« 天皇杯3回戦NACK5スタジアム大宮 | トップページ | 高円宮杯準決勝第1試合横浜FMvs養和 »

2009.11.12

天皇杯2回戦アルウィン松本山雅vsレッズ

今更ですが、アルウィンで完敗した山雅戦です。

始めて訪れる松本アルウィンスタジアム。

穂高の山が綺麗に見え綺麗でした。

松本空港が真横のロケーションで味スタの調布飛行場以上に

今問題のJAL便もありジャンボでは在りませんが大きな飛行機が来ます。

天皇杯ということでJFA後援会の特典を活かして招待券で入場しましたが、

長野県サッカー協会が準備した招待券は35枚だったそうで

仮の名刺大の紙を入場口で渡して入場しました。

松本山雅の作成した対戦記念マフラーと

天皇杯のプログラムを購入しキックオフを待ちました。

地域リーグでサポーターが多いと評判なだけあって

松本山雅のサポートは中々のものでした。

試合が始まると小林陽介を筆頭に前線からプレスに来る

松本山雅の気迫を感じました。

それでも序盤はしっかりゲームを作りフィニッシュまで持ち込んだレッズ。

やっぱりカテゴリーが違うかと思ったスタートでした。

ところが12分小林陽介から阿部、阿部から柿本へハイボールが入ると

柿本がカバーに戻った坪井よりも早くループのボレーシュート。

山岸の手の上をボールが抜けて松本山雅が先制。

このゴールで、中盤までは持たせて最後をしっかり守りカウンターを狙う

松本山雅がやりたい事を徹底して来ました。

レッズは失点後、退かれると鋭いカウンターを喰らった事もあり

仕掛けるシーンとシュートがメッキリ減ってしまいました。

個の力の差は明白でポゼッションは容易い試合。しかし遠いゴール。

誰が無理してシュートに持ち込み続けないと2回戦で去る事になりかね無いと

見ていて危機感を持つ中、前半は1-0と松本山雅リードで終了。

レッズは兎に角1対1なら前に仕掛け、シュートの意識を持って欲しいです。

後半もボールを持たされているレッズ。

ゴール付近までは来るが相変わらず強引さがない。

回数は少ないが危ないボールの取られ方から松本山雅がカウンターを見せる。

72分再び松本山雅がカウンターから阿部がゴールを決める。

残り18分で2点差。守りのリズムもしっかり出来ている相手から

先ず延長に持ち込むにも2ゴールが必要になりました。

しかし、序盤から必死に体を張り守る松本山雅イレブンの前に

遂にゴールを割ることなく試合終了。

試合を通して怖さを感じる攻撃は松本山雅のカウンターでした。

レッズの2009年度天皇杯は2回戦で地域リーグ松本山雅相手に

スコア、内容共に完敗で終わりました。

両チームサポーターを含めて14,494人の観衆が集まる中

J1のチームの力を見せることなく試合を終えたレッズでした。

公式記録

|

« 天皇杯3回戦NACK5スタジアム大宮 | トップページ | 高円宮杯準決勝第1試合横浜FMvs養和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/46740457

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯2回戦アルウィン松本山雅vsレッズ:

« 天皇杯3回戦NACK5スタジアム大宮 | トップページ | 高円宮杯準決勝第1試合横浜FMvs養和 »