« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.23

何処になるでしょう?Jリーグ優勝

コネタマ参加中: Jリーグ開幕! 今季はどのチームが優勝する?

3節みて安定感とある程度の選手層があるのは

鹿島、G大阪でしょう。

好スタートは新潟、山形。

名古屋はACL決勝Tに行かなければ

Jリーグ専念で優勝に近い存在でしょう。

思ったほど振るわないのが川崎、清水。

フィンケ監督を招聘してコンビネーションサッカー

勉強中のレッズは一先ず中位を確保できる

程度の完成度で中断前までに混戦になる

流れなら終盤上がって良い位置にいける

可能性はありそうですが、

何処かが抜け出てしまうと届かないでしょう。

それでも細かなパス回しや流動的なポジションで

見ていて面白いサッカーが期待できそうなです。

元々、所属選手のレベルはJ1屈指のレッズだけに

チームとして戦える状況を作り上げてくれれば

最近停滞気味のJ1のレベルアップにも繋がるでしょう。

優勝は鹿島、名古屋、G大阪が軸の争いでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東海アウェー遠征第1弾エコパ磐田戦

前節からの流れで結果が出ていない磐田

相手のアウェーゲームへ遠征。

2009_0321_121508_2

今回は初めてSNSのビール部ツアーバスで

参加しました。

ツアーパンフレットなどスポンサーになってくださった

2009_0321_085859_2

中華料理の「王龍」

うなぎの「むさし乃」

力グループ「力の蔵」

川口のスポーツバー「レッドグルーブ」

各店のご協力のお陰もあり楽しい車中を過しました。

試合は足踏みといった内容で、開幕同様に

フィニッシュとそこへ持ち込む一工夫が課題でしょう。

2009_0321_143837

失点は啓太と暢久、ジウシーニョに着いた

坪井の3人によるお見合いをジウシーニョに

衝かれて先制を許したことで引き分けが

やっとでしたが、エジミウソンの状態の

良さに救われました。

原口がスタメンを外れて見ると、彼が居ての

2戦の方が前線のポジションチェンジが

スムーズで良い流れを作れていたと感じました。

これはコンビネーションを作る為に掛けた

時間の違いもあるでしょうが、原口の非凡さを

感じる結果にもなりました。

続きを読む "東海アウェー遠征第1弾エコパ磐田戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.16

TM慶應義塾戦

3月15日(日) 12:00キックオフ(45分×2)・大原サッカー場

試合結果

浦和レッズ 2-0(前半1-0)慶応義塾大学

【浦和レッズ】

GK山岸→59分加藤

DF代志也、橋本、堀之内→59分岡本(ユース)、平川→HT永田

MF林→80分大谷、赤星、直輝→HT水輝、野田→59分アレックス

FWセルヒオ、高原→59分磯部(ユース)

得点:16分高原、47分野田

観衆:約400人

試合前にはTOPのクールダウン的な練習がありました。

楽しみなサテライトリーグ+20試合の1試合目。

対戦相手は慶應義塾大学です。

この時期の練習試合とすれば関東大学リーグ1部

慶應義塾大学は良い練習相手でしょう。

高原のゴールや代志也のサイドからのクロス

直輝の読みの良さに基づくポジション取り

堀之内と山岸の統率によるDFは

帯同して居たり19人目だった選手は

それなりの存在感を示した前半でした。

後は赤星が気を使ったポジションに居て

直輝や代志也、野田、平川が攻め上がり易い

状況を作っている感じを受けました

後半は野田が滞空時間の長い打点の高いHSで追加点。

アレックスの実戦復帰は嬉しいサプライズでした。

ユースから来ていた岡本君と礒部君は先ず先ず。

岡本君の落ち着いたプレイは堀之内が抜けた後にも

橋本をカバーするなど良さが光りました。

礒部君は少し遠慮気味なプレイが多かったかも知れません。

林が足が攣った事で大谷がCFでプレイ。

其処からは礒部君もシュートへの意識も高くなりました。

試合を見ての感想としてはチームとして誰が出ても

同じイメージの展開が出来るという状態には

少し時間が掛かりそうという感じでしょうか。

開幕から2試合ですが帯同しているメンバーに

割って入れそうな選手が少ない気がします。

コンディション調整中のアレ、峻希、堤、近藤と

リハビリに時間が掛かりそうな梅崎

ベンチ入りでしてない元気な選手の中では

代志也、赤星辺りでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J開幕とホーム開幕

開幕のカシマスタジアムでは

チームの完成度の差が結果に繋がり

フィンケ監督の色を感じつつも0-2と敗戦。

2009_0314_140106

ホーム開幕戦埼スタFC東京戦では

鹿島のマルキ、興梠のスピードと比べると

遅い相手にも助けられ、しっかりポゼッションしながら

ボールを走らせ、相手を走らせて後半試合を決める

おそらく狙い通りの展開で勝利。

2009_0314_160055

暢久の献身的且つ気合充分のプレイにも支えられ

チームとして1ステップ上がれた感じがします。

そして2-1と大事な局面で直輝が出場し

エジミウソン、坪井、直輝とつながりロビーへの

アシストを記録するなど持ち前の運動量と

パスセンスを発揮してくれたのが嬉しい試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »