« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.25

6/23鬼門日本平清水戦勝利

2007_0623_135948aa

2007_0623_140036aa

予定通りキックオフを迎えて試合開始。

スタメンは累積で出られない長谷部の代わりに

伸二かと思いましたが堀之内が入り

ボランチを啓太と阿部で組むスタメンと成りました。

2007_0623_140822aa

試合開始からこの2試合は試合の前半、特に

好調の浦和がサイドから好機を演出する。

2007_0623_142914aa

そして24分に阿部がロビーのCKにドンピシャヘッドで先制。

2007_0623_142920aa

ところが38分相手のシュートを防いだ闘莉王が負傷で退場。

代わりに萌がアップ無しにユニフォームに着替え登場。

ボランチに入り阿部がCBへ入る緊急事態に。

それでも、残り時間を凌ぎ前半を1点リードで終了する。

2007_0623_145752aa

試合に出ている細貝がハーフタイム中のピッチでサブ組と

共にアップをしている事からも緊急事態だったことが伺える。

そして、後半戦開始。エスパルスも矢島の強さを活かしつつ

2007_0623_151456aa

攻めるが坪井、阿部、堀之内がしっかり守りを固め

アップも出来た萌が張り切り良い動きやプレーを見せていました。

2007_0623_154536aa

結局、都築を中心にしっかり守り切り勝利!

実に日本平Jリーグでは10年振り勝利!

2007_0623_155534aa

最高の鬼門での勝利!3連勝です。

2007_0623_155540aa

次のエコパに勝てば鬼門「東海アウェー」全勝です。

気を抜かずにサポートしたいと思います。

収容人員20,339人の日本平で入場者20,300人。

ここまでしっかりチケットを販売してくれたエスパルスにはお礼を言いたい気持ちです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6/23鬼門日本平清水戦試合前

アウェーの鬼門中の鬼門「日本平」

ナビスコでは勝ったものの実に10年振りの

勝利を目指してのアウェーツアーは

2007_0623_072606aa

晴天の新宿を朝8時に出発して11時開門の

2007_0623_115832aa

少し後に日本平へ到着。既に多くの仲間が

スタジアムに飲み込まれていた。

入場したのが12時少し前で、1階自由席の

一番バックスタンドより前から3列目に陣取りました。

スタジアムのメインスタンドでは先にレッズ寄りに

これでどうだと言わんばかりにホーム側は何も無いのに

エスパルスの横断幕が掛かっていました。

確かにホームチーム掲出可能エリアではあるんですが

ホーム側埋めた上で掲出して欲しいものです。

そんな挑発に乗らない訳が無い、当然の結果として

多分掲出したエスパルスサポの思惑通りに

その横断幕を外して、「The Pride Of URAWA」の幕を掲出。

基本的にはレッズサポが掲出禁止エリアに掲出したのが

悪いとは思いますが、

先に書いたようにホーム側を埋めてからにして欲しかった。

2007_0623_120618aa

試合前恒例のパルちゃんショー。

2007_0623_125836aa

スポンサー紹介の後はパルーザブートキャンプ。

2007_0623_130756aa

折角のショーにも集中できないような状態でした。

その後は、両サポが入り乱れて、フェアプレーフラッグで

2007_0623_141406aa

折り合いがついたはずが、エスパルスサポが

フェアプレーフラッグの上に幕を掲出しようとして

2007_0623_142946aa

また、一もめしました。しかも、このやり取い前半終了間際まで

やっていた訳で、選手をサポートすることを忘れてしまったようです。

一方でメインのアウェー側のAゾーン席の最前列に居た

レッズサポーターが各々が手で横断幕を持って

その文字通り、「The Pride Of URAWA」を試合中ずっと

2007_0623_145954aa

掲げ続けてくれました。試合後に聞いた話しでは

仲裁に藤口社長が入ってくれたそうで、社長も一緒に

闘ってくれて居るんだな~と感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.24

6/20駒場勝利!

2007_0620_184108aa

2007シーズン初の駒場開催のホームゲーム。

アウェーでは勝利するもののホームで引き分けの続いているレッズ。

駒場で勝利をそして連勝を挙げたいヴィッセル神戸戦。

2007_0620_190244aa

試合開始からゲームを支配して攻めるレッズ。

2007_0620_192130aa

闘莉王がワシントンが決定機を迎えながら決めきれず

たまに神戸にカウンター気味に攻められて嫌な感じも

する中で、26分ペナルティーエリア内で達也が

神戸GK榎本に倒されてPKゲット。

2007_0620_193124aa

決定機阻止で退場では?も警告どまり、

しかも達也は足を痛そうにしてピッチの外へ。

2007_0620_193210aa

このPKを蹴るのはワシントン。

スタジアムがレッズサポーターがどよめく。

2007_0620_193238aa

理由は解るんですが、チョット可哀相でしたね。

信じられなくてゴメン、ワシントン。

2007_0620_193244aa

結果的には嫌な予感が的中して榎本にセーブを許し

更に嫌な雰囲気になるも、38分怪我をおして強行出場の

闘莉王が先制点を決めてくれた。

2007_0620_194408aa

更に43分に再び達也がPAへ侵入し一旦は奪われた

ボールを取り返すと相手DF石櫃に倒されてPKをゲット。

2007_0620_194836aa

今度は誰が蹴るのかベンチではホルガーが両手で

Vサインをつくり「22」を支持するもロビーは蹴る機満々で

結局ロビーが蹴り追加点。

2007_0620_194952aa

試合後にホルガーもお咎め無し

の発言もありましたが、今後は誰が蹴るのか決めておいた方が良さそうですね。

2007_0620_195004aa

こうして圧倒的に支配して5~6点取れても良

かった前半が終了しました。

そして迎えた後半は、ゲームをコントロールしたレッズが

数度良い形で攻めましたが榎本の好セーブもあり

2-0のままで試合終了。

ロビー、達也を途中で下げ休ませられたし

良いゲーム内容で日本平へ乗り込めます。

2007_0620_205418aa

久しぶりの駒場で、

久しぶりのホームで、

久しぶりの連勝で歌う

2007_0620_205920aa

「We Are Diamonds」は最高でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.18

達也復帰弾でレッズ勝利!

A3は生で見ることが出来ず達也の復帰を

初めてスタジアムで見る機会でした。

味の素スタジアム到着は朝8時前に、既に

列は甲州街道へ伸びていましたが、飛田給駅から

来る歩道橋のすぐ横で結構前に並べました。

2007_0617_082506aa

9時半の列整理でアミノバイタルフィールド横の

駐車場へ移動して開門を待ちます。

良い天気になり強い日差しでAMPMで買った

麦茶の1Lパック2本は並んでいる間に

飲みきってしまいました。

1時の開門で列が動き出しますが、中々進めず

結局、ほぼ1時間程で席に着く事が出来ました。

最初は、上層の前の方に行きましたが

緩衝帯が想像以上にバックスタンド中央に寄って

レッズエリアが広かったのでバックスタンドの最前列に

移動して強い日差しの中ですが、選手を間近に

感じながら参戦しました。

2007_0617_153150aa

選手のピッチ内アップから「達也の復帰」を祝う

2007_0617_153218aa

ムードが溢れていました。それと、長谷部に対する

「これからも一緒に闘おう」というメッセージを感じる

2つの空気が強いレッズサポーターでした。

2007_0617_154120aa

試合が始まるとスグにワシントンがシュート惜しくも

ゴールにならなかったが、そのこぼれに詰めたのが

キター!達也!シュートを放つとGK土居のセーブで

ボールの勢いが消える、しかし、そのボールは

コロコロとゴールネットへと向けて転がり見事な

2007_0617_160754aa

復帰ゴール!で先制。土居のセーブの直後「入れ」

と叫んでいました。多分同じ人が居たと思います。

2007_0617_160804ab

危ないシーンも有りましたが、FC東京の雑なシュートで

事なきを得ながらも、達也の前線からのチェーシングや

2007_0617_164756aa

裏を狙う動き、そして後ろでは啓太が厳しくなりそうな場面を

巧く顔を出して繋いで、相手のプレスを交わして居ました。

2007_0617_172402aa

A3のTVを通して感じたバランスの悪さや、中断前のJ1の

試合での閉塞感とは違う内容。

中断前途中出場で流れを代えていた長谷部もスタメンに

入り、全体的にチームとして機能したような印象のある試合。

達也の前線での運動量がカンフル剤になっているのは

明らかな事実だった。それでも、一人の選手の復帰で

ここまでチームが良くなるのかと正直驚きました。

試合の流れは、安定した戦いを続けるレッズ。

チャンスは作るが、ここぞというところでフィニッシュを

あせり、フリーな選手を使わずに枠外シュートを放つ東京。

しかし、後半1点差では、何があるか解らない、

そろそろ追加点が欲しいという所で、ロビーのセットプレーから

東京ゴール前に入ったボールはクリアしようとした

東京ルーカスのオウンゴールを呼び2点リードとなる。

2007_0617_172434aa

キレイなゴールは生まれなかったが、それでも久しぶりに

満足行く内容で満足できる勝ち点3の結果を掴んでくれました。

久しぶりの「We Are Diamonds」を熱唱。

2007_0617_175850aa

達也のチャントそしてエンドレス気味の長さで長谷部。

ピッチに置いてあったコンパックの17番ユニをスタンドに

2007_0617_180500aa

引き上げての長谷部のチャント。

楽しいアウェー東京戦は終わりました。

次は直ぐ20日の駒場での神戸戦。

しっかり連勝と行きましょう!

スライド前半

スライド後半

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.01

レッズレディース&サテライトin新潟

新潟バスツアー「なでしこ、サテライト2連戦」

http://ameblo.jp/ursb2007/entry-10031709618.html

詳しくは上記リンクをご覧ください。

7月1日新潟でレッズレディースは新潟レディースと

サテライトが新潟と対戦。

南浦和や志木から出発するバスツアーがあります。

1つの遠征で2試合のレッズファミリーの試合に参戦できます。

前日の磐田戦と合わせて勝ち点9を上げましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »