« 埼玉県 中央新人大会 埼玉栄vs越谷西 | トップページ | 埼玉県 中央新人大会 市立浦和vs越谷西 »

2011.01.30

埼玉県 中央新人大会 西武台vs埼玉栄

平成22年度 埼玉県 中央新人大会 Aグループ 第3日目
2011年1月29日(土)西武台第2G 第1試合:11:00 (40/40)
西武台 1-2 埼玉栄
◆得点者
15分13.都築(埼玉栄)
18分11.今村(埼玉栄)
48分2.小川(西武台)

◆メンバー
【西武台高校】
GK:12甲斐
DF:18近江、13垣内、5恩田、2小川
MF:11岩原、7平野、8鈴木、6坂本、9面川
FW:16清水
交代
HT8鈴木→10田所
65分18近江→3奥秋

【埼玉栄高校】
GK:1
DF:3井村、2テルイ、13都築、4
MF:8、5
 11、10エスクデロ、7
FW:9小泉
交代
61分9小泉→20、10エスクデロ→18
74分7→23、11→22シオミ
80+1分26→25

試合開始から攻勢に出たのは西武台。
西武台の前線からのプレスが効いて窮屈な展開になる埼玉栄。
流れに変化が出たのは9分。右サイドを7番がドリブルで攻め上がり
ファー10番へ、10番が折り返したボールは西武台GKがキャッチする。
ここから、西武台の中盤での繋ぎをインターセプトする埼玉栄が
シュートカウンターを仕掛けチャンスを創出。
15分右サイドからのFKを3井村が蹴るとゴール前13都築がバック
ヘッド気味に擦らせて埼玉栄が先制点を奪う。
更に18分、左サイドスローインから10エスクデロが浮き球をゴール前へ
それを9小泉?が繋ぎ11今井がゴールを決めて2-0とリードを広げる。
ゴールを奪ったことで埼玉栄に勢いが付き序盤の劣勢を跳ね返して
中盤でも優位に立ち、試合はやや埼玉栄ペースで進み前半を終える。

後半開始からリードを許した西武台が10田所を起用して流れを変える。
試合開始の頃の勢いを取り戻すかのような入りをした西武台。
しかし、落ち着いて対応する埼玉栄。7分には10エスクデロが抜け出し
決定機を作るがトラップが決まらずと西武台GKが上手く間合いを詰めて
シュートを撃つ事ができずに追加点を奪えず。
すると直後の8分西武台がFKを獲得し9面川が蹴ったボールは
ドンピシャで2小川のヘディングを生み1点差へと追い上げる。
このゴールで西武台が勢い付き、埼玉栄ゴールに幾度と無く迫り
あと一歩でゴールと言うシーンが多く見られましたが埼玉栄の選手が
体を張って必死に守り、苦しい時間を無失点で凌ぎました。
早い出足でリズムを作り逆襲に出た西武台でしたが、25分辺りまでの
圧倒的優勢の時間に追加点が奪えなかったことで、その後は互角の
展開となり、共にチャンスを作る物のゴールは無く埼玉栄が2-1で勝利。
激しさとスピード感のある好ゲームを見ることが出来ました。
埼玉栄は全勝でグループ首位。
第2位試合の結果により西武台は1勝2敗で3位となりました。

|

« 埼玉県 中央新人大会 埼玉栄vs越谷西 | トップページ | 埼玉県 中央新人大会 市立浦和vs越谷西 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/50732531

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県 中央新人大会 西武台vs埼玉栄:

« 埼玉県 中央新人大会 埼玉栄vs越谷西 | トップページ | 埼玉県 中央新人大会 市立浦和vs越谷西 »