« 天皇杯2回戦アルウィン松本山雅vsレッズ | トップページ | 高円宮杯準決勝第2試合広島vs磐田 »

2009.11.17

高円宮杯準決勝第1試合横浜FMvs養和

高円宮杯第20回全日本ユース(U-18)サッカー選手権準決勝

第1試合 横浜F・マリノスユース1(5PK4)1三菱養和SCユース

国立競技場 2009年10月10日 キックオフ12:00 観客数3,855人

準々決勝で残念ながらレッズユース0(0-1)2マリノスユースと敗退してしまいました。

養和は田中輝希はコンディション不良でベンチ入りしませんが

23田鍋、9木村の成長で中盤のタレントが活きる状態になり

マリノスユース相手でも充分闘えるでしょう。

養和は退いてしっかりブロックを作り1TOPに当てて3人位で攻めきる狙いを感じました。

マリノスは14小野裕二らの個人技を軸にしたコンビネーションで攻め優勢に試合を進めます。

39分マリノス先制。ファール後に15高橋の早いリスタートで隙を着いて8関原が得点。

この早いリスタートはマリノスが得意として多用していました。

何度か同じ隙を狙われていたので前に立つなど遅らせたかったプレーでした。

マリノスのバランスの良さとプレーの徹底ぶりが目立ちます。

幻のゴールなど養和も田鍋からのカウンターとセットプレーでチャンスはあるので

後半選手交代やパワープレーに活路が開けそうです。

56分養和同点!田中豪紀が右ドリブルから切り込みシュートを

逆転サイドネットに決めました。

これで一気に盛り上がる養和が勢い付きましたが、

守りの要、4内堀が右足負傷で外に出ています。

厳しい時間を凌げるかと思いましたがマリノス12後藤が自爆で

治療に時間かかり4内堀戻れました。

71分マリノスは15高橋に代えて9榎本。

72分養和は負傷の4内堀を下げて17桜岡起用。

82分マリノス12後藤に代えて7塩田。

87分養和は足の攣った6中垣内に代えて11前田。

後半ロスタイムに89分養和2早川2枚目の警告で退場。

マリノスはこの退場後に3岡に代えて24星雄次。

養和5大野、足が攣り外に出された中のCKは直接ゴールライン割り

マリノス数的に有利な中ゴールならず延長戦へ。

養和は退場により4-1-4-1から一人欠けたため

4-3-1-1気味になり攻撃時でも前は4枚まで4-1-4と後ろに人を残しながら

マリノスの14小野裕二に8田中が付いて粘り強く頑張りました。

延長前半終了。

養和14後藤準備。延長後半1分5大野に代わり投入。

ロスタイム養和FK。マリノス6中田警告。

養和こぼれからチャンスもゴールならず。

試合は延長戦でも決着つかずPK戦に決勝埼スタ行きを賭ける事になりました。

PK戦は先攻マリノス、後攻養和。

先にマリノスの2人目を養和GK1原田がキャッチして有利に立った

養和でしたが、4人目、6人目が決められずPK5-4で事実上の決勝戦と

言われた試合はマリノスが勝利しました。

F・マリノス6 ○ 11 × 9 ○ 8 ○ 14 ○ 24 ○
三菱養和10 ○ 9 ○ 7 ○ 8 × 14 ○ 11 ×

公式記録

決勝戦は体調不良で観戦見合わせましたがご存知の通り

マリノスユースがジュビロユースを一蹴して優勝しました。

公式記録

|

« 天皇杯2回戦アルウィン松本山雅vsレッズ | トップページ | 高円宮杯準決勝第2試合広島vs磐田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/46785663

この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯準決勝第1試合横浜FMvs養和:

« 天皇杯2回戦アルウィン松本山雅vsレッズ | トップページ | 高円宮杯準決勝第2試合広島vs磐田 »