« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.26

予選リーグ第4戦vs名古屋グランパス

2008年5月25日(日)19:00キックオフ・豊田スタジアム

試合結果

名古屋グランパス4-2(前半3-1)浦和レッズ

得点者:

6分小川(名古屋)、14分杉本(名古屋)、

32分達也、42分巻(名古屋)、

56分内舘、88分津田(名古屋)

入場者数:21,015人

スタメンはエジミウソンを1TOPにシャドーに達也を

配しトップ下を永井、右、岡野、左、相馬、

ボランチに暢久と内舘、

DFは堀之内、坪井、堤、

GKは山岸でした。

ボランチと両サイドMFが並んでしまい

悪い流れのときはトップ下の永井も吸収され

達也もボールを追い戻って自陣にGKを

含め10人がペナルティエリア近くに

いる状態で悪いときの典型でした。

しかし、相馬が攻撃参加できる時は

良い形ができて、得点は入りそうな感じは

試合開始からありました。

それだけに、マギヌンを中心に攻めてくる

名古屋のスピードとキープレーヤーマギヌンを

抑えられずにフリーでパスを出され

フリーで撃たれる状態で前半に3失点しました。

後半は余り守れなかった岡野を下げてHT明けから

峻希を起用。ポジションに注目しましたが右SBでした。

後半はシステムを4バックにしてサイドのバランスを取り

状況は好転しました。そして「アレ浦和」のロングコール

から生まれた内舘のゴール。スタジアムの雰囲気が

一転し追い付ける、逆転できる空気になる。

しかし、名古屋も必死に守り追加点が奪えない。

そして、峻希のこの日数少ないミスが失点に

つながってしまう。

88分津田にゴールを許し2-4で試合終了。

非常に残念な試合結果でしたが

達也の復帰戦GOAL!

永井のCKから内舘のGOAL!

☆峻希のデビュー後半45分間出場

☆原口のデビュー62分から出場

☆代志也も75分から出場しました。

出場機会に恵まれなかった中で出場や

ユースか2種登録されてナビスコデビューを

果たせたことはよかったと思います。

また、ユースの二人に関してはユースの

人とボールが良く動き連動性のあるサッカーと

トップチームの個人技頼みのサッカーとの

ギャップに戸惑いを感じた様にも見えました。

ユースでやっているサッカーを目指して

トップの選手たちに刺激を与えてほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.19

プリンスリーグU-18関東2008対市立船橋

5月18日 (日) 13:30 NACK5スタジアム大宮
浦和レッドダイヤモンズユース 7(3-0)1 市立船橋高校
[得点]
22分 9 阪野 豊史(12 和田 祐樹)
24分 5 浜田 水輝(8 山田 直輝、7 高橋 峻希)
44分 14 原口 元気(7 高橋 峻希)
48分 8 山田 直輝(14 原口 元気)
58分 9 阪野 豊史(10 田仲 智紀)
市船 77分 27 鈴木 宏樹(6 斉藤 俊平)
80分9 阪野 豊史 
87分26 矢島 倫太郎(14 原口 元気)
レッズユースメンバー
GK1柴田
DF12和田、25岡本、4順平、6永田
MF5水輝(ボランチ)
8直輝、10智紀
FW
7峻希、14原口
9阪野(CF)

市立船橋メンバー

GK17有富
DF2西田、29下谷、15水野、8大阪
MF12全→30林、6齋藤、9笈川、21青木駿→20馬渡 
FW11野口→27鈴木宏樹、23松下→22雨宮→19小松

2008_0518_132050

試合開始

原口、阪野、峻希の並びで3TOPスタート

1分 峻希からゴール前に飛び込んだ

直輝に僅かに合わず更に原口も詰めるが触れず。

5分 27m位のFKを原口狙うがバー上に外れる。

2008_0518_134949

22分
和田の右からのクロスに阪野HSで先制。

2008_0518_135217

24分
峻希CKをニアで直輝がオーバーヘッドで繋ぎ
フォアの水輝がゴール2-0

28分 市船23番永田を削り警告。

FKから岡本ロングシュート!ゴールにならなかったが
良いパンチしていて驚きました。

31分 1タッチ、2タッチでテンポ良くパス交換して

市船を崩しきるレッズユースの華麗なパスワークと

連動する選手の動きに驚きの声が上がる。

33分 25番岡本市船選手を止めて警告。

終始圧倒的にゲーム支配するレッズユース。

41分 GKと1対1に持ち込んだ原口がシュートGKセーブ。

こぼれを再び原口シュートもGKセーブでゴールならず。

2008_0518_141221

44分
峻希のスルーパスを受けた原口
2回目の1対1はしっかりゴールを決める。

2008_0518_141231

3-0で前半終了。

単発な市船のカウンターですが守りのリズムは

殆ど攻めていて出来ていないレッズユースはチョット

集中が緩む感じがありますが、小さなミスの後

しっかりカバーに入る選手がいて安心しえ見られました。

後半開始

2008_0518_142735

市船は後半頭から2枚交代。

21番、23番OUT20番、22番IN

2008_0518_143229

3分 原口から直輝にパス、
1タッチコントロールからシュートでゴール!4-0

2008_0518_143440

5分 FKのチャンスにポイントには峻希、直輝、智紀が
蹴ったのは智紀でした。残念ながらバーの上に。

8分 直輝遅延行為で警告受けてしまいました。
余計なプレーで警告を受ける悪い癖が出てしまいました。

9分 10番直輝OUT19番石沢IN

11分 相手のボールを奪いに全力疾走でボール奪取を
試みるが残念ながらファールとなり度重なるファールで警告。

2008_0518_144230

13分
左からの智紀のスルーパスに阪野。
裏に抜けて受けて落ち着いてゴールへ流し込む。5-0

15分 市船11番OUT27番IN

16分 7番峻希、12番和田OUT21番森田、26番矢島IN

23分 阪野ゴールチャンスもトラップしたボールが僅かに

前にハーフボレーミートせずゴールならず。

29分 10番智紀OUT23利根川IN

31分 サイドの森田がこけてしまい、交代で入ったばかりの
市船27番にゴールを許す。5-1

2008_0518_150401

35分
矢島が前線でプレスからボール奪取。そしてシュート。
これは決まらずにゴール前に詰めた阪野の前へこぼれる。

2008_0518_150406
これをキッチリ決めて阪野ハットトリック達成!6-1

40分 この試合でもっとも華麗なパスが廻り感嘆の声が漏れる
ゴールに迫ったが得点は生まれず。

これで決めてれば最高でした。

2008_0518_151154

42分
原口がアシスト役に回り矢島がシュートを決めて7-1。

ロスタイム3分
ハットトリックの9番阪野OUT24番礒部IN
タイムアップ市船相手に7-1と完勝したレッズユース。

2008_0518_151901

ファンタジー溢れるもの凄く楽しいサッカーを見られました。
レッズユースのファンタスティック4
直輝、峻希、智紀、原口が揃うと
ユース年代ではちょっと異質な次元を見せてくれますね。
次はトヨタで直輝と峻希をみたいです。
更に貴重なポストプレーヤーとして成長の阪野、守りの要
順平と水輝など本当に逸材の揃う3年生を軸に下級生の
センス溢れるプレーも見られて本当に楽しい試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンスリーグU-18関東2008NACK5武南敗戦

5月18日 (日) 11:00 NACK5スタジアム大宮
武南高校 1(1-1)2 桐光学園高校
[得点]
1分 10 甲田 真生
34分 オウンゴール
76分 9 寺内 渉

武南高校
GK12丸山
DF26斎藤(88分2枚目警告退場)、4田中、2保坂、22馬場
MF17石井、6成田
10甲田、8清水
FW11谷川、9塩崎
HT  9塩崎→27相内(武南)
73分 8清水→24細谷(武南)
77分 17石井→7廣川(武南)

桐光学園高校
GK25峯
DF3上阪、5岸本準、4稲川、2友澤
MF7岸本伸、12佐竹、6久保、14寺田
FW9寺内、11瀬沼
44分7岸本伸→10西川
83分14寺田→13奥津
88分3上阪→16野辺
91分11瀬沼→15小野

スタジアムに到着すると1-0で武南が先制してました。

2008_0518_114058

これなら1部残留の可能性もあるかなと期待。

しかし、桐光の11番瀬沼君184cmU-19日本代表にも

名を連ねたCFを中心とした攻めに四苦八苦。

2008_0518_122933

34分にゴールを許し前半1対1で終了。

武南はボールの出し手へのマークが甘いので

ピンチが多いです。

ボールの持ち方が良い桐光は武南が2人で挟みに

来ると取られない位置にボールを持った上で引き付けて

サポートに来た味方へパスを出し、武南のDFを掻い潜り

効率よく攻めていました。

2008_0518_124604

桐光は76分に追加点をあげて逆転勝利。

高円宮杯出場権争いに食い込んで来そうです。

一方の武南は残念ながら2部降格が濃厚になりました。

埼玉県の高校が来期は1部から姿を消すことになりそうです。

武南は早いFWかしっかりゲームを作れる

プレーメーカーが欲しい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.05.18

5/17今期最高の内容も勝利に届かず

2008シーズン開幕から連敗し

個人の技量だけで首位に上って居るレッズ。

選手入場間近」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

恐らく最強の敵ガンバ大阪を中断前に迎えた

埼玉スタジアム2002。

2008_0517_135719

選手入場にあわせて遂にベールを脱いだ

2008_0517_135750

2008_0517_135805

超デカ旗!カッコいい!!

2008_0517_135819

2008_0517_135845

しかも、しまうスピードが圧巻でした。

2008_0517_135930

試合内容は両サイドが高い位置をキープして

パスが前に廻る今シーズン最高のパフォー

マンスをレッズが見せる展開ではじまる。

しかし、良い内容をキープしながらも

シュートチャンスにGK松代が奮闘。

すると、エアポケットのような失点を

繰り返し前半を0-2と2点リードを許し終了。

2008_0517_140516

2点目は岡田主審のミスですが、それでも

バレーが投げようとした時に遅らせる事が

必要でした。あの狡猾さは流石ブラジル人です。

2008_0517_151203

後半は梅崎が53分絶妙なFKを決め反撃体制が

2008_0517_151216_edited

整うが68分敵ながら天晴れな遠藤の流れから

2008_0517_152700

フリーで放ったシュートで1-3とされてしまう。

2008_0517_153731

79分エジミウソンがこの試合何度目かという

2008_0517_153738_edited

ゴールチャンスをやっと決めて2-3として

残り時間と途中負傷者が出ていたので5分の

ロスタイムにゴールを目指したレッズだったが

残念ながら同点ゴールは産まれませんでした。

ゲームは良い内容だっただけに挑発行為や

物の投げ込み、勝利のパフォーマンスの

選手同士のいざこざなど後味が悪い試合に

なってしまいました。

カンプノウでレアルマドリーが勝利して

勝利のパフォ-マンスを選手がしたとして

どうなるか、考えてみればわかるのと

同じ次元で57050人中5万人はレッズサポの

埼スタで他でもやってるからとやるのは

良くないですよね。お互い気持ちの入った

試合の後で、特に都築はエキサイトして

しまったと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

フーリガンが埼スタに現れた!

予想通りレッズサポーターが悪く取られる形の

新聞各社のHP記事ばかりですね。

フーリガンが埼スタに現れた!

試合開始前からビジター席から南のレッズサポに

向けて水入り風船やペットボトルが多数投げ込まれる。

警備員が制止するが一向に止まず。

コールリーダーらしいのが緩衝帯にへばり付いてるが

煽りはすれども止める気はまるで無し。

入場前からレッズサポーターを襲撃する事を

主目的に入場したフーリガンに同調した

ガンバサポーターが多数。

G_obb

こちらがブーイングすれば更に煽ってくる始末。

多くは無関係とかあちらは言ってますが

物は投げないまでも、喜んでみてたのが

ビジタースタンドに半数以上は居ました。

それでも、退場させるでもなく試合開始。

運営的には、この甘い対応が最大のミスでした。

お咎め無しを良い事にエスカレートするビジタースタンド。

ハーフタイムも試合後も激しい投げ込みと煽りに終始。

南スタンドで耐え続けていたレッズサポーターも

試合終了後には飛来物で怪我させられたり

選手に向けても物を投げる変な人達にも遂に堪忍袋が

破れ応戦してしまいました。

応戦しなければ完全に一方的にガンバサポーターの

悪行で済んだのですが、それが残念ではありますが

あれ程、やられてはそのまま帰って頂く訳には行かないし

そのまま帰れると思ってるビジタースタンドの人も

そう多くは居ないでしょう。むしろ望んでたんでしょ?と

思う意外に在り得ない徹底した煽りと物の投げ込みでした。

南から投げ返した人の心情は解る面はありますが

MUからペットボトル投げた人は絶対だめです。

しかし、アレだけ酷いことをし続けて最後に囲まれて

文句言うガンバサポが居るのには驚き。

メインにいたガンバサポーターは早目に帰ってましたよ。

試合前から禁止行為をし続け、煽り続けた訳ですから

最後に囲まれるのはある意味当然の結果。

選手のパフォーマンスは騒動の何万分の1にもなってません。

ビジター席のフーリガンの行為が原因です。

ガンバサポの皆さん何故、同調してしまったのか、

そして運営としては

試合開始前の行為に対してキックオフを遅らせてでも

退場させる毅然とした態度で臨むべきでした。

最後に残って囲んでいた多くのレッズサポは

謝罪を求めただけですから、その報告を聞いて

解散したまでです。

スパサカも酷かったですね。試合開始前煽ったのは

一方的にビジターなのに。。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.05.16

5/10等々力川崎戦

フッキ解雇、関塚監督体調不良で退任で

連携上昇と心理的効果でチーム状態上昇中の

難敵川崎フロンターレ戦は雨の振り続ける

等々力競技場。

2008_0510_131802

TOPベンチ入りの高橋峻希にも注目しました。

2008_0510_133412

残念ながら出場は出来ませんでしたが

楽しそうにピッチ内アップを永井らと

している姿が微笑ましかったです。

2008_0510_134924

試合は中盤での攻防の多い試合になり

2008_0510_142536

堤、堀之内が巧くテセ、ジュニを抑えつつ

抜かれても阿部ちゃんがしっかりバックアップして

コントロールが悪くなったところを奪ったり

上手く体を寄せて自由を奪ったりで

オフサイド判定のシーン以外では危ないシーンは

少なかったです。

一方、レッズも攻撃面では闘莉王から高原で

2008_0510_152110

PK獲得。エジミウソンがGOALのシーン以外は

あまりチャンスはありませんでした。

2008_0510_155016

今のチーム状態では川崎相手に1-0の勝利は

最高の結果。そして現時点でレッズが出来うる

結果を得るための最高の試合だったと思います。

2008_0510_160058

明日は、中断前最後、そして一番叩いて置きたい

ガンバ大阪戦です。

また、じれる時間も多そうですが、結果を求め

先ずは堅い試合運びで中断明けに

楽しいサッカーで勝てるレッズをみせて欲しいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.05.14

サテライト埼スタ第2G草津戦

2008年5月11日(日)15:00キックオフ・埼玉スタジアム第2G
<試合終了> 
浦和レッズ2-0(前半0-0)ザスパ草津
得点:69分高崎、85分エスクデロ

2008_0511_142129

メンバー

GK大谷

DF橋本、近藤、浜田Y

MF坂本、山田直、高橋、西澤、小池(71分田仲Y)

FWエスクデロ、高崎

SB加藤、長谷川Y、新井Y

ザスパ草津

2008_0511_141428

GK北 一真 → 上杉66分

DF冨田 賢,有薗真吾 → 有村86分,小林亮太,木下伸二

MF荒田雅人,金生谷仁,秋葉信秀 → 成田78分,佐藤大基

FW岩田正太 → 石田82分,藤崎武馬

観衆数:1460人

プリンスリーグと同日開催のサテライトに

2008_0511_142809

レッズユースから2種登録の直輝、峻希の他、

水輝、智紀もサテライトに招集。

ユースはレギュラー4人を欠いてRKU柏に苦戦しました。

サテライトでは4人中3人はいつもどおり

スタメン、智紀は71分から途中出場でした。

2008_0511_162407

試合を通してセルと高崎はここでは一つ抜けた

2008_0511_164004

存在感をみせてくれました。セルは回りの使い方

高崎は足元のコントロールを磨けばトップは近いですね。

2008_0511_163020

この二人に告ぐ存在感は、代志也も本来のサイドで

起用され素晴らしい上がりをみせてくれましたが

トップスピードからのクロスの精度や

シュートのコントロールには課題がありました。

そしてこの試合特筆すべき存在があと一人。

2008_0511_160145

ボランチで直輝というパートナーを得て、

恐らくレッズ入団後初めて輝きを見せた坂本。

まだ課題はありますが、この日のパフォーマンスを

維持できれば、3年目ラストチャンスの年に開花して

Jリーガーとしての生活は続けられるかも知れません。

レッズユースからザスパへ入団した金生谷仁も

2008_0511_160637

24番を付けて活躍してました。

ザスパ草津オフィシャル公式記録

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2008.05.13

プリンスリーグU-18関東2008対RKU柏

5月11日 (日) 11:00 さいたま市浦和駒場スタジアム
浦和レッズユース 0(0-0)0 流通経済大学付属柏高校

2008_0511_105853

浦和レッズユース
GK
1柴田
DF
12和田(88分3山地)、25岡本、4順平、6永田
MF
15池西ボランチ、
2池田(63分24礒部)、19石沢、
右アタッカー27矢島(89分21森田)
左アタッカー14原口
FW
9阪野

RKU柏
GK17
DF5、6、21、16
MF19、7、10、8
FW9、23

試合開始。

2008_0511_110806

15分
ややRKU柏に押されてます。
柴田の好守と決定機に僅かに
枠を外しているおかげで無失点。
30分
以前スコアレスも
レッズユースの時間も出来だしてます。
42分RKU柏19に代えて22起用。
前半終了0-0。
やや押される展開ながら
得点するチャンスは出来だしました。
後半1チャンスを物にできれば勝機はあります。

2008_0511_115350

後半開始。
15分
以前スコアレス。
直前に左サイドパスで崩し
原口から阪野のHSはセーブされCK
16分にもスルーパスから阪野
一対一もセーブされる
18分
2池田に代わり24礒部
攻撃重視、勝ちに行きます。
RKU柏はここで2人目の交代。(22に代えて2)
22分RKU柏3人目(8に代えて24)
30分
未だ無得点
かなりゴールに近付いている後半ですが
流経のGKがあたっているのと
原口の突破を5番に止められているのが辛いです。
38分RKU柏4人目(5に代えて11)
これで原口が生きるかと思いましたが
すでに疲れが来ていました。
43分和田に代えて山地起用。
しかもパワープレーでFWの位置へ。
池西が後ろに下がりました。
後半ロスタイム
27矢島に代えて21森田起用。
両チーム得点無く0-0引き分け。

2008_0511_124549

峻希、直輝、智紀、水輝がサテライトらしく
中盤3人とCBが入れ替わったレッズユース
昨年より二回りくらい小さなチームに
なった印象のRKU柏に引き分けました。
コンタクトプレーの強さ
運動量、連動性とも昨年より
落ちた印象ですが、最終ラインの固さや
カウンターへの切り換えは流石です。
厳しいメンバー構成で良く引き分けた試合でした。

 1 横浜FMユース  5勝1敗1分勝ち点16
 2 FC東京U-18   5勝2敗0分勝ち点15   
 3浦和レッズY    4勝0敗3分勝ち点15
  4 RKU柏高校    4勝2敗1分勝ち点13
 5 東京Vユース     3勝2敗2分勝ち点11
 6 桐光学園高校   3勝2敗2分勝ち点11
 7 前橋育英高校   3勝3敗1分勝ち点10
武南高校、FC東京U-18、湘南ベルマーレユース、
前橋育英高校浜FMユース東京Vユース
そしてRKU柏高校と戦い終えて1位と勝ち点1差
第3位に着けてます。成績上位との対戦が
残り6位桐光学園のみで
Bチームで2試合戦ってこの成績は立派です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.10

GW最終日ジェフ千葉戦

2008_0506_151241

試合前はレッズの悪い癖を

心配するサポーターが多く緩んだ空気が

決戦直前」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

無いのが良かったと思います。

2008_0506_160610

試合は、右サイドに入った永井の裏を

狙われた序盤はやや不安定な試合でしたが

永井と梅崎のポジションを入れ替えてからは

レッズの攻勢が続きました。

2008_0506_160817

しかし、前半はジェフ相手に得点できず。

惜しいシーンはあっただけに少し残念。

後半頭から永井に代えて細貝を起用。

前半の最後の方で、足を少し痛めた感じだった

永井が交代したので怪我を心配しましたが

大丈夫のようで何よりです。

後半は交代出場の細貝が良いアクセントとなり

ボランチからTOP下に移った闘莉王の攻撃面の

良さを生かす結果になりました。

2008_0506_171424

59分に闘莉王が先制点を決め

2008_0506_173056

76分には闘莉王から相馬で追加点。

2008_0506_174009

85分には萌のプレーを切っ掛けにエジミウソンが

2008_0506_174019

個人技でダメ押しゴール!

その後は、サポーターはお祭り浮かれモードで

チョット心配な感じのスタジアムの雰囲気に

2008_0506_174806

しかし、ゲーム終了までGK都築をはじめ各選手の

集中は切れる事無く、完封勝利。

残り数分間のボールキープにおける鳥籠の様な

ワンタッチ、ツータッチのボール回しは

「オーレッ!」の掛け声が相応しい見事なものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.08

プリンスリーグU-18関東2008対ヴェルディ

試合結果2008年5月6日(火・祝) 11:00[ヴェルディG]

2008_0506_102018

東京ヴェルディユース1(1-1)1浦和レッドダイヤモンズユース

【得点者】

2008_0506_110937

8分:真野亮二

2008_0506_113816

38分:田仲智紀

【スタメン】

東京ヴェルディユース

GK:1本田大雅

DF:2高橋祥平、4平智広、8和田拓也、34キローラン木鈴

MF:10富所悠(31分:5山越享太郎)、14高木俊幸、

33高木善朗(75分:17窪田良)、9高塚捺生(60分:37小林祐希)

FW:11真野亮二(83分:新村武玄)、15佐藤功貴(67分:13久利研人)

SUB GK:大坪倫之、DF:八塚利朗、MF:都並優太、木澤純平

浦和レッドダイヤモンズユース

GK:1柴田

DF:6永田、4順平、5水輝、12和田

MF:8直輝 

19石沢(38分24礒部)、10田仲(88分11竹富)、7峻希

FW:14原口  9阪野(66分25岡本)

帯同メンバー(総勢23人)

GK中村、16井部、中島、DF3山地、2池田、MF15池西、

17小峰、13岸、利根川

「38分 礒部君投入後」

GK:1柴田

DF:6永田、4順平、5水輝、12和田

MF:8直輝

14原口、10田仲、7峻希

FW:24礒部、9阪野

「66分 岡本君投入後」

GK:1柴田

DF:6永田、4順平、25岡本、12和田

MF:5水輝

14原口、10田仲、8直輝

FW:24礒部、7峻希

基本的には上記の様なフォーメーションで

いつもの様に峻希と直輝、原口は

ポジションチェンジが激しいです。

今日は珍しく阪野、原口とも頭では競り負ける

事が多く、途中で峻希が前に出て原口が

サイドの時間があり、得点もこの形に変更した

後に生まれました。

2008_0506_113755

得点直後に準備していた交代(礒部)になりました。

ヴェルディGK本田君とレッズユースGK柴田共に

2008_0506_113238

好セーブを見せ良く守りました。

新1年生の25番岡本君かなり期待できそうな

DFの登場です。後半30分程の出場でしたが

早さとセンスが良く身長も173cmでまだ伸びますし、

ナイスカバーで失点も防ぎました。

24番の礒部君と共に楽しみな1年生です。

ヴェルディユースでは14,33のW高木は

ヴェルディの中でテクニックが高い印象でした。

レッズユースは各選手がポジションチェンジを

しながら少しずつリズムを掴み、いつの間にか

劣勢だった試合を自分たちのペースに持って

来られる試合の上手さがあるように感じました。

2008_0506_124831

気温が上がったため終盤はカウンターの

2008_0506_124835

取り合いになりましたが、見応えのある面白い

2008_0506_124913

試合をしてくれました。

ヴェルディユースが現実的な戦い方だった

のが今年のレッズユースの立ち居地を物語って

いると思います。峻希と直輝のコンビだけでなく、

オフサイドで得点にはならなかったですが、

後半5分に見せた和田君のサイドから原口君に

渡りゴールネットを揺らしたシーンは

非常に綺麗な流れのある攻撃でした。

選手層の厚い今年のユースの活躍を楽しみましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.05

5月4日プレナスなでしこリーグL1INAC戦

2008_0504_051833

神戸遠征バスツアーから南浦和へ戻った足で

2008_0504_072348

浦和に移動してマックで美味しくなったコーヒーを

飲みながら埼玉新聞を読んでから駒場へ。

同じツアーに参加されていた方の姿も。

攻撃面だけを見ればベレーザ以上の破壊力のある

油断できない相手です。しかも前節はTASAKIに

7-3と池田さんのいるDFラインから7点も取って勝利。

今期は積極的な補強が功を奏して絶好調な感じ。

2008_0504_101656

2008年5月6日(日)13:00キックオフ・駒場スタジアム

2008_0504_110059

2008_0504_112841 2008_0504_111012

<試合結果>
浦和レッズレディース1(前半0-0)1INACレオネッサ

得点者:57分プレチーニャ(INAC)、60分柳田

浦和レッズレディース

2008_0504_125622

GK:山郷
DF:矢野、百武、岩倉、土橋
MF:森本(83分木原)、高橋、安藤、柳田
FW:北本、松田(58分若林)
SB:小金丸、保坂、堂園

INACレオネッサ

2008_0504_125614

GK:海堀
DF:田村、ジナ(48分宮迫)、角田、藤村
MF:那須、原、柳井
FW:プレチーニャ、鈴木、米津(60分川澄)
SB:根本、園村、櫨

入場者数:1,666人

そんな相手を迎えるレッズレディースは主力が

怪我で離脱などチームでプレチーニャ、鈴木智子、

原、米津らの強力な攻撃を阻止したい所。

早く着いたので両チームのバスの到着も見ました。

やはりプレチーニャの上手さはL1のNo1ですね。

中々ボールを奪うことが出来ませんが、岩倉さんが

結構良い対応をしてくれました。

全体としてはアッコが居なくなった所に誰を入れて

どういうサッカーをするのかが問題なのでしょうが

この試合は森本を守備的な位置で起用してINACの

スピードに対応する形となりました。

2008_0504_131429

印象としてはINACを研究した成果が出ている

2008_0504_134237

感じを受ける試合運びで前半をスコアレスで終了します。

2008_0504_140646

後半は頭からレッズレディースが攻勢に出て

安藤が連続してシュートを放ちますがゴールならず。

2008_0504_141147

57分プレチーニャに先制されますが

既に準備していたエリを起用。

2008_0504_141508

3分後にCKのこぼれからの流れで来たシュートチャンスに

ヤナギが技ありのボレーで取り返しました。

64分プレチーニャが抜け出したところをファールで

2008_0504_141722

PK献上も山郷姐さん右に跳びこれをセーブ。

PKとなるもこれも凌ぎ勢いづくレッズレディース!

CKでもゴールを割らせず。

72分山郷姐さん痛恨のミスも矢野が阿部ばりのカバーで逃れる。

86分木原クロスにエリ、安藤飛び込むが届かず。

すぐ後にも北本シュートもセーブされる

2008_0504_144817

最後まで諦めず攻め続けましたが

1ー1で引き分け。

試合後のファンサービスは安藤さんでした。

2008_0504_153043

| | コメント (1) | トラックバック (1)

5月3日ホムスタJ1神戸戦

南浦和を前日の22:15に出てホムスタ着は

12:45過ぎでした。GWで遅れることは

承知してましたが、まさか昼過ぎになるとはsweat02

それでも、プレナスなでしこリーグを観てから

ホムスタの戻り開門前には戻って来ました。

2008_0503_154502

ホムスタ近くの中華店で豚マンとから揚げ弁当を

買って入場しました。売店を見たらソバめしと

焼き鳥が在ったので昼を食いそびれていた事もあり

2008_0503_161444

是も購入して座席へ。見易さは◎も座り心地は最悪。

何とも浅いし角度が悪い椅子で横も少し狭いですね。

ユニバーのメインの椅子は良い椅子だったのに

何でこちらが?W杯使用のはずじゃって感じでした。

2008_0503_172247

達磨がベンチ入りしました。

2008_0503_185743

神戸ゴール裏の人文字?

「トモニイコウ」読み辛くてレッズサポから

駄目出しの「やり直しコール」がhappy01

試合は今シーズン、一番良く選手が動いたレッズでした。

エジミウソンが前線からプレスを掛け

かなり守備に参加してくれて守りは少し楽になった

感じですが、その分、この2節良かった高原との距離が

離れてしまい攻撃面では若干課題も感じました。

暢久もボールを受けたらまず前を見てました。(驚)

両チームカウンターの取り合いの時間もありました。

神戸は大久保のシュートがバーに嫌われてゴールならず。

2008_0503_193533

前半レッズ最初のBIGチャンスは30分過ぎ永井のFKから。

2008_0503_193547

飛び込む堀之内にドンピシャで合う。

入ったぁ~!と皆立ち上がるも枠外に。残念。

それでも勢い付けようと更に大きな声でチャントを送る。

前半は両チームゴールを奪えず。

流石に好調の神戸。今シーズンでは最も良い

出来だと思うレッズに対してやや優勢に試合を運びます。

後半平川が肋骨骨折の負傷で一度ピッチに戻るが

49分に即、相馬と交代。

52分 (神戸)馬場→松岡

65分 暢久→梅崎

両チーム局面を変えようと平川の負傷交代以後

選手を相次いで投入します。

ゲームが動いたのは70分。

左サイド梅崎からのクロスを闘莉王がヘッドで

折り返した浮き球に相手DFを背にしながら

左から阿部が豪快なバイスクル気味の

2008_0503_202930_edited

ジャンピングボレー!先制弾!

2008_0503_202935_edited

歓喜に包まれるホムスタのレッズサポ。

2008_0503_203019_edited

スタンドのほぼ半数を埋めてました。

神戸が失点を機に選手を交代。

72分 田中→吉田、77分 古賀→松橋

吉田が入った時点からは金も上がり気味で

かなり前掛りな感じになりました。

そして何と79分金→ボッティ→吉田と繋がれ

2008_0503_203847_edited

都築の手をかすめた吉田のシュートがゴールに。

2008_0503_203901_edited

1-1の同点とされてしまいますが、

「俺達は勝ちに来た!」サポーターの

ボルテージは下がることは無い。

流石に今シーズン一番動き続けているレッズの選手に

疲労は襲い掛かって来ていて中盤がルーズに

なるシーンがあり、点を取りに来ている神戸の

出してへのプレスが出来なかったのは惜しかったです。

87分 高原→内舘この交代で内舘がボランチ、

闘莉王がFWに上がりエジミウソンと2TOP。

最後の最後まで攻めゴールを勝利を目指す姿勢を

見せて闘い続けた両チーム。

痛み分な1-1のドローゲームでした。

レッズとしてはバーに2本、ポストに1本守って貰っただけに

勝てる流れな試合に感じましたが、逆に言えば

完全にやられた感じのシーンも得点より多かったので

引き分けの結果は満足いかないまでも仕方ないですね。

強行スケジュールの3戦目で今シーズン一番の

運動量を見せた選手達に次の試合期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月3日神戸ユニバ

予想以上のGW渋滞でホムスタ着が

12時45分頃になってしまい、キックオフには

間に合いませんでしたがユニバー記念競技場

2008_0503_132034

TASAKIペルーレ対岡山湯郷Belleの試合。

2008_0503_132149

前半の25分過ぎから観戦。

TASAKIが押し気味の試合展開。

しかし、GK福元の高さと読みに得点できずに

時間が進みます。大谷が決めきれて

2008_0503_134354

いなかったものの前半終了間際に1ゴール。

TASAKIが何とかリードを奪い前半終了。

2008_0503_135017

DFのスピードやサイドからの攻めに対する

対応に問題はありそうですがINACに7失点の

雰囲気は感じさせないTASAKIの守りです。

余計に、翌日のINAC戦への警戒が強まります。

後半は某SNSのマイサポさんに合流して観戦。

後半もやや、TASAKIが有利に試合を進めますが

攻撃で、もう一手工夫があれば2点目3点目と

取れそうな流れも追加点は取れず、逆に湯郷の

2008_0503_143419

中野に同点ゴールを決められて1-1ドローで終了。

2008_0503_144901

レッズレディースとしては良い結果になりました。

2008_0503_144906

TASAKIはこれまで日本の女子サッカーを

ベレーザと共に支えてきた盟主ですが、今期は

鈴木智子のINACへの移籍など戦力に

やや不安がある感じです。

TASAKIの業績云々の噂も聞きますが

ここは一つ頑張ってもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウェー京都戦勝利に沸くゴール裏

動画撮影後上げようとしましたが @nifty動画の容量を超えていたものを再編集しました。京都戦の試合後の様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月29日J1リーグ対札幌戦

2008_0429_155726_edited プレナスなでしこリーグの駒場から

Join号で移動と思いましたが

台数が少なく、埼スタからの折り返しを待ち

乗って行くには時間に余裕が無いので

駒場のTAXI乗り場に来ていたTAXIで埼スタへ。

2008_0429_152717_edited

スタンプラリーの台紙がカッコ良かったのが救いです。

試合は予想外な点の取り合いに。

試合結果

浦和レッズ4-2(前半2-2)コンサドーレ札幌

得点者:6分砂川(札幌)、24分阿部、25分柴田(札幌)、28分闘莉王

50・86分エジミウソン

入場者数:48,031人

2008_0429_160655_edited

ロングボールから砂川に抜け出されて失点も

2008_0429_162450_edited

阿部が同点弾。

2008_0429_162601_edited

ところが直後に失点。

2008_0429_162817_edited

それでも闘莉王がその3分後に同点弾。

後半は修正したレッズがエジミウソンの

2008_0429_170516_edited

2得点で4-2として勝利しました。

2008_0429_174121_edited

この試合で高原がプレスで奪いエジミウソンが

得点というシーンが出ました。

高原に限らず高い位置でのプレスで奪い

ゴールへと繋がるシーンが増えるといいですね。

この試合は、高原とエジミウソンの距離が良く

ゴールに繋がる形が出来ました。

2008_0429_175014_edited

2戦連続でFWのゴールで勝利!

少しずつですが上向きなチーム状態。

ここから更に上げて行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.04

29日レディースマリーゼ戦

2008_0429_105113 チケット販売と入場口のスタンプラリーは

飛鳥、アッコ、マルの3人。

Join Dayの宣伝効果もあり普段レディースに来ていない
レッズサポも多数来場した駒場はマリーゼの動員が
掛からずマリーゼ用に設けた
メインスタンドのブロックはガラガラで少し残念でした。

2008_0429_110911 メインスタンド内のスタンプラリーには

タッシーと法師人でした。

試合は前半開始から積極果敢なプレスを掛けるマリーゼと

2008_0429_120836

しっかりプレスラインを決めてかなり暑い天候下で
ペースメイキングを加味しながら戦うレッズレディース。
序盤は当然、積極的に来ているマリーゼに試合のペースをつかまれ、
怪我で戦列を離れたアッコの存在の大きさを感じます。

2008_0429_133615
後半、マリーゼのプレスが緩くなりだすと
レッズレディースは、チャンスが続きますが
中々、マリーゼゴールを破る事ができず

2008_0429_134448

90分ジャスト位(公式記録は89分)

2008_0429_134458

ゴール前に詰めたエリにGKのクリアがあたり決勝ゴール!

2008_0429_134506

エリの笑顔が弾けました。
出場時間が少ない中で結果を出して勝利を引き寄せてくれました。
そして、今日は絶好調INACレオネッサ戦。
ベレーザに3-3
ペルーレに7-3
今までの対戦でもプレチーニャ(ゴンサルベス)に
手を焼き大苦戦している相手。
今期は鈴木智子の加入もあり、L1屈指の攻撃力が
更にアップしている危険な相手を向かえます。
神戸帰りで駒場へ直行します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »