« 早稲田大学練習試合vs東洋大学 | トップページ | スタジアム更新 »

2011.11.05

J1第31節浦和レッズvsジュビロ磐田

 

2011Jリーグ・ディビジョン1 第31節 
11月3日 17:03 埼玉スタジアム2002 観衆:34,263人
浦和レッドダイヤモンズ 0 0-1 3 ジュビロ磐田
0-2
得点 12分 18前田 遼一
54分 25山崎 亮平
67分 18前田 遼一

◆浦和レッズ
18加藤 順大
14平川 忠亮、17永田 充、26濱田 水輝、6山田 暢久
27小島 秀仁
24原口 元気、8柏木 陽介、7梅崎 司、5高橋 峻希
15エスクデロ セルヒオ

◆交代
57分 6山田 暢久→12野田 紘史
66分 15エスクデロ セルヒオ→31デスポトビッチ
77分 5高橋 峻希→29マゾーラ

◆ジュビロ磐田
1川口 能活
5駒野 友一、2加賀 健一、33藤田 義明、6那須 大亮
11西 紀寛、22小林 裕紀、49ロドリゴ ソウト、10山田 大記
25山崎 亮平、18前田 遼一

◆交代
61分 11西 紀寛→23山本 康裕
86分 25山崎 亮平→19荒田 智之
90分 49ロドリゴ ソウト→20山本 脩斗

 

マリノス戦をTV観戦して感じた不安。「個のコンディションが落ちた時」が
顕在化したジュビロ戦となってしまいました。
10月29日のナビスコ決勝120分の疲労があったのは間違いないでしょう。
立ち上がり峻希とのパス交換でセルが仕掛けるがジュビロDFに止められる。
その後もセル対加賀のシーンは結構有りましたが軒並み勝てず。
梅崎も元気も峻希も1対1で勝つシーンは少なく、結果的に受けても下げる形が増えた。
柏木は何とか前へボールを送ろうとするが、受け手のコンディションの悪さと
それに伴うプレー選択のズレからか、上手くかみ合わず。1ボランチの小島と共に
数少ない前へのパスは出るが機能しているとは言い難い状況に。
前へのパスが、やや引き気味のロドリゴ ソウトに切られるシーンが多かった。
高さでは負けて欲しくない永田は前田との競り合いに、ほぼ完敗。
小島の周囲に居るジュビロの3~4人が前田が裁いたボールを受ける。
しっかり受けてコントロールできる前田の存在が、山崎、駒野、山田等に良い状態で
攻撃の機会を与えました。
組織の意識があり機能する11人のジュビロ。
11人が、個人でサッカーをしているレッズ。
さながらジュビロサッカースクールに参加している生徒の様に簡単な感じのレッズ。
良く僅か3失点で済んだなと思わせられる惨敗でした。
ラッキーなのは、Jリーグが19日の仙台戦まで時間がある事。
コンディションを戻して、出場停止の啓太、直輝(五輪?)が戻る中、どう戦うか
しっかり整理して挑んで欲しいと思います。
今節、甲府が負けて、次節ジュビロ戦はパウリーニョ出場停止。
兎に角、他力でも何でもJ1残留を果たして欲しい。

|

« 早稲田大学練習試合vs東洋大学 | トップページ | スタジアム更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/53169214

この記事へのトラックバック一覧です: J1第31節浦和レッズvsジュビロ磐田:

« 早稲田大学練習試合vs東洋大学 | トップページ | スタジアム更新 »