« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.30

第89回全国高校サッカー選手権開幕戦

第89回全国高校サッカー選手権大会
1回戦(開幕戦)
2010年12月30日 13:10 Kick Off 国立競技場 観客数13,532人
駒澤大学高校 2-1 大津高校
得点者 前半 9高平(7分駒澤)、10若杉(17分大津)
後半 11須貝(27分駒澤)

先にペースを掴んだのは大津。しかし押されつつあった
駒澤が8黒木のロングスローからの流れでこぼれ球を
9高平が抑えた強烈なシュートを決めて先制。
劣勢に立たされ出していた駒澤が先制したことで面白くなりました。
個人の突破力に勝る大津が駒澤のDFの要4大畠のマークを
一瞬外して10若杉が早いターンから同点ゴール!
車屋の突破からのシュートもあり大津が優勢ながら
駒澤も8黒木、13倉本のロングスローがチャンスになるので守りが
持ちこたえれば勝機がありそう。
駒澤がハーフウェー付近からのFKでゴールを奪い突き放しました。
80分ラストに微妙な判定で大津にPKを与える。微妙な判定ながら
8車屋をファールで止めた3松岡が警告を受ける。
キッカーはキャプテン4藤本。GK岸谷が止めて逃げ切りました。
前半よりも寄せが早くなり、人数を掛けてボールを奪うなど
駒澤らしい戦い振りになりました。
前半対峙して掴んだ感覚も活かして、あまり大津の個人技に
やられなくなりました。
準決勝の成立学園、決勝の帝京と完封勝利して東京都予選
全試合無失点で乗り切った守備力を発揮できた駒澤の2回戦
以降の戦いも期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup レッズYvsグランパスU-18

3位決定戦 2010年12月28日 12:30 埼スタ第4G
浦和レッズユース 0-4 名古屋グランパスU-18
得点者:21分グランパス 14佐藤、26分グランパス 31中根、
65分グランパス 14佐藤、68分グランパス 28野崎

スタメン
浦和レッズユース
GK1三上
DF27小坂、13寄特、18西袋、20新井
MF6野崎
11堀田、10矢島、8片、28長谷
FW17アシカン

交代
44分8片→24繁田
54分28長谷→21佐藤
62分27小坂→19西澤

名古屋グランパスU-18
GK16伊藤
DF14佐藤、19渡辺、2奥山、17加藤
MF28野崎、15都竹、32富田、24真柄
FW9川村、31中根

交代
31分9川村→21足立
46分24真柄→7水野
??分15都竹→27樫尾
68分16伊藤→36??

Yグループ2位通過、3勝3分0敗、13得点3失点と上位対決では
失点を最小限でスコアレスか1-1で引き分ける手堅いグループ
ステージでの戦いが感じられるグランパスが相手となった
3位決定戦。準決勝でコンサドーレ相手に2-5と敗れた後の試合です。
15都竹が効いてグランパスが優勢に試合を進めます。
レッズはグランパスのパスワークに翻弄されながらも、矢島が孤軍奮闘。
15分辺りからは多少、レッズも良い感じのプレーが出だし、ここからと
思い始めて見ていた矢先の21分左サイド上がって来た14佐藤に
角度の無いところから見事なシュートを決められて先制を許します。
23分アシカンからボールを受けた矢島がゴールに迫りますが
シュートは撃たせてもらえず、26分左サイドの突破から31中根に
決められて0-2とリードを広げられてしまいます。
中盤での争いで負けて左サイドを使われて、中で合わされる回数が
多くなりかなり厳しい前半となりました。
ちょっと苦しい時間を凌ぎ、ここから行ければというタイミングの
1失点目が連日連戦で疲れ、準決勝で高い集中を発揮して戦い
敗れた、体の疲れと、精神面の疲れが選手を襲った感じもします。
後半は選手交代やポジションチェンジ、ギャンブル的な3バック状態で
ゴールを奪う気力を見せましたが、65分右サイド野崎のクロスを入れ
佐藤が決めてグランパス3点目。
68分更にグランパスにパスで崩され野崎が決めて4点目。
最後に佐藤がミドルを放ち枠を捕らえられ無かったところで終了。
0-4で敗戦となり4位で終了しました。
大会初戦のコンサドーレ(今大会優勝)1-4完敗、
準決勝ヴィッセルに0-1惜敗、3決グランパス0-4完敗。
1ボランチのところを狙われたり、1TOPが完封されたりチームとして
熟成する事で改善できそうな所や、個人で感じた課題の克服が
必要そうな所と、この時期に強い相手と出来た事で見えたものが
沢山在ったと思います。
大会を通してb戦での活躍がAチームでの出場に繋がるのは
選手にとってはやる気を維持できたのではないかと思います。
お互いに切磋琢磨してポジション争いをする事で更なる成長を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup b戦 レッズYvs浦和東

b戦 Xグループ 2010年12月27日 11:08 埼スタ4G
浦和レッズユース 2-0 浦和東高校(35分/25分)
得点者:35分レッズ 29岸、41分レッズ 9長坂

スタメン
浦和レッズユース
GK16大石
DF21佐藤、3小出、19西澤、2西山
MF23立野
14中村、29岸、24繁田、25金野
FW12高田

交代
HT 16大石→22高浪
HT 21佐藤→4今泉
HT 25金野→7鈴木
HT 24繁田→26大野
HT 12高田→9長坂

浦和東高校
GK1武井
DF2清田、4小畠、20仲田、5木村
MF6岸、8大澤、24??、21小曾戸
FW10菊池、9浜野

交代
44分10菊池→23遠藤
44分6岸→11星子
55分2清田→16菅原
55分21小曾戸→25??

準決勝の第3Gからの移動の影響でキックオフが8分程押しました。
序盤から15分ほどは互角の展開で浦和東が0勝1分5敗とは
思えない内容でした。15分を過ぎるとレッズが押し始め
前半終了直前35分にゴール前の混戦の中、岸が決めて先制。
41分中央を抜けた後半から出場の長坂が決めて2-0とします。
55分に浦和東は選手交代を行い、少し動きが出そうな62分
突然試合終了の笛が吹かれ終了。
b戦でこの後3位決定戦がある為に打ち切られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup レッズYvsヴィッセルU-18

準決勝 2010年12月28日 9:30 埼スタ第3G
浦和レッズユース 0-1 ヴィッセル神戸U-18
得点者:39分ヴィッセル 16堀江

スタメン
浦和レッズユース
GK1三上
DF27小坂、13寄特、18西袋、20新井
MF6野崎
11堀田、10矢島、8片、28長谷
FW17アシカン

交代
56分28長谷→25金野
58分27小坂→21佐藤

ヴィッセル神戸U-18
GK30辻本
DF43宮村、27岩波、33佐古、32阪本
MF44山本、26井上、37前田、22小林
FW16堀江、28内田

交代
30分43宮村→25但馬
34分37前田→41水町
50分22小林→34鶴崎
58分28内田→38松田
60分44山本→29川戸

Yグループを5勝1分0敗、17得点3失点と強さを感じさせる
成績を残して1位通過してきたヴィッセルが相手。
中盤の主導権で僅かにヴィッセルが優位に展開するが
レッズも集中して良く守り時間が進む。
19分矢島からアシカンに渡りシュートを放つが
GK辻本にキャッチされる。ヴィッセルのプレスのスピードに
慣れて安定した試合運びが出来てきます。
攻撃面はここまでの試合で効いていた堀田の左サイドを
しっかりケアされ、堀田にボールを入れることが出来ず
あまり良いリズムを作れないまま前半終了。
お互いに守備が上回りゴールの可能性を余り感じない35分でした。
前半既に30分、34分に2人を交代させたヴィッセル。
後半開始から少し上げて来た感じでレッズ陣へ攻め込んできました。
39分Ckからこぼれたボールを16堀江にシュートを撃たれ
DFに当たりゴール痛い失点となりました。
46分レッズの後半最初のチャンスはバーに嫌われました。
その後も、同点弾を狙い必死に攻めに出るレッズ。
62分矢島のCKからチャンスになりますがゴールは奪えず。
良く集中して同点まで後一歩の所まで詰め寄りましたが
結局、0-1でヴィッセルに敗退。3位決定戦へ回りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.29

第4回 Go For 2014 Cup レッズYvs藤枝東

Xグループ 2010年12月27日 15:30 レッズランド
浦和レッズユース 4-1 藤枝東高校
得点者:11分レッズ 10矢島、37分レッズ 11堀田、
42分藤枝東 8村上、59分レッズ(PK)10矢島、69分レッズ 17アシカン

スタメン
浦和レッズユース
GK1三上
DF27小坂、13寄特、18西袋、20新井
MF6野崎
25金野、10矢島、8片、11堀田
FW17アシカン

交代
55分25金野→3小出

藤枝東高校
GK1大原
DF21杉村、5太田、4西川、19野中
MF11宮永、6高嶋、8村上、7荒木
FW9安間、12田中

交代
44分8村上→3中島
54分9安間→18新村
54分11宮永→13大石

基本的にはメンバーの入れ替えを行わずに戦い続けている
藤枝東に疲れが感じられる試合。一方レッズは一戦一戦
調子が上がって来ている印象で、その差が試合に出た感じです。
11分堀田が左からクロス、藤枝東も跳ね返しますが
こぼれに矢島が反応。見事にファーサイドのネットに突き刺し
先制点を奪います。
レッズが優勢に試合を進め片、矢島、アシカンなどが
シュートを放つもその後ゴールは奪えず、ちょっとした
連携のミスから藤枝東にも2,3度決定機を与えるが藤枝東も
決めきる事ができずに前半1-0とリードして折り返します。
後半は37分に矢島から堀田へ。堀田が右から狙いゴールを奪う。
前日にも発揮したパンチ力を又も披露しました。
42分藤枝東が反撃。抜け出した村上がシュート後に
セーブに出たGK三上と接触。負傷しピッチを外れます。
この時放ったシュートがそのままゴールとなり2-1。
三上には警告が与えられました。
59分追い上げられたレッズは片が抜け出すと藤枝東、太田が
ペナルティエリア内で倒して退場、PKを獲得します。
これを矢島が蹴りゴール。3-1とリードを広げます。
アシカンにゴールを取らせたい仲間が意識的にパスを送り続け
69分にその行為がアシカンのゴールを生み出しました。
ゴールが決まると皆がアシカンの元へ走りより大喜び。
まるで優勝したかのような状況でした。
最後はコーナーでキープしてタイムアップ。
4-1と3点差をつけてレッズが勝利しました。
試合後にレイソルがコンサに1-2で敗れた為にこのアシカンの
ゴールが得失点差でレイソルに並ぶ貴重なゴールとなり
総得点でレイソルを2点上回ったレッズが2位で決勝T進出。
強い相手と2試合戦えるチャンスを獲得しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup b戦 レッズYvs八千代

b戦 Xグループ 2010年12月27日 14:00 レッズランド
浦和レッズユース 2-0 八千代高校
得点者:22分レッズ 7鈴木、27分レッズ 12高田

スタメン
浦和レッズユース
GK16大石
DF21佐藤、4今泉、3小出、19西澤
MF10矢島
28長谷、29岸、24繁田、7鈴木
FW12高田

交代
HT 16大石→22高浪
HT 10矢島→14中村
50分7鈴木→25金野
50分12高田→9長坂
50分28長谷→26大野

八千代高校
GK17藤川
DF6鈴木、23中村凌太朗、12石堂、19近藤
MF21竹内、9佐藤、15栗原、20中野
FW16篠原、10打越

交代
47分12石堂→22永戸

15分頃までは八千代も良く動き、互角の展開。
22分八千代GKのミスで高田にボール入り鈴木へパス。
鈴木が決めて先制。
27分佐藤のコーチングから今泉が左、長谷へフィード。
長谷の突破から中に入った高田に渡りゴール!
1ボランチに入った矢島は不慣れな感じは否めませんでした。
HT明けから入った中村は繁田が1ボランチに入り前目のMF。
最初の内は試合に入れない感じでしたがラスト10分ほどは
良い動きが見られました。
また、西澤とポジションを代えてSBに入った小出が非常に
良い動きで突破したりクロスを供給しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup 藤枝東vs八千代

Xグループ 2010年12月27日 12:30 レッズランド
藤枝東高校 5-0 八千代高校
得点者:3分藤枝東 12田中、20分藤枝東 12田中、
27分藤枝東 OWNGOAL、47分藤枝東 12田中、53分藤枝東 5太田

スタメン
藤枝東高校
GK1大原
DF21杉村、5太田、19野中、2津原
MF7荒木、8村上、6高嶋、11宮永
FW12田中、9安間

交代
51分9安間→18新村
51分8村上→13大石
??分11宮永→3中島

八千代高校
GK1小林
DF22永戸、12石堂、5柳、19近藤
MF4小林、18佐々木、3中村紘一郎、13三好
FW11桝澤、2土佐

交代
HT 12石堂→7服部
HT 19近藤→6鈴木

藤枝東の田中のスピードに対応できない八千代が
後手に回り3分、20分と田中がゴール。
27分にはオウンゴールで3-0と藤枝東がリード。
ピッチをワイドに使ってから縦に早い藤枝東が
八千代のディフェンスにギャップを作りゲームを支配。
前半を3点リードで折り返しました。
HT明け選手交代とポジション変更を行った八千代。
ところが、47分三度、田中が決めてハットトリック。
53分荒木のCKから太田のヘッドで5-0。
ボールへの反応速度で上回る藤枝東が完封勝利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup レッズYvsレイソルU-18

Xグループ 2010年12月26日 15:30 レッズランド
浦和レッズユース 1-1 柏レイソルU-18
得点者:40分レイソル 10杉田、47分レッズ 17アシカン

スタメン
浦和レッズユース
GK1三上
DF21佐藤、13寄特、18西袋、20新井
MF6野崎
11堀田、24繁田、8片、10矢島
FW17アシカン

交代なし

柏レイソルU-18
GK1吉川
DF6山中、29大野、5児玉、4鈴木
MF7河野、24小林
23平久、10杉田、25
FW9蓮沼

交代
58分23平久→12石橋
63分10杉田→20堤
65分4鈴木→28川島

藤枝東戦のレイソルの出来を考えると圧倒されるかと思われた
試合はレイソルがメンバーを大きく入れ替えた事もあり
メンバーが固まりつつあるレッズがチームになってきた面と
合わせほぼ互角の試合を進める事ができました。
後半開始からややレイソルが優勢になり40分ペナルティエリア
付近で受けた杉田が右サイドからのボールを受けて先制ゴール。
47分先制を許したレッズは左から堀田がシュート。
レイソルGKがセーブするがこぼれをアシカンが詰めてゴールを
奪い同点に追い付きました。
開幕戦でコンサに完敗した後、2連勝して強敵レイソルに引き分け。
徐々に良い形になってきたレッズ。後2日の成長が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup 藤枝東vs浦和南

Xグループ 2010年12月26日 14:00 レッズランド
藤枝東高校 0-1 浦和南高校
得点者:60分浦和南 7平岡

スタメン
藤枝東高校
GK1大原
DF19野中、5太田、4西川、2津原
MF7荒木、6高嶋、8村上、11宮永
FW10松葉、12田中

交代
29分11宮永→21杉村
35分12田中→9安間
47分5太田→3中島
63分10松葉→18新村

浦和南高校
GK17加藤
DF2宮古、3佐々木雄大、13後藤、18倉谷
MF9小椋、7平岡、8高柴、19赤井
FW10櫻羽、11菅

交代
58分11菅→24茅野
63分19赤井→22楠

序盤は藤枝東が圧倒してボールを回し主導権を握りました。
Jリーグのユースチームとの戦いの裏返しの展開になります。
しかし、ここまで未勝利ながら失点は比較的少ない
浦和南もしっかり守り、藤枝東の攻撃を受け止めます。
20分を過ぎた辺りから互角の展開となり、30分を過ぎた
前半の終盤は浦和南が優勢に試合を進めました。
60分浦和南が前線の巧いおとしに平岡がミドルを放つと
これが藤枝東ゴールを破る先制点となります。
藤枝東も必死に攻撃を仕掛けチャンスも作りましたが
浦和南が体を張ったディフェンスで最後まで守り切り
この大会初勝利を挙げました。
試合終了のホイッスルと同時に喜ぶ浦和南イレブンの姿が
印象的な試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup b戦 レッズYvs浦和南

b戦 Xグループ 2010年12月26日 12:30 レッズランド
浦和レッズユース 6-0 浦和南高校
得点者:11分レッズ 12高田、28分レッズ OWNGOAL、
36分レッズ 8片、56分レッズ 8片、65分レッズ 25金野、
66分レッズ 9長坂

スタメン
浦和レッズユース
GK22高浪
DF27小坂、4今泉、3小出、19西澤
MF23立野
26大野、8片、28長谷、9長坂
FW12高田

交代
HT 26大野→25金野
60分8片→14中村

浦和南高校
GK17加藤
DF26松井、4佐々木拓巳、14岸、12田中
MF16大鶴、27鈴木
31??、22楠、6坂口
FW24茅野

交代
HT 24茅野→30吉崎
HT 31??→21伊藤
HT 17加藤→1白子
44分22楠→17加藤

11分小坂が左サイドを突破、大野が受けて中に入った
高田へパス。高田がこれに合わせて先制ゴール。
16分長坂がPK獲得。自分で蹴るがGKセーブ。
こぼれを狙うがシュート撃てず残念。
28分右サイドからゴール前へセンタリング、これが浦和南の
クリアミスを誘いオウンゴールとなる。
攻撃のリズムが良く長坂、大野が効果的です。
後半開始早々、片が技ありループを決めて3-0。
42分長谷の抜け出しに浦和南GK飛び出して長谷を止めて
決定機阻止で退場に。交代のGKを呼ぶ間2分ほど中断。
56分右サイド西澤から片へ。ドリブルでコントロールして
しっかりコーズを狙って片がシュートを決めて4-0。
65分CKを長谷が蹴り小出が競り金野が決めて5-0。
66分PKを止められ、その後のチャンスも決められなかった
長坂が決めて6-0。
終盤、浦和南の反撃を受けますが何とか凌ぎ完封勝ち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup 藤枝東vsレイソルU-18

Xグループ 2010年12月26日 11:00 レッズランド
藤枝東高校 1-3 柏レイソルU-18
得点者:12分レイソル 22中川、49分藤枝東(PK)12田中、
62分レイソル 8篠原、67分レイソル(PK)27木村

スタメン
藤枝東高校
GK1大原
DF19野中、5太田、4西川、2津原
MF7荒木、6高嶋、8村上、11宮永
FW10松葉、12田中

交代
19分11宮永→3中島
56分10松葉→18新村
65分3中島→9安間
69分12田中→9安間

柏レイソルU-18
GK16伊藤俊祐
DF14薹、6山中、3郡司、2古川
MF8篠原、26伊藤光輝
11荒木、22中川、27木村
FW18新藤

交代
50分2古川→30中谷
50分26伊藤光輝→13菊池
65分8篠原→19御牧

12分レイソルが中川、新藤のワンツーで中川が決めて先制。
レイソルは球離れ良く効率的な細かなポジションチェンジで
パスコースを確保しながら巧く繋いで攻め込みました。
藤枝東はボールの奪いどころが定まらず低い位置に押し込まれ
自分達のリズムが作れず苦戦。レイソルが右サイドのスピードに
乗った攻撃により立て続けに突破を許した事で、藤枝東の
左サイドとの駆け引きで優位に立った事で試合を楽に進めた
印象で前半をリードして終えました。
48分藤枝東がカウンターで村上が抜け出すとレイソル古川が
ペナルティエリア内で不用意に倒してしまいPKを与え
このPKを藤枝東、田中が蹴って1-1同点とします。
後半開始から修正してしっかり守りでレイソルの攻撃陣をはめて
互角の戦いに持ち込む事に成功。
62分レイソルが綺麗に繋いで荒木から篠原へラストパスが渡り
2-1と突き放しました。藤枝東はコンサ戦でも劣勢から耐えて
凌ぎ途中から巧く自分達のリズムに引き込む戦いをしていた
だけに、この追加点は両チームにとって大きな物だったと思います。
67分藤枝東、西川がレイソル木村を倒しPK。木村が自分で決めて
レイソルダメ押し3-1と2点差にリードを広げました。
結果的には前半、走り回らされた藤枝東が足が止まり、
レイソルが不用意に与えたPK以外は非常に安定した試合運びで
強さを感じさせる内容で勝利しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup レッズYvs浦和南

Xグループ 2010年12月26日 9:30 レッズランド
浦和レッズユース 2-1 浦和南高校
得点者:5分レッズ 10矢島、38分レッズ 11堀田、
70分浦和南 24茅野

スタメン
浦和レッズユース
GK1三上
DF21佐藤、13寄特、2西山、20新井
MF6野崎
11堀田、24繁田、15小峯、10矢島
FW17アシカン

交代
HT 2西山→18西袋
HT 24繁田→7鈴木
HT 1三上→16大石
43分15小峯→29岸
66分10矢島→23立野
66分17アシカン→26大野
66分11堀田→25金野

浦和南高校
GK17加藤
DF2宮古、3佐々木雄大、13後藤、20高橋
MF9小椋、7平岡、8高柴、18倉谷
FW10櫻羽、11菅

交代
HT 20高橋→21伊藤
51分11菅→30吉崎
61分9小椋→24茅野
61分10櫻羽→19赤井

レッズは野崎、小峯、繁田の中盤、中央部のバランスと
堀田、矢島の両サイドに左SB佐藤の絡みが良くこの大会
此処までで一番のリズムの良い攻撃が見られます。
5分堀田のドリブル突破からのシュートがこぼれると
矢島がしっかりこぼれを決めてレッズが先制。
後半開始早々38分アシカンから堀田へパスが渡り
堀田がループシュートを決める。2-0とレッズがリード。
41分レッズ小峯がファールを受けて怪我をしてしまいました。
66分にレッズが3人交代するとバタつき始めて最後に
浦和南にゴールを奪われ少し嫌な終わり方になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup レッズYvs水橋

Xグループ 2010年12月25日 17:00 レッズランド
浦和レッズユース 4-1 水橋高校
得点者:24分レッズ 10矢島、26分レッズ 11堀田、
27分水橋 8飯田、38分レッズ 11堀田、56分レッズ 15小峯

スタメン
浦和レッズユース
GK1三上
DF27小坂、13寄特、18西袋、20新井
MF6野崎
11堀田、24繁田、10矢島、7鈴木
FW17アシカン

交代
49分7鈴木→15小峯
70分11堀田→25金野
70分10矢島→26大野
70分6野崎→23立野

水橋高校
GK1木倉?
DF3四十野、5西、4舛田、2広瀬
MF7細岡、10山元、6岩田、11滑川
FW9藤井、8飯田

交代
HT 1木倉?→1馬場陽大?
49分8飯田→19馬場友哉
49分11滑川→20吉田
64分20吉田→22窪田
64分19馬場友哉→14杉本
64分2広瀬→25古西
66分6岩田→16田中

西袋をCBにb戦で良いリズムを作った寄特、繁田、鈴木を起用。
CBに入った西袋はパートナー寄特と共に安定したプレー。
24分レッズ矢島がスルーパスを受けてゴールを奪い先制。
26分レッズ堀田が左から強烈なミドルを決めて2-0。
27分水橋が左サイド山元から中の飯田へパスが通り2-1と追い上げる。
全体にこのゴールの後は試合が落ち着き前半は終了。
38分水橋GKのミスをレッズ堀田が逃さずゴール。
56分レッズ小峯が矢島からパスを受けてゴール4-1と試合を決めました。
b戦の大勝が良い気分転換になり、活躍した選手がAチームで出場。
活躍もしてチームが少しずつ出来て行く感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup コンサU-18vs藤枝東

Xグループ 2010年12月25日 15:30 レッズランド
コンサドーレ札幌U-18 2-3 藤枝東高校
得点者:31分コンサ 29下田、37分藤枝東 10松葉、45分藤枝東 4西川、
47分藤枝東 7荒木、53分コンサ 23中川

スタメン
コンサドーレU-18
GK21今岡
DF22山下、5奈良、20永井、32小野
MF31濱下、14前、24堀米、23中川
FW18榊、29下田

交代
HT 21今岡→16渡邊
HT 18榊→11近藤
HT 24堀米→25神田
HT 14前→10荒野
HT 5奈良→2小山内
49分31濱下→27中原

藤枝東高校
GK1大原
DF19野中、5太田、4西川、2津原
MF7荒木、6高嶋、8村上、11宮永
FW12田中、10松葉

交代
55分11宮永→3中島
59分10松葉→18新村
68分8村上→21杉村
69分12田中→9安間

試合開始から両チーム激しい攻防。
コンサドーレはレッズ戦からかなりメンバーを代えて
この試合に臨んで来ました。
パスワークで僅かに藤枝東、運動量ではコンサドーレが
大きく上回るそんな感じでした。
序盤はコンサドーレが運動量豊富にプレスを掛けて
先に優勢に立ちますがゴールには至らず。
20分過ぎからゲームの主導権を奪ったのは藤枝東。
24分宮永のシュートがバーに当たりコンサドーレGK今岡へ
当たり最後詰めた選手がオフサイドでノーゴール。
藤枝東の時間が続く中、31分下田のHSでコンサドーレが先制。
前半はコンサ1-0藤枝東で終了。
HT明けコンサは5人入れ替えました。
37分藤枝東10番松葉がファインゴール!1-1の同点にする。
40分、42分と藤枝東の攻撃を止めてコンサは続けた警告を受ける。
45分ゴール前のこぼれ球に西川が反応してゴール2-1と逆転。
47分ゴールキックのミスを奪った藤枝東は落ち着いて
荒木へパスを送り、荒木がドリブル突破から決めて
3-1とリードを広げる。
コンサは53分こぼれ球を中川が決めて3-2と1点差に追い上げる。
藤枝東が効果的に選手交代も活用して時間を使い逃げ切り。
コンサのプレスに対して自分達のリズムを失わずに繋ぐサッカーを
続けられるだけのテクニックのある藤枝東が勝利しました。
両チーム激しい攻防でこの日のBESTゲームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup b戦 水橋vsレッズY

Xグループ 2010年12月25日 14:00 レッズランド
b戦 水橋高校 0-7 浦和レッズユース
得点者:1分レッズ 29岸、17分レッズ 13寄特、
26分レッズ 24繁田、30分レッズ 7鈴木、34分レッズ 24繁田、
60分レッズ 28長谷、63分レッズ 28長谷

スタメン
水橋高校
GK1馬場陽大?
DF25古西、17森内、20吉田、21清水
MF22窪田、16田中、18岡峰、13田村
FW14杉本、19馬場友哉

交代
60分16田中→6岩田
60分14杉本→11滑川

浦和レッズユース
GK16大石
DF21佐藤、13寄特、2西山、20新井
MF23立野
28長谷、29岸、24繁田、7鈴木
FW9長坂

交代
HT 24繁田→15小峯
HT 7鈴木→26大野
59分9長坂→14中村

1分左サイドから岸がシュートを決めて先制したレッズ。
1ボランチの立野が中盤で繁田と共にバランスを取り
ボールをちらし良い流れを作り出します。
右サイドの鈴木のスピードとキレのある突破も効果的で
レッズペースで試合が進みます。
17分右CKからのこぼれに上がっていた寄特が反応して2点目。
26分中央の岸?から繁田へパスが通りゴール。
28分には水橋のカウンターで杉本がシュートを放つが
寄特が戻りブロック、こぼれに再び杉本反応するが枠外へ。
30分長坂のキープから右の鈴木へ45°から決めて4点目。
34分左サイドからのボールに岸が1タッチで繁田へ繋ぎ
繁田が決めて5-0として前半終了。
後半、右サイドで躍動して攻撃のリズムを作った鈴木を
下げた事と水橋も対応してきた事でゲームが落ち着く。
59分に中村を投入した直後、水橋のセルフジャッジで
足が止まったのを見逃さず長谷がゴール。
更に63分水橋のGKのミスパスをモノにして長谷が再びゴール。
1ボランチが狙われ、TOPが封じられリズムの出なかった
コンサ戦とは違い、リズム良くボールが回りTOPにも収まり、
中盤も機能して良いリズムが出せた試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup 水橋vs藤枝東

Xグループ 2010年12月25日 12:30 レッズランド
水橋高校 0-3 藤枝東高校
得点者:4分藤枝東 7荒木、9分藤枝東 12田中
27分藤枝東 10松葉

スタメン
水橋高校
GK1木倉?
DF3四十野、5西、4舛田、2広瀬
MF7細岡、6岩田、10山元、11滑川
FW9藤井、8飯田

交代
HT 6岩田→16田中
HT 11滑川→14杉本
58分8飯田→17森内

藤枝東高校
GK1大原
DF21杉村、5太田、4西川、2津原
MF6高嶋、8村上、
7荒木、10松葉、11宮永
FW12田中

交代
HT 5太田→19野中
45分7荒木→3中島
45分10松葉→18新村
56分12田中→9安間

藤枝東がポゼッションで上回り主導的にゲームを進めて
パスワークで水橋の守りにギャップを作り攻め込み
前半で3点リード。27分には荒木の早いリスタートから
松葉のHSでゴールを奪い試合巧者ぶりも発揮しました。
水橋は良く声の出るチームです。
後半は立て直した水橋が守り切り水橋0-3藤枝東のまま終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 Go For 2014 Cup レッズYvsコンサU-18

Xグループ 2010年12月25日 11:00 レッズランド
浦和レッズユース 1-4 コンサドーレU-18
得点者:16分コンサ 11近藤、26分レッズ 3小出
48分コンサ 11近藤、50分コンサ 11近藤、54分コンサ 25神田

スタメン
浦和レッズユース
GK1三上
DF27小坂、4今泉、3小出、19西澤
MF18西袋
10矢島、8片、6野崎、12高田
FW17アシカン

交代
68分12高田→11堀田
68分18西袋→7鈴木悠太

コンサドーレU-18
GK30阿波加
DF14前、5奈良、20永井、2小山内
MF10荒野、24堀米、
18榊、25神田、27中原
FW11近藤

交代
59分27中原→23中川
60分25神田→29下田
63分24堀米→22山下

試合は一方的なコンサペースで進みました。
まだチームになっていないレッズは前に蹴るも
中盤は前を向いて持てず、アシカンは完封された感じで
ボールが収まらず、コンサのボール回しと
ルーズボールへの反応の良さに何も出来ない時間が
多い試合になり1-4で敗戦となりました。
唯一の得点は前半26分初めてのCK。初めてのチャンスで
矢島のCKに小出がHSを決めたものでこのチームは劣勢の中で
セットプレーから得点を奪えそうな可能性は見られました。
コンサ奈良がアシカンへのボールを完封。
途中、西袋と野崎の位置を入れ替えるものの
コンサドーレの荒野、堀込の出足鋭く
多少改善されましたが流れを掴む事はできませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インカレ準々決勝 筑波大学対浜松大学

2010年12月23日 13:50 平塚競技場 約550人
筑波大学 2対2 延長 0-0 PK 3-1 浜松大学
得点者:32分浜松 7神谷嶺輔、54分筑波 24赤﨑秀平
75分浜松 15村松知輝、90+3分筑波 24赤﨑秀平
PK
(先攻)浜松1×、2○、3×、4×
(後攻)筑波1○、2×、3○、4○

人数を掛けて守る浜松に対して細かなパスワークで
狭い局面を打開しようと仕掛ける筑波。
二度三度と浜松のGK佐野の鋭い反応にゴールを阻まれました。
攻めに出た時の押し上げのスピードと前線にスキルある
村松、増田を配し筑波の守りが崩され失点。
1点を追う展開で後半戦に入ります。
筑波が赤﨑のゴールで追い付くも浜松に突き放され
ロスタイム3分の残り1分で赤﨑の同点ゴール!
奇跡的な同点劇に座り込む浜松。歓喜の筑波。
これから延長戦です。
延長戦は共にゴール無くPKへ。
4人中3人外した浜松に対して筑波は3人決めて勝利。
PKの整列に並べない選手が出るほど120分で疲労した
浜松は2-2で追い付かれた時点で限界だったかも知れません。
延長を良く凌ぎPKに持ち込みましたが其処まででした。
関東最後の砦として筑波には決勝をと期待しましたが
残念ながら準決勝で敗退しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インカレ準々決勝 関西大学対福岡大学

2010年12月23日 11:30 平塚競技場 約800人
関西大学 1対0 福岡大学
得点者:42分関西 8藤澤典隆(17金園英学)

関西金園はボールの収まりよくリズムを作り出し
4バック前の田中裕が福岡の攻撃を未然に防ぎ
運動量豊富な岡崎が上手く繋いで右サイド中島や
FWの一角藤澤、左サイドバッグ田中雄を使い試合を支配しています。
前半の終盤42分、金園が競り勝ち藤澤が先制ゴールを奪いました。
福岡は岸田の突破は魅力的ですが試合途中から
関西が上手く絞り対応。
ロングボールで永井、岸田のスピードに頼る感じで苦しい展開です。
関西の運動量が維持されれば福岡にはチャンス少なそうです。
後半52分藤澤がPK獲得を 金園が蹴るが
これは福岡GK原がスーパーキャッチ。
関西の選手の足腰の強さが福岡との競り合いで
球際を制して逃げ切りました。
激しいチャージで2度警告を受けて81分永井が退場すると
蹴り込み跳ね返され、サイドに運ばれ時間が無くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.22

練習試合 FC東京vs早稲田大学

12月22日14:00kick off FC東京小平G 
練習試合(30分×3本)
FC東京 3(1-0 1-0 1-0)0 早稲田大学

【メンバー】
○1本目
◆FC東京
GK1塩田
DF2徳永、3森重、6今野、14中村
MF7米本、10梶山、16リカルジーニョ、19大竹
FW13平山、39大黒
◆早稲田大学
GK1赤堀勇太
DF2菅井順平、4畑尾大翔、3山地翔、5福田勝也
MF8島田譲、6野村良平、10奥井諒、7石川拓
FW9富山貴光、11小井土翔

【得点者】
1本目 28分 大黒(FC東京)

序盤から早稲田が優勢に試合を進める。
ゴールまで後一歩と言う感じもFC東京のゴールを破れず。
28分に早稲田GK赤堀がDFに繋ごうとしたボールを
リカルジーニョが素早いアプローチでボールを奪い、
ゴール前大黒へラストパス。大黒がフリーで無人のゴールへ
決めてFC東京が1点をリードして1本目を終了。
早稲田としては素晴らしい試合をしていただけに勿体無い
失点の仕方でした。DF、ボランチのバランスも良く
FC東京にあまり形を作らせずに30分戦い抜きました。

○2本目
◆FC東京
GK1塩田→20権田(17分)
DF2徳永、3森重、6今野、16中村→17キム ヨングン(13分)
MF7米本、10梶山→8松下(17分)、16リカルジーニョ、19大竹→22羽生(17分)
FW 11鈴木、13平山
◆早稲田大学
GK1赤堀勇太
DF2菅井順平、4畑尾大翔、13永田宏紀、12川島拓
MF8島田譲、6野村良平、10奥井諒、14前田大地 
FW9富山貴光、11小井土翔

【得点者】
2本目 21分 徳永(FC東京)

2本目になるとFC東京が優勢に展開するようになりました。
早稲田卒の徳永がこぼれ球を鮮やかに振り抜き
早稲田ゴールに突き刺しました。
リカルジーニョ、鈴木、羽生が攻撃面では良い動きをしていた感じです。

○3本目
◆FC東京
GK20権田
DF33椋原、25平出、4高橋、17キム ヨングン
MF8松下、11鈴木→27田邉(11分)、22羽生→30ソ ヨンドク(11分)、28幸野
FW24重松、32前田
◆早稲田大学
GK16阿部雄太 
DF12川島拓、13永田宏紀、5福田勝也、15服部健大
MF18小原敬、14前田大地、7石川拓、17岡村高志
FW20倉島智志、19榎本大希

【得点者】
3本目 13分 前田(FC東京)

両チームメンバーが大きく入れ替わった3本目。
FC東京がゲームを支配する中、早稲田も前線から追い回す。
中盤より前の選手のキープ力に勝るFC東京が、田邉から前田と
パスを通し前田が早稲田ディフェンスを交わして落ち着いてゴール。
このようなシュートをみせられると使いたくなるのは解る気がします。
押されながらも時々FC東京ゴールへ迫るシーンも作った早稲田。
新チーム結成から僅かな時間ながら良い感じになって来ている
印象を受ける練習試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.19

インカレ1回戦 明治大学vs新潟経営大学

平成22年度 第59回全日本大学サッカー選手権大会
Mach.2 国立西が丘サッカー場 12月18日(土)14:26
明治大学 11 - 0 新潟経営大学 入場者:約520人
得点者:(明大)20分9番山本、26分11番久保、31分19番田中、
45+1分11番久保、48分オウン、57分19番田中、63分11番久保、
65分9番山本、72分17番三田、88分18番星野、90+2分18番星野

新潟経営大学についての知識は皆無に等しい状態で試合を観ました。
明治大学の阪野、鈴木秀のレッズY卒業生はバックスタンドで応援。
阪野はAチームでSUBで出場することもあるので期待してましたが
この試合はベンチ入りしませんでした。
試合は、キックオフからゴールを狙う明治が強引に仕掛けました。
しかし、ボールを失い1stシュートを新潟経営大学に許してしまいます。
それでも、9番山本、11番久保の2人だけでも囲まれながら強引な
ドリブル突破で何とか出来てしまう個人の技術力の差はどうにもならず
26番矢田、14番豊嶋、19番田中恵、2番鹿野等が攻撃参加して来ると
2人3人で何とか山本、久保から奪ったボールを寄せられて奪われ
フリーで即ゴールの狙えるポジションやクロスを送れるポジションに
居る選手へシンプルにパスを出しゴールを奪う繰り返しになりました。
後半は人数を懸けて守る足も無くなった新潟経営大学は、明治大学の
攻撃を跳ね返す力は無く、終わって見れば11失点。
明治大学の強さは本物だと思いますが、総理大臣杯で0-2だったとは
思えないほど実力差を感じざるを得ない試合内容でした。
これは決めないとなシュートシーンも3回か4回ほどありました。
この先、連覇を目指すには1チャンスを活かしきる力が問われるでしょう。
強引過ぎる感じの突破も散見されましたが、この試合では効果的な
突破になって居たので問題ないでしょう。
先ず順調なスタートを切った明治大学のインカレ初戦でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インカレ1回戦 鹿屋体育大学vs高知大学

平成22年度 第59回全日本大学サッカー選手権大会
Mach.1 国立西が丘サッカー場 12月18日(土)11:30
鹿屋体育大学 0 (0 EX 2) 2 高知大学 入場者:約520人
得点者:99分14番芝野(高知)、105分11番竹内(高知)

インカレで活躍する高知大学と鹿屋体育大学の第1試合。
高知大学が有利なのかなと思い試合を観ましたが
前半は一人ひとりが頑張り良く走る鹿屋体育大学の
ボールへの早いアプローチに良い形を作れない高知大学。
全体のバランスでは高知大学が良いように感じますが
鹿屋体育大学が頑張って奪ったボールを最前線に放り込む
単純ながら失点していない局面では効果的な戦い方を
徹底していたので共にチャンスの少ない前半でしたが
鹿屋体育大学が先制する可能性もありそうな流れでした。
後半開始から、前半はあまり活発でなかった高知大学の
右サイド15番赤木の攻撃参加によりゲームの流れを
高知大学へと傾けました。
前半は左の24番塚本と14番芝野が左サイドから仕掛けるも
個で勝負し過ぎて、ボールを失う事もありましたが
左右のバランスが良くなる事で、スペースも出来て個の突破
も効果的になって行きました。
鹿屋体育大学は63分から投入した10番桃井がキレの有る
ドリブルで一方的に守勢に立っていた後半の流れを断ち切りました。
結局共に90分ではゴールを奪う事ができずに延長戦へ突入。
延長前半も終了するかと思われた99分5番西山のFKのこぼれを
14番芝野が体制を崩しながらも左足で上手く枠に持って行き
貴重な先制ゴールを奪いました。
このシュートで足が攣った芝野はここで交代しました。
延長後半105分に15番赤木のクロスに11番竹内が頭で合わせて
ダメ押しの2点目を奪って高知大学が勝利しました。
アジア大会優勝メンバーの高知大学實藤は、ラインを落ち着かせたり
回数は少ない物のボール奪取からの攻撃参加のタイミングは
良いところが見られた感じは受けました。延長まで行った長い試合
だったので相手にゴール前でスペースを与えてしまうシーンもありました。
J1で戦うには先輩選手との連携と共にこの辺りが課題かも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.18

インカレ1回戦結果

平成22年度 第59回全日本大学サッカー選手権1回戦
◆ 国立西が丘サッカー場
高知大2EX0鹿屋体育大、明治大11‐0新潟経営大

◆ 平塚競技場
浜松大3EX2北海道岩見沢大、関西大3‐2国士舘大

◆ 栃木県グリーンスタジアム
駒澤大2‐0広島修道大、中京大2‐0阪南大

◆ プレイテック・スタジアム
筑波大1‐0立命館大、福岡大2‐1仙台大

西が丘で2試合観戦してきました。
画像とレポートは後程。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.09

J1最終節レッズvs神戸

2010Jリーグ・ディビジョン1 第34節
2010年12月4日(土)15:34キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ 0-4 (前半0-1) ヴィッセル神戸
得点者:31分吉田(神戸)、
52分吉田(PK/神戸)、59分朴(神戸)、90+3分小川(神戸)
入場者数:45,941人

試合はレッズのミスで神戸が得点を重ね勝利を収めた印象で
レッズが負けたと言う表現がしっくり来る感じの試合でした。

徳重のBIGセーブ2本で先制できなかったのが響いた面もありました。
神戸の奪ったらポポ、吉田への狙いのはっきりした戦い方は
面白みは無くても、ゴールを奪うには効果的だったと思います。
一方で、中盤、前線でマークに付かれると直ぐに下げてしまい
下げたところを狙われ続けて修正できずに90分過してしまったのは
非常に勿体無い戦いをしてしまったと思います。
暢久の出場停止でBIGチャンスを与えられた水輝でしたが
チャンスを活かす事が出来ませんでした。
この試合での経験を次の機会で活かしてもらいたいと思います。
この結果神戸は奇跡的に残留を果たし、FC東京が京都に敗れ
2011シーズンはJ2で戦う事となりました。

試合後には最終節と言う事でフィンケ監督のコメントと
ロビーのレッズ退団のセレモニーが行われました。

ロビーの為のビジュアルは綺麗で感嘆の声が上がり、
ロビーのメッセージはこみ上げて来るモノがありました。
オ~ロビー ラララララ、オ~ロビー ラララララ、の
チャントが埼スタに大きく響きました。

場内一周前に、ロビーとフィンケ監督の胴上げを
選手が行ったのも印象的でした。
試合は、残念な結果でしたがセレモニーは感動的なものでした。

12/6にサヌのレンタル終了、林のザスパへの完全移籍。
永田のザスパへのレンタル移籍。
12/7には新監督にゼリコ・ペトロビッチ就任が発表され
12/8に堤のロアッソ熊本レンタルからのレッズ復帰。
マルシオ・リシャルデスの加入が発表されました。
ゼリコの監督としての手腕は未知数ですが
マルシオの補強は、セットプレーから得点の可能性を
感じられなかったレッズにとって大きな戦力となるでしょう。

柱谷GMとゼリコの間では、「イニシアチブを持ちゲームを
支配し、そして勝つ」というチームの目指す方針や若手の
育成を促すなどで合意という事なので闘志溢れるゼリコの
ハートがここ一番で勝負弱かった今シーズンの課題克服に
繋がってくれると期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »