« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012.01.30

FC東京U-18練習試合 vsトリプレッタ

 

2012/01/29 FC東京U-18練習試合
Kickoff 15:00(45×1)東京ガス武蔵野苑多目的グランド
FC東京U-18 4 4-0 0 FCトリプレッタユース
---
1分 20ブーゾ アモス
39分 20ブーゾ アモス
41分 ?3番
43分 17金 睦燦
得点

◆FC東京U-18メンバー
16馬場 拓郎
29鴨池 陽希、27五勝出 竣仁、12徳田 康朗、14武井 謙介
17金 睦燦、23小泉 将来、33伊藤 裕也、24天野 将平
20ブーゾ アモス、18岩田 拓也

◆選手交代

◆FCトリプレッタユースメンバー
16
15、12、39、29
2
14、18、24、17
32

◆選手交代
44分 24→53、29→25

FC東京練習試合vsトリプレッタスライドショー、デジカメ故障で序盤のみ

新人戦が終わった後にSUBメンバーによる45分1本の練習試合が行われました。
開始直後にキックオフの流れから東京20ブーゾ アモスが先制点。
電光石火のゴールを奪った東京ですがこのあとは攻めるもののゴールが遠い。
20分からのトリプレッタは24番が起点となりチャンスを作る。
21分のトリプレッタCKはシュートで狙うがチョットずれて折り返せず。
22分東京、18岩田のシュートはGKセーブ、こぼれへ詰めた所はDFブロック。
トリプレッタの守りの集中が東京の攻撃を防ぐ。
この後、リズムが出た東京が攻めるが中々ゴールを奪えない時間が続いて
試合は終盤まで進みました。
39分東京、漸く20ブーゾ アモスが追加点を奪うと、ここからたたみ掛ける。
41分には?3番、43分17金 睦燦が決めて4-0で終了しました。
得点は奪えなかったものの、トリプレッタの24番に14番、32番、17番が絡む
攻撃は良いシーンもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TCY U-17 FC東京vsトリプレッタ

 

2012/01/29 第13回 東京都クラブユースサッカーU-17選手権大会
決勝リーグ第2戦 Kickoff 13:00(45-45)東京ガス武蔵野苑多目的グランド
FC東京U-18 3 3-1 1 FCトリプレッタユース
0-0
12分 19斎藤 涼汰
27分 19斎藤 涼汰
29分 32岸 寛太
得点 19分 10村山 翔

◆FC東京U-18メンバー
21大野 遥河
3吉田 一彦、32柳澤 優芽、27五勝出 竣仁、28青木 啓輔
25二瓶 翼、26川上 翔平、15野沢 英之、13福森 健太
36岸 寛太、19斎藤 涼汰

◆選手交代
73分 13福森 健太→18,岩田 拓也、36岸 寛太→20ブーゾ アモス

◆FCトリプレッタユースメンバー※
1
5眞壁 亮太、3佐藤 大貴、2山田 陽、4佐々木 拓椰
7中嶋 脩人
8田山 真吾、9村川 薫平、10村山 翔、6三谷 佑介
11

◆選手交代
81分 6→12、11→17
88分 8→14

※過去の観戦とコーチングの声を基に選手名当ててますので相違あると思います。
ご連絡頂けましたら訂正させていただきます。

FC東京vsトリプレッタスライドショー

1分東京が行き成りチャンス。15野沢がドリブルで切り込み36岸とのワンツー。
リターンを15野沢が26川上へ。26川上のシュートはバーを直撃しゴールならず。
3分東京、36岸が19斎藤へ繋ぐがトリプレッタDFが奪う。19斎藤が諦めず絡んでボールを
奪い返してチャンスを繋いだが、シュートには至らず。
8分東京、左SB3吉田の上がりから25二瓶へ。25二瓶が個人技で局面をドリブル突破して
シュート、これはバーに当たり1分の26川上のシュートに続いて運が無い。
12分東京、左サイドから19斎藤が切り込んでチャンスを作ると、トリプレッタも必死の
守りで一旦は13福森のシュートも防いだが、CKからのボールがゴールライン際どい所に
転がり副審は残ったと判定。止まる事無く東京が攻撃を続け、ゴール前に詰めた19斎藤が
きっちり決めて先制点。セルフジャッジをせずに続けた結果のゴールでした。

15分、トリプレッタベンチの書類が強風に飛ばされてピッチへ散乱して回収の間、中断。
19分、トリプレッタが反撃。東京DFが自陣左サイドでボールコントロールしている所を
狙った10村山がカットすると自分でフィニッシュへと持ち込み同点に追い付きました。
21分、25分とトリプレッタが東京ゴールに迫るが東京ゴールを破るには至らず。
27分東京、15野沢からゴール前へ走り込んだ19斎藤へ。ほぼ正面ミドルレンジから19斎藤が
見事なシュートを決めて2-1と勝ち越し。
29分東京、CK獲得するとショートコーナーを選択。26川上が13福森とパス交換からクロスを
ゴール前へ、これを36岸が頭で決める。かなり練習しているセットプレーに感じました。

序盤の10分は決定機は東京に多いものの、フレッシュなトリプレッタもしっかり戦えている
そんな印象でした。その後17分にCKを獲得、19分同点に追いつき、25分までは勢い付いて
良い時間になるも、2失点で崩れてしまうかと思いましたが、失点後に何が悪かったか、
どう修正するかを集まって確認して試合に臨みこの姿勢が良い方向に進みました。
トリプレッタがルーズボールに対して積極的にアプローチをして、前線からのプレスが厳しく
なってくると、東京の繋ぎが思うように行かなくなり、効果的なロングボールも出なくなる
39分、40分、42分と東京がチャンスを掴むがゴールには繋がらず前半は3-1で折り返しました。

後半最初にシュートを放ったのは46分トリプレッタでした。
これは枠を捕らえませんが反撃する気持ちは感じました。
49分東京、26川上のミドルは枠外へ。
50分東京、右25二瓶からのパスを受けて13福森がシュートもゴールならず。
53分東京、左でフリーで受けた3吉田がドリブルで持ち上がりシュートも枠外へ。
55分、トリプレッタベンチの書類が再びピッチへ吹き飛び、試合が中断。
57分、63分、68分と東京がシュートを放つがゴールならず。
前半ほど上手く行っていない印象の東京。
69分25二瓶が激しく当たって警告を受ける。ちょっとイラついていたかも知れません。
流れを変えたい東京は73分 13福森→18岩田、36岸→20ブーゾ アモスの2選手を交代。
投入が当たり18岩田と20ブーゾ アモスがチャンスに絡み続けます。
80分東京、フィードに20ブーゾ アモスが抜け出すとトリプレッタGKが前に出てクリア。
84分東京、18岩田と19斎藤のワンツーで18岩田がシュート体制に入る。
セーブに来たGKと接触してPKを獲得。PKを18岩田が自分で狙うがバーに当たり跳ね返りも
トリプレッタディフェンスが集中して守って凌ぎました。
最後はCKを獲得したり、隙を見つければフィニッシュに持ち込んで時間を使って東京が
前半のリードを守りきって3-1で勝利しました。
試合を通してピッチ上での声の質、量の差が試合結果に出たようにも感じました。
東京の選手たちは常に声を掛け合い、ポジションやプレーの修正を続けていました。
トリプレッタはプレーが動いているときの声が少ない印象でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成23年度中央新人大会 西武台vs伊奈学園

 

2012/01/28 平成23年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 中央新人大会
Bグループ 第3日 Kickoff 13:00 (40/40) 西武台高校第2G
西武台高校 3 1-1 1 伊奈学園総合高校
2-0
20分 8菅原 翔太
48分 11稲原 聖矢
65分 11稲原 聖矢
得点 28分 5斉藤 来東

◆西武台高校メンバー
1甲斐 朋也
3平山 創士、17垣内 雄貴、6川又 悠史、2吉崎 侑矢
15泉 憲太、8菅原 翔太、4中西 裕太郎
11稲原 聖矢、10小布施 恭平、9村上 健太

◆選手交代
HT 2吉崎 侑矢→14松山 友弥、10小布施 恭平→13住永 和万
70分 11稲原 聖矢→16中村 大士

◆伊奈学園総合高校メンバー
1寺井 研
5斉藤 来東、3小林 龍之介、4細沼 洋介、2細矢 歩
10高柳 慧太、14新井 佑典
7宮原 大、9関口 諒、16八反田 優
11大野 聖弥

◆選手交代
66分 14新井 佑典→13石井 涼太

西武台vs伊奈学園スライドショー

先日の練習試合で記憶に残っていた15泉がスタメンに入った西武台。
序盤は西武台が前線からのプレッシャーで伊奈学園に自由を与えず優勢に立ちました。
それでも、失点せずに凌いで来た伊奈学園でしたが、20分、西武台3平山のスローインを
受けた10小布施がゴール方向へ。伊奈学園MFが戻ってカットしたボールが調度、西武台
8菅原に渡りフリーでシュートを決めて先制。
28分西武台DFが左から右へパスを繋ぐところを、CBからSBへのパスを狙った5斉藤がカット
してドリブルで持ち込んで左サイドからクロス。ボールは逆加点して逆風を突きゴールへ
と向かう驚きの軌道で同点ゴールとなりました。
押され続けていた伊奈学園が同点に追いついて試合は面白さを増しました。
前半は西武台がこの後もチャンスを得るもゴールは奪えず同点で終了しました。

優勢に進めながら追い付かれた西武台はHT明け2選手を交代。
42分には伊奈学園がCKを獲得。16八反田が蹴るがGKキャッチ。
後半交代で入った14松山が活躍。48分中央からのフィードを右サイドでスピードに乗り
受けるとドリブルで仕掛け低く強いクロスを送る。
このボールにゴール中央からニアへ走り込んで合せた11稲原が決めて勝ち越し。
52分伊奈学園、16八反田が落として10高柳がミドルを狙うが当たらず。
56分伊奈学園、9関口のシュートが当たらず抜けた所に16八反田、反応はオフサイド。
56分西武台、13住永のシュートはGKの手をかすめてバーを叩くがゴールならず。
62分西武台、3平山がシュートを放つが伊奈学園GKがファインセーブ。
65分西武台、14松山が再び右を突破してペナ内深く進入して、ファー11稲原が決めて
3-1と試合を決定付けるゴール。
79分伊奈学園、11大野→10高柳→2細矢と繋いで細矢がシュートもゴールならず。
80分西武台、4中西がシュートを放ちますが枠を捕らえず。
試合は3-1で西武台が勝利しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成23年度中央新人大会 武南vs川口北 (チョットだけ)

 

2012/01/28 平成23年度埼玉県高等学校サッカー新人大会 中央新人大会
Bグループ 第3日 Kickoff 11:00 (40/40) 西武台高校第2G
武南高校 3 3-2 3 川口北高校
0-1
残り5分程
観戦の為不明。

武南vs川口北スライドショー

埼スタから移動して到着すると試合は終盤、武南が前半のリードを保っていました。
展開としては武南の方が有利な雰囲気でしたが、AT2分自陣からのFKをGKが蹴った流れ
から川口北9番が決めて同点で試合終了。
到着から5分程の観戦でしたが川口北は良く追い付き、苦労した中央新人大会を終えて
県大会に向けて弾みが付きそうな試合となりました。
この時期の試合とすれば武南も良い経験と言えるのでは無いかと思います。
県大会、その先に繋げて欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉県U-13サッカー選手権 レッズvs尾間木中

 

2012/01/28 第14回埼玉県ユース(U-13) サッカー選手権大会
1回戦 Kickoff 10:00 (30/30) 埼玉スタジアム第2G
浦和レッズジュニアユース 8 5-0 1 さいたま市立尾間木中学
3-1
13分6川上エドオジョン智慧
17分 7轡田 登
18分6川上エドオジョン智慧
21分6川上エドオジョン智慧26分 7轡田 登
39分 14野口 琢真
40分 18町田 ジェフリー
45分6川上エドオジョン智慧
得点 51分 14

◆浦和レッズジュニアユースメンバー
1関 敦也
20渡辺 陽、12知久 航介、2浅賀 祐太、10関 慎之介
9清水 裕太、19松高 遼、3伊藤 敦樹
6川上 エドオジョン 智慧、7轡田 登、15萩原 大智

◆選手交代
HT 12知久 航介、10関 慎之介、9清水 裕太、15萩原 大智
 →4小崎 魁、8斎木 大輔、14野口 琢真、18町田 ジェフリー
38分 20渡辺 陽→11高橋 海翔、3伊藤 敦樹→13中嶋 海登

◆さいたま市立尾間木中学
1
6、11、4、3
7、14
9、8、15
10

◆選手交代
23分 15→19、42分 19→13
51分 7→16、55分 13→20
60+1分 20→7

レッズJr.ユースvs尾間木中スライドショー

レッズTOP、高円宮U-18プレミア、なでしこリーグ、関東大学サッカー、Iリーグ
などへ行っている為、3月から12月は、中々行けないレッズJr.ユースの試合へ。
対戦相手は昨年、県大会準優勝、関東大会第三位、全国大会出場の尾間木中学。
試合開始からレッズが攻め込む展開に。
2分浮き球のパスを抜け出て受けた6川上がループで狙うが枠外へ。
3分、4分と続けて7轡田が放ったシュートはゴールマウスに嫌われました。
6分19松高から9清水はGKが前へ弾いた後キャッチ。
9分尾間木は右サイド3番がドリブルで持ち上がりニアの10番へ。
ここはCKに逃げて凌いだレッズ。
10分6川上から9清水のスルーパスはGKがよんで抑えます。
11分6川上が今度は7轡田へパス。GKとの1対1コースを狙ったシュートは僅か外へ。
ちょっと攻めていて決定機も多い中、ゴールできない時間になり掛ける。
しかし、13分に7轡田が厳しい態勢から6川上へパスを送ると、6川上がドリブルで
持込みGKを見て落ち着いてコースを付いて先制点を奪いました。
レッズは中盤のディフェンスが良く機能して尾間木中にビルドアップを許さず、
安定した試合を運びで、このゴール後は堰を切った様にゴールラッシュ。
17分6川上のボール奪取から7轡田が決めて2-0。
18分6川上にボールが入ると加速するようなドリブルで振り切りゴール。3-0。
21分右からのクロスを6川上が多分、胸で押し込み4-0。
26分9清水から7轡田で5-0。
前半30分でレッズが5点のリードを奪い折り返しました。

レッズは後半開始から4選手を交代。
交代でどうなるかと思いましたが、32分、33分とレッズが攻め手を緩めず。
34分尾間木中は11番のFKから19番が繋いで14番がヒールで狙いますが
当たり弱くGKキャッチ。
38分レッズは更に2選手を交代しました。
39分6川上からHTから出場の14野口で6-0。
40分19松高が右サイド8斎木へ、8斉木から中へ入った18町田が決めて7-0。
HTから入った選手も活躍してゴールを重ねました。
41分尾間木中、カウンターで攻め込むもレッズ戻って防ぎました。
43分、44分とシュートを3回放ったもののゴールできなかったレッズは
45分6川上がループを決めて8-0。
51分尾間木中が14番のカウンターからの流れでチャンスを作ると、
こぼれ球を14番が詰めて1点返します。
このゴールで少し勢いが出た尾間木中が、レッズの攻勢を凌ぎながら、
54分にもチャンスを作りますがゴールは許さず。
試合は8-1でレッズが勝利しました。
もう一試合U-13の試合がありましたが西武台2Gの中央新人戦へ移動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.24

練習試合 西武台vs伊奈学園

2012/01/22 西武台高校練習試合
Kickoff:14:43(40-40) 西武台高校第2G
西武台高校 2 1-0 0 伊奈学園総合高校
1-0
40分 14 松山 友弥
61分 19 伊藤 遼大
得点

◆西武台高校メンバー
12宮前 和哉
48安田 幸司、17垣内 雄貴、22大野 翼、20高橋 渉
19伊藤 遼大、6泉 憲太、21知久 颯利
14松山 友弥、18中村 駿太、16中村 大士

◆交代選手
HT 12宮前 和哉、16中村 大士、14松山 友弥
 →25菅野 翔太、26田村 拓也、24本間 智也

◆伊奈学園総合高校メンバー

17家徳 悠歩、19赤松 知亜里、18片山 晋、22古山 勇太
20木間塚 達、7宮原 大、26野地 浩平
15倉林 健太、24馬橋 直貴、21高浪 恭輔

◆交代選手
56分 20木間塚 達→25本間 寛己

西武台vs伊奈学園スライドショー

2試合終わって帰ろうとしたら、練習試合が始まりそうなので戻って観戦。
序盤は一進一退で始まりましたが10分過ぎからは西武台のペースに。
19伊藤、14松山、18中村が何度と無く伊奈学園ゴールに迫りますが伊奈学園の
GKがファインセーブを繰り返し、決めきれない西武台。
40分西武台、漸く14松山が伊奈学園GKの牙城を崩してゴールを奪い折り返しました。

後半開始に3選手入れ替えと同時に選手のポジションも代えた西武台。
様子見な感じの時間の後、56~59分は伊奈学園が攻めましたが西武台が防ぎました。
61分西武台、シュートのこぼれに19伊藤が詰めて押し込んで2-0とリードを拡げました。
その後、伊奈学園がCKからゴールを目指すも守り、75分からは19伊藤がシュートを
繰り返し放つなど追加点が生まれそうになった西武台ですがゴールはならず。
試合は西武台2-0伊奈学園で終了となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成23年度中央新人大会 川口北vs伊奈学園

2012/01/22 埼玉県サッカー協会 2種高校サッカー 平成23年度中央新人大会
Bグループ 第2日 Kickoff:13:00(40-40) 西武台高校第2G
川口北高校 0 0-0 0 伊奈学園総合高校
0-0
70分 6番
(最後触ってれば9番)
得点 4分 11大野 聖弥
80+3分 3小林 龍之介

◆川口北高校メンバー
21
2、5、13、3
14、10、6、7
9、8

◆交代選手
HT 2→15
63分 7→16、64分 14→17
80分 17→18

◆伊奈学園総合高校メンバー
12高橋 健太
5斉藤 来東、3小林 龍之介、4細沼 洋介、2細矢 歩
8小田切 敦史、14新井 佑典、6山崎 裕史、9関口 諒
11大野 聖弥、10高柳 慧太

◆交代選手
52分 14新井 佑典→16八反田 優、74分 6山崎 裕史→13石井 涼太

川口北vs伊奈学園スライドショー

試合開始から攻め込んだ伊奈学園が4分、FKに11大野が合せて先制。
その後も川口北のボール保持者へのアプローチの早い伊奈学園が
試合を優位に進め続けました。
また、伊奈学園のGK高橋が常にコーチングを続けて修正を図り隙を見せない
前半を1点リードして折り返しました。
試合を支配していた事を考えるともう1,2点欲しい伊奈学園の前半でした。
その意味では、耐え凌いだ川口北も悪くは無い前半の結果と言えるかも知れません。

前半は攻める伊奈学園、耐える川口北で推移しましたが、後半は一進一退。
川口北が上げて入った事と伊奈学園に少し疲れが来た事が試合に緊張感を与えました。
46分伊奈学園、47分川口北、49分伊奈学園、50分川口北、51分伊奈学園と攻めあい
52分には伊奈学園が選手交代。離れつつある流れを戻そうとしました。
59分9関口と8小田切のワンツーで9関口がシュート。60分8小田切のCKからゴールを
目指しましたがゴールを奪えず。
63分川口北が選手交代。
64分には9番がボレーを放ちますが伊奈学園GK高橋がファインセーブで弾いたボールは
バーに当たり外へ。CKとなりゴールに繋がらず。
64分更に川口北選手交代。後一歩な雰囲気の試合を動かしに掛かります。
65分川口北がFKを獲得もゴールならず。
70分川口北、左からの6番のクロスはゴールへ向かいながら詰めた9番の先へ。
多分そのまま吸い込まれて川口北が1-1の同点に追い付きました。
73分伊奈学園、16八反田がCKを獲得、8小田切がCKを中央に走り込んだ11大野へ。
こぼれ球に8小田切が詰めてシュート。これは川口北がブロックしてゴールならず。
74分伊奈学園、選手交代。この間に8小田切が一発退場に。
交代を観ていて一瞬、何があったか解らず、誰と交代したのか、何で伊奈学園が10人
なのか解りませんでしたが、8小田切が退場になったという事でした。
数的に足りなくなった上に、攻撃で中心的な役割をしていた8小田切を欠いて厳しく
なった伊奈学園ですが、川口北の攻撃を凌ぎながら、時間が過ぎAT2分表示が出ました。
80+3分伊奈学園、FKを獲得するとクイックで繋いで右からシュート。こぼれを3小林が
詰めて土壇場で伊奈学園が突き放して試合終了となりました。

川口北としては厳しい内容の試合を粘って、追い付き終盤に伊奈学園に退場者が出た
中で最後に突き放されてしまい勿体無い印象の敗戦。
伊奈学園としては攻めて優位に立った前半で決めきれず、後半川口北に盛り返され
勝利を逃しかけた試合での勝利は非常に大きかったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成23年度中央新人大会 武南vs西武台

2012/01/22 埼玉県サッカー協会 2種高校サッカー 平成23年度中央新人大会
Bグループ 第2日 Kickoff:11:00(40-40) 西武台高校第2G
武南高校 4 1-1 1 西武台高校
3-0
7分 5三浦 柾人
63分 9中薗 優太
78分 5三浦 柾人
80分 23大久保 寿希也
得点 33分 10小布施 恭平

◆武南高校メンバー
1
17勝山 雄月、8、5三浦 柾人、4
15、19鈴木 裕也、6、21
9中薗 優太、10

◆交代選手
58分 10→16
??分 15→23大久保 寿希也

◆西武台高校メンバー
1甲斐 朋也
3平山 創士、4中西 裕太郎、5矢島 和弥、2吉崎 侑矢
11稲原 聖矢、13住永 和万、6川又 悠史、9村上 健太
8菅原 翔太、10小布施 恭平

◆交代選手
61分 10小布施 恭平→14松山 友弥、11稲原 聖矢→16中村 大士

武南vs西武台スライドショー

試合開始から武南が左サイドからの攻撃で優勢に進めました。
4分FKを獲得した西武台ですが3平山が蹴りましたがGKがキャッチ。続いて
5分に西武台が左から9村上がシュートを放ちますがGKがCKに逃げました。
7分武南、FKを獲得すると17勝山が右足でゴールに向かうキック。
このボールを5三浦が頭で叩きゴール、武南が先制しました。
12分武南、6番から21番そしてぺネルティエリア内の15番へパスを送りましたが
ここは西武台DFが15番の前でクリアしました。
13分西武台、9村上がカットしてそのままドリブルで攻め上がりファーへクロス。
ファーへ詰めた選手には届かず武南DFがカット。
この後も西武台はクロスを上げるシーンが有ったが武南の高さに掛かり、有効な
クロスは余り送ることが出来ませんでした。
武南、優勢の試合展開で時間が進むが、30分過ぎ頃から左サイドのみだった
西武台の攻撃が右からも攻め込めるようになり始め、33分、左11稲原のクロスを
10小布施が決めて1-1の同点に追い付きました。
35分西武台、FK8菅原が蹴り3平山がゴール前へ送るもゴールならず。
37分武南、21番のシュートはGKがキャッチ。
38分西武台、武南陣右コーナー付近への長いボールに諦めずにアプローチした
9村上が武南DFに絡んでボール奪取からファーへクロス。武南DFが守る。
40+1分武南、17勝山のFKは直接狙うが枠を捕らえず、前半は1-1同点で終了。

41分、後半最初の攻撃を仕掛けたのは西武台。11稲原のシュートはGKが触り
こぼれるところへ8菅原が詰めましたがGKがキャッチ。
47分西武台、11稲原が再びシュート。ここは武南DFが当ててCKに。
この左からのCKは8菅原が蹴りましたがファー大外狙うも大きくなってしまいました。
58分武南が選手交代。61分西武台が2選手を交代。
62分武南、23大久保が繋いで9中薗が決めて武南が勝ち越し。
選手交代で追い上げに入ろうとした矢先の失点で厳しくなった西武台。
78分武南、19鈴木のFKに走りこんだ5三浦が頭で合せて3-1と突き放しました。
この3点目で西武台の集中が切れた印象で、40分には17勝山のパスを受けて23大久保
が決めて4-1として武南が西武台に大差を付けて勝利しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.18

TCY U-14 ジェファFCvsインテリオールFC

 

2012/01/15 平成23年度 第19回 東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会
3次リーグ[3B] Kickoff:14:40(35-35) 駒沢第二球技場
ジェファFC ジュニアユース 5 2-0 0 インテリオールFC
3-0
20分 11小笠原 優太
29分 11小笠原 優太
41分 15石原 海
55分 33富樫 孝介
68分 5西垣 俊
得点

◆ジェファFC ジュニアユースメンバー
25萩原 力
19大畑 雄亮、31中村 大志、4柳澤 剛、7岡田 真夏斗
11小笠原 優太、26白瀧 良太、27五十嵐 悟、15石原 海
14小林 和樹、29澤頭 良介

◆選手交代
43分 26白瀧 良太→33富樫 孝介、51分 29澤頭 良介→10山田 英介
58分 14小林 和樹→5西垣 俊、63分 4柳澤 剛→13落合 武
65分 11小笠原 優太→34長谷川 夏基
70分 27五十嵐 悟、15石原 海→30新岡 敏伸、23神宮寺 励

◆インテリオールFCメンバー
12
16、20、13、2
48、9、7、18
10、3

◆選手交代
42分 2→23、48→11
49分 3→5、60分 18→17

ジェファFCvsインテリオールFCスライドショー。

序盤からジェファFCが有利に試合を進めました。
20分ジェファFC、14番がインテリオールFCのDFのミスを逃さずボールを奪うと
11番に繋ぎ11番が決めて先制。
29分ジェファFC、ペナルティエリア付近でパスを受けた11番がシュートを決めて2-0。
35分ジェファFC、FK獲得。27が蹴るが壁に当たり前半終了。

後半もジェファFCが有利に展開するが前半よりはインテリオールFCが積極的に
来ている印象でした。
41分ジェファFC、右から15番がシュートを決めて3-0。
55分ジェファFC、33番がこぼれ球をミドルで狙ってゴール、4-0。
68分ジェファFC、5番がシュートを放つとDFに当たりこぼれるが、再び5番がシュートを
放ちゴールを奪い5-0。
得点差の影響も有ったのでしょうがインテリオールFCは、戦う姿勢というか、
我武者羅さ等が余り感じられず、その辺りが5点の差になっていたような感じがしました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

TCY U-14 FC GONAvsFC東京U-15むさし

 

2012/01/15 平成23年度 第19回 東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会
3次リーグ[3E] Kickoff:13:15(35-35) 駒沢第二球技場
FC GONA 2 2-2 4 FC東京U-15むさし
0-2
10分 10
24分 10
得点 13分 32佐藤 亮
20分 28多嶋田 雅司
47分 21下杉 洋樹
69分 29高橋 英暉

◆FC GONAメンバー
23
33、6、5、32
7、9、4
15、10
38

◆選手交代
22分 15、32→46、99
39分 7→11、44分 99→14
51分 38→12、58分 4→37

◆FC東京U-15むさしメンバー
20林崎 航→25島﨑 智成
22佐藤 誠司、34泉 勇気、30小山 拓哉、33相原 克哉
24安部 柊斗、26丸山 貴大、32佐藤 亮、21下杉 洋樹
36塚田 士文、28多嶋田 雅司

◆選手交代
HT 30小山 拓哉→35阿部 優澄、20林崎 航→25島﨑 智成
44分 28多嶋田 雅司→27西元 類
51分 22佐藤 誠司→29高橋 英暉

FC GONAvsFC東京U-15むさし、スライドショー。

1分FC GONA、10番のロングシュートはGKがイージーキャッチ。
4分FC東京むさし、21下杉、縦パス受けて溜めてからインパクト有るシュートは枠外へ。
5分FC東京むさし、ゴール前でシュートパス繋ぎ21下杉シュートはバー上。
ここから5分程はFC東京むさしがCKや流れからゴールに迫るシーンが続くがフィニッシュ
が決まらずゴールを奪えない。
10分FC GONA、高い位置でボールを奪うと、10番がドリブルからシュート。
厳しく攻められて耐えた時間から、一瞬の先制ゴールを奪う。FC GONAが先制して
試合は面白くなりそうな感じがしました。
10分FC東京むさし、最終ラインから22佐藤が右を上がり、ゴール前21下杉へクロス。
このクロスに21下杉が合わせるもミートせず僅か外へ。
12分、22下杉の早いFKから32佐藤がDF背後に抜け出しFC GONA、GKと1対1からシュートも
FC GONA、DF33番が掻き出してクリア。ゴールに迫りながら得点できないFC東京むさし。
13分FC東京むさし、CK21下杉が蹴るがFC GONA、GKがクリアする。クリアボールを33相原が
反応して32佐藤へと繋ぎ、32佐藤が芸術的ループで漸くゴールを奪い1-1の同点に。
FC GONAの先制から僅か3分でFC東京むさしが追い付いてしまいました。
圧倒的優位な試合展開のFC東京むさしがこの時間に追い付いた事でワンサイドになって
しまうと感じましたが、スコア的にはその心配は杞憂に終わりました。
20分FC東京むさし、右22佐藤から26丸山が前線へ飛び出しクロス、28多嶋田がドンピシャ
ヘッドで2-1と勝ち越し。
22分FC GONA、2選手を交代。
24分FC GONA、再び高い位置でボールを奪うと10番が思い切ったロングシュートを放つ。
このボールが展開的に前に出ていたGKの頭上を越えてFC東京むさしゴールに入って2-2。
あれが入るとは驚きのナイスコントロールでした。
このゴールから前半終了まで基本的には、FC東京むさしが一方的な展開。
21下杉、22佐藤、33相原がスピードでサイドを征してチャンスを連発。
しかし、フィニッシュが雑な印象でゴールを奪えない状況が続く。
FC GONAは22分の交代以降、少し組織的に守れてる感じは出ていて、稀に良い位置で
奪えると守備機会少なく前掛り気味のFC東京むさしの隙を衝けそうなシーンもありました。

後半HT明けから9分までに両チーム選手交代を実施。
43分FC東京むさし、21下杉がドリブル突破からゴール前へ、32佐藤が合わせるが、
FC GONAのGKとDFが体を張って守りゴール奪えず。
45分FC GONA、スルーパスで背後に抜け出した10番が、FC東京むさしGK島﨑をかわすが
その1プレーのコントロールが大きくなりゴールラインを割ってしまう。
46分FC東京むさし。中央に走りこんだ27西元が縦パスを入受けて相手の逆を突いて
素早いターンから左サイドの21下杉へラストパス。21下杉が左足で決めてやっと勝ち越し。
この後もFC東京むさしはBIGチャンスを作りながらフィニッシュの甘さとFC GONA守備陣の
頑張りにあって追加点が奪えないまま時間が進みました。
68~69分FC東京むさし。21下杉、27西元とのワンツーから21下杉がドリブルで駆け上がり
クロスを送ると29高橋が頭で決めて4-2とダメ押しゴールを奪い試合終了。
FC東京むさしは、間違いなく巧いし、3次リーグ出場チームの中では抜け出た技量があると
思いますが、ラストパスまでの形は出来ているもののシュートに課題がある感じがします。
圧倒しながら足元をすくわれてしまう試合がありそうな、そんな印象でした。
FC GONA、10番のシュート力と38番の頑張りや守備陣の粘り強さは印象に残りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.17

TCY U-17 トリプレッタvs大宮ソシオ

 

2012/01/15 平成23年度 第13回 東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会
1次リーグ[1A] Kickoff:11:15(45-45) 駒沢第二球技場
FCトリプレッタユース 3 0-1 2 大宮ソシオFC U-18
3-1
53分 8眞壁 亮太
72分 8眞壁 亮太
90+1分 24金子 甲弥
得点 22分 12
81分 12

◆FCトリプレッタユースメンバー
16
12、3、2、4
5
7中嶋 脩人、11
8眞壁 亮太、9村川 薫平、18

◆選手交代
83分 14→24金子 甲弥、89分 18→20
90分 11→6三谷 佑介、90+2分 9村川 薫平→15

◆大宮ソシオFC U-18メンバー
17
8、3、6、7
10、28、5、16
12、41

◆選手交代
10分 5→30、HT 30→18

トリプレッタvs大宮ソシオ、スライドショー。

5分トリプレッタ11番からパスを受けた18番がシュート。大宮ソシオGKキャッチ。
10分大宮ソシオ5番負傷で30番と交代。
11分大宮ソシオFKを10番が狙うがトリプレッタGKがキャッチ。
15分トリプレッタ7番がミドルで狙うが僅かに枠外へ。
大宮ソシオは41番が仕掛けて局面を打開してチャンスメーク。
トリプレッタはチームで攻める感じでした。
20分大宮ソシオ、41番がキープから8番→10番と繋ぎCK獲得。左CKを10番がファーへ
合せようと飛び込んだがGKがキャッチ。
21分大宮ソシオ、10番の突破から16番がシュート、トリプレッタCKへ逃げる。
左CKを10番が蹴り6番に合わせシュートはバー上へ。
22分大宮ソシオ、10番良く走りゴールライン、ギリギリで追い付いてクロス。
12番が中で合せてゴール!良い時間が続いた大宮ソシオが先制。
26分トリプレッタ、大宮陣に攻め込みゴールに迫るとこぼれ球を9番がシュート。
ここは、当たり損ねた感じでゴールマウスを避けるような軌道で外へ。
30分には大宮ソシオ、33分にはトリプレッタと攻め合うがゴールには届かず。
大宮ソシオは20分過ぎ辺りから10番の動きが良くなり41番と共にテクニックを
生かして攻撃を組み立てられるのが効いていました。
40分トリプレッタ、11番がFKを獲得。5番が早いリスタートで7番へ。7番のシュートは
大宮ソシオDFに当たりこぼれをトリプレッタがシュート、再びDFに当たり外へ。
トリプレッタの選手はハンドをアピールも判定はノーファール。
このCKは外を巻いてしまいゴールキックに。
45分トリプレッタ、右14番から18番へ、ここは大宮ソシオDFが入り防ぎました。
前半は大宮ソシオが1点リードして折り返しました。

後半は大宮ソシオが46分、52分とチャンスを作るもゴールならず。
53分トリプレッタ、18番→9番→7番が意表を衝くヒールで8番へ。8番が決めて同点。
57分から71分まで大宮ソシオが攻めてトリプレッタが凌ぐ時間が続くが得点ならず。
72分トリプレッタ、ゴール前7番から8番で逆転ゴール。トリプレッタ2-1大宮ソシオ。
77分大宮ソシオ、8番のCKは6番を狙うがGKキャッチ。
78分大宮ソシオ、スルーパスに抜けた41番がGKと1対1。GKを抜いた際にバランス崩し
ギリギリで折り返すがGKがキャッチ。
81分大宮ソシオ、トリプレッタのクリアボールを奪った流れから右8番がゴール前の
12番へ合せると12番が1タッチで同点ゴールを奪う。トリプレッタ2-2大宮ソシオ。
82分大宮ソシオ、41番がシュート、GK僅かに触るがボールはゴールマウスへ向かう。
このボールに12番がカバーに戻りクリア。辛うじてトリプレッタが守る。
83分トリプレッタが選手交代、14番に代えて24番起用。
89分トリプレッタ、18番に代えて20番起用。交代直後7番から24番への好フィードを
大宮ソシオ6番が好守備で防ぐ。
90分トリプレッタ、11番に代えて6番起用。
そしてATに入りトリプレッタの交代策が決勝ゴールを生む。
90+1分、8番のおとしに6番シュート、こぼれると24番が詰めて決勝ゴールを奪う。
90+2分大宮ソシオ、18番のシュートはGKキャッチ。
90+2分トリプレッタ、9番に代えて15番起用。
90+3分大宮ソシオ、10番CK獲得。CKを8番が蹴りファーでシュートはサイドネット外。
見応えある試合はAT3分で終了しトリプレッタが勝利しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TCY U-17 リオFCvs杉並FC

 

2012/01/15 平成23年度 第13回 東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会
1次リーグ[1B] Kickoff:9:15(45-45) 駒沢第二球技場
リオFC U-18 4 3-0 1 杉並FCユース
1-1
32分 14
38分 6
41分 10
66分 10
得点 82分 8

◆リオFC U-18メンバー
1
12、3、5、2
7、6、8
14、10、9

◆選手交代
78分 14→16、81分 10→13
83分 8→15、90分 9→17

◆杉並FCユースメンバー
1
12、6、20、2
4、13
8、16、10
18

◆選手交代
HT 1、20、18→31、17、23
61分 16→14、68分 2→25

リオFCvs杉並FC、スライドショー。

序盤は一進一退の状況で始まりましたが、9分リオFCが12番のスローインから
14番が12番にリバース、12番が中の10番へクロスを送ったプレーはGKキャッチ。
しかし、このプレーから19分の杉並FCのFKまではリオFCが攻める時間が続きました。
リオFCは3TOPと7番の連携と6番が1ボランチ気味に構えて守りを締めていました。
23分杉並FCが18番がドリブルで切り込んで10番がシュート。
GKが弾き再び10番シュート。今度はGKキャッチ。
26分杉並FC8番がCKを獲得して自ら蹴りニアで合せるが枠を捕らえず。
28~30分に掛けてリオFC9番が続けて仕掛けるが、杉並FCのDF人が対応して防ぎます。
31分杉並FC、FKを8番が2番を狙って蹴りますが少し長くなりGKキャッチ。
32分リオFC、フィードを受けて抜け出した14番がシュートを決めて先制。
杉並FCが盛り返しつつある中で、先にペースを掴んでいたリオFCが先制しました。
32分リオFC、勢い付いて10番ロングシュート、34分2番がCK獲得、7番が蹴り10番が
競りましたが、GKへのファール。先制点が大きくリオFCがペースを掴み直しました。
38分リオFC、中央の6番から右9番、中央ゴール前10番へパス。10番スルーか1タッチ
して走り込んだ6番がシュートを突き刺しリオFC2-0杉並FCとしました。
リオFCは守備面の要として機能していた6番の攻撃参加でリズムと厚みが出て
かなり良い形で試合を進められる感じになりました。
39分杉並FC、中央18番→右8番から16番と繋ぎCKを獲得。右CKを8番が蹴るがGKキャッチ。
41分リオFC、7番がマイナスのショートパスを10番へ。受けた10番が決めて3-0。
杉並FC、2選手交代準備も投入前に前半終了。
リオFCは6番と10番、杉並FCでは8番がキープレーヤーな感じでした。

HT明け杉並FCは前半準備の2人とGKの合せて3人を交代。
行き成り開始早々に8番が左からミドルシュートを放ち追い上げるんだ!という意志を
感じる立ち上がりとなりました。
47分にはリオFCも左7番から右9番へパスを繋いで9番がミドルと撃ち返します。
51分杉並FCがチャンスを作りましたが、リオFCのGKが好判断で防ぎました。
54分、56分、60分、62分と杉並FCが攻めますが、リオFCが耐えてゴールを割らせません。
63分リオFC、中7番から右10番へ。10番のおとしを9番シュートは開発。
66分リオFC、中盤を巧く繋いで右9番へ、9番はペナ内10番へパス。10番の1stタッチは
チョットずれたが巧くミートしてゴール。杉並FCの攻勢の中、貴重なゴールで4点差。
67分杉並FC、大きな失点の後も諦めず18番がシュート。これは枠を捕らえず。
互いに攻め合う展開となるがゴールは生まれず残り10分を切りました。
82分杉並FC、右23番から中央10番→やや左8番へ。8番のシュートが決まり1点返しました。
84分、86分、89分、90+2分と杉並FCが攻めましたが追加点は無くリオFCが4-1で勝利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TCY U-17 TFCシュトルツvs東京ベイFC

 

2012/01/14 平成23年度 第13回 東京都クラブユースU-17サッカー選手権大会
1次リーグ[1A] Kickoff:16:45(45-45) 駒沢第二球技場
TFCシュトルツ ユース 2 2-0 1 東京ベイFC U-18
0-1
11分 14田代
18分 27釣谷
得点 84分 15

◆TFCシュトルツ ユースメンバー
38
18、7、22、20
17、8
27、14、3
5

◆選手交代
72分 5→24、78分 3→33
89分 8→30

◆東京ベイFC U-18メンバー
61
4、3、6、19
14、11、7、13
15、8

◆選手交代
86分 13→20

TFCシュトルツvs東京ベイFC、スライドショー。

序盤は東京ベイがチャンスを作るも、シュトルツが凌いで迎えた
11分、5番のおとしに14番がミドルを決めてシュトルツが先制。
16分東京ベイも11番が中で受けて右15番へ展開、15番のクロスは7番へ届かず。
ゴールに繋がらないものの良い流れの攻撃を見せました。
18分、シュトルツが追加点。27番が諦めずに詰めてボール奪取からシュート。
44分東京ベイ、14番CKからチャンスになるがシュトルツがゴール許さず。
前半はシュトルツが2点リードで折り返しました。

後半は東京ベイがシュトルツのDFとGKの間へ徹底して蹴り込んでゴールを狙いました。
61分8番がシュトルツGKとの1対1の場面を作るがGKが巧く処理。
66分裏狙いからこぼれて11番ミドルは枠外。
70分7番のパスカットから11番がシュートは枠外。
71分14番から11番と繋ぎシュートはGKキャッチ。
必死の追撃に出た東京ベイに押されている感じのシュトルツは71分5番がチェースして
ボールに触るとゴール方向へ、しかし東京ベイGKが戻る。
72分東京ベイ11番のシュートはシュトルツ22番足出して防ぐ。
73分東京ベイ6番CKはシュトルツGK触るもクリアできずファーでHSを放つがバー上へ。
80分東京ベイ13番、15番がゴールに迫るがシュートに持ち込めず。
84分東京ベイ、6番の右CKのこぼれをファーで15番がシュートを決める。
85分東京ベイ、4番から13番でシュートはGKキャッチ。
後半は東京ベイが11番、13番、14番、15番を中心に攻め込みチャンスを作る物の
シュトルツが粘り強く守って、84分の1失点に押さえ込んで逃げ切り勝利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TCY U-14 FC町田ゼルビアvsFC東京U-15むさし

 

2012/01/14 平成23年度 第19回 東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会
3次リーグ[3E] Kickoff:14:55(35-35) 駒沢第二球技場
FC町田ゼルビア U-15 0 0-3 6 FC東京U-15むさし
0-3
得点 6分 35阿部 優登
24分 32佐藤 亮
28分 32佐藤 亮
53分 22佐藤 誠司
62分 29高橋 英暉
63分 27西元 類

◆FC町田ゼルビア U-15メンバー
1
19、5、24、3
42、16、6、8
44、30

◆選手交代
HT 8、44→7、15
51分 42→11、59分 30→43
63分 5→29

◆FC東京U-15むさしメンバー
25島﨑 智成
30小山 拓哉、34泉 勇気、26丸山 貴大、33相原 克哉
28多嶋田 雅司、24安部 柊斗、36塚田 士文、35阿部 優澄
27西元 類、32佐藤 亮

◆選手交代
HT 25島﨑 智成→20林崎 航、24安部 柊斗→21下杉 洋樹、
HT 28多嶋田 雅司→22佐藤 誠司、58分 35阿部 優澄→29高橋 英暉

FC町田ゼルビアvsFC東京U-15むさし、スライドショー。

試合開始からFC東京むさしがBIGチャンスを作るもゼルビアGKは好セーブ。
ここからお互いに予想に反して縦に長い展開でチャンスを作りあいました。
5~6分FC東京むさし、プレスでボール奪取して30小山がクロス27西元が
シュート。相手DFに当たりごぼれに32佐藤亮が反応しシュートはバーを直撃。
このこぼれ球に35阿部が厳しい角度から強烈なボレーでゴール。
ゼルビアはFC東京むさしの27西元の裏を取る動きや32佐藤のキレの良い
ドリブルに対応しきれないシーンが見られチョットDF面は厳しい感じ。
13分、ゼルビア。バイタルエリア内でFKを獲得するがGK25島﨑が良い反応で
ゴールを許さない。
23~24分、GK25島﨑からの34泉→30小山→24阿部と繋いで前線へスルーパス。
ゼルビアDFの裏に走りこんだ32佐藤が冷静に技ありのループシュート。2-0。
28分。24阿部のカットから綺麗にパスワークで繋ぎ、ゼルビアを翻弄、
最後は中央で35阿部から32佐藤に優しいパスが出て32佐藤左足で3点目。
FC東京むさしは観た感じポゼッション率70%を超える支配をして、ゼルビア陣
で多くの時間を費やし決定機もかなり多くありながら、フィニッシュの精度を
欠いて6,7点は決めていて可笑しくない試合を3点で折り返してしまった印象。

後半はゼルビアも修正して中盤での攻防が続く一進一退の展開で始まりました。
53分22佐藤が相手に競り勝ち、27西元とワンツーで抜け出し、ドリブルで
持ち込み豪快なシュートがサイドネットに突き刺さる試合を決めるゴール。
この後、前半同様に決定機を逃すFC東京むさしでしたが62分、前線で21下杉が
ボールを奪い32佐藤へ、このボールを32佐藤がコントロールしてシュート。
相手DFがクリアしきれず、こぼれる所に29高橋が詰めてボレーで叩き込む。
続いて63分には、左サイドから攻めてサイドチェンジ。33相原と21下杉の
ワンツーで33相原が抜け出しクロス、このボールへ詰めた29高橋が競り合い、
こぼれを27西元が強烈なシュート、ゼルビアGKが弾くが、ボールはゴールへ。
前半10分過ぎから一方的な試合だった前半に比べると後半はゼルビアも結構
チャンスも有り互角とは言えないが、良い戦いは出来ていた感じがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TCY U-14 FC多摩vsFC VIDA

 

2012/01/14 平成23年度 第19回 東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会
3次リーグ[3A] Kickoff:13:30(35-35) 駒沢第二球技場
FC多摩ジュニアユース 3 3-0 1 FC VIDA ジュニアユース
0-1
10分 22斉藤 諒
18分 4浅見 颯人
34分 6石塚 功志
得点 53分 47

◆FC多摩ジュニアユースメンバー
1渡辺 聖也
20小山 和人、29中村 竜太、34橋本 彪、6石塚 功志
41山田 聖也、2相澤 圭佑
24嶋 優吾
22斉藤 諒、4浅見 颯人、9奥 陽寛

◆選手交代
HT 29中村 竜太、9奥 陽寛、22斉藤 諒、24嶋 優吾→
 12加藤 勇樹、8大駒 俊輔、30永良 優貴、42吉村 祐哉
42分 2相澤 圭佑→39宮内 健一、53分 6石塚 功志→23椎名 虎ノ助
54分20小山 和人→37前川 翔
68分34橋本 彪、41山田 聖也→43青山 直斗、7上田 真聖

◆FC VIDA ジュニアユースメンバー
41
46、3、4、59
57、43、42、47
49、51

◆選手交代
42分 57→11、61分 49→58

FC多摩vsFC VIDA、スライドショー。

インターバルが殆ど無く次々に試合が始まる駒沢第二。
観戦3試合目はFC多摩対FC VIDA。
FC多摩が良い試合の入り方をして10分、41山田から22斉藤で先制。
18分ディフレクトしたボールを4浅見が拾ってGKとの1対1を抜いてゴール。
34分FC VIDAのGKが前に出てクリアしたボールをカットしてFC VIDAのDFが
カバーに戻りきる前にゴールへ流し込み3-0とリードを広げる。
FC VIDAのGKは好判断で前に出て決定機を防いだプレーだったので惜しかった。
流石に3戦して2勝1分、グループ首位を狙うFC多摩がボールを受けて前を向く
連続で試合を支配して良い内容で前半を折り返しました。

後半開始HT明けにFC多摩が4選手を入れ替え。ポジションもチェンジ。
これがリズムを失う結果になりました。前半が素晴らしかっただけに代わって入る
選手が同校という事ではなく、変化を与えた事が試合としては難しくしました。
ただ、多くの選手に出場機会を与えて育てて行く事も大切な年代でもありますし
この後も積極的に交代してスタメンから9選手を入れ替えたFC多摩でした。
53分にFC VIDAが左46番のゴールへ向かうクロスを47番がすらして1点返しました。
しかし、反撃もここまで、結局前半のリードを生かしたFC多摩が3-1で勝利しました。
FC多摩が3勝1分、FC VIDAが1勝3敗で終了しました。
得失点差でFC多摩がグループ1位、町田JFCがグループ2位となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TCY U-14 町田JFCvs東京ベイFC

 

2012/01/14 平成23年度 第19回 東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会
3次リーグ[3A] Kickoff:12:05(35-35) 駒沢第二球技場
町田JFC ジュニアユース 3 2-1 1 東京ベイFC U-15
1-0
6分 31
15分 55
63分 39
得点 17分 55

◆町田JFC ジュニアユースメンバー
40
56、37、47
38
32、31
42、44、55
41

◆選手交代
22分 44→34、46分 55→39
68分 42→51

◆東京ベイFC U-15メンバー
31
40、34、3、33
11、20、6、10
42、55

◆選手交代
HT 42→9、47分 9→2
59分 20→39、63分 2、11→8、36
70分 10→15

町田JFCvs東京ベイFC、スライドショー。

2試合目の観戦は町田JFCと東京ベイの一戦。
東京ベイはオーソドックスな4-4-2に対して、町田JFCは相手のFW2人に対して
後に3枚残る事が決め事になっている感じ以外、このポジションは関係なく
前を向いて良い形でプレーできる選手はどんどん攻撃に参加。
システム的には敢えて記せば上記のような3-3-3-1な感じですが55番などは
前半、後半ともキックオフ時点ではCB位置に居ましたし、
取り敢えず試合中に
比較的それぞれ長く居た位置を記しておきました。

6分町田JFCが右からのグラウンダーのパスを31番が1タッチで決めて先制。
15分町田JFC55番がゴール前中央でハンドオフからシュートを決めて2点目。
ここまでボールにアグレッシブにアプローチする町田JFCが有利に展開も
ボールに集まる傾向がDF面でもあり、守備時に5バック3ボランチの様に
なってしまう事もあり東京ベイもチャンスを作っていました。
17分、東京ベイ55番がカウンターからループを決めて1点差に追い上げました。
前半は町田JFC2-1東京ベイで終了。

後半は得点が動かない状況が続くなか両チーム選手も代えて試合が進みました。
63分均衡を破ったのは町田JFC、39番が放ったシュートはGKの手をかすめてゴール。
このゴール直後に東京ベイは2選手を交代、終了間際にも交代してゴールを
目指すもゴールは奪えずに町田JFC3-1東京ベイで終了。
これで町田JFCは3次リーグ3勝1分、東京ベイは2勝2敗で終了しました。

続きを読む "TCY U-14 町田JFCvs東京ベイFC"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TCY U-14 府ロクvsFRIENDLY

 

2012/01/14 平成23年度 第19回 東京都クラブユースサッカーU-14選手権大会
3次リーグ[3H] Kickoff:10:45(35-35) 駒沢第二球技場
府ロクSCジュニアユース 2 0-0 1 FRIENDLY ジュニアユース
2-1
46分 8
62分 11
得点 50分 23

◆府ロクSCジュニアユースメンバー
1
6、3、41、11
8、20
29、44、28
42

◆選手交代

◆FRIENDLY ジュニアユースメンバー
25
13、5、26
36、4、35、19
10
23、24

◆選手交代
48分 10→34、50分 35、19→31、40
60分 40→17

府ロクvsFRIENDLY、スライドショー。

駒沢第二球技場へ到着すると試合が始まって5分ほど過ぎたところでした。
ユニフォームで府ロクとFRIENDRYの対戦と確認しました。
序盤は中央をCB4番とボランチ5番で固めたFRIENDLYに対して
府ロクが20番からサイドに開く44番、28番を使いチャンスを作っていました。
FRIENDRYはしっかり繋いで攻める意図を感じるプレーが多く、10番
から2TOPへとパスが供給できるとチャンスになっていました。
20分過ぎ府ロクが開始当初は42番と2TOPを形成していた44番がTOP下に下がり
プレーを始めるとFRIENDRYの中盤の守りが混乱した感じで
プレスポイントが定まらなくなり、府ロクが優位に立ちました。
前半はスコアレスで折り返しました。

先制ゴールは府ロク、46分に8番がミドルを決めました。
しかし、メンバー交代後の50分FRIENDRYが19番のパスを受けた23番が
同点ゴールを決めて試合は振り出しに。
選手交代を使い逆転を狙うFRIENDRYですがゴールならず。
62分に府ロクが11番のシュートで突き放し2-1で勝利しました。
これで府ロクは3次リーグ4戦全勝、FRIENDRYは3勝1敗で終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.10

第91回天皇杯 京都サンガvsFC東京

2012/01/01 第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会
決勝 MatchNo.87 kickoff 14:05 国立競技場 観衆:41,974人
京都サンガF.C. 2 1-3 4 FC東京
1-1
13分 15中山 博貴
71分 31久保 裕也
得点 15分 6今野 泰幸
36分 3森重 真人
42分 49ルーカス
66分 49ルーカス

京都vs東京スライドショー

◆京都サンガF.C.スタメン
1水谷 雄一
16福村 貴幸、3森下 俊、8安藤 淳、18加藤 弘堅
7チョン・ウヨン
15中山 博貴、23中村 充孝、20工藤 浩平
9ドゥトラ、13宮吉 拓実

◆選手交代
54分 9ドゥトラ→31久保 裕也
58分 23中村 充孝→22駒井 善成
76分 18加藤 弘堅→26下畠 翔吾

◆FC東京スタメン
20権田 修一
33椋原 健太、6今野 泰幸、3森重 真人、2徳永 悠平
4高橋 秀人
39谷澤 達也、10梶山 陽平、18石川 直宏
22羽生 直剛
49ルーカス

◆選手交代
71分 22羽生 直剛→11鈴木 達也
75分 39谷澤 達也→9ロベルト・セザー
88分 18石川 直宏→14中村 北斗

こちらは恒例のNHK地上波で生中継されました、天皇杯、元日決勝です。
10分ほどは東京が49ルーカスのロングシュートや、18石川の右サイドからの攻撃で
CKを獲得して攻めるもゴールにつなげられず。横パスを京都に20工藤、23中村に
狙われ反撃されて9ドゥトラ、13宮吉が好機を得る等どちらにも得点機会がありました。
13分京都、こぼれ球が9ドゥトラに入りDFを引き付けてフリーの15中山へ。このパスで
勝負有り、15中山が決めて京都1点先制。
ところが15分東京、右ショートコーナーから18石川のクロスに6今野合せてあっさり同点。
この、失点直後のゴールが実力的に上回る東京には大きな力になりました。
18分京都は13宮吉、15中山、9ドゥトラの3人でカウンターを完結もゴールならず。
しかし、この少人数でやり切れるカウンターの鋭さが京都の大きな武器ですが、MFやDFの
組織力や1対1の対応など見ると東京とはかなりの差を感じます。
25分を過ぎると京都の守備陣が漸く東京の攻撃に慣れて来て安定し始めて少し試合が
落ち着いた時間に入りました。
36分そんな落ち着いて来ていた中を東京がFKを獲得。
ポイントには18石川と3森重、石川が横へずらしたボールを森重が振り抜くとドライブが
掛かったシュートはゴールマウス直前で激しく落ちてゴールイン!
素晴らしいFKが決まって東京が逆転しました。
このゴールで勢いを得た東京は京都陣で試合を続け、42分4高橋が跳ね返したボールに
49ルーカスが抜けてGKと1対1を決めて3点目。
前半は京都1-3東京で折り返しました。

後半は開始から5分ほど経つとコンパクトさが薄れてオープンな展開になって行きました。
66分東京、39谷澤→33椋原→49ルーカスと繋ぐとルーカスがGKを寝かせてからシュート。
これで東京は4点目を奪い試合を決めた印象。
71分京都、右CKを7ウヨンがゴール前へ、31久保が高い打点のHSを叩き込み2-4。
31久保は他の競り合いのシーンでも空間認知力と跳躍力、瞬発力の高さを感じさせる形で
競り勝つシーンがありました。今後の成長が楽しみな存在です。
結局試合は京都2-4東京で終了しました。
「元旦、国立、勝ったらアジア、青々赤々、勝ったら、1億円~」のチャントを実現した
東京が天皇杯を制しACL出場権を獲得しました。
東京のチャントについては、チョット悪乗りが過ぎたものがあった気がしました。
まあ、去勢され過ぎるのも良いとは思いませんが、線引きが難しい所です。

オフシーズンも野心的な補強をしていますし、今野の移籍はかなり大きなポイントに
なりそうですが、ACLとJリーグの初体験のシーズンとなる東京ですが、そこそこ良い
戦いをして行けそうな印象を持ちました。
京都は前線のタレント性は有るので中盤以下に安定感を生み出して、1年戦う為にもう少し
戦力を整えられればJ1復帰も有りそうには思いますが、予算的には主力の故障が無いシーズンに
ならないと厳しいのかも知れません。

新年、早々元日観戦の2試合は実力があるチームが順当に勝った結果で終わりましたが
中々、面白い試合を見る事が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第33回全日本女子選手権 INACvs新潟L

2012/01/01 第33回全日本女子サッカー選手権大会
決勝 MatchNo.31 kickoff 10:30 国立競技場 観衆:20,977人
INAC神戸レオネッサ 3 1-0 0 アルビレックス新潟レディース
2-0
44分 13南山 千明
51分 11髙瀬 愛実
70分 4田中 明日菜
得点

INACvs新潟スライドショー

◆INAC神戸レオネッサスタメン
1海堀 あゆみ
6那須 麻衣子、4田中 明日菜、2甲斐 潤子、5近賀 ゆかり
8澤 穂希
13南山 千明、7チ ソヨン、11髙瀬 愛実
9川澄 奈穂美、10大野 忍

◆選手交代
79分 13南山 千明→14米津 美和
87分 7チ ソヨン→16クォン ウンソム

◆アルビレックス新潟レディーススタメン
1大友 麻衣子
2山本 亜里奈、4東山 真依子、23中村 楓、11口木 未来
25上辻 佑実、20阪口 夢穂、5川村 優理、24佐伯 彩
10上尾野辺 めぐみ、9菅澤 優衣香

◆選手交代
66分 24佐伯 彩→26平井 咲奈
66分 25上辻 佑実→8大石 沙弥香

NHK-BSで生中継された第33回全日本女子サッカー選手権大会。
INACの優勢は動かしようが無いものの、予想以上に積極的な戦いを挑んだ
新潟レディースの戦いぶりが試合を面白くしました。
8澤にボールが入る所は9菅澤、10上尾野辺で、両SBに対しては25上辻、
24佐伯の中盤で、20阪口が危ない所をカバーして対応していました。
30分を過ぎるとINACが新潟の守りを掻い潜り侵入する回数が増え始めました。
39分10上尾野辺と4田中がバッティングしたようで治療。
10上尾野辺はかなり腫れているのが解る状態でピッチに戻ってきました。
44分INAC、7ソヨンのFKにゴール前でGK大友と競る様な位置で8澤が触ってシュート
態勢に入りますが、GK大友、澤よりも一瞬早くこのボールに詰めた13南山が
押し込んでINACが先制。実力上位のINACの先制で試合の趨勢は決まった印象。

後半開始からINACがパスを繋ぎフィニッシュへ。
51分INAC、11高瀬良い位置でクリアボールが入りボレーで2-0と決定的ゴール。
70分INAC、7ソヨンのクロスを中央で合せた4田中がHSを決めて3-0としました。
79分からはINACの14米津が現役最後のピッチへ登場。
何度か、点を取らせたいという感じのパスが米津に向けて送られましたが
余り効果的なパスは無く決定的なシーンはありませんでした。
それでも表彰式でカップを掲げる役を任された米津。綺麗な花道となりました。
3点リード後は試合をコントロールして終わらせた感じで女王の名に相応しい
強さで完勝してリーグとカップの2冠を達成しました。

2011シーズン開始当初のようなINACの圧倒的な存在感は無くなりつつあり、
リーグ2位ベレーザ、3位レッズレディース、今大会、準優勝の新潟レディース
とチーム力の上昇と出場機会を得た選手の成長があり、移籍や新加入などと
五輪との日程如何では、かなり競った2012シーズンを迎えそうで楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.04

第90回高校サッカー 1回戦 清商vsルーテル

 

2011/12/31 第90回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 マッチナンバー【7】
Kickoff 14:10(40-40)埼玉スタジアム2002 観衆:7,055人
清水商業高校(静岡県) 1 0-0 0 ルーテル学院高校(熊本県)
1-0
80+3分 9遠藤 維也 得点

■清水商業高校先発メンバー
1志村 俊樹
6兼岡 平、4望月 翔太、5新井 一耀、3松永 将磨
13小山 祥生、14川尻 卓
11中田 智樹、8風間 宏矢、9遠藤 維也
10佐野 翼

■交代
76分 10佐野 翼→25吉田 雄介
80+2分 3松永 将磨→2中村 竜樹

■ルーテル学院高校先発メンバー
1市原 武己
5吉川 凌太、2橋口 修也、3加藤 貴教、11新田 己裕
4上原 俊喜、8木船 祐樹
14三北 啓矢、17牧野 慎太郎、7百合本 啓太
10伊藤 卓

■交代

清商vsルーテルスライドショー

清商とルーテルの一戦。実力校同士の対決となりました。
一進一退の印象で試合が進みます。
バイタルから先に侵入させないルーテルに対して清商はミドルシュートを
放ちますが余りゴールの臭いがする形は作れず。
一方、ルーテルはカウンター狙いなのでしょうが、清商もDFを残していて
決定機を作れませんでした。
そんな中でルーテルのハイボールへの対応がやや不安定な分、清商が有利に
立っている印象で時間が過ぎて前半はスコアレスで終了。
静学の様に観ている人がどよめく様なプレーは見られませんが、基本的な
止める、蹴る、連動するという所はしっかりしている印象の清商ですが
ルーテルもしっかり守っていて中々、ゴールの遠い感じの試合になりました。

後半、両校選手交代なく始まりました。
44分ルーテル、10伊藤がCKを獲得。7百合本→17牧野→7百合本とシュートから
クロスを狙うが清商がクリア、こぼれを14三北→11新田からクロスは清商クリア。
このクリアボールを清商9遠藤がカウンターに繋げ11中田、9遠藤と渡るもDFが
触りこぼれを清商14川尻が拾い右10佐野へ。佐野はクロスを上げるがGKキャッチ。
47分清商、10佐野が個の力で突破してミドルを狙うがGK弾いた後キャッチ。
51分清商、サイドからの攻めでCK獲得してゴール狙うがルーテル凌ぐ。
65分頃までは清商のリズムで試合が進んだ感じでしたがゴールを奪うことは出来ず。
その後、ルーテルが放り込む回数が増えると、前への圧力が出だしてルーテルの
攻撃に勢いが付いてきました。
73分清商、11中田のクロスにGKが出たところを9遠藤がシュート。
10佐野がコースを変えるように頭で合わせるが枠外へ。
76分清商は10佐野に代えて25吉田を起用。
80分清商、6兼岡が中に入った25吉田、9遠藤辺りを狙ってクロスはDFがクリアして
清商CKを獲得しますが、清商11中田が足が攣って外へ出ました。
80+2分清商、3松永に代えて2中村を起用。
80+2分清商、CKは8が蹴り14川尻がすらすも中が合わずシュートに至らず。
80+2分清商、足を攣らせて外に出ていた11中田が戻りました。
80+3分清商、左8風間から11中田がパスを受けてクロス中央で9遠藤が合わせて
GKが触ったものの転がったボールはゴールラインを割り終了間際に清商が先制。
得点の動きは少ないゲームでしたが、中々見応えあるゲームでした。
但し、優勝候補との清商の下馬評には些か過大評価の印象を持ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第90回高校サッカー 1回戦 浦和東vs那覇西

 

2012/01/04 第90回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 マッチナンバー【5】
Kickoff 12:05(40-40)埼玉スタジアム2002 観衆:7,090人
浦和東高校(埼玉県) 5 0-0 0 浦和東高校(埼玉県)
5-0
41分 11鄒 龍輝
61分 10菊池 将太
66分 7菅原 悠平
68分 10菊池 将太
72分 10菊池 将太
得点

■浦和東高校先発メンバー
1平野 雅也
5木村 凌、4小畠 俊貴、2清田 尚希、12宮寺 隼平
8大澤 敬、6有野 涼 、7菅原 悠平
18岸 健太郎、9星子 直哉、10菊池 将太

■交代
HT  18岸 健太郎→11鄒 龍輝
68分 7菅原 悠平→16竹内 悠貴
72分 12宮寺 隼平→3西川 寛人

■那覇西高校先発メンバー
1稲福 千秋
5立津 雅朝、3徳元 悠平、13山内 盛多、4山内 悠
10宮城 晃太、19照屋 啓泰
7具志 泰佑、6新垣 航平、9下地 希一
11山内 昌汰

■交代
76分 9下地 希一→25高良 元気
71分 6新垣 航平→23高嶺 尚太

浦和東vs那覇西スライドショー

2011年の観戦納めに埼スタへ。
今年は国立の開会式に行けずに90回大会初観戦です。
第1試合、浦和東-那覇西、第2試合、清商-ルーテルの対戦です。
以前仕事で住んで居た事も有る沖縄と埼玉の浦和東。
2012年度がラストになる名門清商の戦いを観に行きました。

試合は序盤、攻勢をかけた浦和東ですが2分、3分と得点できず
那覇西の6新垣、7具志、9下地のポジション取りへの対応に苦慮して
7分辺りからは那覇西が良い時間になりました。
浦和東には、ちょっと嫌な流れになって来たなと思った15分。
10菊池がPKを獲得して自分で狙いますが、那覇西GK稲福が見事キャッチ。
ここで決められなかった事が響かないと良いなと思いました。
しかし、18分、20分にはCKから23分にはロングスローからと攻撃を仕掛ける
浦和東が試合中のPKを止められながらも、試合の流れを掴み時間が過ぎました。
25分から32分頃には双方攻めあうもゴール奪えず、その後は浦和東が攻めるも
ゴール奪えず、前半をスコアレスで折り返しました。

後半、頭から動いたのは浦和東。11鄒を投入。
この交代が当たり41分11鄒が1stタッチで右7菅原からのボールを決めて先制。
HTにプレスポイントなど那覇西の攻撃に対しての修正をした印象の浦和東。
那覇西の選手がフリーでプレーするシーンが大幅に減りました。
そんな中、那覇西が45分高い位置で4山内がパスをカットして11山内へパスを
送りますが合わずにチャンスを逃しました。
49分浦和東、12宮寺が右からミドルシュートはGKキャッチ。
50分那覇西、9下地のドリブルに浦和東3人目のディフェンスでCKへ逃げる。
右からのCKを3徳元が後から中央へ走りこむ4山内へ、シュートは枠を捕らえず。
54~58分に掛けて浦和東が攻め込みFK、CK等獲得しながら攻めるがゴールならず。
61分浦和東、クリアミス拾い9星子がクロスを送ると10菊池がHSで決めて2点目。
64,65分と那覇西が反撃の機会を得るがゴール奪えず。
66分浦和東、7宮原のクロスかシュートか微妙なボールがDFに当たりゴールイン。
68分浦和東、4小畠からの正確なフィードを10菊池がしっかり納めてドリブル
シュートを決めて4-0。
72分那覇西のバックパスからのリバースを狙った10菊池が奪ってゴール5-0。
那覇西は諦めずにゴールを目指し、78分、79分とチャンスを作り掛けるが
浦和東も集中を切らさずしっかり守ってゴールを許しませんでした。
AT2分も那覇西、攻めますがゴールは奪えず5-0で浦和東が完勝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GO FOR 2018 CUP 決勝 柏U-18vs札幌U-18 延長戦のみ

 

2011/12/28 第5回 GO FOR 2018 CUP in saitama
第4日 決勝戦
Kickoff 12:30(35-35/EX10-10) 埼玉スタジアム2002 第2G
コンサドーレ札幌U-18 3 2-1 4 柏レイソルU-18
0-1
9分 17中原 彰吾
21分 17中原 彰吾
74分 18下田 康太
得点
1 延長前半 0
0 延長後半 2
18分 ??(PK)
64分 ??
83分 18宮澤 弘
89分 7吉川 修平

■コンサドーレ札幌U-18延長戦メンバー
21阿波加 俊太
19濱下 賢、24内山 裕貴、20永坂 勇人、22小野 能寛
14神田 夢実、28前 寛之、6堀米 悠斗、17中原 彰吾
18下田 康太、27國分将

■交代
72分 22小野 能寛→31近藤 諒大

■柏レイソルU-18延長戦メンバー
1中村 航輔
4新藤 菜央、3御牧 建吾、20中谷 進之介、2堤 勇人
5小林 祐介、6秋野 央樹
8中川 寛斗
10木村 裕、18宮澤 弘、7吉川 修平

■交代
77分 2堤 勇人→14白井 永地
EX HT 10木村 裕→11平久 将土

コンサドーレU-18vsレイソルU-18スライドショー

3位決定戦が終わり決勝の様子が気になって第2G方向へ行くと調度70分を終える
瞬間で延長に入るというので第2Gへ移動して延長戦を観戦する事にしました。
延長戦が始まると直ぐの72分、札幌U-18が選手交代。
74分札幌U-18、右31近藤→中18下田と繋ぎ下田がシュートを決めて勝ち越し。
77分柏U-18選手交代。
80+1分札幌U-18、24内山が柏U-18、18宮澤が抜け出た瞬間に止めて決定機阻止
とも取れるファールも警告で済んだのは札幌U-18としてはラッキーでした。
このFKを6秋野が狙いますが枠外へ。
延長前半は札幌U-18リードで折り返しました。

延長後半開始から柏U-18は11平久を起用。
この交代で柏U-18の攻撃が追い込まれた状況もあり活性化。
83分柏U-18、ゴール前で細かなパスを繋ぎ続けて粘ってシュートに持ち込んだ
18宮澤が決めて3-3の同点に追い付きました。
両チーム頑張り同点でPK戦になるかと思われましたが、89分札幌U-18のバックパスを
狙って走った柏U-18、7吉川がGKの処理より先にボールを奪い決勝ゴール!
ゴールを奪う執念を感じさせた延長後半の柏U-18の2得点で柏U-18が逆転して優勝。
2種世代の層が厚い千葉県所属のため、プリンス参入が遅れたので仕方ないですが
このチームが、プレミアイーストに上がれないのが勿体無い感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GO FOR 2018 CUP 3位決定戦 レッズYvs大宮Y

 

2011/12/28 第5回 GO FOR 2018 CUP in saitama
第4日 3位決定戦
Kickoff 12:30(35-35) 埼玉スタジアム2002 第4G
浦和レッドダイヤモンズユース 1 1-0 0 大宮アルディージャユース
0-0
30分 2新井 純平 得点

■浦和レッズユース先発メンバー
22関口 亮助
3小坂 慎太朗、12西澤 秀平、6西袋 裕太、2新井 純平
4寄特 直人
14長谷 優、8岸 伯富実、10中村 駿介、28広瀬 陸斗
9大野 将平

■交代
HT 8岸 伯富実、9大野 将平、14長谷 優、28広瀬 陸斗
 →11小峯 洋介、20須藤 岳晟、23條 洋介、29細田 真也
66分 3小坂 慎太朗、11小峯 洋介→26森 亮太、24関根 貴大

■大宮アルディージャユース先発メンバー
20河野 隼人
4菊池 翔、36宮崎 博貴、33飛奈 洸太、37林崎 洸
7白川 竜義、18梓 慶行、10大山 啓輔、28溝口 晃大
29中山 雄希、9小澤 佑太

■交代
HT 10大山 啓輔、33飛奈 洸太→3山崎 浩介、13鯉沼 晃
44分 18梓 慶行、28溝口 晃大→6中家 亮、27高野 晃大
64分 9小澤 佑太→34柿澤 昇太

レッズYvsアルディージャYスライドショー

様子見な感じから始まった試合は9分レッズY10中村のシュートで動き出しました。
このシュートは防がれ、こぼれ球を14長谷が狙いますがクリアされました。
10分大宮Y、29中山が抜け出してGK関口と1対1の局面を作るも、GK関口が好判断で
間合い詰めゴールを許さずに防ぎきりました。
11分大宮Y、左からのFKを10大山が蹴るがレッズY6西袋がクリア。
15分大宮Y、7白川から29中山へ、レッズYDFが2人でサンドして29中山がファール。
20分レッズY、中央で10中村が受けて右2新井、中12西澤?と繋ぎ14長谷がシュートは
大宮YGK河野がキャッチ。
レッズYは右2新井、左14長谷の両サイドと、10中村、8岸からの裁きやフィードで
リズムを作り、良い形を創出し徐々に試合のペースを掴んで行きます。
29分レッズY、10中村がFKを6西袋へ、しっかり収まりシュートはDFそしてバーに当たり
跳ね返ります、このルーズボールを逃さず9大野がシュートもDFに当たりこぼれました。
このこぼれ球に、いち早く反応した2新井がしっかり決めてレッズYが先制しました。
前半はこのリードを保って1-0で折り返しました。

後半はレッズYが4選手、大宮Yが2選手を入れ替えてスタート。
連戦続きの4日目の最終戦、互いに疲労もピークという状況もあると思います。
38分レッズY、交代出場の23條がループ狙うがGKの守備範囲。
40分レッズY、左3小坂からのクロスはカットされました。
44分レッズY、23條倒されてPKと思ったら、シュミレーション判定で警告を受けました。
少なくともバランスは崩されていたので厳しい判定となりました。
44分大宮Y2選手交代。
49分レッズY、29細田のシュートはDFに当たりCKに。左CKを10中村が蹴ったこぼれの
流れから29細田がクロスを12西澤へHSは僅かに浮いてバー上に外れました。
52分レッズY、29細田から11小峯へ大宮YがクリアしてCK。10中村の6西袋を狙ったCKは
大宮Yがクリア。
53分レッズY、良い位置でFK獲得。ポイントには4寄特と10中村。中村が壁外から巻いて
狙うがチョットスピード不足となりGKがキャッチ。
59分レッズY、左CKを10中村が蹴りゴール前で混戦となり12西澤がシュートを放つも
GKキャッチ。レッズY、SBへとポジション代えた3小坂と29細田の連携から好機連発。
その後も、レッズYが左から攻め10中村のCKから6西袋のHOTラインや4寄特のCKに2新井
がすらして23條のシュート、こぼれて6西袋シュート。11小峯、29細田のチェーシング
からのチャンスなど大宮Yゴールに迫りましたが追加点は奪えず。
2018CUP最終戦を大宮Yに勝利して3位で終了となりました。
3回大会、4回大会とこの3位決定戦で敗戦を経験していた事と、準決勝後にキャプテンの
2新井の言った3決は絶対勝ちますの言葉が実現して嬉しい3位となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GO FOR 2018 CUP 浦和東高校紅白戦

 

2011/12/28 第5回 GO FOR 2018 CUP in saitama 第4日
浦和東高校紅白戦
Kickoff 11:00(45×1) 埼玉スタジアム2002 第4G
1 1-0 0
0-0
21分 10 得点

■先発メンバー
1
3、7、5、4
15、19、20
16、10、6

■交代

■先発メンバー シャツ/パンツ
21/21
40/13、46/21、46/24、10/11
34/13、51/9、坂本/18
11/23、10/26、28/25

■交代

浦和東紅白戦スライドショー

3位決定戦が行われる第4Gへ、11:00から予定されていたb戦を観ようと行ってみると
浦和東の紅白戦をやっていました。
白組の番号はシャツとパンツが一致していない状況ですので、誰が誰やら解りませんが
やろうとしている攻撃や、守り方は流石に同チーム同士なので似ていましたし
お互いに特徴もわかっている感じでした。
そんな中、21分に赤組の10番がGKも交わしてゴールを奪いました。
29分辺りで監督からの指導が入り1分ほど中断して再開。
赤組が優勢に試合を進めますが45分で追加点はなく1-0で終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GO FOR 2018 CUP レッズYvsコンサドーレU-18

 

2011/12/28 第5回 GO FOR 2018 CUP in saitama
第4日 準決勝
Kickoff 9:30(35-35/PK) 埼玉スタジアム2002 第3G
浦和レッドダイヤモンズユース 1 1-0 1 コンサドーレ札幌U-18
0-1
27分 13立野 峻平
10中村 駿介○
4寄特 直人×バー
6西袋 裕太○
2新井 純平○
12西澤 秀平○
8岸 伯富実○
11小峯 洋介×S
得点
5 PK戦 6
66分 27國分 将
14神田 夢実○
17中原 彰吾○
28前 寛之×S
18下田 康太○
24内山 裕貴○
22小野 能寛○
27國分 将○

■浦和レッズユース先発メンバー
22関口 亮助
5佐藤 大介、3小坂 慎太朗、6西袋 裕太、2新井 純平
4寄特 直人
15金野 僚太、10中村 駿介、7繁田 秀斗、13立野 峻平
21進 昴平

■交代
47分 15金野 僚太→8岸 伯富実
53分 13立野 峻平→11小峯 洋介
63分 7繁田 秀斗→28広瀬 陸斗
66分 5佐藤 大介→12西澤 秀平

■コンサドーレ札幌U-18先発メンバー
30輪島 稜
19濱下 賢、29佐々木 大輔、20永坂 勇人、22小野 能寛
14神田 夢実、6堀米 悠斗、28前 寛之
32松尾 雄斗、18下田 康太、25岡田 洋平

■交代
HT 6堀米 悠斗、25岡田 洋平、29佐々木 大輔、32松尾 雄斗
 →17中原 彰吾、23井端 純之輔、24内山 裕貴、27國分 将
66分 19濱下 賢→31近藤 諒大

レッズYvsコンサドーレU-18スライドショー

プレミアリーグイースト優勝のコンサドーレ札幌の新チームは少し小粒になった印象。
前線からプレスを掛けて行くレッズYと中央から攻めて無理ならサイドへと広げて
レッズYの守りにギャップを作り出して攻める札幌U-18の攻防は序盤やや札幌U-18が
有利に試合を進めますが、12分レッズY10中村起点に組み立ててリターンパスを
抜け出して受けようとした10中村がオフサイドを取られてしまうがこの辺りから
互角の展開へと推移して行きました。
レッズYは10中村のボールタッチ数が増えるに連れてリズムが出始めて札幌U-18陣へと
攻め込める回数が増えて行きました。
27分札幌U-18のCKクリアから、21進がフィードを受けて10中村へ落し、前線へ上がった
7繁田、3小坂とテンポ良くパスが回り最後は13立野が決めて先制点を奪いました。
34分札幌U-18の右からの22小野の蹴ったボールがバーに当たりファーへ。14神田が
これを抑えて中へ送るもレッズY6西袋がクリアしました。
一進一退の攻防の中で、レッズYが先制して前半を折り返しました。
プレスに行って奪いに行くときと、待つときのメリハリが効いてバランスの良いチーム
に仕上がりつつあるレッズY、2012年大会での成長が非常に楽しみです。

後半開始から札幌U-18は4千種を入れ替え。
37分、38分と札幌U-18が攻め込みますがレッズYもしっかり守りきりました。
39分レッズY、10中村が左で受けてドリブルで仕掛けてCK獲得。左CKを10中村がニアで
合せようとするが札幌U-18がクリア。
37分レッズY、中央4寄特が右13立野へ、前を塞がれた13立野は慌てずやり直して4寄特へ
リバースすると、左の5佐藤へ。佐藤からのパスは札幌U-18がクリア。
43分札幌U-18、28前がコースが空いた瞬間を付いてミドル、当たり弱くGKキャッチ。
44分レッズY、13立野から10中村へナイスボールが入ると10中村が収めてシュートを放つ。
しかし、バー上へと外れる。
45、46分と札幌U-18がサイドを使いCKからレッズYゴールに迫るが守りきる。
47分レッズY選手交代。15立野に代えて8岸。
49分レッズY、7繁田→21進→13立野と繋いで13立野のクロスに8岸が飛び込むがオフサイド。
53分レッズY選手交代。13立野→11小峯。
56分札幌U-18、18下田のクロスを6西袋が上げさせずカットしてCKに。14神田がファーへ
ボールを蹴ると頭で合せたボールはゴールマウスの角に当たり外へ。
レッズYは2新井と5佐藤が中盤をコーチングで動かして札幌U-18に自由な時間と空間を
与えずに非常に巧く戦っている印象でした。
63分レッズY選手交代。7繁田に代えて28広瀬を起用。
64分レッズY、10中村が左から中へ入り込んでシュートはニアへ外れる。
66分札幌U-18、綺麗にパスを繋いで左、右とゴール前で振られた後に27國分がニア抜いて
ゴールを決めました。終盤守りきれずに失点してしまいました。
前橋育英戦でも終了近くに失点しているのでこの辺りは改善点でしょう。
ゴールの後、レッズYは5佐藤→12西澤、札幌U-18は31濱下→19近藤の交代を実施。
70分レッズY、3小坂が上がって左で受けクロス、21進が飛び込みますが間に合わず。
70+2分札幌U-18、左から23井端がクロスを中へ送るが流れてGK関口キャッチ。
1-1の同点で70分を闘い切り決勝を掛けてPK戦になりました。

レッズYは2人目がバーに当ててしまいますが、GK関口が札幌U-18の3人目を止めて
タイに戻すと6人目までお互いに決めて札幌U-18は7人目も決めますが、レッズYの
7人目は札幌U-18GK輪島がセーブ、PK戦5-6で敗退となり、3位決定戦で大宮ユースと
対戦する事となりました。
試合後に挨拶に来たキャプテン2新井が3決は絶対勝ちますと力強く言い切ってくれて
気持ちの切り換えがしっかり出来ていて頼もしいなと思いました。

続きを読む "GO FOR 2018 CUP レッズYvsコンサドーレU-18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.03

GO FOR 2018 CUP レッズYvs前橋育英

 

2011/12/27 第5回 GO FOR 2018 CUP in saitama
第3日 予選グループリーグ Xグループ
Kickoff 15:30(35-35) 与野八王子G
浦和レッドダイヤモンズユース 2 2-0 1 前橋育英高校
0-1
4分 8岸 伯富実
19分 21進 昴平
得点 68分 54小口 大司

■浦和レッズユース先発メンバー
22関口 亮助
5佐藤 大介、3小坂 慎太朗、6西袋 裕太、15金野 僚太
4寄特 直人
28広瀬 陸斗、8岸 伯富実、7繁田 秀斗、13立野 峻平
21進 昴平

■交代
HT 8岸 伯富実、13立野 峻平→10中村 駿介、24関根 貴大
46分 21進 昴平→11小峯 洋介
48分 15金野 僚太→2新井 純平
51分 5佐藤 大介→12西澤 秀平
56分 28広瀬 陸斗→23條 洋介

■先発メンバー
1小渕 峻之介
82田邊 真之介、44池田 壮馬、72白石 直毅、32廣田 和也
10永田 大、68佐藤 祐太、90広瀬 慧、73菅谷 将人
25外山 凌、48上田 慧亮

■交代
44分 10永田 大→54小口 大司
61分 48上田 慧亮→52
66分 73菅谷 将人→45

レッズYvs前橋育英スライドショー

この日、藤枝東が引き分けた事で、他力本願ながらこの試合勝利すれば
準決勝進出の可能性が残った試合。
マリノスvs立正大淞南でのマリノス勝利を祈りつつ、目の前の試合の勝利を
求める状況で試合開始。
4分レッズY、21進からのパスで巧く抜けた8岸が1対1を決めて先制。
9分前橋育英、48上田を起点に攻めるがクロスが精度を欠く。
12分レッズY、8岸のスルーパスに13立野抜け出すがオフサイド。
18分前橋育英、25外山がシュートを放つもレッズY6西袋がマークに付いて
コントロールを許さずニアサイドへ大きく外れる。
19分レッズY、21進が前橋育英DFのミスを見逃さずボールを拾い抜け出して
しっかり決めて2点リードとしました。
23分前橋育英、右からのクロスに25外山ボレーで狙うが枠へ運べず。
27分レッズY、5佐藤FKで直接巻いて狙うがバー上へ。
前半は2-0とレッズYリードで終了。5番佐藤は前に上がって攻撃に絡み3バック状態に。
3小坂がSBも出来るのと4寄特もCB経験がありカバーに不安も無い事と、しっかり
試合をコントロール出来ていたので、危うさを感じることはありませんでした。

後半は開始から2人入れ替えて10中村と24関根を起用したレッズY。
油性に試合を進め40分、21進が抜けてシュートは枠外へ。
42分、10中村がパスを受けて横へ持ち出し、切り返してシュートはGKキャッチ。
44分前橋育英選手交代。
46分前橋育英、32廣田から73菅谷と繋いでシュートはバー上に外れる。
48分レッズY、15金野に代えて2新井を起用。
51分レッズY、5佐藤に代えて12西澤を起用。
54分前橋育英、25外山がマークを剥がしてシュートに持ち込むがCKに逃げる。
56分レッズY、28広瀬に代えて23條を起用。
61分、66分と前橋育英が選手交代。
攻勢を強める前橋育英に押し込まれる後半、守勢に回って受けてしまったレッズY。
68分前橋育英、54小口にドリブルからシュートを許し失点。
レッズY2-1前橋育英と追い上げを許しましたが辛うじて逃げ切り勝利して、
マリノスが立正大淞南に勝ってくれたお蔭もありグループ2位で準決勝に進みました。

続きを読む "GO FOR 2018 CUP レッズYvs前橋育英"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GO FOR 2018 CUP 藤枝東vs野洲

 

2011/12/27 第5回 GO FOR 2018 CUP in saitama
第3日 予選グループリーグ Xグループ
Kickoff 14:00(35-35) 与野八王子G
藤枝東高校 2 0-2 2 野洲高校
2-0
43分 10大石 憲太郎
59分 12北嶋 竜也(PK)
得点 8分 31髙野 登志基
20分 54関口 悠太朗

■藤枝東高校先発メンバー
1大泉 元信
11大村 海太、5西川 雄人、4安藤 寛和、3山内 馨介
13相佐 河惟、8白井 悠太朗、6渡辺 吉都、9新村 翔
7宮永 一希
10大石 憲太郎

■交代
50分 7宮永 一希→12北嶋 竜也
52分 13相佐 河惟→2熱川 徳政
62分 8白井 悠太朗→14櫻井 敬基

■野洲高校先発メンバー
43横江 誠
34飯田 貴敬、66水野 隼人
56松田 惠夢
38大本 祐槻、44玉置 裕大、54関口 悠太朗、68望月 嶺臣
32武田 侑也
40大園 伸明、31髙野 登志基

■交代
HT 34飯田 貴敬、56松田 惠夢、38大本 祐槻
 →29山田 真也、48三好 涼太、45荒木 健太
46分 44玉置 裕大→33住吉 大毅
59分 48三好 涼太→39尾本 修二

藤枝東vs野洲スライドショー

野洲のテクニックが藤枝東を翻弄する感じの序盤戦。
8分右サイド68望月、32武田で崩して中で受けた40大園がヒールで流して
31髙野が決めて先制、「SEXY FOOTBALL」健在です。
9分、12分と藤枝東もサイドからチャンスメークもゴール遠く。
14分野洲、40大園のシュートはゴールならず。
19分藤枝東、9新村から10大石へ、大石がワンタッチでニアを狙うが枠外へ。
20分野洲、右から54関口がシュートを決めて2-0とリードを広げる。
21分藤枝東、10大石の落しに6渡辺がロングシュートGKの頭越しを狙うが枠外。
24分藤枝東、10大石から9新村がパスを受けてシュート。GKセーブしてCK。
8白井と7宮永がショートコーナーを用いて藤枝東2人、野洲1人の状況下へ
クロスを送ると藤枝東競り勝ち頭に当てるが枠を捕らえず。
野洲の繋ぎや仕掛けへの対応に苦戦の藤枝東は少ないチャンスに可能性は
低くても取り敢えず前線がフィニッシュへ持ち込もうという意識は感じました。
前半は両校、追加点無く2-0と野洲がリードして折り返しました。

後半頭から野洲は3選手を交代。
40分藤枝東は7宮永から9新村でCKを獲得。8白井が蹴って5西川のHSはGKキャッチ。
野洲がGKからカウンターに入りましたが、藤枝東が対応して遅らせました。
42分野洲がチャンスになり掛けますが藤枝東GKは好判断で阻止。
43分藤枝東、野洲のパス回しのミスを奪わいショートカウンター。
最後は10大石が決めて藤枝東1-2野洲と追い上げる。
45分藤枝東、13相佐のシュートは僅かに枠外へ。
46分野洲選手交代。
47分藤枝東、インターセプトから8白井、7宮永、10大石と繋ぐもシュートに至らず。
50分藤枝東選手交代。
50分野洲、CK獲得も中合わずファーへ流れる。
52分藤枝東選手交代。
53分野洲、45荒木からの折り返しに33住吉詰めるが藤枝東GKがキャッチ。
54~55分に掛けて野洲のGK、DFラインに対して藤枝東が激しくプレッシングを掛ける。
56分野洲は取り敢えず藤枝東のプレスを交わして凌いだが、58分藤枝東の12北嶋の
プレスに野洲GKがボールを奪われてファール。これでGK横江は退場に。
GKが一人しか居ない野洲はフィールドプレーヤー29が一旦GKユニを着るが、48三好を
下げて39尾本を入れてGKとして起用して試合再開。
このPKを藤枝東12北嶋が決めて劣勢だった藤枝東が2-2の同点に持ち込みました。
62分藤枝東選手交代。
66分藤枝東、ロングフィードを10大石が巧く受けてループはバー上へ。
70+1分野洲、66水野がナイスカバーでゴールを守り失点防いで2-2で終了。
前半、野洲が圧倒的に支配しながら2点で終わった事が結果的には後半の藤枝東の
反撃に繋がった感じもしましたが、試合巧者ぶりも感じる藤枝東の戦いでもありました。

続きを読む "GO FOR 2018 CUP 藤枝東vs野洲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GO FOR 2018 CUP b戦 レッズYvs浦和東

 

2011/12/27 第5回 GO FOR 2018 CUP in saitama
第3日 b戦
Kickoff 12:30(35-35) 与野八王子G
浦和レッドダイヤモンズユース 5 0-0 0 浦和東高校
5-0
49分 19安東 輝
50分 23條 洋介
60分 9大野 将平
62分 18倉本 隼吾
69分 9大野 将平
得点

■浦和レッズユース先発メンバー
22関口 亮助
26森 亮太、27齋藤 一穂、25副島 暢人、29細田 真也
12西澤 秀平
18倉本 隼吾、19安東 輝、20須藤 岳晟、23條 洋介
9大野 将平

■交代
HT 29細田 真也→2新井 純平
50分 12西澤 秀平→31上野 文也
55分 23條 洋介→11小峯 洋介
57分 2新井 純平→29細田 真也

■浦和東高校先発メンバー
17植木 颯大
13百瀬 友哉、14伊勢 友貴、21松永 秀人、11佐竹 紫苑
23須田 大貴、12池上 慧、24関根 快人
20 折出 勝也
26安島 瑞樹、25濱田 駿
■交代
HT 17植木 颯大→22柄澤 健太

レッズYvs浦和東スライドショー

選手権出場の浦和東はこの大会では苦戦が続いていて、レッズYとは
このb戦のみが組まれており予選リーグの勝ち点、得失点面では
レッズYには、やや不利に働いていましたが、強い所と多くできるのは
この時期貴重な経験です。
一進一退の序盤から、13分浦和東は20折出がミドルシュート。
意表を衝かれた感じのシュートでしたがGK関口はしっかりセーブ。
19分レッズY。20須藤のインターセプトから9大野、左18倉本に繋いだ攻め。
20分19安東から9大野へのパスがミスとなりましたがチャンスが続きました。
23分19安東のシュートはGKキャッチ。25分18倉本のシュートは浮いて枠外。
思ったほど激しいプレスを受ける事無く、逆にプレスに来る前、来る前に
ボールを動かして攻撃に繋げて行こうという感じは受ける前半でした。
出来ればゴールに繋げて欲しい所でしたが、浦和東もb戦とは言えやっぱり
浦和東だなと感じさせられる試合でもありました。

試合を決めるには一つ変化が欲しいと思っていた所、後半頭から2新井を起用。
ビルドアップまではスムーズに進む感じのレッズY。
38分9大野、39分20須藤、19安東、41分9大野とシュートに至るがいずれも
やや雑な感じのフィニッシュとなりゴールを奪えませんでした。
44分には9大野から26森へ繋いで折り返しは浦和東DFクリア、47分2新井から
良いボールが入り20須藤がシュートは守られ、こぼれを2新井→18倉本へ渡して
倉本がドリブルで仕掛けるが浦和東が人数を掛けて守りきる。
49分20須藤からパスを受けた23條のシュートはGKが弾く、こぼれ球に19安東が
しっかり詰めて決め先制ゴールを奪いました。
何となく、浦和東のプレスを受けるシーンも出だして嫌な感じになり掛けていた
時間帯にゴールを奪えたことで一気に試合が動き始めました。
50分23條がループシュートを沈めて2点目。
得点後に12西澤を下げて31上野を起用。
55分ゴールを決めた23條に代えて11小峯。
57分には2新井に代えて一旦下がった29細田を戻しました。
60分浦和東GKミスに9大野が良く詰めていてフリーでゴール。3-0。
61分29細田、自陣からドリブルで上がってフィニッシュに持ち込むが枠外。
62分18倉本がループ気味にコントロールして隅へ決めて4-0。
浦和東は2失点目以降、集中を欠いてミスが多くなりました。
65分浦和東11佐竹が抜け掛けるところを26森がファールで止めてFK。
11佐竹がゴール前へ入れるがレッズYがしっかり守りきりました。
67分25副島が良いヨミからインターセプト。チャンスとなるがフィニッシュには至らず。
67分9大野のシュートは枠外へ。
69分9大野が正面やや右で受けてシュートを決めて5-0として試合終了。

続きを読む "GO FOR 2018 CUP b戦 レッズYvs浦和東"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GO FOR 2018 CUP 藤枝東vs前橋育英

 

2011/12/27 第5回 GO FOR 2018 CUP in saitama
第3日 予選グループリーグ Xグループ
Kickoff 11:00(35-35) 与野八王子G
藤枝東高校 2 2-1 2 前橋育英高校
0-1
23分 13相佐 河惟(PK)
31分 9新村 翔
得点 20分 25外山 凌
69分 90広瀬 慧

■藤枝東高校先発メンバー
1大泉 元信
11大村 海太、5西川 雄人、4安藤 寛和、3山内 馨介
7宮永 一希、6渡辺 吉都
12北嶋 竜也
13相佐 河惟、8白井 悠太朗、9新村 翔
■交代
62分 8白井 悠太朗→2熱川 徳政

■前橋育英高校先発メンバー
1小渕 峻之介
82田邊 真之介、44池田 壮馬、72白石 直毅、32廣田 和也
10永田 大、68佐藤 祐太、90広瀬 慧、48上田 慧亮
73菅谷 将人、25外山 凌

■交代
HT 48上田 慧亮→54小口 大司
62分 54小口 大司→52

藤枝東vs前橋育英スライドショー

高校サッカーを代表する両校の対決。
3分、5分と続けてフィニッシュへ持ち込んだのは前橋育英。
8分藤枝東。右サイドを9新村がえぐって8白井へマイナスの折り返し。
しかし8白井のシュートは浮いてしまいました。
前橋育英は9分73菅谷のインターセプトから10永田、12分68佐藤から73菅谷、
16分68佐藤から25外山、藤枝東一旦クリアもCKに25外山と32廣田でショート
コーナーから25外山がクロスで再びCKもゴールならず。
20分前橋育英。73菅谷ドリブルからシュートは枠外。
20分前橋育英。25外山がやや右寄りからシュートを決めて遂に先制。
一方的に攻め込まれている感じだった藤枝東でしたが22分8白井のFKでペナルティ
エリア内での競り合い時に前橋育英にファールがありPKを獲得。
23分このPKを13相佐が蹴って1-1の同点に追い付きました。
同点ゴール後も試合を支配するのは追い付かれた前橋育英。
26分にはCKを獲得、28分82田邊を起点に10永田と25外山のパス交換、29分82田邊
から25外山と繋いでシュートは藤枝東GK大泉がファインセーブ。
30分のCKは一旦GK大泉が被りファーへ抜けるが、前橋育英のシュートをしっかり防ぐ。
31分藤枝東。9新村が中盤からのパスを受けて左寄りからシュート。
ボールはファーサイドネットへ突き刺さり劣勢の中、藤枝東が逆転。
33分藤枝東がCKからチャンスを作るがここは無得点。
前半を藤枝東2-1前橋育英で終了しました。

前半一方的な試合内容ながらリードして折り返した藤枝東でしたが、
後半も変わらず、多少は攻める時間も増えましたが耐える展開になりました。
何とかGK大泉の活躍もありリードを保っていた藤枝東でしたが69分こぼれ球を
前橋育英90広瀬が決めて2-2の同点となって試合が終了しました。

続きを読む "GO FOR 2018 CUP 藤枝東vs前橋育英"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GO FOR 2018 CUP レッズYvs野洲

 

2011/12/27 第5回 GO FOR 2018 CUP in saitama
第3日 予選グループリーグ Xグループ
Kickoff 9:30(35-35) 与野八王子G
浦和レッドダイヤモンズユース 3 1-0 0 野洲高校
2-0
11分 8岸 伯富実
42分 21進 昴平
56分 21進 昴平
得点

■浦和レッズユース先発メンバー
22関口 亮助
5佐藤 大介、3小坂 慎太朗、6西袋 裕太、15金野 僚太
4寄特 直人
14長谷 優、8岸 伯富実、7繁田 秀斗、13立野 峻平
28広瀬 陸斗

■交代
HT 7繁田 秀斗、13立野 峻平、14長谷 優
 →10中村 駿介、24関根 貴大、21進 昴平

■野洲高校先発メンバー
43横江 誠
34飯田 貴敬、66水野 隼人
56松田 惠夢
44玉置 裕大、68望月 嶺臣
48三好 涼太、32武田 侑也、38大本 祐槻
40大園 伸明、31髙野 登志基

■交代
64分 38大本 祐槻、56松田 惠夢、66水野 隼人、68望月 嶺臣
 →29山田 真也、33住吉 大毅、45荒木 健太、54関口 悠太朗
65分 34飯田 貴敬→39尾本 修二

レッズYvs野洲スライドショー

今年はレッズランドではなくて、与野八王子で行われたレッズYのグループの
GO FOR 2018 CUPです。5回目にして2014 CUPから2018 CUPへと名称変更です。
到着後、少ししてからプログラムを貰って、メンバー確認と思ったら、野洲の
背番号がまるで合わなくて、来場されていた野洲の父母会の方?に教えて頂きました。
親切にプログラムへ背番号を記入して頂けて助かりました。ありがとうございます。

野洲は一応4-1-3-2なのでしょうが両SBが1ボランチより前にポジションを取る
2-1-2-3-2の様な選手の配置で中盤を厚く、コンパクトさを保って戦おうとしていました。
恐らくは野洲と対戦しない限り経験しないであろうサッカーに序盤は受けに回った
レッズYでしたが、しっかり受けて肝心な所は締めている感じでした。
伝聞ですが、今大会で柏U-18と非常に良いゲームをして敗戦の経験をした事で1回り
チームが成長した印象を持てる序盤でした。
6分レッズY。ここまでは受けに回っていましたが7繁田を起点に14長谷→5佐藤→28広瀬
と繋ぎましたがラストのクロスが合わず。スペースが有る野洲のSBの裏を使いました。
11分レッズY。5佐藤のフィードに8岸が抜け出して1対1をしっかり決めて先制。
12分レッズY。14長谷が左でCKを獲得し、8岸が5佐藤に合せてゴールネットを揺らす。
しかし、GKへのファールを取られた様でノーゴール。
18分野洲。32武田がドリブルで持ち込み左へ裁いて48三好がクロスを送るがミス。
19分レッズY。5佐藤から28広瀬へ。CK獲得と思ったがかすった様でゴールキックに。
20分野洲。32武田がドリブルからシュート。GK関口がキャッチ。
21分から25分に掛けて野洲の攻勢が続き、クリアでCKを繰り返したがレッズY凌ぐ。
28分レッズY。7繁田が下げて4寄特のフィードは28広瀬を狙うが野洲GK横江が出て防ぐ。
29分野洲。FK68望月が66水野に合せるがクリア。
31分レッズY。4寄特から13立野へパスが通り、13立野がループを狙うがバー上へ。
34分レッズY。8岸からのスルーパスをDFを背負いながら受けた28広瀬がフィニッシュ
へと持ち込む物の枠にもって行く事は出来ず。
前半は1-0とレッズYがリードして折り返しました。
序盤5分相手の出方を見て対応して、20分過ぎの5分を凌いで野洲の守りに出きる
スペースを巧く使って攻めたレッズYの技術の高さと試合運びの巧さを感じました。

40分野洲にチャンス。レッズY3小坂が前に出てボールを奪いに行くが入れ替わられて
しまい一瞬野洲にシュートチャンスが出来ましたが5佐藤、6西袋が透かさずカバー。
42分レッズY。交代出場の10中村を起点に右で受けた、これ又21進が決めて2-0。
44分レッズY。自陣でGK、DFラインでボールを動かした後、5佐藤から前線24関根へ
フィードが送られ28広瀬、10中村と繋ぎチャンスを迎えたが野洲が守りきりました。
48分レッズY。8岸のミドルレンジからのループはバー上へ。
54分野洲。68望月のFKは直接狙うが枠を外れる。
56分レッズY。21進→8岸→5佐藤と繋いで再び21進が右から入り込んでゴール。
レッズY3-0野洲とリードを広げました。
58分レッズY。24関根がプレスでボールを奪い最後は21進がシュートも野洲GKがセーブ。
64分、65分と野洲が大幅に選手交代を実施。
70分レッズY。24関根から21進がドリブルシュート、枠を捕らえず。
70+1分野洲のシュートをGK関口がキャッチして試合終了。
レッズYが3-0で勝利しました。
恐らくは最終ラインを高く維持して敵陣へ攻め込んでポゼッションしてコンパクトさを
維持したい野洲にその状況を作らせずに、ボールを動かして、プレスに来る選手を疲れ
させて、自分達のパスを繋いで攻める形を使いながら3得点で勝ったレッズY。
価値ある勝利だったと思います。

続きを読む "GO FOR 2018 CUP レッズYvs野洲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ユースカップ 鎌倉高校vs履正社高校

 

2011/12/26 東京ユースカップ2011
Group-F グループリーグ第1日
Kickoff15:45 (30-5-30) 早稲田大学東伏見G
鎌倉高校 0 0-1 2 履正社高校
0-1
得点 3分 ??
58分 41

■鎌倉高校先発メンバー
1
36、26、42、55
44、88、4
40、8、34

■交代
HT 1→17
43分 40→52
49分 44→73
54分 34→80

■履正社高校先発メンバー
44
34、18、16、19
20
29、35、28
41、26

■交代
17分 29→43
44分 19→23

鎌倉vs履正社スライドショー

なじみの無い両チームの対戦。どんな試合になるのか興味深い一戦です。
試合が始まると履正社の連動する攻撃が発揮され鎌倉は劣勢に立たされました。
3分、履正社が右サイドから中央へ展開して先制しました。
フォーメーション、背番号を確認している間のゴールで誰か確認できませんでした。
5分には左4番から2列目から中央を上がった35番がシュート。ここはノーゴール。
このプレーに代表されるようにTOPと2列目のポジションチェンジなど連携の良い
履正社が鎌倉を押して試合が進みました。
13分鎌倉、履正社の下げたパスを44番が狙って奪うと40番へ繋ぎますが履正社が
しっかりカバーしてシュートに持ち込めず。
16分鎌倉、34番がFKを獲得して8番がゴール前へ送りますがニアでクリアされました。
13分のプレー辺りから少し鎌倉が履正社のやり方に慣れてきて、対応できる感じが
見えてきました。
20分過ぎからは一進一退の展開となり前半が終了。

後半が始まると再び優勢に立ったのは履正社でした。
37分鎌倉は34番へのパスが通りシュート、僅かに右へ切れてゴールならず。
最も履正社ゴールに迫ったシーンでした。
この後、何とか履正社の攻撃を凌いでいた鎌倉でしたが、終了間際の58分、遂に
履正社34番から41番と繋いでゴールを奪い、鎌倉0-2履正社として試合終了。

大学やJリーグのユースチームとの対戦を観て見たくなる履正社のサッカーでした。
鎌倉は粘り強く戦っていて、後半37分のシーンで決めていれば、また違う試合に
持ち込めた感じはありました。

続きを読む "東京ユースカップ 鎌倉高校vs履正社高校"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ユースカップ 早稲田大学vs暁星高校

 

2011/12/26 東京ユースカップ2011
Group-F グループリーグ第1日
Kickoff14:30 (30-5-30) 早稲田大学東伏見G
早稲田大学 2 0-0 0 暁星高校
2-0
38分 12秋岡 活哉
60分 12秋岡 活哉
得点

■早稲田大学先発メンバー
16江口 徹
6山下 翔平、4海野 洋介、3永井 あとむ、2中谷 幸葉
10岡村 高志、13園田 慎一郎、7澤山 周跳、8小原 敬
9石川 拓、12秋岡 活哉

■交代
43分 9石川 拓→24佐藤 周作
52分 2中谷 幸葉→17清水 大志
56分 7澤山 周跳→20中田 航平
56分 10岡村 高志→22白神 賢

■暁星高校先発メンバー
1
5、9、36
33、31、38、44
48
69,86

■交代
HT 69→26

早稲田vs暁星スライドショー

序盤から早稲田が2TOPと両サイドで攻め込み優勢に試合を展開。
暁星はGKと3バックが頑張り失点を防いでいました。
14分暁星は自陣ファーフウェーライン辺り左からのFKを9番が右36番を
走らせて折り返しを狙うも早稲田がしっかり守りこれを許しませんでした。
しかし、このFKから少し暁星もリズムが出始めました。
21分暁星、右33番から中央69番へラストパス。69番がボレーで狙いますが枠外へ。
23分、28分、29分と早稲田がチャンスを掴むが得点できずに前半は0-0で終了。

32分早稲田が暁星のミスから9石川が暁星GKと1対1に持ち込みますがGKが好セーブ。
33分早稲田、左CKを10岡村が蹴りニアですらせて中での競り合いになりました。
際どいシーンとなり一旦、第3審はゴールの判定も主審は認めずノーゴールに。
38分早稲田、10岡村から中央でパスを受けた12秋岡が決めて漸く先制。
後半暁星は守備でボールを奪った後のパスが弱くなり早稲田に奪われる、勿体無い
シーンが多くなり厳しい時間が続きました。
45分暁星、38番のロングスローからこぼれを33番がシュート。早稲田が守りCKに。
CKからの攻撃で早稲田ゴールに迫ったものの、早稲田が凌いでゴールならず。
47分早稲田のチャンスは暁星38番が戻って防ぎました。
50分暁星、中央34番から右36番、中央左よりの8番と繋いで6番がシュート。
良い形を作りましたがゴール奪えず。
60分早稲田、8小原と12秋岡がチェーシング、8小原が奪い12秋岡が決めて2-0。

Bチームの早稲田が力の差を感じさせる勝利を上げたものの、暁星の善戦が印象に
残る試合になりました。
30分ハーフの60分の試合なので、スタミナ面の落ち込みが出る前にリフレッシュ
出来るのは、双方にとって練習としては良い時間であるように感じました。

続きを読む "東京ユースカップ 早稲田大学vs暁星高校"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »