« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013.01.28

平成24年度東京都クラブユースU-17 FC東京-大宮ソシオ

2013/1/20
平成24年度 第14回 東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会

kick off 13:00(45/45) 東京ガス武蔵野苑多目的グランド
FC東京U-18 18-2 大宮ソシオFC U-18
10 前半 0
8 後半 2
【得点】
6分 22岸 寛太
10分 22岸 寛太
13分 23矢島 輝一
20分 22岸 寛太
24分 23矢島 輝一
27分 23矢島 輝一
33分 22岸 寛太
36分 23矢島 輝一
42分 17川上 翔平
44分 27高橋 宏季
49分 22岸 寛太
51分 22岸 寛太
53分 22岸 寛太
62分 23矢島 輝一
65分 23矢島 輝一
74分 17川上 翔平
76分 22岸 寛太
90分 32山口 智司
47分 10番
77分 5番

◆FC東京U-18メンバー
30石原 翼
25鴨池 陽希、24柳澤 優芽、36大西 拓真、29田宮 碧人
20伊藤 裕也、27高橋 宏季、17川上 翔平、19青木 啓輔
22岸 寛太、23矢島 輝一

選手交代
HT 20伊藤 裕也→38渡辺 龍、19青木 啓輔→37長澤 皓祐、
  24柳澤 優芽→15五勝出 竣仁、29田宮 碧人→26山岸 瑠
74分 17川上 翔平→28下平 祥希、36大西 拓真→35高田 誠也
81分 23矢島 輝一→32山口 智司

◆大宮ソシオFC U-18
1
24、9、22
7、14、15、16
8、10、20

選手交代
55分 8→5
72分 20→28
83分 7→19

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。

スライドショー前半

2012年5月、特定非営利活動法人 杉並ソシオフットボールクラブ
に組織変更。東京都クラブユースのオフィシャルでのチーム表示は
大宮ソシオのままなので、大宮ソシオと表記します。

6分 ドリブルで切り込んで22岸ゴール。FC東京 1-0 大宮ソシオ。
10分 左から25鴨池のクロスを19青木がファーで折り返して22岸が
シュートを決める。FC東京 2-0 大宮ソシオ。
13分 右サイドから攻撃を進めて、中央、左と幅を広く使って
25鴨池が中へ、最後は23矢島が決める。 FC東京 3-0 大宮ソシオ。
20分 20伊藤の左CKがファーへ36大西が頭で中央へ送り、22岸HSを決める。
FC東京 4-0 大宮ソシオ。
24分 右22岸から中央23矢島でゴール。FC東京 5-0 大宮ソシオ。
27分 右17川上からファー36大西へ。36大西が頭で戻して23矢島が押し込む。
FC東京 6-0 大宮ソシオ。
33分 22岸が競り合いながらも先に触り決める。FC東京 7-0 大宮ソシオ。
36分 22岸のパスを23矢島がスライディングシュートで決める。
FC東京 8-0 大宮ソシオ。
42分 早いリスタートから左27高橋がゴール前へ送って17川上が決める。
FC東京 9-0 大宮ソシオ。
44分 GKがDFに預けたボールを狙って奪い、27高橋がドリブルから
シュートを決める。FC東京 10-0 大宮ソシオ。

スライドショー後半

後半HT明けFC東京は20伊藤、19青木、24柳澤、29田宮を下げて
38渡辺 龍、37長澤 皓祐、15五勝出 竣仁、26山岸 瑠を起用。
47分 FC東京 10-1 大宮ソシオ 16番のフィードからの攻撃で10番が競り
ながらゴールを決めて一矢報いる。
49分 FC東京 11-1 大宮ソシオ 右26山岸からパス受けて22岸が決める。
51分 FC東京 12-1 大宮ソシオ 右37長澤から22岸でゴール。GK手前に
17川上が入って来ていたのが効いた感じでした。
53分 38渡辺のシュートがGKセーブからポストで跳ね返ると、22岸が
しっかり決めてゴール。FC東京 13-1 大宮ソシオ。
55分 大宮ソシオ選手交代。8番→5番。
62分 FC東京 14-1 大宮ソシオ 17川上から23矢島、BOX内でDFを引き連れる
ようにシュートに持ち込みゴール。
65分 17川上から23矢島、左から右足で決める。FC東京 15-1 大宮ソシオ。
67分 大宮ソシオ、右サイドでFKを獲得。24番がゴール前へ送り左CKを獲得。
左CKを15番がゴール前へ、合わせたがGK好反応で再びCKに。
右CKを15番が蹴る、GKのパンチからカウンターへ移行。
大宮ソシオの16番が良く戻ってFC東京の攻撃を切る。
70分 大宮ソシオ、5番がスピードに乗ってコーナー付近まで持ち込む。
大宮ソシオ、ボールのスローインになるがFC東京が守りきる。
72分 大宮ソシオ選手交代。20番→28番。
74分 37長澤が右から突破。17川上がマイナスのボールを要求すると深い位置
まで侵入した37長澤が要求どおりのボールを17川上に届けてゴールになる。
FC東京 16-1 大宮ソシオ。
74分 得点後FC東京選手交代。
17川上、36大西→28下平 祥希、35高田 誠也。
76分 28下平から左22岸、22岸が決める。FC東京 17-1 大宮ソシオ。
77分 5番が持ち込んでゴールを奪う。FC東京 17-2 大宮ソシオ。
81分 FC東京選手交代。23矢島→32山口 智司。
83分 大宮ソシオ選手交代。7番→19番。
85分 大宮ソシオ、5番が右CK、10番→24番と繋ぎ24番がニアへパス。
FC東京がクリア。
90分 大宮ソシオ、5番がパスを受けて24番へ預けて再び前で受け右CK獲得。
24番と10番で細かなパス交換から崩しを狙うがFC東京の守りが許さない。
90分 FC東京U-18 18-2 大宮ソシオ BOX内外のパス交換で大宮ソシオを
翻弄したFC東京、最後は32山口が決める。
結局、18-2と大差が付いた試合となりました。
大宮ソシオではGKの好セーブや15番、9番、途中出場の5番が目立ちました。
また、後半はDFと中盤の連携が少し良くなって、前半よりは良いシーンが
増えました。
一方のFC東京は前半10-0で折り返した試合で2失点したことと、シュートの数
の割には得点を取れなかったことが、今後の課題と言うそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成24年度埼玉県中央新人大会 浦和東-本庄第一

2013/1/20
平成24年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 中央新人大会 Bグループ

kick off 13:00(40/40) 西武台高校第2グラウンド
浦和東高校 3-0 本庄第一高校
1 前半 0
2 後半 0
【得点】
27分 21大澤 潤矢
57分 24
佐藤 直人
80+2分 11


◆浦和東高校メンバー
1大久保 秀斗
24佐藤 直人、10ンドカ ボニフェイス、4橋爪 武大、5
7折出 勝也、6関根 快人、21大澤 潤矢、8寺内 大登
12八木 嵩寿、9木所 和樹

選手交代
58分 5→11
63分 21大澤 潤矢→3石川 翔太
72分 8寺内 大登、12八木 嵩寿→20熊谷 雄基、14
77分 6関根 快人→16

◆本庄第一高校メンバー
1
2、5、4、14
11、6、9、8
24、10

選手交代
HT 2→3
62分 9→7
80+1分 22→6

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。

スライドショー

浦和東が序盤からリズムを掴んで攻め込むがクロス、シュートの精度を欠いて
得点を奪えずに時間が進んでいきました。
浦和東の攻撃で目を引いたのは9木所の下がって受けて、前へを繰り返す動きでした。
比較的6関根経由の攻撃に偏重している傾向があった浦和東の起点が増えたのは
ビルドアップをする上でかなり大きな変化と感じました。
27分浦和東、7折出と9木所のパス交換から21大澤がシュートを決めて先制。
浦和東 1-0 本庄第一。
本庄第一では、8番のスピードとキレのある突破と10番の個人技で劣勢の中
チャンスを作っていました。
31分浦和東、24佐藤が左から上げてファーで8寺内が合わせますが枠外。
39分浦和東、右9木所が左でフリーの7折出へ、シュートはニア枠外へ。
浦和東が惜しいシーンを作りながら追加点を奪えず前半終了。

後半HT明け、本庄第一が選手交代。
43分本庄第一、左6番が逆サイド8番の駆け上がった所へピンポイントの
ロングパスを通し、8番が仕掛けるが浦和東が2人で守る。
44分浦和東、6関根のシュートが流れてしまったが、12八木が納めてシュート。
枠を捕らえなかったが、本庄第一の良い形が出た直後にフィニッシュまで
持って行けた事で再び浦和東のリズムに引き戻せた感じでした。
49分浦和東、12八木がCKを獲得。
この右CKを24佐藤がニアへ走り込む10ボニフェイスへ、HSの当りが今ひとつで
枠を捕らえず。
50分本庄第一が早い切り換えから逆襲して右CKを獲得。
9番がキッカーを勤めニアで合わせる形を狙うが1本目は切られ、2本目はシュートに
持ち込んだが枠外へ。
55分浦和東、9木所のロングスローで6関根がシュートは当って、12八木拾って
シュートを放つが枠外へ。
56分浦和東、6関根と12八木のワンツーで6関根がシュートはGKキャッチ。
57分浦和東、本庄第一のプレスが掛かり、同サイドがかなり狭く感じる局面を
パスワークで打開して9木所へ、8寺内が繋いで24佐藤がゴール。
浦和東 2-0 本庄第一。
58分本庄第一、10番の突破からチャンスも中が合わず。
58分浦和東、選手交代。
62分本庄第一、選手交代。
63分浦和東、選手交代。
66分本庄第一、8番が右FKを獲得。FKを3番が中央へ送ると、ボールが落ち着かず
BOX内で混戦となるが浦和東がクリア。
67分本庄第一、再びFKを獲得。左FKを3番が蹴る。中央で浦和東クリア。
2ndを本庄第一24番が前へ送るが合わず外へ。
69分浦和東、9木所と12八木のコンビで前へ運んで良い位置からスローイン。
12八木がシュートに繋がる、11番が詰めたがGKしっかりキャッチ。
70分本庄第一、右CKを3番が蹴るが中で合わずファーへ流れる。
交代出場の本庄第一の3番は高さもあるのでキッカーを勤めるのは勿体無い
感じもしましたが、かなり可能性を感じさせる質のキックを持っていて
キッカーを任せるのが解る気もしました。
72分浦和東、2選手交代。活躍の8寺内、12八木がここでピッチを離れました。
73分本庄第一、7番が前に入りシュートを放ちますが枠外。
74分本庄第一、10番ミドルはGKキャッチ。
76分本庄第一、サイドチャンジから中の人数も居てチャンスになったが
11番はシュートを選択。残り時間が少なくて、チョット急ぎすぎたか?
77分浦和東、選手交代。
浦和東は前半から自陣からもしっかり繋いでポゼッションを高めて戦ってきたが
65分を過ぎて蹴る回数が多くなり、本庄第一が拾って攻め直す回数が増えました。
79分本庄第一、10番がシュートを撃つがGK足で防ぐ。
80分本庄第一のスルーパスに、浦和東GKが好判断で前へ出て抑える。
80+1分浦和東、9木所から3石川と繋ぎ20熊谷がクロス、本庄第一がCKに逃げる。
80+2分浦和東、CKを24佐藤が蹴って11番が頭で決めてゴール。
交代出場の大型FWのゴールで浦和東が締めくくり、試合終了となりました。
浦和東 3-0 本庄第一
浦和東は、残り15分の運動量には課題を感じましたが、FWがパスを受けに来て
捌いて前へ出る形や、繋ぐ意識の高さから得点を奪うなど得たものの多い試合に
感じました。
本庄第一としては浦和東のスタミナが切れ始めてから見せた試合を、相手が元気な
時間帯にどの様に進めて行くかが課題と言えそうな試合となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成24年度埼玉県中央新人大会 西武台-埼玉栄

2013/1/26
平成24年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 中央新人大会 Aグループ

kick off 11:00(40/40) 西武台高校第2グラウンド
西武台高校 6-0 埼玉栄高校
1 前半 0
5 後半 0
【得点】
24分 9田中 将洋
45分 14宮野 直也
47分 7三沢 直人
63分 10松山 友弥
65分 7三沢 直人
72分 5川又 悠史(PK)


◆西武台高校メンバー
1新井 栄聡
3田中 樹、2宮越 楓希、26矢島 和弥、4小澤 学史
7三沢 直人、5川又 悠史
14宮野 直也、6山崎 智也、9田中 将洋
10松山 友弥

選手交代
HT 6山崎 智也→20杉森 健太
69分 4小澤 学史、7三沢 直人→13和田 友希、17奥富 一槻
79分 2宮越 楓希→22片野 弘樹

◆埼玉栄高校メンバー
12
3、6、2、19
5、8、9
26、10
20

選手交代
47分 9、8→12、24
48分 19、26→7、4
59分 5→18

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。

スライドショー

立ち上がりは両SBが高く張り出す2バック状態で攻める栄が攻めました。
8番がリベロ的な役割を果たして最終ラインに入ったり、前線との繋ぎを
果たすなど、先週の試合同様に効いていました。
5分間で3回ほどチャンスを作りましたがゴールを奪えず。
西武台が6分左から14宮野が攻め上がりCKを獲得。ゴールには繋がらない
ものの、栄の攻勢を弱める効果は充分にありました。
一進一退からやや西武台の優勢に移り始めた19分、栄9番のミドルは枠外。
21分西武台、14宮野→10松山→7三沢と渡る攻撃は栄のGKがキャッチ。
24分西武台、栄の前からのプレスをパスワークでかわして、14宮野から
9田中へ繋いで先制ゴール。
29分西武台、10松山がGKと1対1になるが、GKに当ててしまいゴールならず。
30分西武台、10松山が後ろから入ってきてシュートを放つが枠外へ。
先制ゴールの後は西武台のペースで試合が進みました。
35分西武台、3田中が正面でシュートもGKが丁度防げる所にボールが行ってしまう。
38分西武台、2宮越のフィードを10松山が裏で受け持ち込みシュートもGKに当たる。
40分西武台、FKからのクロスに5川又シュートはGKファインセーブ。
2ndを3田中がシュートは枠外へ。
40+1分西武台、BOX内で6山崎がコースを狙ったスライディングシュート僅か外へ。
栄のGKが活躍して最小失点で後半へ。
西武台10松山はプレスの起点として献身的に動きながら攻撃面も機能して
後はゴールさえ決まっていれば完璧な試合でした。

後半は西武台が1人交代して始まりました。
45分西武台、20杉森→9田中と繋ぎ14宮野へ、一旦相手に当たった感じも
ボールは14宮野へ、落ち着いてコースを付いて流し込み西武台 2-0 埼玉栄。
47分埼玉栄、2選手を交代。
47分西武台、正面のFKを7三沢が壁の下を抜いてゴール。西武台 3-0 埼玉栄。
48分埼玉栄、2選手交代。
50分西武台、9田中→20杉森と繋ぎ14宮野がシュートは枠外へ。
54分西武台、14宮野のフィードを10松山が9田中へ。9田中のシュートはGKセーブ
からDFがクリア。
56分埼玉栄、久しぶりのチャンス、左CKを17番がニアへ送るがクリアされる。
59分西武台、10松山と14宮野のコンビで崩して14宮野が浮き球で狙うがGK超えず。
59分埼玉栄、選手交代。
61分埼玉栄、18番が深い位置から3番へ戻し左をえぐってクロスを送るがファーへ
流れて外へ出たが、西武台GKの判断が曖昧になり危ないシーンでした。
61分西武台、14宮野がFKを獲得。
62分西武台、14宮野がポイントをずらして7三沢がドッカン系のシュート。
詰めた10松山のシュートはバー上へ。
63分西武台、7三沢のパスを受けて10松山がフリーでシュートを決める。
頑張りが伝わってくるプレーを繰り返していて、決め切れていなくて
取らせて上げたい状態だった10松山に待望のゴールとなり西武台 4-0 埼玉栄。
65分西武台、7三沢がワンツーで抜け出してゴール。西武台 5-0 埼玉栄。
69分西武台、2選手交代。
72分西武台、5川又がPKを獲得して自ら決めて西武台 6-0 埼玉栄。
74分埼玉栄、10番が西武台のミスを衝いて攻め込むが5川又戻ってスライディング
タックルでボールを取り戻す。
77分埼玉栄、裏を取ってシュートを放つがGKファインセーブ。
78分埼玉栄、正面のFK獲得、3番のキックは壁に当たり18番のシュートは枠外。
79分西武台、選手交代。
AT3分の表示。
結局試合は西武台 6-0 埼玉栄で終了。
前線のプレスが効いた事と中盤の奪い合いを制した西武台が後半一気に
突き放す試合となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.25

平成24年度埼玉県中央新人大会 浦和東-川口北

2013/1/20
平成24年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 中央新人大会 Bグループ

kick off 13:00(40/40) 西武台高校第2グラウンド
浦和東高校 2-0 川口北高校
0 前半 0
2 後半 0
【得点】
65分 23
80+1分 12八木 嵩寿


◆浦和東高校メンバー
22植木 颯大
24佐藤 直人、3石川 翔太、4橋爪 武大、2坂本 圭右
13、7折出 勝也、5、8寺内 大登
25、9木所 和樹

選手交代
HT 3石川 翔太→6関根 快人、25→12八木 嵩寿
50分 13→23
60分 8寺内 大登→10ンドカ ボニフェイス
79分 9木所 和樹→14

◆川口北高校メンバー
1
3、4、5、2
7、8、16、11
9、10アゲセ アンドレ 健太郎

選手交代
68分 11→22
73分 25→19
80+1分 22→6

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。

スライドショー

1分川口北、3番のCKにニアで4番が頭で合わせるがファーへ流れる。
11分川口北、左からクロスを送りCKを獲得するがゴール奪えず。
13分川口北、クロスを中央で受けた10アンドレが足で狙うが枠捕らえず。
川口北の時間が続く中、浦和東も集中して守りつつ単発ながら攻撃を
仕掛ける場面もありました。
20分川口北、右CKを3番が蹴り10アンドレがHS枠捕らえず。
24分川口北、フィードが浦和東FPに当たり10アンドレへ。
シュートに持ち込んだがGKがキャッチ。
25分浦和東、CKからの攻撃は、川口東が反応良く守り浦和東のスローインに。
33分浦和東、9木所から25番へのパスは僅かに合わず、惜しい。
37分浦和東、チャンスを作り、この攻撃で得た2本目のCKから最後は3石川が
頭で狙ったが枠外へ。
40分浦和東、右CKを13番と9木所がショートで行い13番がクロスを送るが
ブロックされてボールを送れず。
40+1分浦和東、25番抜け出てシュートを放つがGKがキャッチ。
前半はスコアレスで終了。
終盤こそ浦和東が盛り返してきたが、序盤から30分辺りまでは川口北の
時間が続いた前半でした。

後半は何かを変えたい浦和東が2選手を入れ替えてスタート。
越谷西戦でゴールも奪っている12八木と試合を組み立てていた6関根が
入った浦和東は、かなりスムーズに試合を進められるようになりました。
45分浦和東、9木所からパスを受けた8番のシュートはバー上へ。
12八木の積極的な仕掛けでリズムが好転した浦和東は50分、もう1枚交代。
53分浦和東、交代出場の23番が早速左から切り込んでシュート、GKが抑える。
59分川口北、右CKを3番、2ndを拾っての攻撃は最後2番がシュートも枠外。
60分浦和東、選手交代。この日は10ボニフェイスを前で起用。
65分浦和東、右から9木所が中央の10ボニフェイスへ、最後は23番が押し込み
先制ゴールを奪いました。
67分浦和東、23番と7折出のワンツーから23番がシュートはゴール奪えず。
68分川口北、選手交代。
73分川口北、選手交代。
74分川口北、右の10アンドレから9番のHSは枠外へ。
78分川口北、7番のシュートは枠外。
79分浦和東、選手交代。
40+1分浦和東、10ボニフェイスから12八木へ。シュートはバーで跳ね返り
再び12八木の下へ、今度は決めて2-0とリードを開く。
40+1分川口北、失点後の交代となる。
後半、選手交代で一気に試合の流れを変えた浦和東が2ゴールで勝利。
川口北は粘り強い戦いぶりでしたがゴールが遠い試合となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成24年度埼玉県中央新人大会 浦和南-西武台

2013/1/20
平成24年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 中央新人大会 Aグループ

kick off 11:00(40/40) 西武台高校第2グラウンド
浦和南高校 0-1 西武台高校
0 前半 0
1 後半 1
【得点】


76分 3田中 樹?

◆浦和南高校メンバー
1福島 拓人
2、3石川 弘太、20、21
25、5、4豊田 拓也
10稲垣 達也、6
9井上 拓夢

選手交代
78分 9井上 拓夢→8田中 将
80分 4豊田 拓也→11

◆西武台高校メンバー
1新井 栄聡
3田中 樹、2宮越 楓希、15谷口 唯斗、4小澤 学史
7三沢 直人、8小出 智生、5川又 悠史、9田中 将洋
14宮野 直也、10松山 友弥

選手交代
23分 8小出 智生→18西村 隼人、9田中 将洋→6山崎 智也
50分 18西村 隼人→11伊藤 遼大

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。

スライドショー

埼玉栄戦よりも、かなり良い形で試合に入った浦和南が優勢に試合を進めました。
5分浦和南、6番のミドルシュートがバー上へ外れるが際どいシーンに。
6分浦和南、10番がシュートを放つが西武台DF寄せてカウンターへ移行。
7分西武台、コーナー付近でスローイン獲得。2ndボールから、組み立て計るが
浦和南が守りきる。
9分浦和南、9井上がスルーパスを送るが西武台15谷口が守りCKに。
右CKを6番が蹴るがGKキャッチ。
浦和南の時間が続き、14分20番のFK、15分5番のロングスロー、16分6番のシュート
と攻め立てるがゴールには至らず。
23分西武台、上手く行っていない試合で早めに2選手を交代。
この交代策が功を奏したか、24分7三沢のFKから5川又がHS。枠を捕らえず惜しい。
26分浦和南、6番のCKからファー20番を経由して25番がシュート、GKキャッチ。
30分を過ぎて西武台が少し盛り返して、浦和南ゴールに迫る回数が増えたが
ゴールを奪えず。
前半の印象としては、ボールへの寄せの早さ、球際の厳しさで浦和南が上回り
かなり優勢の展開に感じました。
西武台では、14宮野の仕掛けや10松山の個人技は有効に見えました。
もう少し、ブロックを前にした際、積極的に1対1を仕掛けても良い様に思えました。

後半は交代無く試合が始まりました。
2分、6分、7分、8分と浦和南が10稲垣、25番など左からの攻撃で西武台ゴールを
目指すが、後少しのところで届かず。
50分西武台、選手交代。
51分浦和南、9井上から4豊田へクロス、僅かに合わず。西武台7三沢が戻り
9井上に結果的にはクロスを許したが、精度を欠かせる要因に、なった感じ。
52分浦和南が西武台ゴールに迫ったがここもゴールに繋がらず。
58分西武台、漸くテンポ良くパス繋がり攻め込んだがシュート撃てず。
65分西武台がチャンス掴むが、浦和南がシュートを撃たせず守りきる。
浦和南の動きがやや落ち始めて、コンパクトなブロックを保ち難くなってきて
西武台が良いリズムになり始めました。
69分西武台、左からの3田中のロングスローをニアで5川又が頭でファーへ
このボールがポストに当たり外へ、4小澤詰めたが、コース合わず惜しい。
75分浦和南、中央で25番が楔受けて反転してシュートを放つが枠外。
76分西武台、CKから、スローインを2度行いゴールを狙うが浦和南が粘る。
77分西武台、再び右CKを得て7三沢がファー15谷口の頭へ、ここから
ややゴール前混戦模様で、2宮越、6山崎と繋いだ感じで、最後は3田中が
ヒールで流し込んだのだと思います。
このゴールで西武台が先制しました。
78分浦和南、選手交代。
80分浦和南、選手交代。
80+1分浦和南、2番がクロスを送るが、西武台15谷口がクリア。
80+1分浦和南、CKを2番が蹴るが直接ファーで外へ。
初戦に続いて、後半途中まではかなり厳しい試合展開となりながら
終盤にゴールを奪える西武台の勝負強さを感じる試合でした。
浦和南は、埼玉栄戦では、上手く行かないシーンが多かった感じでしたが
この試合では、大幅に改善されていて、先が楽しみな印象を持ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.24

平成24年度埼玉県中央新人大会 本庄第一-川口北

2013/1/19
平成24年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 中央新人大会 Bグループ

kick off 15:05(40/40) 西武台高校第2グラウンド
本庄第一高校 1-0 川口北高校
0 前半 0
1 後半 0
【得点】
72分 8番




◆本庄第一高校メンバー
1
2、4、5、14
16、15、11、8
10、24

選手交代
38分 15→6
HT 16→9
60分 12→3
74分 9→7

◆川口北高校メンバー
1
3、4、5、2
7、16、8、11
9、10アゲセ アンドレ 健太郎

選手交代
45分 11→14
74分 7、30→23、22
80分 23→25
80+1分 14→18

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。


2分に左から、4分には右から、5分15番から8番へ良いパスが通り
8番が右から仕掛けるなど本庄第一が序盤攻め込んでスタート。
7分川口北は右CKを獲得、しかし直接バー上へ。
12分川口北、7番からのパスを受けて8番がシュート。
本庄第一のGKがセーブ、3度CKから攻めたが本庄第一が守る。
14分本庄第一、縦パス受けて8番がワンタッチでシュート、GKがキャッチ。
18分本庄第一、左で24番が頑張りCKを獲得するが、CKからはゴール生まれず。
本庄第一は11番のCK、川口北は3番のロングスロー、5番のFKなどでゴールを
狙うが共に得点なく推移。
38分本庄第一、選手交代。
前半は共にゴールなく終了。

後半、HT明けに本庄第一が選手交代。
42分川口北、FKを獲得して8番が蹴り9番から10アンドレへ。シュートは
浮いてGKがキャッチ。
45分川口北、選手交代。11番は結構目立った存在だったので意外でした。
46分、ロングスロー、47分CKと川口北攻めるがゴールならず。
51分本庄第一、24番が中央の9番へ、HSは枠外へ。
53分本庄第一、24番が裏で受けてドリブルからシュート。GK好セーブ。
54分川口北、自陣からのFKを3番が10アンドレへ、しかし本庄第一が
跳ね返す。2ndを前線へ送るがGKがキャッチ。
55分川口北、8番のロングシュートは枠外へ。
60分本庄第一、選手交代。
67分川口北、5番のシュートはGK再び好セーブ。
72分本庄第一、10番が右CKを獲得。このCKから8番が詰めて押し込み先制。
74分川口北、2選手交代/本庄第一も選手交代。
76分川口北、5番がロングスローを10番へ送るがゴールに繋がらず。
78分本庄第一、10番のシュートはGKキャッチ。
80分、80+1分と川口北、選手交代でゴールを目指すが得点できず。
本庄第一が、4番、10番と絶対的な高さのある川口北のセットプレーを
凌いで完封。72分のゴールを守り切り勝利しました。

川口北の10アンドレは、身長に目が行ってしまいますが、足元の方が
得意そうな印象を持ちました。明らかに突出した高さなので無視できない
ターゲットであるのは疑いようがなく、10アンドレに人を付ける分、空く
選手やスペースを使われるとピンチになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成24年度埼玉県中央新人大会 浦和東-越谷西

2013/1/19
平成24年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 中央新人大会 Bグループ

kick off 13:25(40/40) 西武台高校第2グラウンド
浦和東高校 3-0 越谷西高校
3 前半 0
0 後半 0
【得点】
15分 12八木 嵩寿
28分 12八木 嵩寿
37分 14番



◆浦和東高校メンバー
17柄澤 健太
19山室 信也、10ンドカ ボニフェイス、26臼倉 大地、21大澤 潤矢
23、6関根 快人、15、20熊谷 雄基
12八木 嵩寿、14

選手交代
HT 14→16中島 陸、20→18須田 大貴
65分 26臼倉 大地→3石川 翔太
69分 23→13
74分 19山室 信也→5

◆越谷西高校メンバー
1
16、2、4、5
7、8、17、14
21、10

選手交代
46分 21→12、5→6
55分 7→13
56分 8→11
64分 6→26

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。


1分、4分と越谷西がにスピードに乗った攻撃で攻め込みながら、ファールで
その攻撃を終わってしまい勿体無い感じの入り。
浦和東は受身に立ってしまった感じで2分に1本シュートは有ったが難しい
試合の入りになってしまった。
しかし、浦和東は8分に左から崩して14番がファーの12八木へ。
12八木のシュートは僅かに枠の外側へ。
このシュートで落ち着いたか、10分には19山室が左からクロスを14番へ送る、
ここは越谷西GKがキャッチ。
11分越谷西、21番が抜け出てシュートを放つが浦和東GKがキャッチ。
15分浦和東、左サイド19山室のオーバーラップから、スペースで受けた12八木が
クロスをゴール前へ送ると風に流されたボールが直接ゴールに吸い込まれて先制。
17、18、20分と浦和東が攻め込むが微妙にズレたりシュートが枠を外すなど得点
に結びつかない。
28分浦和東、23番が左からクロス。越谷西GKがギリギリで弾き返すが、12八木が
頭で押し込んで2点目を奪いました。
32分越谷西、10番からパスを受けて14番がゴール正面からシュート、GKキャッチ。
34分浦和東、12八木がドリブルで持ち込み14番へパスを送るが僅かに合わず。
37分浦和東、23番が仕掛けてFKを獲得。6関根のFKはファーから3人が斜めに入った
中で一番外の14番へ。14番が頭で押し込んで3-0と大きくリードを奪いました。
39分浦和東、15番のシュートはGKセーブ、こぼれを14番がシュートは再びGKが反応
足で止める。
40分浦和東、ハイテンポにパスが5本ほど繋がり12八木がシュートは枠外。
前半は浦和東 3‐0 越谷西で終了。

序盤、ハイテンションで入りフィニッシュ前にファールで攻撃を終えてしまった
事が結果的には響いた感じの前半の越谷西。
守勢に立たされた10分過ぎ辺りまでの時間を無失点で終えたのは流石と言える
浦和東。CBで起用された10ボニフェイスは一人ひとりへ丁寧なコーチングに
正確で精度の高いフィードを何度も送るなど良い仕事をしていました。

後半は浦和東が2選手を交代。
45分浦和東、23番が左からゴールへ向かうクロスを送るがGKキャッチ。
46分越谷西、2選手交代。
53分越谷西、左サイドへ展開して16番がクロスはGKキャッチ。
55分、56分と続けて越谷西が選手交代。
58分越谷西、左10番から13番へ、浦和東クリアしてCKに。17番が左CKをゴール前へ。
中央に3人が入ったがGKがキャッチ。
61分浦和東、18須田から21大澤へ。越谷西守ってCKに。
62分浦和東、再びCK獲得して攻めるがゴール奪えず。
64分越谷西、選手交代。
65分浦和東、選手交代。
68分越谷西、右から26番がクロスはGKキャッチ。
68分浦和東、23番左からクロスはGKキャッチ。素早くパントキックを前線へ。
10ボニフェイスが競って後ろへこぼれると、13番が抜けかかるがDFも良くもどり
ゴールに至らず。
69分浦和東、選手交代。
72分浦和東、13番がクロスを上げるが越谷西、26番がカットしてCKに。
73分浦和東、左CKを13番が蹴り、19が頭で戻して10ボニフェイスがシュート。
越谷西FPに当たりゴールならず。
73分越谷西、カウンターから13番がシュートに持ち込むが枠外へ。
74分浦和東、選手交代。
後半、狙い所を明確にした越谷西が、浦和東の起点を制して互角の闘いに。
80分越谷西、左CKを17番がニアへ送るが、浦和東がクリア。再び17番が拾い
ファーへクロス、12番がボレーで狙うが枠外へ。
AT3分に入り試合終了。浦和東が前半の大量リードを保ち勝利しました。
後半の越谷西が示した修正能力の高さは見事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成24年度埼玉県中央新人大会 浦和南-埼玉栄

2013/1/19
平成24年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 中央新人大会 Aグループ

kick off 11:40(40/40) 西武台高校第2グラウンド
浦和南高校 0-1 埼玉栄高校
0 前半 1
0 後半 0
【得点】


4分 10番


◆浦和南高校メンバー
1福島 拓人
2、3石川 弘太、20、4豊田 拓也
8田中 将、6、5、9井上 拓夢
10稲垣 達也、7川崎 諒一

選手交代
63分 7川崎 諒一→11、8田中 将→25

◆埼玉栄高校メンバー
12
3、6、2、19
20、8、5、26
9、10

選手交代
59分 26→4
70分 9→17
78分 19→7、20→22
80+1分 5→14

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。

記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。
浦和南メンバーはコーチングとGO FOR 2018 CUPプログラムで判断しました。


2分浦和南、FKを2番が蹴り6番へ、しかし栄のFPに防がれてゴールキックに。
3分埼玉栄、左から2番のFKはファーへ、折り返すがゴールならず。
4分埼玉栄、崩して26番が左からのクロスをBOX内フリーで受けてシュートを
放つがポストを叩き跳ね返る。これを10番が詰めて押し込み先制。
7分浦和南、FK6番から7番へ。BOX内混戦になりますが埼玉栄が守りきりました。
埼玉栄は序盤、6番と2番のCB2枚とリベロ的に8番がDFに参加する感じで
両SBの3番、19番はかなり高い位置まで上がり、20番、26番がTOPのラインまで
押し上げられる形となって2-4-4-0の様な感じで、流動的に活発に選手が動き
攻撃を組み立てて、浦和南は守り難い感じでした。
18分浦和南、右FKを7番がゴール前へ送りファーにボールが流れると9番がHS。
来たかと思ったが、埼玉栄のGKの好セーブにFPのカバーでノーゴール。
20分浦和南、右サイドを崩し9番がクロス。ファー6番が飛び込みHSもGKが再び
好セーブ。こぼれを浦和南2番がミドルで狙うが枠外へ。
攻めのリズムを掴んだ浦和南に、先制してカウンター狙いへと戦い方を変えた
印象の埼玉栄。共にチャンスを得ながらもゴールなく時間が過ぎました。
34分浦和南、9番抜けてBOX内へ進入。前に出る埼玉栄GK、詰める浦和南8番。
8番が先に触りシュート。GKに触れ弱まったボールを埼玉栄DFがギリギリで
掻き出してゴールならず。
浦和南がロングスロー、CK、FKと攻め同点を目指すが、埼玉栄1点リードで
折り返しました。得点後はかなり攻められた埼玉栄だが、GKとDFが集中して
耐え切った印象でした。

後半は共に交代なく開始。
43分浦和南、5番のミドルはGKがキャッチ。
43分埼玉栄、浦和南のミスに乗じて8番が運んで縦パス。10番が抜けて左から強烈な
シュートを放つが浦和南GKが好セーブ。
44分埼玉栄、左CKを26番がゴール前へ。弾き返されるが2ndをミドルシュート。
浦和南がブロックしたこぼれ球に26番反応するがオフサイド。
49分浦和南、7番からのパスが6番に通りチャンスとなるが判断遅れてしまい守られる。
49分浦和南、7番から8番へのスルーパスが少し長くなりGKキャッチ。
51分埼玉栄、9番の右CKにGKと11番が競り合う。GKキャッチしきれずボールが埼玉栄
11番の肩に乗る珍しいシーンが有ったが、直ぐにGKがキャッチ。
一進一退の時間となって、両チーム選手交代も行う。
64分浦和南、左サイドで仕掛けた10番がBOX内で倒されてPKの判定。
10番が左に強く蹴ったが、埼玉栄GKがスーパーセーブ。
65分浦和南、6番のCKからの攻撃はGKがキャッチ。
67分浦和南、9番からのパスを受けた5番が持ち込みシュート。ファーへ外れる。
攻め込みながら、PKも防がれた浦和南は、やや急ぎ過ぎや、持ち過ぎのプレーが
ちょっと多くなってきた印象。
70分浦和南、9番が個の頑張りでシュートに持ち込んだが枠捉えず惜しい。
71分埼玉栄、ちょっと受身に立つ時間が続いた中、17番がシュート。
浦和南GKがキャッチ。
75分浦和南、FKを獲得、6番が蹴りこぼれ球を25番がミドル、GKがキャッチ。
79分浦和南、10番がBOX前でキープしてFK獲得。10番が直接下を狙ったが
壁に当たる。
80分浦和南、右CKを6番から20番へ、しっかり合ったが埼玉栄のカバーが入る。
2ndへのアプローチはファールとなりチャンス途切れる。
80+1分埼玉栄、最後の選手交代を行う。
80+2分浦和南、再三見せた5番のロングスローはGKがキャッチ。
80+2分攻められ続けた埼玉栄のカウンター。右からのクロスに7番がヘッド。
決定的だったが右に外れる。
80+3分浦和南、左CKを6番が蹴るが、ここも埼玉栄が跳ね返して試合終了。
埼玉栄のGKとCBの集中力が見事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成24年度埼玉県中央新人大会 正智深谷-西武台

2013/1/19
平成24年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 中央新人大会 Aグループ

kick off 10:00(40/40) 西武台高校第2グラウンド
正智深谷高校 1-1 西武台高校
0 前半 0
1 後半 1
【得点】
43分 5番

78分 10松山 友弥


◆正智深谷高校メンバー
1
3、5、4、2
7、18、6、8
17、10オナイウ 阿道

選手交代
HT 17→11、6→20
62分 3→12

◆西武台高校メンバー
1新井 栄聡
3田中 樹、2宮越 楓希、15谷口 唯斗、4小澤 学史
5川又 悠史、7三沢 直人
14宮野 直也、8小出 智生、18西村 隼人
10松山 友弥

選手交代
52分 18西村 隼人→9田中 将洋
53分 8小出 智生→6山崎 智也

※メンバー表、公式記録など未公開なので相違点あると思います。
記載漏れの交代や選手名など教えて頂ければ変更いたします。


2分最初のシュートは正智深谷、8番が右サイドBOXの角辺りからシュート。
ファーサイドへ切れて枠は捕らえませんでしたが良い感じの流れでした。
西武台は4分、10松山へスルーパスが送られるがオフサイド。
6分西武台が攻め込んだが、ボールを失い正智深谷がカウンター。
17番が7番へスルーパスを送るがオフサイドで西武台は助かった印象。
8分西武台がチャンスをつかむ。3田中のシュートは相手FPに当たり、
14宮野が抑えてクロスを送るもブロックされてCKに。
この左からのCKを7三沢が中央の14宮野へ当てて8小出へ。
しかし正智深谷がクリアする。
10分正智深谷はCKからスローインへ、3番のスローは10阿道へ。
10阿道はBOX内でキープするが、ファールの判定で西武台ボールに。
14分正智深谷、BOX内で10阿道がパス受けて、7番へ。
7番がシュートを放つが西武台GK新井がファインセーブでCKに。
このCKを6番が低いボールを中央へ送る。ここはクリアするが2ndを拾った
正智深谷6番がクロス、GK新井がキャッチして西武台が凌ぐ。
序盤戦は、やや正智深谷優勢で試合が進みました。
16分西武台、10松山、14宮野と繋ぎ7三沢がシュート、正智深谷DFがブロック
してCKとなりました。
この辺りから西武台の時間となりましたが、ゴールを奪うには至らずに、
前半はスコアレスで終了。
序盤、正智深谷ペースの中、西武台がGKのコーチングとDFとボランチの
連携が改善されて、ペースを掴んで押し戻しました。
両チーム共に集中していて良い見応えある試合となりました。

後半はHT明けに正智深谷が2選手交代してスタート。
43分正智深谷、18番がゴールライン際で仕掛けて右CKを獲得。
7番のCKからファー外で10阿道へボールが渡り、左5番のタイミングに合わせて
パスを送り、5番が冷静に流し込んで先制ゴール。
48分正智深谷、左8番から中央10阿道へ。コントロール後シュートは枠外へ。
49分西武台、FKを獲得して7三沢が蹴るがGKがキャッチ。
52分、53分と西武台、続けて選手交代。
54分、正智深谷20番の浮き球のパスをスペースに入った8番がシュート。
ここは西武台GKが新井が良い反応を見せてセーブ。
56分西武台、右FKを獲得。サインプレーで7三沢が6山崎のミドルシュートに
繋げるがBOX内で味方選手に当たりゴールならず。
前半は寄せの速さで上回った印象の西武台だが、後半は正智深谷がTOPに
上がった8番が効いていて、ラインを上げ易くなり10阿道のキープ力も効き
始めた印象で正智深谷優勢の時間が続きました。
59分正智深谷、右CKから20番がHS。GK1新井がキャッチ。
61分西武台、BOX隅僅かに外から7三沢がファーへ。15谷口、5川又と頭で繋ぎ
9田中へ。しかし、正智深谷GK1番がキャッチ。
62分正智深谷は60分、警告を受けた3番に代えて左SBに12番を起用。
64~66分正智深谷、7番が仕掛けてCK獲得などチャンスを創出も追加点を奪えず。
67分正智深谷、10阿道→20番→7番パスが繋がりチャンスに。
68分正智深谷、4番のクリアボールに17番が反応、右サイドを持ち込み8番へ。
このパスを2宮越がスライディングして防ぐナイスプレー。
時間の経過と共に正智深谷10阿道の独特の間合いやリズムに対応が難しくなって
来た感じの西武台DF。苦戦が続く。
77分西武台、2宮越が10阿道からボール奪取。4小澤と9田中でパス交換を繰り返し
右から9田中は6三沢へ下げて、6三沢が中央の9山崎へダイレクト。9山崎が浮き球
のパスを絶妙なタイミングでラインを破った10松山へ。GKとイーブンに近い距離
のボールを僅かに早くつついた10松山のボールがゴールラインを越えて同点に。
AT2分は共に得点なく1-1の同点で終了。

劣勢に立たされた後半に先制を許しながら、追い付いて引き分けに持ち込んだ
西武台にとっては大きな引き分け、正智深谷としては、少し勿体無い引き分け
だったように感じました。
ただ、新チームの初期の試合としては充分に先を期待させてくれる両チームの
戦いぶりでした。個人、チームとしての成長が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.13

第61回インカレ決勝 早稲田大-福岡大

2013/1/6
平成24年度 第61回全日本大学サッカー選手権大会 決勝戦

kick off 14:00(45/45) 国立霞ヶ丘競技場 14,745人
早稲田大学
関東第3
3-1 福岡大学
九州第1
2 前半 1
1 後半 0
【得点】
2分 28白井 豪
40分 OWN GOAL
76分 10富山 貴光
43分 20岸田 和人


1松澤 香輝
6三竿 雄斗、2菅井 順平、3山地 翔、12奥山 政幸
11近藤 洋史、7野村 良平、5島田 譲、28白井 豪
10富山 貴光、9榎本 大希
選手交代
59分 28白井 豪→8近藤 貴司
72分 9榎本 大希→25片山 瑛一
83分 10富山 貴光→17秋岡 活哉
16藤嶋 栄介
26弓崎 恭平、30大武 峻、4牟田 雄祐、14岸田 翔平
15平田 拳一朗、10稲葉 修土、19田村 友、7田中 智大
8清武 功暉、20岸田 和人
選手交代
HT 15平田 拳一朗→9山﨑 凌吾
60分 10稲葉 修土→18増田 忠紘
73分 20岸田 和人→6伊賀上 竜希
Jリーグ内定者のサイン会に参加してメインスタンドへ戻ると
SUPER☆GiRLSのインカレスペシャルライブ中で異空間と化した
国立競技場スタンド前列でした。
試合は行き成り早稲田が6三竿のクロスが福岡大DFに掛かるも
28白井が左足ボレーで決めて先制。インカレラッキーボーイは
この日も先制点を叩き出しました。
ゴール後にユニ脱いで畑尾の4ユニになって反スポーツ的行為で
警告を受けました。畑尾と共に闘っているんだと伝わってきます。
先制を許した福岡大が4分8清武のロングスローから反撃開始。
6分には2菅井のミスからピンチを招くが6三竿が7田中のシュートを
ブロックして事なきを得る。
7分にも右からのFKを8清武、早稲田6三竿クリアも8清武のロング
スロー。10分にも清武のロングスローからチャンスになるが無得点。
11分早稲田、10富山から28白井、シュートはバーを叩きファーへ。
13分早稲田にアクシデント、競り合いで3山地が鼻血を出し一旦外へ。
山地の位置に12奥山、右SBの位置に7野村が下がり対応も14分山地
戻って11人同士の対戦に戻りました。
16分福岡大8清武がカウンターからチャンスも3山地併走してコース
防ぎ8清武のシュートは枠を捉えず。
22分福岡大8清武のFKはBOX内で福岡大がファール。
23分福岡大7田中が突破を図るが6三竿へのファールを取られる。
24分早稲田、福岡大のバックパスのミスでCK獲得。
左CKを7野村が中央へ送るがGKキャッチ。
29分福岡大、8清武が体を当ててボールキープから突破。対応遅れた
早稲田だったが2菅井が遅れながらも追って、GK松澤と協力して
厳しいポジションへ追い込みCKに逃げる。
30分福岡大、8清武が引いて受けてボールをさばいて7田中がDF3人を
前にして強引にシュートはGKキャッチ。
TOPに入っていた清武が一旦、下がって引き出す動きが入り始め
福岡大に良い時間帯が続く。
33分、早稲田9榎本が巧くファールをもらいFK獲得。
7野村から3山地へ送るが、何とか触るがコントロールできず枠外へ。
35分福岡大8清武がこぼれをミドルで狙うが枠外。
37分福岡大、FKはポイントに8清武と15平田。ここは15平田が狙うが
ゴールならず。
劣勢に立たされていた早稲田が40分5島田が左から強く早いボールを
ゴール前へ送ると福岡大DFがクリアできずOWN GOAL。2点のリードとなる。
42分福岡大は8清武がロングスロー、3山地が跳ね返すが2ndを福岡が
拾って再び前線へ送るが、山地が跳ね返す。3次攻撃はGKがキャッチ。
43分福岡大20岸田が抜け出すと6三竿が後ろから掛けてしまいPK献上。
これを20岸田が落ち着いてGKの動きを見てチップキックで決めて1点差。
45分早稲田FKを獲得。右から5島田が中央へ送るが福岡大がクリア。
45+1分右CKを5島田がニアへ送るがクリアされました。
45+2分、早稲田28白井のシュート、10富山のシュートと続けて放つが
どちらも福岡大DFのブロックにあってゴール奪えず。
最後の左からの7野村のCKもクリアされ突き放せないまま2-1で折り返し。
DFを統率する菅井、ハイボールを処理し続ける3山地、6三竿、12奥山の
攻撃参加、28白井の運動量と9榎本と10富山の頑張りが印象的な前半。
全体的には。福岡大が攻めて早稲田が守る試合展開で、5島田、7野村の
負担が重い感じもしました。
後半開始前、HT明けから福岡大は9山﨑をFWに起用して8清武を左MFに
ポジションチェンジ。
後半も8清武のロングスローからチャンスを作る福岡大ですが、3山地が
交代出場の9山﨑、20菅井が20岸田に付く形で対応。
厳しい時間を耐える早稲田は59分先制点の28白井に代えて8近藤貴司。
60分には福岡大が2人目の交代で18増田を投入。
福岡大が8清武のFKなどでゴールを狙うも早稲田が防ぎスコアは動かず。
72分早稲田2人目の交代、25片山を投入。
73分福岡大最後の1枚は20岸田に代えて6伊賀上。
76分早稲田、ピンチ続きで厳しい状況下で25片山のクロスは福岡DFに
当たり少しタイミングずれるも10富山が左足でタイミング合わせたボレー。
見事にゴールを奪い早稲田3-1とリードを2点とします。
ここでもゴールを決めた10富山は4畑尾ユニになって警告を受けました。
78分早稲田、25片山から5島田でシュートはDF入りGKがキャッチ。
79分福岡大、やや遠目のFKを8清武、壁に当たり18増田がシュートは
早稲田がブロックしてゴールならず。
3-1となった辺りから福岡大は4牟田を前線に上げてパワープレー。
82分早稲田、8近藤のクロスに10富山がダイビングボレーで狙うが枠外。
83分早稲田、10富山に代えて17秋岡起用。
84分福岡大、9山﨑キープから26弓崎がシュートは枠外へ。
90分早稲田、25片山がCK獲得などAT4分も巧くキープしながら時計を進め
最後に福岡大にシュートは撃たれるものの3-1のまま試合終了。
日本一を取るラストチャンスで「WASEDA THE 1ST」を達成しました。
おめでとうございます。そして菅井、山地両選手には4年間楽しく観戦
させて貰って、最後にインカレ優勝まで、ありがとうと伝えたいと思います。
優勝:早稲田大学 (5年ぶり12回目)
準優勝:福岡大学
第3位:鹿屋体育大学/阪南大学
最優秀選手富山 貴光 (早稲田大学)
ベストDF 山地 翔 (早稲田大学)
ベストMF 清武 功暉 (福岡大学)
ベストFW 岸田 和人 (福岡大学)
ベストGK 松澤 香輝 (早稲田大学)
フェアプレー賞:早稲田大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第21回全日本大学女子 決勝 早稲田-日体

2013/1/6
第21回全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝戦

kick off 11:00(45/45) 国立霞ヶ丘競技場 6,092人
早稲田大学
関東1
1-2 日本体育大学
関東2
1 前半 2
0 後半 0
【得点】
39分 9瀬口 七海

14分 18植村 祥子
18分 18植村 祥子

◆早稲田大学メンバー
1鈴木 望
13大島 茉莉花、4千葉 梢恵、12高木 ひかり、2石田 みなみ
6渡井 汐莉、7谷本 晴奈、10大宮 玲央奈、18山本 摩也
9瀬口 七海、11八木 彩香
選手交代
HT  32堀口 佳織→13大島 茉莉花
56分 27正野 可菜子→18山本 摩也
78分 8福沢 真菜美→6渡井 汐莉
◆日本体育大学メンバー
1山本 有紗
5藤澤 真凜、22阿部 理絵、4山縣 尚実、17櫻井 麻友佳
7下川 沙織
8高島 瑠里子、10嶋田 千秋、6小栗 麻緒
18植村 祥子、11佐藤 美波
選手交代
61分20 後藤 亜弥11 佐藤 美波
69分21 石井 千晴8 高島 瑠里子
90分3 冨樫 香織18 植村 祥子
穏やかな天候に恵まれた国立を舞台にインカレ決勝戦。
まずは女子の決勝。
関東の早稲田、日体両校の対決となりました。
試合内容とすればやや低調な印象でした。
4日が準決勝だった日程面の影響もあるかもしれません。
出足、パススピード、連動性で上回った日体が14分スローインを受けた
5藤澤が左サイド突破して中央18植村へグラウンダーのパスを送り右足で
ゴールを奪い先制。
18分にはカウンター一閃、10嶋田のクロスを18植田が今度は左で決めて
2-0と試合を優勢に進める中、決定的と思えるゴールを決めました。
日体のプレスからシュートカウンターが効いていて早稲田は9瀬口の
個の力での打開くらいしかチャンスがつかめない状況に。
特に18植村のスピードに対応できない状況が劣勢に拍車をかけました。
互いにチャンスに決めきれずに迎えた39分、早稲田が右CK7谷本が蹴り、
中央で4千葉梢恵が頭で繋いで9瀬口が決めて1点差に追い上げました。
前半は早稲田1-2日体で折り返しました。
早稲田はHT、56分と選手交代を行いますが状況は変わらず。
ちょっと疲れが感じられ始めた日体も61分、69分と選手を起用。
しかし、出足の良さ、プレスの速さで早稲田を抑えていた日体の疲労は
2選手入れ替えでは補えず、70分辺りからは早稲田がしっかり作って
攻める時間になりました。
早稲田は78分に最後の1枚を交代。
一方、日体は90分最後の1枚を時計を進める形で起用。
1点差を守り切り、日体が優勝しました。
昨年の夏にインハイ女子決勝、日ノ本学園vs常盤木学園を見た印象から
するともっと両校ともに良いサッカーが出来るのだと思うのですが
少し残念な内容で終わってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第91回高校選手権 2回戦 桐光学園-四中工

2013/1/2
第91回全国高校サッカー選手権大会 2回戦

kick off 14:10(40/40) ニッパツ三ツ沢球技場 14,500人
桐光学園
神奈川県
4-2 四日市中央工業
三重県
3 前半 0
1 後半 2
【得点】
25分 11市森 康平
35分 9野路 貴之
36分 9野路 貴之
69分 7橋本 裕貴
53分 4坂 圭祐
55分 4坂 圭祐

スライドショー

第1試合に続いて強風の三ツ沢。
好カードと言う事でほぼ満員の14,500人もの人が来た試合となりました。

1分11市森のシュートから桐光学園がリズムをつかみました。
3分、4分とロングスローから攻め込み5分、6分にもCKを獲得するなど
桐光学園が優位に試合をすすめるものの、四中工も最後の所はしっかり
守っているそんな展開でした。
19分に四中工は16浅野が40m強をドリブルで上がり右15川本へクロス。
ここは桐光学園がカット。
20分更に17田村翔太がチェーシングからボールを奪ってチャンスとなるが
最後は四中工にファール。
23分四中工の放ったミドルシュートを桐光学園がブロック。
ここからカウンターに入ったが11市森へのパスがオフサイド。
25分桐光学園が右サイド自陣から2大田が9野路へロングフィード。9野路が
受けてマイナスのボールを11市森へ戻して11市森が決めて先制ゴール。
26分には左サイドを駆け上がって裏で受けた8菅本でしたが、枠へ行かず。
桐光学園のボールを奪ったらシンプルに裏かワイドを徹底した風上戦術が
功を奏していい流れを作っていますが、四中工も風下から速いテンポで
強いパスを繋ぎ攻撃を組み立てる工夫が有りました。
35分桐光学園、GKからのフィードを9野路が左寄りで受けてシュート。
これで桐光学園2-0四中工としてリードを広げました。
畳み掛けた桐光学園は36分、中央の10松井が右7橋本へ開き、折り返しを
9野路が中央で頭で決めて3-0。大きな3点目を奪いました。
39分四中工もパスを繋ぎCKを獲得するもノーゴール。
前半は思いがけない3点差がついて折り返しましたが、強風の下でも工夫
しながら厳しい風下で点差ほど差を感じさせなかった四中工の反撃にも
期待が持てる感じでした。

後半も良い形で入ったのは桐光学園でした。しかし、先にゴールを奪った
のは53分四中工。左からのCKを18田村大樹。中央で待つ4坂が右足で決め
追撃のゴールを奪うと、更に55分同じく、左CKを18田村、今度は中央で
4坂がHSを決めてアッという間に1点差に追い上げました。
このゴールで三ツ沢の空気が明らかに変わりました。
しかし、桐光学園もこの失点直後キックオフから11市森、9野路と繋ぎ反撃、
ここはシュートには至らず。
59分四中工、18田村大樹のシュートはバー、ファーから6川島シュートは
GKが防ぎノーゴール。
四中工の14眞田、15川本、16浅野、17田村翔太、18田村大樹の連携が
高まって良い時間帯になっていました。
互いに攻めながらゴールを破れず時間が進み、69分桐光学園に値千金の
ゴールが生まれました。
左サイドBOX外で11市森が受けてコーナー付近8菅本が折り返して7橋本が
決めきって4-2と再び2点差とした桐光学園が四中工の追撃を振り切り
勝利しました。好カードの期待に違わぬ試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第91回高校選手権 2回戦 佐賀商業-実践学園

2013/1/2
第91回全国高校サッカー選手権大会 2回戦

kick off 12:05(40/40) ニッパツ三ツ沢球技場 11,500人
佐賀商業
佐賀県
1-0 実践学園
東京都B
0 前半 0
1 後半 0
【得点】
80+1分 3松尾 渉


スライドショー

強風吹き荒れる三ツ沢公園。
開幕の国立程では無いものの大応援団が駆け付けた実践学園。
また、第2試合が地元神奈川県代表、桐光学園vs四中工という
2回戦きっての好カード、決勝でも可笑しくない対戦という事で
メインスタンドは第1試合開始頃には、ほぼ埋まりました。
共に風に翻弄された前半スコアレス。
実践学園は30分FKをGKが弾いた所をつめてこぼれ球を蹴り込み
ネットを揺らしましたが、詰めた選手がオフサイドでノーゴール。
終盤は佐賀商がCKでチャンスを掴みました。
風下の苦しみを抜けた実践学園の後半に期待しましたが、
共にゴールを奪えぬまま後半も40分経過。
ここで佐賀商業がFKを獲得。15森永の直接狙ったボールがポストに
当たり跳ね返りを3松尾が決めて先制ゴール。
残り僅かな時間で先制して逃げ切りました。
強風が実践学園のストロングポイントを活かしづらい状況に
なった感じもしますが、佐賀商業のパスワークがやや上回った
試合でもあったと思います。

東京代表として粘り強い試合を2試合続けて見せてくれた実践学園の
新たなチームにも期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元日、天皇杯決勝G大阪-柏

2013/1/1
第92回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝

kick off 14:05(45/45) 国立霞ヶ丘競技場 46,480人
ガンバ大阪 0-1 柏レイソル
0 前半 1
0 後半 0
【得点】


35分 23渡部 博文

スライドショー

久しぶりに単独開催の元日、天皇杯決勝戦。
序盤リズムを掴んだのは、ガンバ大阪。
ボランチに今野、攻撃的MFとして遠藤の起用が、この試合も嵌っている
そんな印象でした。
一方でレアンドロ・ドミンゲスが戻った柏レイソルは今ひとつ連携が
噛み合わず、メンバーは揃ったもののサッカーの難しさを感じる形で
試合が進みました。
ここで素早く判断したネルシーニョ監督が32分水野を下げて田中を起用。
この交代策がはまった柏レイソルが35分CKを獲得して、ジョルジ・ワグネル
の質の高いクロスにぴったりのタイミングで23渡部が頭で決めて先制。

その後も交代出場の田中の素早いプレスがガンバ大阪のリズムを切り
澤とレアンドロ・ドミンゲスの連携も改善されて逃げ切りました。
素早い判断を下したネルシーニョ監督の采配が勝利に結びついた
そんな試合になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.11

第91回高校選手権 1回戦 実践学園-東海大五

2012/12/30
第91回全国高校サッカー選手権大会 1回戦

kick off 13:10(40/40) 国立霞ヶ丘競技場 15,095人
実践学園
(東京都B代表)
2-1 東海大五
(福岡県代表)
0 前半 0
2 後半 1
【得点】
47分 10鴻田 直人(PK)
48分 8原 大和
77分 9小林 秀征

スライドショー

日テレの中継があるのでメモを取らずにゆっくり観戦しました。

実践学園は4尾崎、10鴻田を中心に東海大五のハイボールを跳ね返すも
基本的に2ndは東海大五に拾われ続け、更にマイボールにしても東海大五
のプレッシャーが掛かるとセーフティに蹴り出すので攻め込まれる続ける
展開に終始した前半でした。
それでも、CB2枚の跳ね返す力と、東海大五の攻めが9小林の運動量は
目を見張るものが有るものの、9小林が流れてキープしても、中央の
スペースを活かす選手が少なく厚みを欠いた攻撃となり、2ndを拾っての
ミドルが最もゴールになりそうでしたが、ゴールに繋がりませんでした。

攻められながらも失点せずに折り返せた事で実践学園にチャンスがあるかと
思われた後半は、47分BOX内でクリアを試みた東海大五ですが、コントロール
が浮いてしまいアクシデント的に手に当たりPKの判定。
手に当たらなければ実践学園のBIGチャンスになっていた状況で、可哀想な
判定に思えましたが、PKを取られても仕方なかったと思います。
これを、実践学園のキッカー10鴻田が決めて先制。更に、畳み掛けるように
8原がハーフウェイ付近でボール奪ってドリブルで持ち込み、2点リード。

この2得点でやや硬さがある感じだった実践学園が良いリズムで攻める時間が
出来始めました。
前半押しながら得点できず、不運な形から失点して同様の中、追加点も許した
厳しい展開になった東海大五は77分9小林がゴールを奪い1点差として更に、
終了間際にもFKを得て攻めましたが同点ゴールは生まれず。
実践学園が2回戦に進みました。
開幕戦から中々、白熱した内容で今大会も楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第91回全国高校サッカー選手権大会開会式

千駄ヶ谷で招待券と引換えて代々木門の列に並び入場。
雨天で自由席は屋根下がアッという間に満席の国立。
お知り合いのおかげで屋根下に座席キープできました。
前年度優勝校:市立船橋
北海道 私立:旭川実/2年連続4回目
青 森 私立:青森山田/16年連続18回目
岩 手 私立:盛岡中央/初出場
秋 田 県立:西目/2年連続13回目
山 形 県立:山形中央/3年ぶり10回目
宮 城 私立:仙台育英/8年ぶり31回目
福 島 私立:聖光学院/初出場
茨 城 私立:鹿島学園/3年連続7回目
群 馬 私立:前橋育英/2年ぶり17回目
栃 木 私立:佐野日大/2年ぶり7回目
埼 玉 私立:正智深谷/初出場
千 葉 県立:八千代/3年ぶり9回目
東京A 私立:修徳/7年ぶり8回目
東京B 私立:実践学園/8年ぶり2回目
神奈川 私立:桐光学園/2年連続7回目
山 梨 私立:日本航空/初出場
新 潟 私立:帝京長岡/7年ぶり3回目
富 山 私立:富山第一/3年ぶり24回目
長 野 私立:創造学園/初出場
石 川 私立:星稜/14年連続23回目
福 井 県立:丸岡/2年ぶり25回目
静 岡 私立:常葉学園橘/7年ぶり2回目
愛 知 私立:東邦/9年ぶり4回目
岐 阜 私立:帝京大可児/3年連続4回目
三 重 県立:四日市中央工/5年連続30回目
滋 賀 県立:野洲/2年ぶり8回目
京 都 私立:京都橘/4年ぶり2回目
奈 良 県立:香芝/2年ぶり2回目
和歌山 県立:和歌山北/7年ぶり9回目
大 阪 私立:東海大仰星/8年ぶり4回目
兵 庫 私立:滝川第二/2年ぶり17回目
鳥 取 私立:米子北/3年連続8回目
島 根 私立:立正大淞南/2年ぶり12回目
広 島 県立:広島観音/3年ぶり4回目
山 口 私立:聖光/初出場
岡 山 私立:作陽/8年連続21回目
香 川 私立:香川西/7年連続8回目
愛 媛 県立:松山工/7年ぶり4回目
徳 島 県立:鳴門/6年ぶり3回目
高 知 私立:高知/3年ぶり15回目
福 岡 私立:東海大五/2年連続14回目
佐 賀 県立:佐賀商/9年ぶり13回目
大 分 県立:中津東/3年ぶり2回目
宮 崎 私立:鵬翔/6年ぶり12回目
熊 本 県立:大津/2年ぶり15回目
長 崎 私立:長崎総科大附/初出場
鹿児島 私立:鹿児島城西/2年連続4回目
沖 縄 県立:宮古/12年ぶり2回目
開会式の入場行進前のフラッグパフォーマンスと入場行進の演奏は、
西武台千葉中高等学校吹奏楽部が今年も担当。ホーム側のゴール裏に一応、
テントがありましたが、冷たい雨の中の演奏は素晴らしかったです。
大会旗、第8代目応援マネージャーの大野いとさんの入場から始まった
参加高校の入場行進ですが、雨の為にバックスタンドへ回っての
メインスタンド方向への一斉更新は行われず、メインスタンド前を通過する
形で行われてチョット選手や、ご家族には気の毒な感じの開会式でした。
各校入場の後、キャプテンのみVIP席に集まり表彰が行われる所を使って
優勝旗返還、レプリカ授与や来賓挨拶、開会宣言が行われ、片倉主将が
選手宣誓を行いました。年々、決まり文句ではない宣誓になってから
良く考えて作っていると感心します。
選手のコンディションを考慮しての、簡素化された開会式でしたが
開幕戦、実践学園vs東海大五から熱戦を期待します。
開会式のみ見られて帰られる方もいる中、バタバタと例年以上に落ち着かない
スタンドの空気の中で今大会の開幕戦の選手入場を迎えることとなりました。
※スライドは後日挿し込みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.08

第6回GO FOR 2018 CUP FC東京U-18‐静岡学園

2012/12/25
第6回GO FOR 2018 CUP Xグループ

kick off 14:00(35/35) レッズランドA1
FC東京U-18 1-1 静岡学園高校
0 前半 1
1 後半 0
【得点】
67分 22岸 寛太

35+1分 52加地 玄季

スライドショー

◆FC東京スタメン

30石原 翼

26山岸 瑠、25鴨池 陽希、24柳澤 優芽、29田宮 碧人

17川上 翔平、34佐々木 渉、12輪笠 祐士

22岸 寛太、19青木 啓輔

37長澤 皓祐

選手交代

45分 19青木 啓輔→27高橋 宏季

◆静岡学園スタメン

21大杉 啓

20吉田 和史、12長嶋 來雅、5石渡 旭、6越前屋 拓

31望月 勇哉、44嶋井 楓

7田坂 優貴、52加地 玄季、42名古 新太郎

53山本 啓介

選手交代

プログラム記載のポジションとは違う位置に入った選手が結構居たFC東京。

余り違和感を感じること無く、組織的な戦いが出来ていた印象でした。

静学はb戦のレッズ戦で見せた程、個が立った印象ではありませんでした。

序盤から20分ほどは静学の裏をFC東京が取ってチャンスに繋げましたが

徐々に、静学のDFも統率が取れてオフサイドにかかるシーンも増えました。

スコアレスで折り返しかと思われたAT1分、静学が20吉田の突破からシュート

これはバーを叩くが52加地が詰めてゴールを奪い静学リードで折り返しました。

後半は開始早々、FC東京の37長澤がシュート、GKセーブしてCKに。

左からのCKを17川上が12輪笠へ預け、12輪笠がファーへクロスを送りHSは枠外。

38分静学、42名古が右から攻め込むがノーゴール。

41分静学、52加地のシュートはGKがキャッチ。

42分静学、7田坂がキープしてFKを獲得。52加地が直接狙うがバー上へ。

入りのシュートで勢い付くかと思われたが、静学が流れを渡さず互角の展開に。

45分FC東京選手交代。27高橋起用。

48分FC東京、17川上と22岸のワンツーから17川上がクロス。ファーで27高橋が

シュートを放つがゴールならず。

49分FC東京、左CKを17川上が蹴り25鴨池がHSもGK好セーブで右CKに。

ここは静学DFが踏ん張り凌ぐ。

52分にもFC東京がFKを獲得して攻めるが静学DFがシュートブロック。

FC東京の前線からのプレスが掛かり静学が劣勢な時間が続きました。

67分攻めながらゴールが奪えなかったFC東京が、22岸のドリブルシュートで

同点に追いつきました。

AT1分ありましたが、共に勝ち越しゴールは奪えず1-1で引き分けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6回GO FOR 2018 CUP b戦 レッズユース‐静岡学園

2012/12/25
第6回GO FOR 2018 CUP Xグループ

kick off 12:30(30/30) レッズランドA1
浦和レッズユース 1-1 静岡学園高校
0 前半 0
1 後半 1
【得点】
60+1分 21清川 大輝

55分 10高原 正旭

スライドショー

◆浦和レッズユースメンバー

25杉本 広貴

20長島 巧、17吉原 大、2副島 暢人

24荒木 聡太、26勝野 瑛、27松崎 洸星、12倉本 隼吾

21清川 大輝、22小島 良太

16斎藤 翔太

選手交代

HT 12倉本 隼吾→23中村 透、2副島 暢人→13上野 文也

◆静岡学園高校メンバー

21大杉 啓

32、25水上 悠樹、50加佐 怜人、11竹谷 知貴

33島村 洋平、38三輪 卓哉

10高原 正旭

18大坪 岳、14鈴木 誠也、37藤村 皓

選手交代

HT 21大杉 啓→1松岡 龍明

b戦ではレッズユースは3バックでスタート。

静岡学園が3TOPの為にDFラインにサイドの選手が下がらされて

4或いは5バックの状態になる時間も多く見られましたが、

TOPのシステムと同じ形を試している感じでした。

5分静学、18大坪がドリブルからシュート。

8分レッズユース、右の2副島から中央ニアで16斎藤がワンタッチで狙うが

僅かにファー枠外へ外れる。

12分レッズユース、12倉本がインターセプトから右サイド深くまで侵入し

クロスを上げるがファーへは届かず手前でGKが出てキャッチ。

14分静学、11竹谷が仕掛けてFKを獲得。18大坪が蹴り中央ですらすがクリア。

16分レッズユース、12倉本がボールを奪い良いリズムで繋いで2副島がゴール

前へボールを送る。このボールに突っ込んだ22小島だったがゴールキックに。

19分静学、レッズユースのミスをついて37藤村がボールを奪いシュート。

ここはGK25杉本がセーブして危機を逃れました。

1対1で仕掛けてくる静学に触発されるようにレッズユースも勝負する

シーンが結構多い試合になり、仕掛けて奪われてショートカウンターを

受けるシーンがレッズユースの方が多い印象でした。

前半は互いにチャンスはあったがゴールなく折り返しました。

後半もやや静学が優勢な中で試合が進みました。

55分静学が右10高原が中央37藤村とのワンツーで中央からフリーでシュート。

これで静学が先制しました。

30+1分レッズユースは、27松崎の粘り強いボールへのアプローチから

21清川へのスルーパスが通り同点ゴール。

いろいろ試しながらの中で、やや劣勢な試合を引き分けに持ち込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6回GO FOR 2018 CUP レッズユース‐東福岡

2012/12/25
第6回GO FOR 2018 CUP Xグループ

kick off 11:00(35/35) レッズランドA1
浦和レッズユース 2-4 東福岡高校
2 前半 2
0 後半 2
【得点】
16分 11安東 輝
21分 8広瀬 陸斗

13分 9木戸 皓貴
29分 10松田 天馬
53分 9木戸 皓貴
55分 10松田 天馬

スライドショー

◆浦和レッズユースメンバー

18関口 亮助

3森 亮太、4齋藤 一穂、15茂木 力也、19橋岡 和樹

6須藤 岳晟

10関根 貴大、14小川 紘生、11安東 輝、8広瀬 陸斗

9進 昂平

選手交代

HT 19橋岡 和樹→5細田 真也

67分 14小川 紘生→7條 洋介

◆東福岡高校メンバー

1中西 正明

3キム ヨダン、12中島 圭大、4熊本 雄太、2田中 敦稀

6草野 昴希

21柴田 一輝、8阿部 敬太、5武田 大地

9木戸 皓貴、10松田 天馬

選手交代

HT 5武田 大地、3キム ヨダン、21柴田 一輝→

  13諸井 廉、17岸田 優、19石田 嵩人

54分 9木戸 皓貴→15丸山 航希

57分 17岸田 優→5武田 大地、12中島 圭大→18柳田 佑也

67分 10松田 天馬、8阿部 敬太、6草野 昴希→

  20山下 紘汰、16坂上 正幸、22内田 主理

しっかりした組織的な守備から、8阿部、9木戸、10松田を使う攻撃が

鋭くチャンスを作る東福岡。

13分10松田が右サイド深めの位置で獲得したFKを10松田がファー外へ

開いた9木戸へ。距離のあるHSだったが上手くコントロールしたボールは

レッズユースのゴールを破り先制。

試合開始から劣勢に立たされていたレッズユースの反撃は16分。

10関根から右サイド8広瀬へ。シュート気味なクロスがこぼれ球となった

ところを11安東が決めて同点とします。

17分には東福岡にCKを与えますがここは競り合いで東福岡にファールが

あり事なきを得ました。

19分レッズユース。10関根のドリブルから始まった攻撃は、9進→11安東→

8広瀬とテンポよくパスが繋がり東福岡DFが触り、2ndを拾って19橋岡が

クロス、跳ね返されて3次攻撃はレッズユース側のファールで切れましたが

非常にいい流れを作り可能性を感じさせてくれました。

20分ほどで目立ったのは6須藤が必死に4‐1‐4‐1のポジションキープと

声をかけ続けていたこと。東福岡の攻勢が強く11安東がバランスを取って

戻って4-2-3-1になっている時間が長く、そのことで失点は1に抑えている

ものの、攻撃のリズムが出難かったからかも知れません。

21分レッズユースは最終ラインからのフィードを左に居た8広瀬が相手と

競りながらも抜け出してドリブルからシュートを決めて逆転。

試合の流れは、東福岡が押し続けている中、良く逆転しました。

逆転で少し勢い付いたレッズユースは26分、8広瀬から9進と中央でつなぎ

14小川がシュートこれは枠を捉えず惜しい。

29分東福岡、9木戸のポストから8阿部へおとし、10松田が裏で受けて縦の

崩しから同点ゴール。完全にやられた形でした。

35分東福岡、9木戸が前で受けてシュート性のグラウンダーのクロスを

入れるも中が合わず。前半は2‐2の同点で折り返し。

後半は東福岡が3選手を入れ替え、レッズユースは19橋岡に代えて5細田を

起用の他、ポジションをいじってスタート。

38分、41分、45分と東福岡が攻め込むもゴール奪えず。

東福岡は前線9木戸を軸に10松田と2列目の選手の連携が良く、53分左より

から9木戸がミドルシュートを決めて[レッズユース2‐3東福岡]。

更に55分クロスを15丸山が頭でつないで10松田がHSを決めて4点目。

選手交代を盛んに行った東福岡は、混乱するでもなく、変らない組織的な

試合をしていました。

一方、レッズユースは、試行錯誤の状況下でこれからな感じですが

65分10関根が切り込んでワンツーでゴールを目指すもGKがセーブや

66分3森のクロスに8広瀬がつないで9進のシュートがポストなど

69~70分にも10関根のドリブルから厚みある攻撃を仕掛けるなど単発ながら

いい形も見られました。

この時期に、東福岡のような強いしっかりしたサッカーをしてくれるチーム

と試合が出来たことは大きかった気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »