« JR東日本カップ関東大学サッカー筑波大vs駒大 | トップページ | レッズユース練習試合 vs横浜FCユース »

2011.06.14

クラセン関東大会2次リーグ レッズユースvs横浜FCユース

平成23年度 日本クラブユース選手権(U-18) 関東大会
2次リーグ 第4節 14:00 Kick Off/レッズランド
浦和レッズユース 2 0-2 2 横浜FCユース
2-0
73分28関根 貴大
78分10矢島 慎也
得点 11分10小野瀬 康介
13分9木下 康介
浦和レッズユース (関東大会2次リーグ第4節vs横浜FCユース)
  26大野 将平  
11堀田 稜 7鈴木 悠太
10矢島 慎也 14繁田 秀斗
  6野崎 雅也  
5佐藤 大介 2西山 航平
3寄特 直人 4小出 啓太
  1三上 綾太  

◆選手交代◆
55分11堀田 稜→28関根 貴大
66分26大野 将平→17カドコダイ・アシカン、14繁田 秀斗→8片 槙吾
86分10矢島 慎也→18西袋 裕太

横浜FCユース (関東大会2次リーグ第4節vs浦和レッズユース)
  9木下 康介  
  10小野瀬 康介  
14田中 舟汰郎 8中山 僚太
13石井 圭太 5佐藤 和俊
2劔 聖矢 7前田 啓介
20南 祥巧 3宮崎 和弥
  1下川 照平  

◆選手交代◆
76分14田中 舟汰郎→11西田 子龍、87分13石井 圭太→4羽毛 勇斗

アカデミー卒業生の大学サッカー観戦を優先したため
今期のクラセン関東大会2次リーグ初観戦となった横浜FCユース戦。
蒸し暑さを感じるレッズランドで行われました。
試合は序盤こそ7鈴木の右サイドからの突破が機能したレッズユース
でしたが、6野崎への徹底したマークと、10矢島、14繁田への2人以上の
早いアプローチでパスコースも限定された中で窮屈な展開に持ち込まれ
11分に横浜FCユース10小野瀬に4小出がマークに付きながらもシュートを
許してこれが4小出の足に当たって失点してしまいました。
更に、13分には三上がバックパスを受けて余裕を持ち過ぎた所を9木下に
狙われてボールを失うと、そのまま9木下に決められて2点を追う展開と
なってしまいました。
その後は横浜FCユースの策が功を奏し、9木下の高さと足元の確かさや
気の効いたポジショニング、10小野瀬の展開力、中盤以下の献身的な
プレッシングがレッズユースの良さを消し続け時間が進みました。
40分を過ぎると漸く42分に26大野から10矢島や、44分11堀田から10矢島
などとラストパスが通ればという展開が見られるようになりましたが
前半はレッズユース0-2横浜FCユースで終了しました。

後半は開始から一進一退な感じで推移。前半よりは形になるが絶対的な
形には至らない感じのレッズユース。
47分の26大野のドリブルからのシュートや53分3寄特から10矢島へ渡り
10矢島の放ったミドルがバーを叩いたシーンが惜しかったです。
2点リードを許しているレッズユースは55分11堀田に代えて28関根を起用。
この交代策が、レッズユースを研究して対策を立てて良さを消してきた
横浜FCユースのスカウティングに基づいた戦い方に変更を求める結果に。

左サイドで人数を掛けて抑えに来る横浜FCユースの選手に対して、
28関根が独特のリズムで突破をするシーンが生まれると他の局面にも
影響が出てレッズユースにセットプレーの機会が増えていきました。
66分に26大野→17アシカン、14繁田→8片の状態を実行して追撃に勢いを
付けたいレッズユース。
68分、レッズユースゴール前でGK三上がセーブした所に、10小野瀬が
遅れ気味に入ってしまい三上の治療で少し中断しました。
71分横浜FCユースの攻撃がレッズユースゴールに迫りますが、14田中の
センタリングはGK三上が被ってしまうがそのままファーのラインを割りました。
72分17アシカンがCKを獲得。10矢島が蹴ると3寄特が無理な態勢から
ヒール?で合せるが横浜FCユースGK下川がキャッチ。
73分遂にレッズユースに待望のゴールが生まれます。
10矢島が中へボールを送ると28関根がアクロバットなシュートを決めて
1-2と追い上げの狼煙。
勢い付くレッズユースは74分には10矢島が強引にドリブルからシュート。
ここはGK下川がキャッチ。
78分CKを10矢島が蹴って?がシュートこぼれた流れから攻めなおして
10矢島が持ち込んでシュートを放ち同点に追い付きました。
79分17アシカンのボール奪取から10矢島が繋ぎ28関根のHSは枠を捉えず。
81分横浜FCユース11西田のカウンターは4小出がナイスカバーで防ぎました。
更にここで与えたCKは10小野瀬がファーで合せてシュートを許しましたが
GK三上がファインセーブで凌ぎました。
83分8片から17アシカンへの通れば1点のパスは目前でDFに防がれました。
86分10矢島から7鈴木と渡りシュート!GK下川触りバーに辺り外へ。
86分10矢島に代えて18西袋を起用。
90分18西袋から17アシカンへ決定的でしたが惜しくも枠の外へ。
73分に1点差としてからは圧倒したレッズユースでしたが逆転は出来ず
スカウティングを活かされて、しっかりした技術も伴った相手に苦しめられ
ながらも、しっかりボールを繋ぎ動かす事で相手の体力を奪い、後半は
自分達の試合に持って行くことが出来ました。
前半の点の取られ方が、最初のピンチらしいピンチでの失点と明らかな
ミスだった事は、この後の試合への反省点としてくれればと思います。
嫌な、流れになってしまった前半から、浮き足立たずに持ち直し自分達の
ペースにまで持って来たのは見事でした。
この試合のような経験が選手を逞しくしてくれるのでしょうね。

|

« JR東日本カップ関東大学サッカー筑波大vs駒大 | トップページ | レッズユース練習試合 vs横浜FCユース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/51942858

この記事へのトラックバック一覧です: クラセン関東大会2次リーグ レッズユースvs横浜FCユース:

« JR東日本カップ関東大学サッカー筑波大vs駒大 | トップページ | レッズユース練習試合 vs横浜FCユース »