« 2010W杯南アフリカ大会 16チーム出揃う | トップページ | 平成22年度学校総合体育大会兼高校総体埼玉県予選 準決勝 »

2010.06.30

2010W杯南アフリカ大会 ベスト8決まる。

6月26日(土) ラウンド16
ウルグアイ  2 - 1  韓国
フォルランの存在感が際立った印象。
1986、1990とワールドカップに出場したフランチェスコリとは
若干役割は違うが存在感としては、並んだ印象を受けました。
韓国も良く追い付きましたが、追い付かれてからのウルグアイには
強さを感じました。

アメリカ  1 - 2  ガーナ 
PKでしか得点できなかったブラックスター・ガーナ代表が
遂に流れの中でゴールを決めました。
R16で唯一2位抜けチームが勝利した試合になりました。

6月27日(日) ラウンド16
ドイツ  4 - 1  イングランド
明らかな誤審が試合の展開を大きく変えましたが、
ドイツの良く走るエジル、ミュラーの若手とベテラン、クローゼ等による
攻撃は勝者にふさわしい試合でした。両チーム選手とも良いプレーも
見られただけに残念な誤審でした。

アルゼンチン  3 - 1  メキシコ
誤審が伝染したのかラッキーなオフサイド見落としによるテベスの
ゴールでアルゼンチンが先制。判定を引き摺ってしまったかの様な
ディフェンスのミスをイグアインが見逃さずにゴールにつなげて勝負あり。
後半のテベスのゴールは凄かったです。

6月28日(月) ラウンド16
オランダ  2 - 1  スロバキア
ロッベンがスタメンに戻り1ランクチーム状態が上がった感じのオランダ。
勢いのあるスロバキア。オランダが先制、追加点を奪い最後にPKで1失点。
途中、オランダのディフェンス面で心配なシーンが有ったが失点せずに
済んだのが大きかった。

ブラジル  3 - 0  チリ
超攻撃サッカーで注目を集めたチリだったが、その攻撃性故に
空くスペースをブラジルがしっかり守りつつ使って3ゴール。
堅く強いドゥンガが規律を持ち込んだブラジルの強さが際立った試合。

6月29日(火) ラウンド16
パラグアイ  0 (5 PK 3) 0  日本
序盤の大久保、そして松井のミドルのバー直撃、本田の枠を僅かに外した
シュートとゴールに近付く事は出来たが、後一歩ゴールを奪うに届かず
120分体を張ったディフェンスで無失点に抑えてPK戦へ。
川島のセーブに期待したがパラグアイは落ち着いて全員が決めて5-3で
パラグアイが勝ちあがりました。
グループステージ1勝1分1敗で後は運次第で決勝Tと思っていたが
それを超えて2勝1敗で決勝Tに進み、この試合も1点先制して守りきれず
1-1でPKに進めれば最高の展開かと思ってましたが
ゴールは奪えなかったものの、失点することなく守り通しました。
驚きと感動をくれた日本代表にありがとうと伝えたいです。

スペイン  1 - 0  ポルトガル
スペインは今大会一の出来だった気がします。
スイス戦よりもパススピードが上がりミスも少なかったと思います。
ポルトガルはスペインと比べると攻撃的な選手の駒が足りなかったです。

7月2日(金) 準々決勝
オランダ  -   ブラジル
試合開始: 23:00 / 試合会場:ネルソン マンデラ ベイ スタジアム
オランダのディフェンスが持ち堪えられればかなり面白い試合が期待できそう。
ブラジルの優位は動かし難いと思います。チリ戦同様に、相手の守りの穴を
しっかり突いてゴールを奪いそうな気がします。

ウルグアイ  -   ガーナ
試合開始: 27:30 / 試合会場:サッカー シティ
ガーナの得点までに必要なシュート数の多さが命取りになりそうに思います。
但し、試合序盤にギャンがゴールを奪うような事になればチャンスありそうです。
ここまで手堅い試合運びで勝ちあがったウルグアイとアフリカ最後の砦ガーナ。
拮抗した試合を期待します。

7月3日(土) 準々決勝
アルゼンチン  -   ドイツ
試合開始: 23:00 / 試合会場:グリーン ポイント スタジアム
予想し難い試合。ここまでアルゼンチンは個が立った戦いぶりでしっかり結果を
出しています。一方のドイツは主力を欠きつつも大会が始まればドイツはドイツ
らしく、しっかりとチームを作り上げ、ベテランと若手の融合も果たして
良い仕上がりに感じます。若干、アルゼンチンが有利な気がしますがどうなるか
際注目の一戦です。

パラグアイ  -   スペイン
試合開始: 27:30 / 試合会場:エリス パーク スタジアム
堅守パラグアイが本領を発揮するか、堅守を打ち砕きスペインの攻撃力が
上回るのか、ポルトガル戦のスペインの状態を見るとパラグアイが完封するのは
かなり難しそうなので、パラグアイの攻撃が鍵になるかもしれません。

最後に、非常に良く頑張り期待を良い意味で裏切り上を行ってくれた日本代表。
長谷部のインタビューにあったように今後、代表選手の多くはJリーグで戦います。
4年後の2014年ブラジル大会に向けて選手の入れ替えも当然必要になります。
レッズの原口、山田直輝、G大阪の宇佐美、FC東京の米本(怪我で離脱中)、
磐田には特別指定選手で明治大の山田、小林、J2でも柏のユース上がりの
工藤、茨田、酒井など有望な選手が沢山居ます。
色々な観戦の仕方、楽しみ方で良いのでスタジアムへ足を運んで頂ければと思います。

|

« 2010W杯南アフリカ大会 16チーム出揃う | トップページ | 平成22年度学校総合体育大会兼高校総体埼玉県予選 準決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/48756623

この記事へのトラックバック一覧です: 2010W杯南アフリカ大会 ベスト8決まる。:

« 2010W杯南アフリカ大会 16チーム出揃う | トップページ | 平成22年度学校総合体育大会兼高校総体埼玉県予選 準決勝 »