« 第91回高校選手権 2回戦 桐光学園-四中工 | トップページ | 第61回インカレ決勝 早稲田大-福岡大 »

2013.01.13

第21回全日本大学女子 決勝 早稲田-日体

2013/1/6
第21回全日本大学女子サッカー選手権大会 決勝戦

kick off 11:00(45/45) 国立霞ヶ丘競技場 6,092人
早稲田大学
関東1
1-2 日本体育大学
関東2
1 前半 2
0 後半 0
【得点】
39分 9瀬口 七海

14分 18植村 祥子
18分 18植村 祥子

◆早稲田大学メンバー
1鈴木 望
13大島 茉莉花、4千葉 梢恵、12高木 ひかり、2石田 みなみ
6渡井 汐莉、7谷本 晴奈、10大宮 玲央奈、18山本 摩也
9瀬口 七海、11八木 彩香
選手交代
HT  32堀口 佳織→13大島 茉莉花
56分 27正野 可菜子→18山本 摩也
78分 8福沢 真菜美→6渡井 汐莉
◆日本体育大学メンバー
1山本 有紗
5藤澤 真凜、22阿部 理絵、4山縣 尚実、17櫻井 麻友佳
7下川 沙織
8高島 瑠里子、10嶋田 千秋、6小栗 麻緒
18植村 祥子、11佐藤 美波
選手交代
61分20 後藤 亜弥11 佐藤 美波
69分21 石井 千晴8 高島 瑠里子
90分3 冨樫 香織18 植村 祥子
穏やかな天候に恵まれた国立を舞台にインカレ決勝戦。
まずは女子の決勝。
関東の早稲田、日体両校の対決となりました。
試合内容とすればやや低調な印象でした。
4日が準決勝だった日程面の影響もあるかもしれません。
出足、パススピード、連動性で上回った日体が14分スローインを受けた
5藤澤が左サイド突破して中央18植村へグラウンダーのパスを送り右足で
ゴールを奪い先制。
18分にはカウンター一閃、10嶋田のクロスを18植田が今度は左で決めて
2-0と試合を優勢に進める中、決定的と思えるゴールを決めました。
日体のプレスからシュートカウンターが効いていて早稲田は9瀬口の
個の力での打開くらいしかチャンスがつかめない状況に。
特に18植村のスピードに対応できない状況が劣勢に拍車をかけました。
互いにチャンスに決めきれずに迎えた39分、早稲田が右CK7谷本が蹴り、
中央で4千葉梢恵が頭で繋いで9瀬口が決めて1点差に追い上げました。
前半は早稲田1-2日体で折り返しました。
早稲田はHT、56分と選手交代を行いますが状況は変わらず。
ちょっと疲れが感じられ始めた日体も61分、69分と選手を起用。
しかし、出足の良さ、プレスの速さで早稲田を抑えていた日体の疲労は
2選手入れ替えでは補えず、70分辺りからは早稲田がしっかり作って
攻める時間になりました。
早稲田は78分に最後の1枚を交代。
一方、日体は90分最後の1枚を時計を進める形で起用。
1点差を守り切り、日体が優勝しました。
昨年の夏にインハイ女子決勝、日ノ本学園vs常盤木学園を見た印象から
するともっと両校ともに良いサッカーが出来るのだと思うのですが
少し残念な内容で終わってしまいました。

|

« 第91回高校選手権 2回戦 桐光学園-四中工 | トップページ | 第61回インカレ決勝 早稲田大-福岡大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/56530759

この記事へのトラックバック一覧です: 第21回全日本大学女子 決勝 早稲田-日体:

« 第91回高校選手権 2回戦 桐光学園-四中工 | トップページ | 第61回インカレ決勝 早稲田大-福岡大 »