« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.02.25

なでしこ優勝!

中国に完勝した日本女子代表。

見事な試合運びで3-0で3連勝として

初めて国際大会を制しました。

佐々木監督の選手起用もあたり

上手くローテーションさせて疲労を溜めなかったのが

功を奏して、良いコンディションを維持できたのも

大きかったと思います。

欲を言えば後半のチャンスに後2,3点は取れたのを

決められるようになれば、オリンピックも

結構期待できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.24

男子は韓国の優勝で幕

北朝鮮が中国に1-3で負けたので

韓国が優勝、日本が2位、中国3位、北朝鮮最下位で

終了しました。日程がタイトなこともあり

日本対韓国はスタミナ切れが見える試合でした。

中国対北朝鮮は見ていないので何ともいえませんが

豊富な運動量で日本と闘っていた北朝鮮が

疲労していたのは想像できる様な気はします。

技術面を運動量と精神力で補って

良く闘っていた印象でした。

反面、中国は今大会のワーストチームでした。

東アジア選手権なる大会を続ける必要性を

感じなくなる試合振りにがっかりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.23

韓国戦引き分け

結果的には1-1で引き分けましたが

試合の内容ではかなり韓国に

やられていた印象があります。

中澤が孤軍奮闘で何とか1失点で

防いだものの、中盤で嫌なタイミングで

ボールを失うことが多かったです。

3試合ともメンバーを入れ替えて

選手の底上げとしての経験は積ませ

られた事が収穫でしょうか。

この試合は中国の主審でしたが

それにしては、思った程の偏りは無い

判定だったように感じます。

中国対北朝鮮の試合結果次第では

北朝鮮に優勝の可能性があります。

3試合目の疲労がどの程度影響するか

ですが、ここまでの結果を見ると北朝鮮の

優勝の可能性が高そうに思います。

しかし、中国の悪質なサッカーに2試合で

たったの罰金48万円で終わらせて

良いのでしょうか?あまりに軽すぎると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.22

日本女子代表韓国に勝利

東アジア選手権女子2戦目。

北朝鮮と比べると実力の落ちる韓国相手に

初戦のスタメンから5人を入れ替えて挑む

日本女子代表。もっとも代わる選手も

GK山郷、DF中地、矢野、MF加藤、FW荒川

の5人なので戦力的に問題は無かったのですが。

右のMFとしてウィング的ポジションに入った

近賀が生き生きプレーしている印象でした。

前半少しバランスが悪い感じの時間もありましたが

しっかり立て直して2-0で勝利。

レッズレディースから招集の4人が途中交代も含め

全員プレーできたのも良かったです。

佐々木監督は北朝鮮戦の疲労も考慮して

3戦目中国戦をも睨んだターンオーバー導入と

いう感じを受けましたが、呼ばれて出られない

選手のフラストレーションも巧く発散させながら

結果も出してくれそうですね。

相手の戦力分析も功を奏しているのでしょう。

中国戦期待です。

が、男子と同じような過ちの無い良い運営を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.20

シーズン開幕に向けた準備について

浦議より転載です。

投稿日:2008/02/20(Wed) 00:11:57

投稿者:Rosso Bianco Nero URAWA

皆さん今晩は、Rosso Bianco Nero URAWAです。

昨シーズン、皆さんに多くの力を貸して頂き感謝し

ています。ありがとうございました。本日はシーズ

ン開幕に向けた準備について、書き込みさせてい

ただきました。現在、新シーズンを迎えるにあたり、

新たなビジュアルのアイテムとして、サポーターの

象徴となる新しい旗を作成しています。

今後、浦和レッズが常に日本、アジアのトップクラ

ブであり続け、そして、いつの日か世界の頂点に

輝くことを目指して選手を支え続ける、大切な旗に

していきたいと考えています。そのために、これま

で私たちRosso Bianco Nero URAWAを中心に下

準備を進めてきましたが、今後は一人一人の思い

を旗に込めるべく、何度か機会を設けて、なるべく

多くのサポーターに、製作にかかわってもらいたい

と考えています。今回はその第一回目の機会となります。

日程:2月23日(土)、24日(日)

集合:埼玉スタジアム バックスタンドC2ゲート 午前9時

作業時間:9時~17時(17時、完全撤収)

詳しい作業内容は当日、現地で説明します。

C2ゲートへは、メイン側正面階段よりペデデッキへ

あがり、バックスタンドへ向かってください。

なお、時間内の入退場は自由です。途中参加の

場合も上記集合場所へいらしてください。

車でお越しの方は、正面駐車場が利用できます。

とても寒いので防寒対策は万全に、昼食も各自で

用意をお願いします(レストプラザは使用できます)。

また、アイロン、裁縫道具をお持ちの方は、ご持参く

ださると助かります。

また、参加人数によっては、旗の製作と並行して

ビジュアルで使用したアイテム整理を行います。

長いシーズンを戦っていくにあたり、こちらも大切な

準備作業ですので、あわせてよろしくお願いいたします。

今回、埼スタ・クラブのご厚意で、作業のためにバック

ロアーコンコースを提供していただきました。普段の

ホームゲームとは異なり、当日は利用に何かと不便を

感じることもあるかと思いますが、その点はご理解いた

だければと思います。シーズンオフでの地道な作業になり

ますが、新しいシーズンを万全の体勢でむかえられるよう、

みんなで準備をしながら、気持ちを高めていきましょう!

この件を、皆さんの仲間にも広く伝えてください。

ブログをお持ちの方は転載していただけると助かります。

長文、失礼しました。<<転載終了>>

当日参加できそうにありませんが告知させて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪意に満ちた笛を打破

中国選手の悪質なプレーの連続に

殆どお咎め無しの主審。

中国のホームとはいえ正常に試合として

成り立たないレベルの中国を勝たせる為に

存在したような審判団。

それでも、クリーンで居られる限りクリーンに

戦い抜き前半の山瀬の先制点を守り勝利した。

日本代表の戦いぶりは賞賛に値するが

当該国の審判が笛を吹く東アジア選手権は

今大会を最後として欲しい。

そうならないなら、選手が選手を続けるために

危険極まりない大会はボイコットするべきだと感じた。

今日の試合に関して東アジアサッカー連盟や第4審、

レフェリーアセッサーが何か処分を下せないなら、

サッカーと呼べない試合をさせられる大会には

参加しないで欲しい。まるでカンフー少林寺サッカー

の1シーンのような中国代表とハンドボールの

「中東の笛」並みのジャッジを続けた審判に

JFAは強く抗議して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.19

J準加盟2クラブ承認

報知新聞のサイトで見つけました。

北九州、富山の準加盟承認 FC琉球は見送り

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20080219-OHT1T00240.htm

FC琉球に関してはスタジアムの目途など

Jリーグ加盟に必要な条件をクリアするまで

ハードルが高そうですね。

ニューウェーブ北九州とJFLのカターレ富山に

関しては既にJリーグを開催した事のある

スタジアムも厳密な地元ではなくても近隣に

ありますし、ハード面では有利に働いた感じです。

ファジアーノ岡山、栃木SC、ガイナーレ鳥取と

合わせてJFL5クラブのJ2昇格争いも楽しみです。

実際には、カターレ富山と栃木SCに可能性が

ありそうです。

「SAGAWA SHIGA FC」と「Honda FC」の2チーム

の壁を越えられるかが最大の見所かも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東アジア女子北朝鮮戦

立ち上がりから積極的に行った日本。
開始早々FKから宮間が絶妙なタイミングで
入れたクロスに安藤が見事に走りこみ
北朝鮮DFとGKの間でHSを決めて先制。
前半3分の得点でリズムを掴めたのが大きかった。
その後、以上とも思えるほどアグレッシブに
右サイドから、そして時には最前線まで入り
チャンスメイクを続ける安藤だったが
プレー回数が増えるにつれて、折衝回数も
増加し疲労からか、前半35分頃からはキレが
見られなくなりましたがあれだけ動けば
仕方が無いと思いました。

この日、気になったのは福元。
失点前にもショートコーナーからのクロスに
かぶり失点してもおかしくないミス。そして
38分の失点シーンも判断を誤り飛び出したのに
触ることもできず相手に交わされて失点。
始めて見ると言って良い位に不安定でした。

後、永里がLでは経験できない相手のフィジカルの
強さに慣れるまで、少し時間が掛かった印象でした。

55分に綺麗なパス交換からミドルシュートを
許して1-2と逆転を許すと、疲労の見える
安藤に代えて荒川を投入し、大野を右に下げました。

82分の宮間のFKからのゴールはピッチ状態と
直前で伏せてスルーした岩清水の好判断でした。

そして83分永里に代えて帰ってきた桂里奈を起用。
一昨年の怪我からのコンディション不良から抜けて
期待の逸材が代表のピッチに戻ってきました。

最後のロスタイムの澤の決勝点は、良く入りましたね。
時間的に他のプレー選択が無い中で、しっかり狙って
良く枠に持って行きましたね。ゴールになった
結果自体はラッキーとしか言えませんが、あそこで
狙えるのが、流石に澤ですね。

今後の課題としては、FKという武器を生かすために
90分ピッチに居られるようにタイムマネジメントし
ながらで、ややセーブしてプレーしている感じの
宮間の分の負担が右サイドと、左SBに行っている事。
(TVを見ての印象ですので、実際は結構動いている
かもしれません。前半の安藤と比較すると少なかった
のは、間違いないと思います。)
池田が戻れば、サイドは前半と後半でベレーザの
ように選手の使い分けが可能でしょうけどね。

それと、タイトなスケジュールの中でスタミナが
持つのかということでしょう。
安藤、柳田、阪口、大野のスタミナが特に心配です。
左サイドを宇津木、豊田併用。
真ん中で阪口と柳田を併用。
右ウィングで安藤と大野を併用。
FWは大野、永里、桂里奈、荒川でローテーション。
澤と宮間をフルタイム使っての4-4-2
スリーラインで行くには、これ位じゃないと
持たない感じがします。

パスのスピードやフィジカル、チームの連携は
北朝鮮の方が良かったと思います。
最後のシュートの正確さを欠いてくれたお陰で
逆転できたそんな試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.02.17

東アジア男子対北朝鮮

自宅でTV観戦。
日本代表は阿部、山瀬、高原、大久保、巻が
負傷からメンバーを外れ山瀬もベンチで
日本での3試合軸になっていた中では
中澤と啓太の二人のみ先発でチームとして
機能する形は少なく播戸に緩いハイボール
田代に足元へのボールやサイドが前に行くと
後ろに、後ろで受けようとすると前に
ボールが出て、サイドを割ったりで
岡田監督の言う「こちょっ」としたサッカーも
密集でボールを失い技術で局面を打開し
広いスペースへ展開する前に北朝鮮の
カウンターを許す形で前半30分頃まで進みました。

特にペースを取られた序盤にテセに先制され
前半終盤、北朝鮮の動きが落ちた頃から
攻めの形が出来て、やっと日本の時間に
なりましたが前半は1点リードを許し終了。

1対1で負けないテセの存在が北朝鮮の
試合の進め方を効果的にしていました。

後半になると、テセへのボール数が減って
日本に取っては抑えやすい攻撃パターンに
なったのも幸いして、前半終盤からの流れを
維持して日本の時間が続くが
播戸がペナ近辺で受けたボールを
反転シュートの選択をはなから放棄した様な
簡単に後ろにワンタッチで叩くプレーに終始。
後半消えていた山岸と共に前田、安田と交代。
この交代が当たり安田からのクロスを
GKが判断ミスで半端なクリアになった
浮き玉を前田がHSで辛ろうじて同点としました。

この日の内容で負けなかったのは収穫でしょう。
初の組合せで難しい試合だったと思いますが
密集を細かいパスとテクニックで打開する
力がまだまだ足りないのも露呈した中、
選手個々の状況判断で臨機応辺な展開を
出来ないと、かなり苦戦しそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.10

代表選考に思うこと

東アジア選手権代表選手
GK 川口能活(磐田)楢崎正剛(名古屋)川島永嗣(川崎)
DF 中沢佑二(横浜M)加地亮、水本裕貴、安田理大(以上G大阪)
   駒野友一(磐田)岩政大樹、内田篤人(以上鹿島)
MF 橋本英郎、遠藤保仁(以上G大阪)羽生直剛、今野泰幸(以上FC東京)
   中村憲剛、山岸智(以上川崎)鈴木啓太(浦和)山瀬功治(横浜M)
FW 播戸竜二(G大阪)前田遼一(磐田)矢野貴章(新潟)田代有三(鹿島)

U-23アメリカキャンプ招集選手
GK 山本海人(清水)西川周作(大分)林彰洋(流経大)
DF 石神直哉、伊野波雅彦(以上鹿島)千葉和彦(新潟)田中裕介(横浜M)
   青山直晃(清水)長友佑都(FC東京)森重真人(大分)
MF 本田拓也(清水)寺田紳一(G大阪)梶山陽平(FC東京)中山博貴(京都)
   上田康太(磐田)細貝萌、梅崎司(以上浦和)香川真司(C大阪)
FW 平山相太(FC東京)李忠成(柏)岡崎慎司(清水)
   森島 康仁(C大阪)山崎亮平(磐田)

パンパシフィックチャンピオンシップ
パンパシフィックチャンピオン Jリーグオフィシャルより抜粋転載
トーナメントは2008年2月20日(水)、ダブルヘッダーを予定しています。
ロサンゼルス・ギャラクシーとガンバ大阪の準決勝第1試合で幕を開け、
ヒューストン・ダイナモとAリーグ代表チームによる第2試合に続きます。
2月23日(土)は、3位決定戦終了後、準決勝の勝者同士が
初代パンパシフィックチャンピオンを目指してぶつかります。転載終了。

MLSの普及発展のための色が強い大会ながら、出場するガンバの選手
A代表に6人、U-23に1人の計7人も抜いちゃって良いのかな?
バレー+サテライトみたいなチームで出場させて良いんでしょうか?
ガンバに責任は無いと思います。
Jリーグとして派遣するチームの質をある程度は保つべきと思いますが
相変わらずJFAとJリーグの二重構造の弊害なのでしょう。

代表とクラブの問題は日本以上にイングランドのプレミアや
ドイツのブンデス、イタリアのセリエ、スペインのリーガエスパニョーラなど
の方が深刻ですが、自国の選手が多いJリーグの場合は調整し易いハズ。

女子の場合にベレーザに代表が偏るのは日本の選手層の問題なので
致し方なしと思いますが、男子の場合はワールドカップ予選や本大会は別として
東アジア選手権やキリンカップはJリーグ優先で行ってほしいと思います。

特に新チームを作り上げる時期に大量の主力を抜かれるクラブは
準備不足になってしまいます。何処のサポーターという問題ではなく
Jリーグを魅力あるリーグとして維持するにも各クラブの充実は最低条件です。
今回の東アジア選手権の選手構成はかなり問題があると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.02.06

代表W杯3次予選TV

年明けから体調不良が続きスタジアム観戦は控えて
自宅のTVで観戦しました。
雪降る埼スタが日本代表に大きく味方した感じがしました。
現地へ行った方は寒くて大変だったと思いますが
勝ち点3の結果ありがとうございます。
内容的には、先制直後に隙を突かれて
同点にされたシーンに顕れたスピードには脆い2バックと
高さの無い能活の攻撃重視の両サイドバックの組合せが
アウェーゲームもあれで良いのか
些か怖さと危うさを感じました。
ラッキーな大久保の勝ち越しゴールのおかげで
結果は4―1となりましたが
点差程の余裕を感じられない試合でした。
タイがレギュラー二人が出場停止で
極端に自国と違う気象条件だった事を考えれば
アウェーのタイ戦はかなり危険な試合になりそうです。
ここ3試合見て、絶対的なエースとして使われている
高原がポストとしては機能しているものの
体の斬れやチームへのフィット感に欠けて
見えるのが一番気になりました。
後は啓太と山瀬への依存度が高過ぎる印象が
拭いされず二人が出場停止や怪我をした場合
チームとして機能しない可能性がかなり
ありそうな点も気になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »