« ナビスコ決勝 レッズvs鹿島 | トップページ | Iリーグ2011関東早稲田Bvs東洋FC »

2011.11.01

プレナスなでしこリーグ レッズレディースvsINAC

 

プレナスなでしこリーグ2011 第15節
10月30日 13:00キックオフ NACK5スタジアム大宮 観衆:8,217人
浦和レッズレディース 1 1-0 1 INAC神戸レオネッサ
0-1
19分 7岩倉 三恵 得点 89分 8澤 穂希

◆浦和レッズレディース
21池田 咲紀子
6堂園 彩乃、3矢野 喬子、2土橋 優貴、23齊藤 あかね
15岸川 奈津希、18柳田 美幸
14安田 有希、13藤田 のぞみ、7岩倉 三恵
11後藤 三知

◆選手交代
67分 7岩倉 三恵→17柴田 華絵
73分 11後藤 三知→10吉良 知夏

◆INAC神戸レオネッサ
1海堀 あゆみ
6那須 麻衣子、4田中 明日菜、2甲斐 潤子、5近賀 ゆかり 
10大野 忍、8澤 穂希、7チ ソヨン
9川澄 奈穂美、11髙瀬 愛実、14米津 美和

◆選手交代
HT 11髙瀬 愛実→13南山 千明
73分 14米津 美和→19中島 依美

 

昨日の鹿島との力の差以上に差があるかも知れないINAC戦。
ある程度やられる事は覚悟してNACK5へ乗り込みました。
先ず、スタジアムへ着いて並びの長さの驚きました。
なでしこリーグの試合とは思えない人の量でした。
最終的には8,217人もの観衆を集めた試合になりました。
INACの選手を見たくて来た人が多いのでしょうが、特にINACを応援するでも無く、
観戦している状況だったのでレッズレディースへの声援が場内に響きました。

試合はレッズレディース村松監督の大胆な選手起用が当たりました。
齊藤がスピード、体の強さでINAC川澄を押さえ、序盤こそやや不安だったCB起用の
土橋も10分程で落ち着きました。左サイドの堂園もINAC米津の突破を遅らせCB矢野
との連携で守り、久しぶりにスタメンで起用されたINAC高瀬は空回り。
大野、チ ソヨン、近賀の攻撃参加に注意を払えば大丈夫という状況に。
攻撃面では、INAC澤が何とも絶妙な所に居て、田中、甲斐の前を守られました。
ロングボールで田中、甲斐を超えれば裏に抜けられる感じながら壁を越えられず
流石に無敗で首位に居るチームです。
両チーム決め手を欠き、もみ合う様な時間が続いた、19分レッズレディース先制。
後藤がこぼれを拾ってキープからラストパスを岩倉へ送りました。
受けた岩倉はターンで相手を交わしてからシュートを放ち見事にゴール!
先制点を取った事と、前線で起点を作らせない事で僅かにレッズレディース優勢で
前半をリードして折り返しました。
INACは後半開始から空回っていた高瀬に代えて南山を起用して大野をTOPへ。
一方レッズレディースは67分先制ゴールの岩倉に代えて柴田を起用。
献身的に前から守った岩倉の疲労を考えると致し方ない所でしたが結果的には、
交代出場の柴田が攻撃でアクセントを付け追加点のチャンスはありましたが
ゴールを奪えなかった事と、DF力は岩倉ほどでは無い事が、最後の最後に澤に
同点ゴールを許す結果になりました。
柴田が悪い訳では無いし岩倉が90分プレーの質を維持しきれたとも思えませんので
しょうがない事ではありました。
しいて言えば、勝利には何回かあった追加点のチャンスを決めきる事が必要でした。
戦力的に見て、なでしこJAPANと韓国代表を多数抱える格上と言えるINACに
フェアプレー精神を捨てさせるまで追い込んだフェアなレッズレディースの闘い振りは
見事な物でした。それだけに非常に悔しい引き分けでした。

|

« ナビスコ決勝 レッズvs鹿島 | トップページ | Iリーグ2011関東早稲田Bvs東洋FC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/53139850

この記事へのトラックバック一覧です: プレナスなでしこリーグ レッズレディースvsINAC:

« ナビスコ決勝 レッズvs鹿島 | トップページ | Iリーグ2011関東早稲田Bvs東洋FC »