« 関東大学サッカー1部 神大vs中大 | トップページ | U-22日本代表vsU-22シリア代表 »

2011.12.01

関東大学サッカー1部 早大vs慶大

 

JR東日本カップ2011第85回関東大学サッカーリーグ戦2011 第21節 1部
11月27日(日) 13:50 国立西が丘サッカー場 観衆:1,400人
早稲田大学 2 0-0 2 慶應義塾大学
2-2
50分 5島田 譲
56分 5島田 譲
得点 61分 11風間 荘志
64分 5笠松 亮太

◆早稲田大学メンバー
1赤堀 勇太
17三竿 雄斗、4畑尾 大翔、12山地 翔、3菅井 順平
10奥井 諒、5島田 譲、7柿沼 貴宏、14白井 豪
35松井 亮大、11小井土 翔

◆選手交代
56分 14白井 豪→8
近藤 貴司

◆慶応義塾大学メンバー
1中川 翔太
3黄 大城、4松岡 淳、5笠松 亮太、2田中 奏一
7日髙 慶太、15増田 湧介、6藤田 息吹、10河井 陽介
9大塚 尚毅、11風間 荘志

◆選手交代
なし

 

インカレ出場圏内4位慶應と圏外5位早稲田の対決。
早稲田は負ければインカレ出場が無くなる大事な試合をエース富山を出場停止で迎えました。
更には早稲田が1部、慶應が2部の2008年の対抗戦以後、慶應から勝ち星の無い早稲田。
かなり厳しい試合になるだろうと思い試合開始を待ちました。

試合が始まるとプロ内定4選手を擁する慶應が個の力では上回る感じの中、
早稲田が組織的に守って35松井や11小井土が前線で頑張り、14白井が走ってフォロー。
しかし、この日の構成では最大のストロングポイントのはずの10奥井の所は自由を与えて
くれない慶應。早稲田はセットプレーしか得点に繋がりそうにない状況でした。
慶應の6藤田の中盤でのポジション取りが効いて、5島田、7柿沼からのビルドアップを
切られてしまうので攻撃面は分断されてしまった印象の前半の早稲田でした。
一方、慶應の攻撃は9大塚の高さ、11風間のスピード、10河井の卓越した技術と視野の広さ
6藤田のセンスの良さに、3黄の攻撃参加とバリエーション豊富でした。
それでも早稲田は失点せず、4畑尾が先ずボールホルダーへ当たって、12山地がカバーに回り
2人の連携の良さで凌いでいました。何とか前半はスコアレスで折り返しました。

 

後半、開始から仕掛けたのは早稲田。
48分3菅井のロングスローからCKを獲得。5島田のCKは慶應GK中川がパンチで凌ぐ。
49分慶應3黄がファールで早稲田良い位置でFK獲得。
50分このFK。ポイントには5島田と10奥井。5島田が直接狙い、右隅へ叩き込み早稲田先制!
勢い付いた早稲田は54分35松井が切り返してシュートを放つがGK中川がセーブ。
56分早稲田。3菅井のフィードに10奥井。10奥井ドリブル突破からマイナスのボールを
5島田へ。5島田はこれを決めて早稲田2点のリードを奪う!
沸き立つスタンド。喜ぶ選手達。この得点の後14白井に代えて8近藤 貴司を投入。
前半から走り回った14白井に疲れも見えてきていたので良い交代と思いました。
61分ここまで凌いで来た早稲田DFでしたが、慶應10河井の送ったボールに対して、
4畑尾が触るもゴール方向へボールが出て、12山地がカバーに居たが慶應11風間に入れ替わ
られ突破を許し、3菅井がカバーに走るも間に合わずゴールを奪われてしまいます。
63分慶應7日髙と15増田の連携による意表を衝くリスタートで裏を斯かれた早稲田でしたが
15増田のクロスが合わずに助かりました。
64分慶應は右CKを10河井が蹴り5笠松が同点のHSをファーであわせて決めて2-2の同点に。

追い付かれた早稲田も66分先制点と同じ様な位置からのFKを獲得すると今度は早めに
5島田が狙いましたが壁に当たりました。
67分には早稲田DFのミスが出て危ないシーンも7柿沼のナイスカバーで凌ぎました。
71分早稲田。5島田のFKはファー12山地へ僅かに長くなり折り返せず。
72分早稲田。3菅井ロングスローを11小井土がすらして5島田シュートはGK中川が好守。
74分慶應。10河井のCKは素晴らしいボールも中合わずに抜けました。
76分早稲田。35松井シュート体勢に入るも慶應5笠松がスライディングで防ぎ、
その後の早稲田の2本CKも凌ぐ。
79分早稲田。11小井土のシュートはポストへ。こぼれを7柿沼詰めてミドルは枠外。
後半の慶應では2田中のサイドからの攻撃が効果的で多くなった印象。
85分早稲田。FK5島田から10奥井へ。10奥井のシュートは枠捕らえず。
89分慶應。11風間の仕掛けに対して4畑尾が対応してゴールキックに。
90分慶應。10河井のCK。ここは12山地がクリア。
AT4分の表示が出ました。
AT1分、2分と慶應がチャンスを掴むもノーゴール。
AT4分早稲田11小井土から8近藤。8近藤の折り返しからCK獲得。
CKを10奥井が蹴るが慶應クリアでCKに。
AT5分早稲田CK10奥井から12山地HS僅かファー外側へ外れる。
AT5分早稲田FK10奥井が慶應陣センターサークル付近から蹴り込む。
慶應4松岡が跳ね返したこぼれに5島田がミドルを放つが枠外へ。
結局、最終盤迫力ある執念の攻撃を見せた早稲田だったが勝ち越しゴールは奪えず。
早慶両校、相譲らず試合は2-2の引き分けで終了。
インカレ出場権は最終節、12/4の駒澤陸上競技場の試合結果へと持ち越しになりました。

|

« 関東大学サッカー1部 神大vs中大 | トップページ | U-22日本代表vsU-22シリア代表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/53378848

この記事へのトラックバック一覧です: 関東大学サッカー1部 早大vs慶大:

« 関東大学サッカー1部 神大vs中大 | トップページ | U-22日本代表vsU-22シリア代表 »