« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.23

久し振りの駒場で完勝!

3節INAC戦以来の駒場開催。

2007_0722_130455aa

レッズレディースのホームゲーム湯郷ベル戦。

開門からMDPの配布に百武、伊藤の両選手が

2007_0722_131156aa

2007_0722_134100aa

参加してサポーターを迎えてくれていました。

レディースの試合では毎回出場しない選手の誰かが

入場時にサポーターを迎えてくれています。

早めに行ったので、登録選手数26人に因み

26食限定のProduce by Reds Ladies弁当900円を

2007_0722_131517aa

購入して、昼食にしました。食べている途中で

山郷、池田のGKがアップ開始、そしてフィールド

2007_0722_132418aa

プレーヤーもアップに出てきました。

試合は、前半5分に安藤が先制点、

2007_0722_140524aa

2007_0722_140534aa2007_0722_140540aa 2007_0722_140546aa

そして20分に北本が追加点

2007_0722_142042ab 2007_0722_142042aa 2007_0722_142050aa

34分には湯郷のカウンターを喰らい

2007_0722_143432aa

中野にゴールを許し2-1と1点差のされますが

前半44分、右サイドPA内で

2007_0722_144404aa

土橋がファールで倒されPK獲得。

2007_0722_144720aa

ロスタイム1分の表示の後

2007_0722_144736aa

落ち着いて北本が決めて3-1とリードを広げ

2007_0722_144742aa

後半へ、何度か惜しいシーンを作るものの

後半は得点なく3-1で勝利。

2007_0722_154948aa

蒸し暑さの中で良く闘い勝利してくれました。

試合後恒例のファンサービスは柳田でした。

2007_0722_163036aa

試合後の疲れお感じさせない笑顔でサイン入りの

メモ帳を丁寧に渡してくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.07.22

JFL 後期第4節 アローズ北陸戦

久し振りに訪れたJFL武蔵野陸上競技場。

2007_0721_135644aa

好調の横川武蔵野FCがホームに

アローズ北陸を迎えた一戦。

村山の1トップ、直ぐ下に池上を置く

変則的な布陣の武蔵野。

開始から、アローズのサイド攻撃を

受けて危ないシーンが続く。

2007_0721_142320aa

特に開始から10分間はアローズの左サイド

20番と7番にサイドを破られまくる非常に

危ない立ち上がりだったが、何とか凌ぐ。

その後はアローズの左からの攻撃は減り

右サイド17番と8番にサイドを崩される。

しかし、辛うじてフィニッシュを許さずドキドキ、

バクバクの状態ながら、32番、瀬田の頑張りなどで

無失点に抑える。

攻撃面では村山が膝の怪我で早々に負傷退場で

宇治と交代。何時に無く早い時間からの出場となった

宇治だったがフィジカルの強さを巧く生かせれば

モット効果的な攻撃を作れそうだっただけに

ちょっと勿体無かった。

なかなか良い形にならずに苦しい試合だったが

後半はアローズの運動量が落ちたこともあり

徐々に形に成り出す武蔵野。

後半頭から投入した本多がやや流れを生み2007_0721_151840aa

太田が先制ゴールを決めて

1点リード。

追加点かと思えるシーンもあったが

アローズのアピールを聞き入れて一度ゴールを

告げた主審が副審に確認しに行ってゴールを

取り消される不運。

2007_0721_152530aa

実際にはファールに見えたので仕方無いのですけどね。

2007_0721_152536aa

それでも、アローズの猛攻を瀬田の退場になった

2007_0721_152054aa

2枚目の警告のプレーなども含めて、危ないところを

気持ちや何とか動けないながら集中力を保ち

相手のラストパスの精度の低さにも

助けられて1-0のまま勝利。

2007_0721_155054aa

後座試合の練習試合朝鮮大学戦は、

公式戦に続き野木が出場。

途中で怪我でこれまた公式戦出場の石川に交代。

公式戦のSUBと練習試合要員がギリギリの人数

だったので仕方ないのですが、村山の怪我で急遽出た

宇治も後半頭から、先制ゴールの佐藤直(なおき)に

代わって出場。

2007_0721_165856aa

結果的には、3-1で練習試合も勝利しましたが、

2007_0721_174234aa

ゴール前でフリーでシュートを放ちながら枠外に

行くシーンが練習試合の後半目立ったのが残念でした。

決めるべきところを決めていれば

5,6点取れていたのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/17SAITAMA CITY CUP

普段とは様子が大きく違う埼スタ。

キックオフ1時間前には南が北より混んでいる。

2007_0717_181132aa

2007_0717_181147aa

更にメインスタンドにはC.ロナウドの弾幕、

ポルトガル国旗が出るなど親善ムード一杯。

キックオフ頃には北もほぼ埋まり58716人が

入った埼スタは、マンチェスター・ユナイテッドが

技術の高さを発揮して優勢に試合が始まるが

暢久が大活躍。C.ロナウド、ルーニーとの

対決をほぼ完璧に抑える。萌との連携も使い

C.ロナウドが中にポジションを代えるほどの出来だった。

そして、前半の25分ミラクルなミドルでレッズ先制!

2007_0717_193040aa

ゴールを決めたのは長谷部からパスを受けドリブルから

シュートを放った内舘!無回転のシュートがファンデルサール

の予想とは逆に変化しながら落ちて先制点。

後半レッズは前半で負傷したとの内舘に代えて平川。

GK都築に代えて山岸を投入。

親善試合だし、いろんな選手に出場機会が在ったのは

良いことだったと思いますが、巧く回っていたところで

選手を代えた事が後半開始早々の2失点に繋がったとも

言えなくもない感じは受けました。

2007_0717_200756aa

2点とも、前半を1点リードを奪われて本気モードでの

プレーを瞬間魅せてくれたマンチェスター・ユナイテッド

2007_0717_201252aa

選手のギアチェンジと後半開始から3人交代が生きた

結果でも合ったと思う。

74分 田中達也→永井雄一郎の交代で投入。

2007_0717_203516aa

フレッシュな永井のこの時間からの投入は

マンチェスター・ユナイテッドにもやり難さは在った感じ。

それでもシルベストルは永井にも走り負けることは

無かったし各自のフィジカルの高さは眼を見張るものだった。

78分、マンチェスター・ユナイテッドの2点目のC.ロナウドの

個人技に勝るとも劣らぬ素晴らしいプレーを伸二が魅せ

同点ゴールを決める!

2007_0717_203848aa

82分 ポンテ→小池純輝

89分 相馬崇人→岡野雅行

と選手を起用したレッズ。小池は嬉しそうだったし

数少ないレッズサポーターも満足そうだった。

マンチェスター・ユナイテッドではC.ロナウド、

ルーニーは素晴らしかったし、ギグス、スコールズが

バランス良く攻守をコントロール、DFの

リオ・ファーディナンド、ウェズ・ブラウンは

巧く、強く、賢く素晴らしかった。

中断前に良い形で終えることが出来たのが

レッズにとっては最大に収穫だったと思う。

2007_0717_210420aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.08

アウェーゴール分の負け試合

2007_0707_171455aa

GK ギシ

DF 萌、ホリ、堤

ボランチ後ろ目 うっちー

ボランチ前目 長谷部

サイド 暢久、相馬

2シャドー ロビー、伸二

FW 永井

のフォーメーションでガンバを迎え撃つ今日のレッズ。

2007_0707_172838aa

登録上は

[GK]
1 山岸範宏
[DF]
12 堤俊輔
20 堀之内聖
19 内舘秀樹
6 山田暢久
[MF]
16 相馬崇人
17 長谷部誠
3 細貝萌
8 小野伸二
10 ポンテ
[FW]
9 永井雄一郎

正直、この4バックのメンバー見たときに

実際のフォーメーションの3バックにして

欲しいと思ったので良かったです。

2007_0707_180046aa

新潟のサテライトの報告聞いての堤スタメンだと

思いますが、友ちゃん使わなかったのは驚きでした。

2007_0707_181250aa

試合は前半12分、うっちーのミドルがゴールへ

2007_0707_181300aa

場内放送は得点者うっちーのアナウンス。

ビジョンに流れた画像を見ると伸二がしっかり

コースを代えて見事なゴール。

2007_0707_181301ab

どっちにしても、あのシーンでうっちーが浮かさずに

しっかり枠にミドルを撃ってくれたからこそ生まれた

先制点でした。その後、ガンバのシュートがバーに

当たるなど幸運も手伝い1-0の時間が続くが

28分に伸二がペナで相手の選手を倒したとしてPKを

取られてしまう。キッカーはマグノアウベス。

2007_0707_182832aa

このPKを山岸がキッチリセーブしてCKへ逃げる。

2007_0707_182858ab

2007_0707_182920aa

そのCKも凌ぎ前半を1-0のままで終えた。

迎えた後半、前半16分堤、28分に伸二が警告を

受けているのが気になったが、それは問題なく

時間が流れる。もう一歩でレッズのゴールという

シーンもあったがゴールが生まれず、終盤に。

2007_0707_194204aa

後半42分ガンバ二川のCKから山口に決められて

1-1の同点で試合終了。

2007_0707_195256aa

後半、効果的に選手交代を使い結果的に同点に

追いつき、アウェーゴール分リードを持ってホームでの

2戦目を迎えるガンバ大阪と、メンバー交代を行わず

後半逃げ切りに失敗して最悪1-1のドローからの延長PK。

が必要になった初戦ホーム勝利を逃したレッズ。

永井の出来が良くない中で、前線で動きの出せる

岡野、小池の投入をして欲しかった。

収穫は、久しぶりのうっちーと遂にトップでスタメンの堤。

特に堤は、ボールを回しているときも出し手が出しやすい

ポジションに居たりして、結構ボールを預けられてました。

2戦目アウェーの地、万博でこの試合のリベンジを

レッズのNo.9永井に期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.07

ガラパゴスゾウガメチャリティー

サッカーネタではありませんが、多くの方に

ご協力いただきたいと思いましてこちらで紹介します。

クラシックギターによる、チャリティーリサイタルを企画中です。

http://rupin.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_c9ef.html

8月頃から少さな形で始めたいと思っています。

「日本ガラパゴスの会」を通じて売上金から寄付を行なう予定です。

ゾウガメの飼育か、ガラパゴス諸島の子供による里親制度への

援助を行いたいと思ってます。

今のところ島に昔から在ったゾウガメを食べる文化を

ゾウガメの希少性などを伝えて行くことで無くしてもらい

ヤギなどの外来生物の影響で島で住み難くなってる

ゾウガメを少しでも保存できるようにしたいと思ってます。

特に東京都内の駅近くの15~30人くらい入れる演奏可能な

喫茶店、カフェ、バーなど探してます。

お心当たりありましたらコメントに紹介いただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.03

7月1日サテライト新潟戦

東北電力ビッグスワンでレディースの勝利の後

ふるさと村で遅めの食事をして新潟市陸上競技場へ。

2007_0701_162914aa

到着すると既にピッチ内アップが始まっていて

2007_0701_163738aa

選手紹介も始まっていました。

アルビのメンバーはかなり主力クラス

GK 21 野澤 洋輔
DF 2 三田 光
DF 3 鈴木 大輔
DF 5 中野 洋司
DF 6 大野 和成
MF 4 ディビッドソン 純マーカス
MF 7 松下 年宏
MF 8 鈴木 慎吾
MF 13 田中 秀哉
FW 9 深井 正樹
FW 10 吉澤 正悟

一方レッズはユース2人を含むスタメンです。

GK 28 加藤 順大
DF 3 細貝 萌
DF 24 坂本 和哉
DF 12 堤 俊輔
DF 14 平川 忠亮
MF 25 赤星 貴文
MF 27 西澤 代志也
MF 41 山田 直輝
MF 43 高橋 峻希
FW 18 小池 純輝
FW 26 中村 祐也

なかなか出番の無い赤星がキャプテンを

勤めていました。

えーこと祐也の活躍とヒラの様子が気になり

また、ユース期待の直輝、峻希、サブに居る

原口元気がどれ位このアルビに通用するか

観てみたいと思いました。

2007_0701_165736aa

試合が始まるとやはり戦力的にトップチームに

近いアルビがかなりゲームを支配する。

2007_0701_170626aa

前半6分に10番をつけていた吉澤正悟に先制点を

決められるなど、深井や慎吾、純マーカスに

手を焼くレッズでしたがそんな中で

萌が格違いの強さを見せていました。

そんなゲームの流れが一変したのは

直輝が深井との競り合いで接触した際に

深井が負傷退場したことにより訪れた。

2007_0701_173316aa

それまでは、かなり後手後手に回っていた

レッズが徐々にペースを獲るようになり

前半をアルビの1点リードで折り返す。

2007_0701_174650aa

後半開始早々2分、慎吾を下げたアルビに対し

2007_0701_180344aa

2007_0701_180358aa

2007_0701_180404aa

レッズは4分に赤星のCKにえーこが合わせ同点に。

そして直後に平川に代えてユースの永田を投入。

怪我明けとしては非常に良い動きをしていた

平川が下がりチョット心配でしたが、試合の流れには

2007_0701_180438ab

影響なく、20分には佑也に代えて元気を投入。

流石に元気はまだ線の細さを感じさせました。

しかし、ユース組みの4人はお互いに息が合っていて

良いテンポでパス交換を見せたり、2人の時より

のびのびとプレーできていた感じでした。

2007_0701_183546aa

30分には坂本とユース永田が左コーナー付近で

2007_0701_183734aa

相手を挟み込みボールを奪取、ユース元気が持ち込み

2007_0701_183738aa

こぼれをユース直輝がミドルレンジから決勝点となる

2007_0701_183742aa

シュートを決める。エコパでも途中出場の萌の活躍もあり

後半は無失点で終えて1-2の逆転勝利でした。

2007_0701_184940aa

| | コメント (0) | トラックバック (1)

7月1日レディースアウェー新潟戦

東北電力ビッグスワンに乗り込んでのL1リーグ第8節

12:00キックオフのアルビレックス新潟レディース戦。

残念ながら7000~8000と言われた動員は無く

それでもなでしこリーグとしては多い3431人の入場者。

2007_0701_124932aa

ゴール裏に陣取る両サポーターの声はほぼ互角に。

バスツアーや新幹線、自家用車で駆けつけた

レッズサポーターはかなりの数でした。

2007_0701_115822aa

試合は前半から実力に勝るレッズレディースが

2007_0701_121856aa

ゲームを支配。ボールをまわし新潟の隙を狙うが

前半は新潟のDFにあって得点を上げられなかったが

2007_0701_122400aa

森本、土橋の頑張りやボランチ庭田の読みも冴えて

アルビレディースにチャンスを作らせない良い感じでした。

2007_0701_131524aa

そして、後半15分森本に代えて彩子、

2007_0701_132310aa

23分若林に代えてこの日が誕生日の飛鳥を投入。

2007_0701_132408aa

24分には安藤が右サイドから突破して

2007_0701_132410aa

先制ゴールを上げる。

2007_0701_132424aa

そして31分左サイドでボールを受けた飛鳥から

2007_0701_133050ab

2007_0701_133054aa

北本がドリブルで突破を図りつつキープ。

2007_0701_133056aa

そして、ゴールに向かって上がってきた庭田が

ペナルティーエリア直前ゴール正面からシュートを決める。

2007_0701_133104aa

危なげ無く試合を終了し2得点完封勝利。

2007_0701_134740aa

試合後には、ゴール裏へ挨拶の後にエリが戻ってきて

2007_0701_135106aa

今日は飛鳥の誕生日なので「HAPPY BARTHDAY」を

とお願いにやってきて、当然、ゴール裏はそれに応えて

2007_0701_135210aa

HAPPY BARTHDAY  DEAR ASUKAの合唱開始。

飛鳥が登場すると合唱終了後に

2007_0701_135232aa

トラメガを飛鳥に渡して飛鳥のトラメガ。

ありがとうございます。

バースデーゴールは出来なかったですけど

また、勝てるように頑張りますので

これからも、応援願いします。

のような内容のメッセージを送ってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月30日東海アウェー最終戦ジュビロ磐田戦

心配された雨も無くそれほど暑くも無いエコパ。

トヨスタで名古屋を

日本平で清水を破り

東海アウェー3戦全勝の掛かった試合は

昨年のヤマハでの屈辱を晴らす

開始早々の伸二のFKからの直接ゴールで

2007_0630_190240aa

幕を明けました。

2007_0630_190256aa

達也の前線からのチェースを攻撃のスイッチに

ワシントンも豊富な運動量で全体が活性化。

ジュビロに付け入る隙を与えずに

完全なレッズペースで試合が進む。

2007_0630_192926aa

そして痛い痛い達也の負傷で得たBIGチャンスを

2007_0630_192940aa

伸二が完璧な芸術的ループで追加点。

2007_0630_193032aa

しかし、この得点を生んだ達也は川口に足を

払われ右足の指を負傷し一度はピッチに戻ったが

2007_0630_193526aa

プレー不能で永井と交代となる。

2007_0630_193632aa

また、この得点の後にジュビロ田中が

侮辱行為により退場処分になりレッズが数的優位に。

達也を失った事でそれまでのボールも人も良く動く

素晴らしいサッカーは影を潜めてしまったが

それでも残り時間は巧くゲームをコントロールし

2点をリードされて捨て身のジュビロの攻撃も

前田のシュートを都築がファインセーブで防ぎました。

攻撃もワシントンが永井が惜しいシュートを放つなど

しましたが、追加点無く2得点完封勝利で試合を終了。

2007_0630_205012aa

アクシデントがありながら良く無失点で勝ちきってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/30から7/1TOP、レディース、サテライト

6月30日はJ1リーグアウェーエコパでの

19:00キックオフのジュビロ磐田戦。

2007_0630_171017aa

7月1日はなでしこL1リーグアウェー

東北電力ビッグスワンでの12:00キックオフ

2007_0701_111158aa

アルビレックス新潟レディース戦と

JサテライトリーググループC新潟市陸上競技場での

17:00キックオフ、アルビレックス新潟戦の

2007_0701_162700aa

アウェー2日間3試合のバスツアー2本はしご参戦です。

バスツアーの道中はlifeのページでアップします。

既にご承知の通り見事に3試合とも勝利。

2日間で3戦3勝勝ち点9を手にした充実したはしごになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »