート、DFがブロック。
82分大宮ソシオ、CB9番が攻撃参加して右サイドから中へ送るがDFクリア。
横河武蔵野がCKやFKを獲得しながら攻め込むがゴール奪えず。
一方、前半はハーフコート状態で自陣に押し込まれていた大宮ソシオですが
後半5番投入以降は前線からプレッシャーを掛けられた事で、押し上げる
時間も作れて、少し攻撃の形を出せたと思います。
GKの好セーブと観た感じでは切れない気持ちを見られて良かったと思います。
横河武蔵野はこれで2次リーグ3戦3勝で1位で西が丘での決勝戦に臨みます。
バランスの良さ、チームの完成度の高さでヴェルディに挑んで欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »