« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011.07.23

彩の国カップ1回戦パイオニアvsラトルズ

平成23年度彩の国カップ第16回埼玉県サッカー選手権大会
1回戦 7/18(月・祝)kickoff12:30/尚美学園大学G
パイオニア川越事業所サッカー部 2 0-1 2 狭山ラトルズSC
2-1
69分 9松永 七海
72分 13柳沢 祐司
得点 25分 9山田 宗幸
77分 99牧田 淳一
平成23年度彩の国カップ第16回埼玉県サッカー選手権大会
1回戦延長戦 7/18(月・祝)kickoff12:30/尚美学園大学G
パイオニア川越事業所サッカー部 2 1-0 0 狭山ラトルズSC
1-0
93分 9松永 七海(PK)
110+1分 8峯岸 佑輔
得点
パイオニア川越 (彩の国カップvs狭山ラトルズ)
   
19吉村 健太郎9松永 七海
14折笠 竜太郎 16村松 勇太
7日樫 翔 18杉村 亮太
8峯岸 佑輔 5上里 元彦
4堀口 洋 20佐野 一弘
  23高祖 景一  

◆選手交代◆
56分19吉村 健太郎→13柳沢 祐司、61分5上里 元彦→6石沢 勇人
88分7日樫 翔→11佐藤 篤史

107分13警告2枚目で退場

狭山ラトルズ (彩の国カップvsパイオニア川越)
  15田嶋 裕  
21虫本 晋太郎 9山田 宗幸
8細田 賢吾 2日野 悠人
  28波多 隆秀  
18細田 耕平 13小澤 雄太
12佐渡屋 悠 5中村 元希
  33小林 正英  

◆選手交代◆
37分8細田 賢吾→99牧田 淳一
65分15田嶋 裕→11斉藤 延和、72分12佐渡屋 悠→4中島 義治

レッズアカデミーから尚美学園大学へ進みパイオニアでプレーを
続けている16村松に注目しながらの第2試合。
先制点は25分狭山ラトルズ。18細田のFKから9山田が決めました。
その後のセットプレーでも18細田は良いボールを入れていました。
パイオニアも反撃しますがラトルズGK33小林が安定してました。
56分、61分と1点を追うパイオニアは選手を代えて来ました。
61分の交代で右MFで攻撃に参加していた村松はSBに下がりました。
69分左からのボールを9松永が決めて同点に追いつくと
72分9松永から13柳沢へ厳しい角度のシュートを決めて2-1と
パイオニアが逆転しました。
ところが77分ラトルズが反撃。右からのボールを受けた99牧田が
同点ゴールを決めて2-2の振り出しに戻ったゲームは炎天下、延長へ。

延長前半3分9松永がPKを獲得し自ら決めて3-2とパイオニアがリード。
延長後半AT3分の表示が出た直後に9松永から8峯岸と渡り4-2。
パイオニアが延長に及んだ激戦を制して2回戦に進みました。

3試合目の尚美学園大学には小峯も居たのです見たかったのですが
余りにも暑かったので2試合で帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彩の国カップ1回戦レッズユースvsルミノッソ

平成23年度彩の国カップ第16回埼玉県サッカー選手権大会
1回戦 7/18(月・祝)kickoff10:00/尚美学園大学G
浦和レッズユース 5 3-1 1 ホンダルミノッソ狭山FC
2-0
5分 8片 槙吾
22分 5佐藤 大介
35分 5佐藤 大介
50分 26金野 僚太
75分 24中村 駿介
得点 43分 22箕輪 圭介
浦和レッズユース (彩の国カップvsルミノッソ狭山)
  12高田 拓弥  
11堀田 稜 26金野 僚太
5佐藤 大介 8片 槙吾
  6野崎 雅也  
3寄特 直人 20新井 純平
19西澤 秀平 18西袋 裕太
  16高浪 祐希  

◆選手交代◆
53分5佐藤 大介→24中村 駿介、68分11堀田 稜→7鈴木 悠太
79分12高田 拓弥→10矢島 慎也

ホンダルミノッソ狭山 (彩の国カップvs浦和レッズY)
<> 
  7斉藤 裕隆  
  22箕輪 圭介  
24山田 翔平 10千葉 雅仁
14佐野 真一郎 18阿部 孝浩
9黒須 淳夫 15池田 涼司
13河野 拓哉 2此本 大輔
  21菊池 亨  

◆選手交代◆
61分18阿部 孝浩→23関根 亮

以前は関東サッカーリーグに所属していた社会人チームの
強豪のイメージがあるホンダルミノッソ狭山とレッズユースの対戦。
正直、対戦表を見て運が無いなと感じました。
しかし試合は予想外の内容になりました。
原発事故の影響による電力不足で勤務シフトの影響もあり選手が
揃わない模様のルミノッソはFW登録の選手がSBに入るなど
本来の力を発揮するには程遠い状態でした。
それでも、レッズアカデミーOBの15番池田涼司のプレーを久しぶりに
見る事が出来て嬉しかったです。

激しいプレスを受ける事無く、時間とスペースを与えてくれるルミノッソに
対してレッズユースはテンポ良くパスを繋ぎ攻めることが出来ました。
先制点は5分8片が奪いました。
22分には左サイドで11堀田、20新井と繋いで20新井が深い位置から
5佐藤に合わせて追加点。
35分ルミノッソの左サイドが上がったスペースを突いて26金野から
20新井、GKがハンブルした所へ5佐藤が詰めて3点目。
43分ルミノッソは裏へ蹴り込んだボールに22箕輪が反応してカウン
ターがはまり1点を返しました。
前半は3-1とレッズユースが2点をリードして折り返しました。

後半は7-22の並びを横にして2TOPできたルミノッソが上げて来ました。
前から激しく追って来るルミノッソのプレスを掻い潜り50分に26金野が
4-1とする大きなゴールを奪いました。
75分には6野崎からのパスを受けた24中村がGKのタイミングを外して
落ち着いてゴールへ流し込み5-1としました。
83分辺りからはやや引き過ぎた印象のレッズユースがルミノッソの
攻撃を呼び込んでしまいましたが無失点で乗り切りました。
彩の国カップ1回戦を勝ち上がり2回戦城西大学戦に進みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.20

JFL後期2節 武蔵野vs讃岐

第13回日本フットボールリーグ 後期 第2節
7/9(土)kickoff15:00/武蔵野陸上競技場 観客数 807名
横河武蔵野FC 0 0-0 1 カマタマーレ讃岐
0-1
得点 90+3分 26李 賢珍
横河武蔵野FC (JFL後期2節vsカマタマーレ讃岐)
<> <> 
9小林 陽介11関野 達也
27林 俊介 20都丸 昌弘
26岩田 啓佑 25平岩 宗
17勝野 洋平 5鹿野 崇史
28金守 貴紀 4瀬田 達弘
  1飯塚 渉  

◆選手交代◆
81分 武蔵野 20都丸 昌弘→22永露 大輔、82分 武蔵野 9小林 陽介→16山下 真太郎
87分 武蔵野 27林 俊介→14加藤 正樹

カマタマーレ讃岐 (JFL後期2節vs横河武蔵野FC)
<> <> 
21岡本 秀雄11西野 泰正
7飯塚 亮 9石田 英之
14中島 健太 15綱田 大志
2天羽 良輔 10吉澤 佑哉
22神崎 亮佑 20鈴木 祐輔
  24瀬口 拓弥  

◆選手交代◆
63分 讃岐 21岡本 秀雄→26李 賢珍、81分 讃岐 9石田 英之→18新保 聰太朗

試合は暑い中、お互い精一杯のプレーを続けスコアレスのまま終盤へ。
武蔵野がチャンスを作り勝てるかもと思えた最終盤、AT3分痛恨の
失点で讃岐に先制点を許して敗戦。
武蔵野は開幕当初から比べると、かなりチーム力が上がって来て居て
勝てれば一気に波に乗れそうだっただけに残念な結果でした。
中島は讃岐で良いプレーをしていました。
武蔵野戦以外で是非、活躍して欲しいと思います。
ポジション等特にメモなど取らずに観戦の為、試合会場にて購入のメンバー表の
配置を記載しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.14

東京 T1リーグ 都立国分寺高校vs帝京高校

高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 東京 T1リーグBブロック3節
7/10(日)kickoff15:30/清瀬内山運動公園サッカーグラウンド 
都立国分寺高等学校 0 0-2 4 帝京高等学校
0-2
得点 32分 11諏訪 賢人
45分 8松岡 敬太
77分 18大野 耀平
79分 19佐々木 敬哉
帝京高校 (東京 T1リーグvs都国分寺高校)
<><>
9町田 直樹18大野 耀平
8松岡 啓太 11諏訪 賢人
5照井 久磨 10小山 北斗
6長谷川 優希 3鈴木 涼太
4宮尾 孝一 2新地 久史兆
  1伊東 剛  

◆選手交代
HT 11諏訪 賢人→7相馬 健太朗、63分8松岡 啓太→19佐々木 敬哉
73分9町田 直樹→16吉良光稀、84分18大野 耀平→17吉田 翔吾
89分7相馬 健太朗→20相原 敬亮

都国分寺高校 (東京 T1リーグvs帝京高校)
  3  
9 23
  8  
6 15
12 4
2 5
  17  

◆選手交代
HT 23→20、59分15→19
65分4→14、69分3→25
85分9→13

清瀬内山のこの日3試合目。帝京と都国分寺の対戦。
試合前に帝京は会場に来ていた選手全員で円陣を組んで
気合を入れました。
試合は攻め立てる帝京に守り耐える都国分寺の展開に。
序盤から9町田、8松岡、18大野が積極的にシュートを放ちますが
中々、国分寺のゴールを破る事ができませんでした。
先制ゴールは水休憩を終えた後の32分右から8松岡が送った
パスに11諏訪がスライディングシュートで合せて生まれました。
6長谷川の上がりから何度かシュートチャンスを迎えながら
追加点が奪えず後半になるかと思えた45分18大野がゴール前へ
入れたボールが混戦を生んで8松岡が押し込んで2点目。
2-0と2点差で折り返す事となり、試合は決した感じはありました。
劣勢の都国分寺では5番の奮闘が記憶に残りました。

共にHT明けに1枚交代枠を使って迎える後半。
47分帝京のクリアミスがあわやオウンゴールかと言うシーンも。
開始から上げて来た国分寺が良い感じの時間を作りますが
50分9町田が流れを切るシュートを放ちました。
CKは取れる物の追加点が遠い帝京、時間が進みました。
77分クロスを中へ折り返した所に18大野が入りゴール。
79分には19佐々木が決めて4-0としました。
AT4分19佐々木から17吉田へ、吉田のシュートはバー直撃。
惜しくも5点目は奪えず。しかし、帝京が4-0で危なげ無く勝ちました。

選手名、背番号はコーチングの声とプログラムを基にして当てはめて
ありますので誤り有ると思います。情報頂けましたら訂正致します。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京 T1リーグ 横河武蔵野Yvs関東第一高校

高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 東京 T1リーグAブロック3節
7/10(日)kickoff12:00/清瀬内山運動公園サッカーグラウンド 
横河武蔵野FCユース 2 0-2 2 関東第一高等学校
2-0
75分 14大場 駿
77分 10石川 乾悟
得点 36分 9大村 俊道
44分 7伊東 礼央
横河武蔵野Y (東京 T1リーグvs関東第一高校)
  14大場 駿  
7岩井 竜太 13伊勢 太一
  11岡庭 裕貴  
8長岡 克憲 4渡辺 傑
6加瀬 将弘 12内藤 樹生
5日高 裕介 3西山 雄介
  19宗仲 光  

◆選手交代
HT 13伊勢 太一→10石川 乾悟、12内藤 樹生→2伊東 祥太
75分8長岡 克憲→9相沢 一貴、87分3西山 雄介→15大内 隆太郎
90分14大場 駿→17川畑 悠吾

関東第一高校 (東京 T1リーグvs横河武蔵野Y)

<>

<>

9大村 俊道 13大内 直人
14竹本 圭 7伊東 礼央
5緒方 修 10沓掛 元気
6小松 雄貴 2村岡 翔太
4大城 大聖 3塚越 拓也
  1田畑 里央  

◆選手交代
63分5緒方 修→15、67分13大内 直人→11谷中 隆太
76分7伊東 礼央→16星 清太、86分9大村 俊道→8

続いてはT1リーグAブロック好調の関東一高と横河武蔵野Yの対決。
押し気味に進めた関東一高が36分右2村岡から7伊東へ、伊東の
クロスに9大村が低空ダイビングヘッドで先制。
更に44分左13大内から中央9大村へ9がGKと絡むも右でフリーの
7伊東に繋いで2-0と関東一高がリードを広げて前半終了。

上手く行かなかった横河武蔵野YはHT明けに2選手を交代。
46分関東一高9大村から14竹本へシュートは枠外へ。
49分横河武蔵野Y8長岡のシュートは守られ僅かに枠をそれました。
ここからCK2本を続けましたが枠を捕らえず。
関東一高のテンポのよい攻撃に対応しきれない、横河武蔵野Yは
危ないシーンを向かえながらも、シュートをGK宗仲が抑えて
追加点を許しませんでした。
69分に後半の給水タイム。
ここまで関東一高がコンパクトさを保ちボールへのアプローチの
スピードで上回り横河武蔵野Yに隙を与えない感じの試合でした。

75分横河武蔵野Yが選手交代。8長岡に代えて9相沢を起用。
この9相沢が行き成り得点に絡みました。相沢が14大場をアシスト。
75分1-2と1点差に追い上げると一気に横河武蔵野Yに勢いが出ました。
77分HTに交代で入った10石川が、カウンターから9相沢のシュートの
こぼれに詰めて同点に追い付きました。

共に選手交代なども行い勝利へ向けた執念を感じさせますが
追加点は生まれず、2-2の引き分けでAT5分という長い後半を
戦い終えました。
交替選手が活躍した横河武蔵野Yは追い上げて、追い付き
勢い付いていただけに勝ちたい試合だったでしょう。
一方、関東一高は終盤に足も止まり苦しい展開に追い込まれながら
粘って引き分けで終えることが出来ました。
本来なら、先に追加点を奪い3点差として試合を決めたい
展開だったとは思いますが、好調さを感じさせる終盤でもありました。

選手名、背番号はコーチングの声とプログラムを基にして当てはめて
ありますので誤り有ると思います。情報頂けましたら訂正致します。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.12

東京 T1リーグ 修徳高校vs正則学園高校

高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 東京 T1リーグAブロック3節
7/10(日)kickoff10:00/清瀬内山運動公園サッカーグラウンド 
修徳高等学校 3 1-1 2 正則学園高等学校
2-1
24分 9間島 朋之
86分 18大塚 竜太
87分 9間島 朋之
得点 31分 3鴨志田 裕介
63分 13山内 一平
修徳高校 (東京 T1リーグvs正則学園高校)
<><>
9間島 朋之7小野寺 和也
11本橋 瑞基 10西野 隼人
8森 竜也 6城ケ瀧 大地
5 2
3 4吉原 弘一郎
  1有村 康太  
正則学園高校 (東京 T1リーグvs修徳高校)
<><>
1110秦 力斗
9秋元 功平 6川口 雄太
7粕谷 翔馬 8若林 可輝
2伊東 駿 5太田 翔
4宮本 右京 3鴨志田 裕介
  1桃谷 慎  

清瀬内山は夏の日差しが溢れかなり暑い中での試合となりました。
序盤は修徳がやや優勢に試合を進めました。
15分を過ぎた辺りからチームとしての纏まりを感じさせる正則学園が
少しずつ盛り返して、試合の流れが変わり掛けた、24分に修徳の
9間島が正則学園GKを外した事でやや厳しい角度からのシュートを
枠に収めて先制ゴールを奪いました。
序盤押しながらゴールを奪えなかっただけに大きなゴールでした。
給水タイムが明けて29分正則学園11番の突破を修徳GK1有村が
ファールで止めて警告を受けPK献上。
この接触で1有村が痛み治療の跡、31分3鴨志田がPKを決めて
正則学園が同点に追い付きました。
修徳は蹴りこまれたボールに対する処理にやや難を感じさせるシーンが
散見され正則学園のペースで前半を終了しました。

後半も開始から正則学園が攻めて修徳が耐える展開に。
GK1有村の好セーブもあり追加点を許さずに頑張った修徳。
55分には後半初めて攻め込んでパスが繋がり、こぼれも拾える
厚みを感じる攻撃を見せました。
58分修徳7粕谷に代えて18大塚を起用。
61分正則学園10秦に代えて13山内、時間は不明11番に12番が
交代で入っていました。
63分交代出場の正則学園13山内がゴール正面でパスを受けて
ゴールを奪い逆転に成功。
67分逆転を許した修徳は11本橋、6城ヶ瀧に代えて20番と19番を起用。
73分修徳2番に代えて13番を起用。
ここまで正則学園は中盤の争いでプレスの連動もあり優位に立つ。
修徳は個では勝負できる物のチームとしての完成度が今ひとつで
バランスが悪く劣勢に立たされるシーンが多かったです。
正則学園の先ずは縦にそして詰まれば外に開き、フリーの選手を使う
タイミングの良い攻撃が効果的でした。

85分を過ぎると正則学園の運動量が落ち、修徳が個の力を発揮できる
時間と間合いが出来始めました。
直前のチャンスを逃した後、一瞬の隙を突いて88分(公式86分)
18大塚がフリーでペナ内へ進入して同点ゴールを奪いました。
更に89分(公式87分)9間島が個人技から切り返してDF2人を外して
シュートを決めて3-2と逆転に成功。
89分正則学園9秋元に代えて14番。
90分修徳9間島に代えて17番。
AT2分、4分と正則学園がFKのチャンスを得るが得点に至らず試合終了。

正則学園のチームワークの良さと修徳の個の対決は全体としては
正則学園が支配しながらも終盤にスタミナが切れて修徳に逆転を許しました。
修徳はチームの完成度が高まればかなり強くなりそうです。

選手名、背番号はコーチングの声とプログラムを基にして当てはめて
ありますので誤り有ると思います。情報頂けましたら訂正致します。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.07

浦和レッズトレーニングマッチvs筑波大学

2011/7/7(木)浦和レッズTRMvs筑波大学
15:45kickoff/大原サッカー場 観客数約200人
浦和レッドダイヤモンズ 1 0-0 0 筑波大学
1-0
90分宇賀神 友弥 得点
浦和レッズ (練習試合前半vs筑波大学)
  31ランコ デスポトビッチ  
7梅崎 司 15エスクデロ セルヒオ
  8柏木 陽介  
20堀之内 聖 27小島 秀仁
12野田 紘史 3宇賀神 友弥
2坪井 慶介 26濱田 水輝
  1山岸 範宏  
浦和レッズ (練習試合後半vs筑波大学)
15エスクデロ セルヒオ 7梅崎 司
  28矢島 慎也  
27小島 秀仁 20堀之内 聖
  23青山 隼  
3宇賀神 友弥 2坪井 慶介
19堤 俊輔 26濱田 水輝
  25大谷 幸輝  

◆選手交代
63分20堀之内 聖→33野崎 雅也
71分7梅崎 司→30関根 貴大、15エスクデロ セルヒオ→32大野 将平

筑波大学 (練習試合前半vs浦和レッズ)
   
9赤﨑 秀平19八田 康平23分8上村 岬
29青山 彰吾 11瀬沼 優司23分15林 昇吾
10八反田 康平 3谷口 彰悟
5山越 享太郎30分6不老 祐介 2石神 幸征
28古谷 真悟30分13今井 純 18松田 貫
  1三浦 雄也  
筑波大学 (練習試合後半vs浦和レッズ)
  9赤﨑 秀平68分29青山 彰吾  
11瀬沼 優司 15林 昇吾
  8上村 岬  
19八田 康平 10八反田 康平68分3谷口 彰悟
2石神 幸征60分5山越 享太郎 6不老 祐介
18松田 貫60分28古谷 真悟 13今井 純
  16乗松 翔真  

一進一退の試合は23分、筑波大の8上村岬投入後に
やや筑波大へと流れが傾いた感じでした。
34分レッズは8柏木から7梅崎へ。梅崎がペナルティエリアへ
進入すると筑波大DF2人に潰されてPKと思いましたが
判定はノーファールでした。
36分には1山岸のファインセーブで凌ぎ、39分には筑波大
15林がこぼれに詰めましたが枠を大きく超えて救われました。
レッズでは15セルヒオの突破と時折みせる8柏木と7梅崎の
連携で良い形になる物の、攻撃面では今ひとつで筑波大の
方が決定機は多いのでは無いかと感じる前半でした。
守備面では、20堀之内の落ち着いた対応と、筑波大9赤崎を
ほぼ完封した26濱田が良かったと思います。

後半は筑波大が本来のリーグ戦のフォーメーションで挑んで
レッズはユースの28矢島 慎也が交代で入り、27小島とやや
流動的にポジションを入れ替えながら、左或いはTOP下で
プレーをして良い感じでボールを裁いていました。
後半開始からリズム良く攻めたレッズは53分28矢島が起点と
なって、3宇賀神へ。3宇賀神が15セルヒオとワンツーで抜けて
PKを獲得しました。このPKを15セルヒオが蹴りますがGKに
セーブされてしまいました。
56分にはCKに26濱田が頭で合せるも枠外。
63分レッズは20堀之内に代えてユースの33野崎を起用。
68分筑波大が反撃、8上村がシュートを放ちましたがレッズ
GK25大谷がキャッチ。
69分7梅崎がドリブルからシュート。今度は筑波大GKがキャッチ。
71分15セルヒオと7梅崎を下げて、ユースの32大野と30関根を
起用したレッズ。ユースから呼んだ4人がピッチに立ちました。
85分筑波大が29青山と8上村のコンビネーションでレッズの
守りを崩し8上村がフェイントから反転シュート。
これはバーを直撃してゴールにはならず。
88分筑波大8上村から11瀬沼へ、レッズ25大谷がスーパーセーブ。
90分またも筑波大8上村と29青山のワンツーから8上村がシュート。
決定的も枠を捕らえられず。
素早く始めたレッズが28矢島から左サイドを走った3宇賀神へ。
クロスを選択するかと思われた位置から宇賀神が決めて
何とかギリギリの所で先制点を奪って辛勝しました。

筑波大では8上村がキレキレで余りスペースが無い中でも
個の力で打開してチャンスを作っていました。
葺本が来てなかったのはチョット残念でしたが、レッズ相手に
筑波大のサッカーをみせてくれたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.05

さようなら、ありがとうエジミウソン!J1第2節G大阪戦

2011Jリーグ ディヴィジョン1 第2節
18:03kickoff/埼玉スタジアム 観客数42,331人
浦和レッドダイヤモンズ 1 0-0 1 ガンバ大阪
1-1
77分原口元気 得点 56分宇佐美貴史

今シーズン埼スタのホームゲームで初めてボーイズマッチから観戦しました。
エジミウソンのお別れの場内一周で見送ることが出来て良かったです。
エジミウソンがメイン中央から南ビジタースタンド前を通るとガンバの
サポーター席からも拍手が送られました。
その後、レッズサポーター、ファンの前を南からバック、北、メインと子供と
一緒に最後のひと時を大切にしてくれてるような雰囲気でゆっくり手を振り
ながら、チャントに送られながら去って行きました。

試合は、ボールへのプレスも厳しく、FW陣がしっかりMFのサポートまで
戻ったり、動き直してTOPを追い越したり、運動量豊富にガンバを押し込み
優勢に試合を進めましたが、前半はゴールを奪うには至らず終了。
激しい運動量の下で機能していた前半のレッズ。スタミナが心配でしたが
レッズもガンバも共に60分過ぎ辺りからは運動量が同じような感じで落ちて
スタミナ切れから致命的な失点にはならずに、
56分にこぼれを詰めた宇佐美に許した1失点のみに抑えられたのが効いて、
77分峻希から原口で決めた同点ゴールで追い付けました。
その後もマゾーラ等にBIGチャンスが有りましたが決めきる事ができずに
惜しい1-1の引き分けに終わりました。
SC席で北よりのバックアッパーから観戦しましたが、皆様の感想にも有る
通り、久しぶりにバックスタンドの屋根に大きく反響する、指定席エリアからの
サポートが戻った埼スタは、非常に良い雰囲気の中で試合が出来ていました。
名古屋、ガンバと来てくれる相手には良い感じの試合が出来たレッズ。
次の山形戦で、運動量を活かした連動する攻撃が機能するか、DF面の
カバーの意識が同じ様にできるかがポイントになりそうです。
山形戦に良い内容で勝利できれば、チーム状態が上向きで安定しそうに
感じられるそんなガンバ戦の引き分けでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »