« ワシの置き土産は世界の3位 | トップページ | 2007 J.LEAGUE AWARDS »

2007.12.17

結果はACミラン完勝

3位決定戦の後、決勝戦が行われました。

2007_1216_190724

ボカ・ジュニアーズ対ACミラン。

2007_1216_191426

序盤良いサッカーをして流れを作ったのは

2007_1216_192705

ボカでした。しかし、カウンターからピッポの

鋭さも光りどちらのとは言い切れないような

展開が続きます。

前半21分、若干押され気味のACミランが

カカのシュートのこぼれをカカ自身が拾い

2007_1216_195044

ピッポの走りこみにあわせてアシスト。

流石のコンビ、これぞUEFACLのベストスコアラー。

これで、ACミランの堅い守りが発揮されるかと

思ったが、再開後のプレーで得たCKを

一瞬ゴールで緩んだミランの隙を衝いて

ショートコーナーを選択して決めたいかにも、

2007_1216_195209

ボカらしいパラシオのゴールだった。

07CWCの他の試合では見ることの出来なかった

ハイレベルの戦いはほんの少しだけボカが有利な

感じで前半を1-1で終えました。

2007_1216_203439

後半は開始からミランが攻勢に出てきました。

後半5分FKからアンブロジーニがつぶれて

2007_1216_203920

空いたスペースにネスタが来て逆転弾を決める。

そして後半16分ボカにチャンスが続きながら

決まらずボカの攻撃をピルロがカットして、

カウンターを仕掛けるミランが左サイドから

2007_1216_205051

カカが持ち込み自分でシュートを決め3-1とする。

この1点はボカが反撃のタイミングを掴みかけて

いただけに非常に大きなゴールでした。

こうなると余裕のミランは後半25分にも

2007_1216_205958

セードルフ、カカとつなぎ最後はピッポで4点目。

ゲームの趨勢は決まり後はコントロールして

終わるはずでしたが、後半32分カラーゼの不用意な

2007_1216_210713

タックルがファールとなり一発退場。

数的不利になったミランが主導権を失い

ボカが攻め込む時間が増え後半40分、ジダの弾いた

ボールにレデスマが詰めてシュート!

2007_1216_211437

アンブロジーニに当りオウンゴールで4-2となり

残りは5分とロスタイム。ひょっとしたらひょっとしそうな

展開になってしまう。しかし、時間的に焦りもあったのか

2007_1216_211758

ボカのレデスマが退場となり、10人対10人となると

再びミランがゲームをコントロールして4-2で終了。

2007_1216_212304

後半はやや荒れたゲームとなってしまいましたが

非常に内容の濃い決勝戦でクラブ世界一を決めるに

ふさわしい試合だったと思います。

2007_1216_214443_2

|

« ワシの置き土産は世界の3位 | トップページ | 2007 J.LEAGUE AWARDS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/17390260

この記事へのトラックバック一覧です: 結果はACミラン完勝:

« ワシの置き土産は世界の3位 | トップページ | 2007 J.LEAGUE AWARDS »