« J2ヴェルディvs徳島 | トップページ | プレナスなでしこリーグ レッズレディースvsINAC »

2011.11.01

ナビスコ決勝 レッズvs鹿島

 

2011Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝
10月29日 13:10キックオフ 国立霞ヶ丘競技場 観衆:46,599人
浦和レッドダイヤモンズ 0 0-0 0 鹿島アントラーズ
0-0
得点
0 EX1 1
0 EX2 0
105分 9大迫 勇也

◆浦和レッドダイヤモンズ
18加藤 順大
14平川 忠亮、17永田 充、26濱田 水輝、6山田 暢久
13鈴木 啓太
7梅崎 司、8柏木 陽介、22山田 直輝、24原口 元気
15エスクデロ セルヒオ

◆選手交代
76分 7梅崎 司→5高橋 峻希、91分 13鈴木 啓太→27小島 秀仁
107分 6山田 暢久→2坪井 慶介
【警告】
12分 7梅崎 司、47分 22山田 直輝、50分 22山田 直輝、99分 5高橋 峻希
【退場】
50分 22山田 直輝

◆鹿島アントラーズ
21曽ヶ端 準
5アレックス、6中田 浩二、15青木 剛、7新井場 徹
8野沢 拓也、20柴崎 岳、40小笠原 満男、25遠藤 康
13興梠 慎三、9大迫 勇也

◆選手交代
63分 25遠藤 康→30田代 有三、76分 5アレックス→11フェリペ ガブリエル
91分 40小笠原 満男→14増田 誓志
【警告】
31分 5アレックス、43分 15青木 剛、80分 15青木 剛、120+1分 21曽ヶ端 準
【退場】
80分 15青木 剛

 

天気に恵まれた国立に開門少し前に到着し青山門待機列に並び入場。
先ずはナビスコ決勝記念のタオルマフラーとストラップを購入し、
記念撮影用のボードで記念撮影してから燈火台下の席へ着いてしばし休憩。
キッズバトルはレッズ子供達がゴールゲームで逆転して勝利しました。

ピッチ内アップからレッズ側のゴール裏は凄い数の旗の波が現れました。
選手入場前に鹿島側が6枚のBIG FLAGを広げ、レッズ側は入場のタイミングに合せて
ゴール裏に赤・白・黒のビジュアルを展開し「PRIDE of URAWA」の旗を立てました。
タイの洪水とトルコの地震で犠牲になった方々へ黙祷を捧げて、一旦静寂に包まれた
国立に両サポーターの声が響きスタジアムの空気が熱くなりキックオフ。
鹿島にバランス良く守られ攻撃を分断されて孤立させられたレッズ。
興梠、野沢の攻守の切り換えが早く小笠原とプレスに参加、レッズはビルドアップを
止められ、パスコースを探すために横や後に繋がざるを得なくなり、追い込まれ
苦しくなってフィードを試みるもボールを失うなど、攻め手を欠いて苦戦。
大迫、興梠への楔や良く走りチャンスに顔を出す遠藤の動き、両SBの上がりなど
鹿島の攻撃に苦しみつつ、CB濱田とボランチ鈴木とGK加藤を中心に良く守りました。

後半47分、50分と直輝が連続して警告を受け退場してしまい数的不利になったレッズ。
4-1-4-1から4-4-1へと布陣を変更して、引いて守りカウンター狙いに絞ったことで
深い位置まで鹿島に入られる回数は増えましたが、逆にカウンターのチャンスも。
加藤のファインセーブにも助けられながら無失点で凌いだレッズは80分原口が左を
駆け上がり抜け出そうな所を、青木が体を止めて2枚目の警告で退場。10人:10人に。
劣勢を凌いで来たレッズが数的不利を解消した事でレッズサポーターのボルテージは
上がりましたが、30分に渡り数的不利を凌いで来たレッズはリズムを変えられず
鹿島が11人の時よりもバランスを整えた事でカウンターのチャンスも減り延長へ。

 

全体のイメージとしては鹿島の巧さに対して、気持ちで対抗して延長に持ち込んだ
レッズという90分に感じました。それだけに延長の頭に賭けるか、PKに持ち込むか
かなと思いつつ、何とか勝利の可能性を手繰り寄せて欲しいと声と手拍子を送りました。
延長前半15分、フェリペ→興梠→田代→興梠と繋がれ最後はファーでフリーの大迫に
決められて先制ゴールを許してしまいました。
興梠からのパスを受けた田代がチョット溜めて興梠にリターンされた所で崩しきられ
興梠が狙う事もできるしフリーの大迫も使える状況になってしまいました。
こうなると頑張っていた加藤も止める事が出来ず大きな1点を奪われました。
延長後半、1点を追うレッズはFWランコでは無く足が攣った暢久に代えて坪井を起用。
そして、濱田を前線へ上げてパワープレーに出る。
延長前半から出場の小島が頭の良さを感じさせるプレーぶりを見せたのと、
濱田のパワープレーが比較的機能して、同点ゴールの可能性最後まで感じさせてくれ
ましたが、鹿島の牙城を崩す事は叶わず0-1で終了の瞬間を迎えました。

 

試合開始から力の差を見せられながらも、喰らい付いて粘ったレッズ。
気持ちと、頑張りでは埋まらない「差」を見せ付けられた悔しさを晴らせるように
これからの練習に繋げて欲しいと思います。
良く頑張っていただけに、ラッキーゴールでも何でも良いから勝たせてあげたかった。
でも、そんなに現実は甘くなかった。
この経験を2002年の敗戦が2003年の優勝に繋がったように生かして欲しい。

|

« J2ヴェルディvs徳島 | トップページ | プレナスなでしこリーグ レッズレディースvsINAC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/53139794

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ決勝 レッズvs鹿島:

« J2ヴェルディvs徳島 | トップページ | プレナスなでしこリーグ レッズレディースvsINAC »