« 関東大学、JFL、J結果6/12、13 | トップページ | 2010W杯南アフリカ グループステージ第2節 »

2010.06.17

2010W杯 グループステージ グループF~H 第1節

2010年06月14日 20:30 グループF 第1節
試合会場:グリーン ポイント スタジアム 観衆 62,869人
イタリア 1(0-1)1  パラグアイ

得点者
39' アントリン アルカラス
63' ダニエレ デ ロッシ
MOM:シモーネ ペペ
共に堅守の両国の対決。試合はイタリアが攻めて
パラグアイが守る形となり、試合の進め方としては
いつも通りのリズムで出来ているのはパラグアイかと
思いながら見ていた試合はセットプレーでパラグアイが先制。
イタリアがかなり厳しい立場になるが、攻めていたイタリアは
63分にこちらもセットプレーでデ ロッシが決めて1-1に追いつき
グループ1位を狙える両国の対決は引き分けで終わりました。
イタリアの同点弾を呼んだぺぺのCKは素晴らしい軌道で
落ちてデ ロッシの足元へと届きゴールに繋がりました。

2010年06月15日 13:30 グループF 第1節
試合会場:ロイヤル バフォケン スタジアム 観衆 23,871人
ニュージーランド 1(0-0)1 スロバキア

得点者
50' ロベルト ビテク
90+3' ウィンストン リード
MOM:ウィンストン リード
攻めながらゴールが奪えなかったスロバキアが先制して初出場
初勝利と思った試合はロスタイム残り僅かの処でニュージーランド
ウィンストン リードが頭で決めて同点ゴール。
勝利が腕からすり抜けて行ったスロバキアは敗戦の雰囲気で
ニュージーランドは勝者の雰囲気で試合を終えました。
しかし、どちらもW杯初の勝ち点を挙げました。
イタリア、パラグアイが引き分けたので4チームが得点1、勝ち点1で
並ぶ結果となりました。

2010年06月15日 16:00 グループG 第1節
試合会場:ネルソン マンデラ ベイ スタジアム 観衆 37,034人
コートジボワール 0(0-0)0 ポルトガル

得点者
MOM:クリスチアーノ ロナウド

試合開始から気合が入りやや激しさが行き過ぎの熱さになっていた試合。
主審がウルグアイのラリオンダさんだったのが幸運だったと思います。
かなり激しいプレーもファールを取らずにインプレーとしていたので
危険なタックルが多い試合でしたが結果的には警告3枚のみで済みました。
試合は自陣でブロックを作りポルトガルの攻撃に備えてゾーンディフェンスを
徹底したコートジボワールが狙い通りの前半を戦い、後半少し攻めに出ると
逆にポルトガルが隙を見つけて攻め込む形に。互いの駆け引きに見応えがありました。
ドログバの腕の骨折があり守備的に行かざるを得ない状況のコートジボワールが
恐らくはグループステージの戦い方の予定通りポルトガルに引き分けた
狙って取った勝ち点1であるのに対して、ポルトガルは勝利を欲しながら
取り損ねた勝ち点2という感じがします。

2010年06月15日 20:30 グループG 第1節
試合会場:エリス パーク スタジアム 観衆 54,331人
ブラジル 2(0-0)1 北朝鮮

得点者
55' マイコン
72' エラーノ
89' チ ユンナム
MOM:エラーノ
戦前の予想では北朝鮮からより多くの点を取った国が
グループを勝ち抜けるのではないか等と考えていましたが
試合が始まると、北朝鮮が頑張りミドルシュートを放つなど
しっかり引いて守りつつ、前線のテセを狙う形を徹底して
試合を支配するブラジルがゴールを奪えず前半を終える。
55分に角度の無いところからマイコンがボレーで
クロスをケアしに前にポジションを取ったGKの逆を突き
ニアを抜いてファーのポスト近くサイドネットに突き刺して先制。
マイコンの安堵の表情がこの試合の厳しさを表していた感じがします。
失点してやや疲労感が顔を見せ始めた北朝鮮。
ブラジルは見逃さず72分エラーノが決めて2-0として勝負あり。
3選手を交代したブラジルが最後に隙を見せて北朝鮮が
維持の1ゴールを返すが追い付く力は残っておらず2-1で終了。
それでもテセが頭で落としてチ ユンナムが決めたシーンは
前半からミドルを放っていた事が活きたゴールシーンで
北朝鮮の善戦とブラジルの出来の悪さを感じる試合でした。

2010年06月16日 13:30 グループH 第1節
試合会場:ムボンベラ スタジアム 観衆 32,664人
ホンジュラス 0(0-1)1 チリ

得点者
34' ジャン ボセジュール
MOM:マウリシオ イスラ
共に主力選手のスアソを怪我で欠いた中での試合。
チリが攻撃性を発揮して優位に試合を進めて行きました。
7番アレクシス サンチェス、10番ホルヘ バルディビアに
目を引かれました。この先が楽しみなチリ。
48年ぶりのワールドカップ勝利おめでとう、そして面白い
攻撃的なサッカーをありがとう。

2010年06月16日 16:00 グループH 第1節
試合会場:ダーバン スタジアム 観衆 62,453人
スペイン 0(0-0)1 スイス

得点者
52' ジェルソン フェルナンデス
MOM:ジェルソン フェルナンデス
ポゼッション率では67:33、シュート数24:7と試合を支配し攻め続けた
スペインがスイスGKからの1発からフェルナンデスが決めて先制し
この形以外では勝ち得ない試合を90分集中し続けた守備力でスペインを
跳ね返し続けて完封勝利。チリ、ホンジュラスとも容易ならざる相手だけに
スペインの絶対的立場が崩れたグループHは一気に混戦模様になりました。
スイスの8番ギョクハン インレル良い選手でした。
センデロスの怪我が酷くないと良いですね。
スペインは次のホンジュラス戦を先ずしっかり勝つ事が大切になりました。

|

« 関東大学、JFL、J結果6/12、13 | トップページ | 2010W杯南アフリカ グループステージ第2節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/48650220

この記事へのトラックバック一覧です: 2010W杯 グループステージ グループF~H 第1節:

« 関東大学、JFL、J結果6/12、13 | トップページ | 2010W杯南アフリカ グループステージ第2節 »