« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007.04.28

レッズレディース開幕勝利!

埼玉スタジアム2002で開催された
MOCなでしこリーグ開幕戦。
サポーターが色々考えて情報を提供。
普段のレディースよりも多いと思いましたが
実際には2,223人の観衆でした。
今日のスタジアムでも5月6日トップチームへの
2007_0428_112043aa
はしご観戦の案内を配布したり、フラッグへの
2007_0428_111652aa
寄せ書きをしたりとサポーター主動の集客作戦が進んでしました。
昇格したアルビレックス新潟レディースとの対決は
浦和レッズレディースが前半安定した戦いぶりで
圧倒しました。
2007_0428_112755aa
GK1.山郷
右から
DF22.土橋、2.田代、26.矢野、5.西口
MFボランチ13.庭田
15.法師人、18.柳田、8.高橋
FW10.安藤、9.北本
前半4分コーナーからゴール前でこぼれた球を
矢野さんが決め先制!
2007_0428_121206aa
行き成り開幕戦で初ゴール!
おめでとうございます。
法師人の運動量と右サイド土橋のオーバーラップ、
ワンボランチ庭田のバランスを取る能力の高さなど目立ちます。
35分安藤ゴール!
またもセットプレーから
2007_0428_124226aa
38分左からのボールを受けて安藤がシュートを決め3点目。
若干、アルビレックスのGKのキャッチが不安定です。
調度、デジカメの電池が切れて3点目の歓喜のシーンは撮り損ねました。
前半は3-0と圧倒。
25分過ぎ頃からは右の土橋に加え、左の西口も良い上がりをみせてくれるようになりました。
更に、リードが広がり相手との力のさもあったので
両サイドが高い位置をキープして、2バック状態から
中盤をダイヤモンドに底が13.庭田が入り、
15.法師人、8.高橋、頂点に18.柳田。
そしてTOPの北本、安藤へと良い形が出来ていました。
サイドバックが高い位置をキープできる時間が増えると
かなり、攻撃的に滑らかにチームとして機能する印象が
ありました。法師人の運動量が非常に多かったのが
少し後半にむけて心配ではありました。
2007_0428_130612aa
そして、後半は土橋に代えて窪田投入で後半開始。
安藤がMFに彩子が右サイドに一列ずつ下がる。
窪田がトップに入りポストプレーを期待したが
この試合では中々競り勝てず前半の良い流れに乗れなかった感じです。
68分新潟中島ループ気味になったシュートがゴール
バク転連発のパフォーマンス体操選手のようでした。
2007_0428_132548aa
69分党首アウト保坂イン
74分西口アウト岩倉イン
82分北本ゴール!初めてスカッとするゴール

2007_0428_134506aa

残り3分雨が降り出しましたが4-1で浦和レッズレディース勝利!

試合終了後のファンサービスで山郷姐さんがサイン入の

レッズレディースメモ帳を手渡しで配ってくれました。

2007_0428_143252aa_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ACL秋津でPV

2007_0425_170301aa

Cafe Forza で浦議SNSのマイサポさんと上海申花戦PV。

お店の2階半分くらいがレッズサポーターで始まりました。

それが終わる頃には8割くらいがレッズサポーターになっていて

普通のお客さんは肩身が狭そうでした。

試合は審判のジャッジも含めアジアのアウェーらしい

厳しさを味合わされた引き分けになり、

辛うじてグループ1位をキープ。

次のアウェーケディリ戦に暢久と闘莉王を欠いて

最低線引き分けでグループステージ最終戦の

シドニーFC戦に勝って決勝トーナメントへ行きたいですね。

明日は鹿島戦。

鹿の国では毎回色々あるので、しっかり勝って帰ってきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.25

レッズユース追い上げ同点

武南の思わぬ大敗の後、B組の

浦和レッズユース対流通経済大学(RKU)柏高の試合。

レッズは東京戦に良かった試合終盤のメンバーで挑む。

2007_0422_133328ab

RKU柏の強い当たりと豊富な運動量で押され気味のレッズ。

2007_0422_140004aa

37分頃に高橋峻希君が相手との接触で首から肩あたりを負傷。

2007_0422_141200aa

無事に戦列に復帰。劣勢だけに余計ヒヤッとしました。

それでも、前半を0-0で上手く乗り切ることに成功しました。

2007_0422_143424aa

しかし、後半開始早々の47分にRKU柏のCKに

2007_0422_143738aa

20番田口君のHSで先制を許す。

リードされたレッズは60分

6番の矢部君に代えて11番林君を投入、3TOP状態に。

林君をターゲットとして良い流れが出始める。

2007_0422_150418aa

そして65分9番宮川君に代えて21番池田君を投入し、

峻希君をFWの位置へ上げる。

これで、反撃体制が整った。はずが

68分大きなサイドチェンジから

2007_0422_145856aa

またもやRKU柏20番田口君にゴールを許す。

残り22分で2点を追う展開になってしまいました。

失点しても下を向かず、良い流れを持続したレッズは

74分RKU柏のDFラインの裏を取り原口君がゴール!

2007_0422_150430aa

更に、81分テンポ良くパスを廻して相手のマークを

2007_0422_151110aa

ずらして原口君がシュート!これで追いつきました。

身体の強さでは、まだ課題のある原口君ですが

ゴールに繋がるポジショニングや、シュートの感覚は流石ですね。

この後もプリンスリーグ初勝利を目指すレッズは

濱田君も上げてパワープレーで勝ち越し点を狙いますが

残念ながらまたもやドロー。これで3試合連続で引き分けました。

2007_0422_152522aa

試合内容は40分ハーフゲームなら恐らくレッズの完封負け。

それほど、RKU柏のプレスと当たりの激しいサッカーに苦戦を

強いられていた試合を引き分けたのは大きいでしょう。

今後の試合でプリンスリーグ残留などを気にしないで済むように

勝利を挙げて上位進出、できれば4位以内で高円宮杯への

出場権を掴んで欲しいものです。

恐らく来年はレッズユース史上最強のチームになるでしょう。

それだけに今年いい位置をキープしてより多くの経験を

積んで欲しいと思います。

更に68分にも20番田口君にゴールを奪われ2点のビハインド。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プリンスリーグA組ヴェルディ完勝!

熊谷スポーツ文化公園多目的グラウンドへ

熊谷駅からバスで赤城神社まで行って歩いて

向かいましたが、公園の端から端への移動で

かなり時間が掛かりました。

2007_0422_103336aa

グラウンドと言っても芝生の広場に線を引いて

ゴールポストやコーナーフラッグを立てた状態。

ピッチも平らではありませんでしたが、さほど

プレーには影響が無かった感じです。

試合は開始早々は武南がファーストシュートを

放つなどして、ほぼ互角の感じでしたが

ヴェルディの前線からのプレスや

効果的な追い込みにより武南のパスコースを

限定しインターセプトやボール奪取を繰り返し

武南にリズムを作らせず、いい位置で取った

ボールをゴールへと繋げていました。

2007_0422_111858aa

特にゲームを決定付けた感じがあったのは

前半18分の2点目の直接FKを低い球で決められたプレー。

それとヴェルディの13番和田君のハットトリックの活躍。

後半は2点を追う武南の動きがやや良くなり

ヴェルディの動きが落ちたのでかなり武南の時間も

多くなったが逆に3失点して0-5と思わぬ大差が付いた試合でした。

2007_0422_125234aa

メンバーを試しながらインターハイ、冬の選手権に向け

チームを作っている武南とのチーム状態の差が、個人の技量以上の

大差へと繋がってしまった感じを受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.23

プリンスリーグ第3日

4/22(日) 11:00 試合会場:熊谷スポーツ文化公園多目的グラウンド

武南高校 0(前半0-2,後半0-3)5 東京ヴェルディ1969ユース

得点

ヴェルディ 8分13 和田 拓也
ヴェルディ18分12 平 智広
ヴェルディ63分13 和田 拓也
ヴェルディ65分13 和田 拓也(10 河野 広貴)
ヴェルディ89分 8 奥田 大二郎

武南高校

GK1富居君
DF5渡辺君,17平賀君,15橋本君,4内野君(後半 0分→21?)
MF2助川君(前半30分→19堀江),8磯部君(後半30分→22?)
  7岡田君,10吉田君,6久保君
FW16松本君(後半10分→24?塩崎君)

東京ヴェルディ1969ユース

GK1高木君
DF2石井君,4吉田君,5笠松君,12平君(後半29分→真野君)
 18高橋君(後半38分→29香西君)
MF8奥田君,13和田君,17山崎君(前半30分→河野君)
FW15久保木君(後半35分→28津布久君),24久利君(後半14分→高木君)

4/22(日) 13:30 試合会場:熊谷スポーツ文化公園多目的グラウンド

浦和レッドダイヤモンズユース 2(前半0-0,後半2-2)2 流通経済大学付属柏高校

得点

流経柏47分20 田口 泰士(7 中里 崇宏)
流経柏68分20 田口 泰士
レッズ74分30 原口 元気(11 林 容平,13 永田 拓也)
レッズ81分30 原口 元気(11 林 容平,15 濱田 水輝)

浦和レッドダイヤモンズユース

GK1柴田 大地君
DF13永田 拓也君,15濱田 水輝君,3山地 翔君,20菅井 順平君
MF8山田 直輝君,6矢部 雅明君(後半15分→11林 容平君)
  18高橋 峻希君,29石沢 哲也君
FW9宮川 貴司君(後半20分→21池田 淳司君),30原口 元気君

流通経済大学付属柏高校

GK17谷口君
DF3秋山君,18高田君,23?(前半20分→13名雪君)
MF6海老原君(後半31分→5天野君),7中里君,8村瀬君(後半37分→26?)
  14増田君(前半36分→20田口君),16比嘉君
FW9上篠君,10大前君

記録は自分の時計で見た物です。公式が出れば変更あると思います。

また、試合の感想や画像は後日更新します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.22

埼スタで力負けのレッズ

レッズjrユースU-13見事に

5対0で川崎U-13に勝利!

2007_0421_140600aa_1

中でも目立つ存在だったのが

一際小さい15番中村駿介君でした。

ゴールへの意識とテクニックは

かなり楽しませてくれました。

他にも佐藤大介君や小峯洋介君など

随所に良いプレーを見せてくれました。

2007_0421_160628aa

弟達が快勝の後、今日のメインゲーム。

前半はスコアレス

なかなか良い出来の前半だったが

暢久の不用意なプレーから仕方無く

啓太が止めてもらってしまったイエローと

堀之内のイエローが後半響かなければ

良いのですが後半先に点が欲しいです。

2007_0421_162246aa

残念ながら現在のチーム状態の差が結果に直結。

50分我那覇

2007_0421_171518aa

56分マギヌン

2007_0421_172146aa

に続けてゴールを割られる。

2007_0421_172858aa

それでもゴール前混戦から押し込んだ

堀之内のゴールで1点差へ追い上げる。

2007_0421_172908aa

しかし、残念ながら反撃もここまで。

1-2で敗戦。久しぶりに埼スタで敗戦を味わうことに。

2007_0421_180154aa

要塞、埼スタの力でも差を埋めるには足りなかった。

リーグ戦なので得失点差も大事な要素ですから

守りを捨てて攻撃とも行かず。

伸二→平川で阿部を一列上げましたが

劇的な変化は見られず。

ナビスコ4ゴールのワシントンのような

一人で局面を打開しゴールにまで

結びつけられる選手が居ない今のレッズ。

闘莉王も不在だったので私自身は

この試合、勝ち点取るには

3対3の引き分けか

3対2ないし4対3の勝利と思って試合に挑んでました。

それだけに2失点に抑えたのならせめて

同点にと願いましたが届きませんでした。

すぐに上海戦がありますので移動をうまく切り替える

時間にあてて乗りきって欲しいと思います。

切り替えて次節以降に挑みましょう。

2007_0421_180252aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.16

今期アウェー初勝利で首位に!

試合開始前、柏バカ一代と異常に間延びした

2007_0415_143048aa

柏のスタメン紹介で何か嫌な雰囲気になりますが、

2回目の選手入場間際の柏のスタメン紹介のお陰で

全体に緊張感が戻ったように思います。

2007_0415_150920aa

26分闘莉王のフィードに永井が反応して

きっちりゴール前へ折り返すと

ワシントンがやっとゴールねとを揺らす。

2007_0415_153814aa

そして38分伸二のゴールで前半に2点リード。

2007_0415_155030aa 

坪井と伸二が巧くフランサを抑え

隙の無い前半を終える。

2007_0415_151936aa

後半、ドゥンビア、谷澤投入の柏が

2007_0415_161244aa

盛り返しペースを取り出すが

都築が守り切り2-0で試合終了。

2007_0415_162758aa

かなり??に感じるジャッジがある中で

今シーズン・アウェー初勝利、初完封です。

この結果上位が軒並み勝ち点3取れなかったので

レッズが首位に立ちました。

この時期の首位自体には大した意味は無いですが

ヤッパリ気持ちが良いですね。

できれば後半追加点を取って、ベンチ入りしていた

エーコに出場チャンスを上げられれば良かった。

2007_0415_160102aa

前半の長谷部の運動量は物凄いものがありました。

あの状況を90分続けられる選手は居ないでしょう。

それでも、その甲斐あって前半は本当に完璧でした。

先制ゴールをアシストした永井のプレーと

後半の都築のスーパーセーブ忘れられません。

2007_0415_170304aa

観客数35013人レッズ側は超満員の国立でした。

2007_0415_170550aa

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.04.15

プリンスリーグ試合終了

2007_0415_120602aa

後半開始早々東京のチャンスも

柴田君が好判断で防ぐ。

後半8分頃、山田直輝君のCKに

2007_0415_121624aa

2007_0415_121634aa

濱田君が頭で合わせ2−2の同点に

2007_0415_121640aa

12分頃サイドから良い攻撃をしていた

武富君に代えて林君投入。

13分頃林君のファーストタッチの

ヘディングは東京のGKがセーブ。

東京のGK田端君かなり良いです。

18分東京大竹君のスルーパスに

途中出場の24番米田君が反応して

ニアサイドへシュート

2007_0415_122606aa

キャプテン菅井君が足を伸ばし

スライディングするもクリアは叶わず

ゴールへ。再び東京がリードを奪います。

32分頃26番原口君らしい選手が交代準備。

34分頃29番石沢君からのパスを受けた林君が決める!

2007_0415_123934aa

2007_0415_123936aa

そして高橋君に代えて原口君(多分)投入。

疲れた東京に攻め込むレッズ

大竹君の個人の力とサイドの頑張りで反撃する東京

攻守の入れ替わりが激しい中タイムアップ。

見応えあるゲームでした。

2007_0415_125802aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンスリーグ前半終了

2007_0415_110333aa

18分

2007_0415_112530aa

23分

2007_0415_113004aa

東京がU-16代表大竹君が続けて得点。

2007_0415_114648aa

2007_0415_114708aa

40分頃山田直輝君がFKを直接決めて2対1と追い上げる。

前半38分頃のレッズの選手交代で流れが変わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンスリーググループB

第2節FC東京対浦和レッズ戦

東京ガス武蔵野苑多目的グラウンド

2007_0415_104650aa

レッズサポ、東京サポ半々位で70から80人位。

(試合が終わる頃には150~200人位は居た感じです。)

まあ東京は今日TOPが大分なので少ないかもしれません。

東京の練習グラウンド横、昔テニスコートだった

ところを人工芝のグラウンドに変えたんですね!

2007_0415_105947aa

2007_0415_110152aa

見学スペースは片側ゴール裏のみになってました。

ゴール裏からしか見られないので

フォーメーションは若干違ってると思います。

一応、スタメンと分かった範囲の交代を

書いておきます。

FC東京U-18

GK 16 田端信成君

DF   3 椋原健太君

    4 畑尾大翔君

   17 山浦公裕君

MF  5 宮阪政樹君

     8  井澤惇君

   18 藤原広太朗君

   25

   28

   10 大竹洋平君

FW  9 岡田翔平君

交代出場

?分?→24 米田直人君

?分?→ 7 木下智之君

浦和レッズユース

GK  1 柴田大地君

DF   2 丸山和男君

    3 山地翔君

   20 菅井順平君

MF  5 高垣大樹君

     6 矢部雅明君

     8 山田直輝君

   13 永田拓也君

   18 高橋峻希君

   25 武富尚紀君

FW  9 宮川貴司君

交代出場

38分頃  2 丸山君→ 15  濱田水輝君

38分頃  5 高垣君→ 29 石沢哲也君

66分頃 11 武富君→ 11  林容平君

78分頃 18 高橋君→ 26 (多分)原口元気君

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.14

関東大学サッカー

想像以上に暑い駒沢競技場。大学サッカー前期第3節。

2007_0414_111235aa

明治大学対中央大学。中央大学の辻尾君

どれくらい成長しているでしょうか?

2試合目は駒澤大学対国士舘大学の好カードです。

2007_0414_120138aa

明治がGK関の好セーブから流れをつかみ24分頃

坪内君が先制点を決めました。

2007_0414_122938aa_1

40分頃カウンターからワンツーでDFの裏を取った

明治10番橋本君が追加点を決める。

2007_0414_124658aa_1

前半2-0で明治リード。

個人のテクニックでは中央が上回っている感じがしますが

明治の体を張り人数を掛けるプレーに好感が持てます。

明治のGK関君声も良く出るし判断も良いです。

後半15分頃明治林君ミドル炸裂!

2007_0414_131926aa_1

互いにチャンスを作る後半で明治に3点めが先に入りました。

辻尾君やや淡白なプレーが多い印象です。

34分頃辻尾君の突破のこぼれを斎藤君がPA内で受けた

ところを倒されPK獲得!

2007_0414_133948aa_1

しかし、明治の関君が辻尾君のシュートを止める。

結局3-0明治勝利。

辻尾君をトップにあげて勝利を目指したが

チャンスは作ったがゴール奪えず中央が完封負け。

駒澤大学対国士舘大学

第1試合が終わると即ピッチ内アップ開始。

両校選手のスキルを出しきって欲しいです。

2007_0414_141124aa

駒澤は浦和東出身の塚本君、菊地君と

西武台出身の島田君がスタメン。

国士舘はスタメンに結構2年生が多いです。

2007_0414_141238aa_1

後、GK鈴木君も浦和東出身の4年生です。

2007_0414_141254aa_1

20分までほぼ互角に渡り合う。

駒澤のGK山内君決定機阻止のPA外のファールに

イエロー判定。

状況的に一発レッドもありそうなプレー。

つきは駒澤にありそうです。

28分ゴール前混戦からボールが菊地の足元へ

2007_0414_144416aa_1

落ち着いてゴールへ。駒澤先制!

試合は一進一退1-0で前半終了です。

2007_0414_150250aa

駒澤、八角君が効いている感じがします。

後半頭から出場の国士舘、先崎君のFKに飛込んだ

2007_0414_151754aa_1

柏君のスライディングシュートで

後半5分国士舘同点に追い付く。

2007_0414_151800aa_1

後半15分頃から駒澤の運動量がやや落ちてきました。

しかしカウンターの鋭さは健在。

2007_0414_153744aa

後半25分頃駒澤、高崎君が頭で押し込み勝ち越し。

2007_0414_154158aa

28分頃、ドリブルで持ち込んだ駒澤、島田君が追加点。

31分頃に国士舘FW中村(佑)投入。攻撃の駒を増やす。

2点めを取られて直ぐに動いた国士舘だったが

交代の間が無いまま失点してしまいました。

43分頃国士舘、先崎君のFKの流れからの攻撃で

2007_0414_155640aa

最後は先崎君が押し込み1点差に。

2007_0414_155646aa

結局、残り時間を何とか上手く使った駒澤が逃げ切り。

最後まで気の抜けない良い試合でした。

2007_0414_160136aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.12

上海申花に勝利!

2007_0411_181403aa

レッズがチャンスはそれなりに多く作り出せましたが

アウェーの戦いで後が無い中、攻めて来ると思われた

上海申花が意外と引き気味&試合開始から

勝ち点「1」狙いの時間稼ぎに終始。

押しながら前半内に得点できないと相手を勢いづけて

しまいそうな展開となって向かえた前半43分。

2007_0411_201902aa

2007_0411_201944aa

FKからタイミング良く走りこんだ阿部ちゃんが

ドンピシャのヘディングシュート!

見事に先制点を決める!

1-0で前半終了。攻めざるを得なくなる上海申花に

対して後半は得点を期待したが

20分前後の時間帯には過密日程の影響も在るでしょうが

集中を欠いたようなプレーが多くなり危ないシーンも

上海申花の決定力不足に助けられました。

2007_0411_210106aa

2007_0411_210342aa

永井に代えて岡野、ロビーに代えて萌を投入。

1-0で逃げ切りました。

2007_0411_213054aa

追加点が取れそうで取れないのはJリーグでも

見受けられる課題でしょうね。

それでも、1-0で勝利して

ペルシク・ケディリ対シドニーFCがピッチコンディション不良

による明日への順延で暫定首位に立っています。

このまま無敗でグループリーグを突破したいです。

試合のスライドはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.08

ホーム埼スタ磐田戦。

2007_0407_162344aa

完全に崩されて右サイドクロスからカレンに決められ失点。

2007_0407_194424aa

前半33分先制を許す。
しかし、前半39分に伸二の右からのクロスに僅かに競り勝った
ワシントンがヘッドで同点弾!

2007_0407_194918aa

2007_0407_195032aa

危なさを感じるシーンが多いが
反面カウンターからの得点も期待できそう。
もう少し連携が良くなれば
かなり良いサッカーになりそうです。
まずこの試合を勝つために選手と共に頑張りましょう。

2007_0407_201116aa

ゴールポストに神降臨
危ない後半だった。
2回の大ピンチ守ったのはゴールポストだった。
犬塚のヘッド、太田のドリブルシュート
どちらも、どうにもなら無い感じで失点を覚悟
させられるプレーだった。

それでも、埼スタのゴールポストは守ってくれました。

そして、後半34分ロビーのゴールで勝ち越し

2007_0407_204800aa

2007_0407_204822aa

細貝、岡野投入で時間を使い逃げ切り成功。
大分ではなかったツキが
ホーム埼スタにはありました。

とにかく良く勝ってくれました。
暢久のJ1通産350試合達成!
Jリーグ史上最年少(31歳6カ月28日で、スピード記録)での
J1通算350試合出場を果たす。史上7人目の大記録。

2007_0407_210342aa

92年以降、J1ではリーグ戦で214勝、ナビスコ杯51勝、
天皇杯31勝、ゼロックス杯、チャンピオンシップ、ACLの1勝を
それぞれ加えた公式戦の通算勝利は299。で迎えた磐田戦を
勝利で飾り通算300勝も達成!

Wでメモリアルを達成しました。

2007_0407_210750aa

試合スライドはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.06

大分戦

一般入場は13:30後1時間程です。
バスの駐車位置がビジター列の1番近くでした。
ちょっと出るのは大変そうですが楽です。

福岡からのツアーはlifeの日記で

12:46。後50分程で入場開始です。
ビジター席の列は中々いい感じに伸びてます。
バックは少なそうですが昨年同様アウェーな
中サポートします。

13:07。今シーチケ優先入場中です。
トリサポが中に入りました。
3回目は絶対に勝たなくては、頑張ってきます!

13:43。入場しました。
A席コーナー最前列から行きます!
見辛いけど声が届く席にしました。
トリサポのデカ旗が目障りですが…

2007_0401_154724aa

14:10。ゴール裏昨年と同じ位でしょう。
メインとバックは間バラに赤いです。

14:57。トリニータレディースの結成報告がありました。
いつかLにあがって来ることがあれば
レディースでも戦いがありますね。
その後、トリサポのウルトラがゴール裏へコール
しながら入って来ると
レッズサポのブーイングと共に稲光が
天もレッズサポーターに同調しました。

15:25。キーパーアップ開始の後
ゴール裏席詰め完了!
スタメン紹介。戦闘準備完了です!

2007_0401_160244aa

16:59。前半終了。
かなりの時間ゲームを支配していたレッズだが
高松に先制点を許してしまう。

2007_0401_162210aa

しかし、直ぐにペースを取り戻し
阿部勇樹の2得点で見事逆転。

1点目。

2007_0401_164046aa

2点目。

2007_0401_164538aa

大分では松橋が裏を狙い良くポジションを
取り直しているので気を付けて欲しいと思います。
後は金崎が目立ちます。

後半得点できなかったことが
響いて最後に追い付かれ
2-2のドローになりました。
念を送ってくれた皆様、力及ばずすみませんでした。
失う物が無い大分の11人攻撃で失点。
滅多に成功する物じゃないプレーが決まるのも
九石ならではかもしれません。
しかし、決められたのが深谷ってのがどうも嫌ですね。
勝ち点3に後一歩届かずドローに終わりました。

2007_0401_180004aa

試合のスライドはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.04.05

大分遠征、FBS杯観戦

羽田空港到着。空港で食事を済ませて搭乗手続きをしました。
福岡に着いたら博多の森陸上競技場と補助競技場へ
FBS高校・ユース招待サッカー2007を観に行きます。

移動中の様子はlifeへ

福岡に到着後TAXIで博多の森陸上競技場へ移動。

2007_0331_105226aa

第一試合後半開始に間に合いました。
東福岡対神村学園を観ています。
両校かなりコンパクトなサッカーです。
やや深めの芝でボールの走りが今一つのピッチですが
高校選手権準決勝位の力がありそうです。

後半開始からしばらくは東福岡の時間だったが
神村学園がしのいで得点を決めました。

2007_0331_110936aa

東福岡は体と気持ちのスタミナが付いたら
かなり強くなりそうな感じです。
しかし現段階では神村学園には水を開けられています。

FBS杯第一試合結果
東福岡0対3神村学園
ガンバユース5対1筑陽学園
国見0対2広島観音
佐賀北0対1アビスパU-18
となっています。
結果だけですがJリーグユースが有利のようです。
この時期高校チームは入れ替わりも激しく
新チームになったばかりで
元々テクニックではユースに分がある中
組織力や頑張りで補う高校チームの劣勢は
仕方無い面もありますね。

2007_0331_124630aa

桜満開、風が結構強いので桜吹雪になることもあります。
第二試合は神村学園対筑陽学園を観ます。
ガンバユース対東福岡も補助競技場でありますが
ガンバがかなり有利そうなので
陸上競技場の高校対決にしました。

2007_0331_140212aa

神村学園対筑陽学園
前半スコアレス。実力拮抗互角の戦いです。
1日2試合やるので35分ハーフでやってます。

神村学園が後半先制点。
東福岡戦でも良かった8番がゴールほぼ正面から
20m位のコントロールされたシュートを決めました。

2007_0331_145554aa

神村学園はボールへの寄せの早さと球際の強さ
落ちない運動量が良い感じです。

結局神村学園が先制点を守り勝利。
最終盤の筑陽学園の攻撃もキーパーが2度3度と好セーブ。
明日の決勝トーナメントに進みました。

2007_0331_152956aa

第二試合結果
神村学園1対0筑陽学園
東福岡0対2ガンバ大阪ユース
広島観音3対2アビスパ福岡U-18
国見2対0佐賀北

この結果、トーナメント初戦は
博多の森球技場
ガンバ大阪ユース対アビスパ福岡U-18
博多の森陸上競技場
広島観音対神村学園

で明日トーナメントが行われ優勝が決まります。
なかなか見応えあるプレーがあり面白い試合でした。

4月1日はメインイベントの九石ドームでの
大分トリニータ対浦和レッズ参戦の為、
行けませんでしたが、
ガンバユース5対2アビスパ福岡U-18
広島観音0対0神村学園でPK9対10で神村学園
決勝戦はガンバ大阪ユース1対1神村学園
PK6対5でガンバ大阪ユースが優勝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月25日湘南対愛媛

3月25日荒れ模様の天気。
16時キックオフのJ2第5節
湘南ベルマーレ対愛媛FCの一戦。
試合前降ったり止んだりの雨。
天候とは対照的に平塚市総合公園は
桜やコブシが咲いていて春を感じさせます。

2007_0325_122928aa

昼は平塚の駅弁「小鯵押寿司」

2007_0325_124542aa

愛媛の南、近藤、大山、千島、翔太。
湘南のアジエルと元レッズな選手、
レンタル中の選手が多く在籍する試合で
結構、レッズサポーターの姿も見られます。

2007_0325_151324aa

スタメンに愛媛は南、近藤、大山の3選手。
湘南アジエルは当然スタメン。

2007_0325_155338aa

千島はサブ、翔太はベンチ入りならず。

2007_0325_155752aa

アジエルを軸に攻撃をしかける湘南が優勢ですが
大山からのクロスを近藤がボレーシュートを試みるなど
愛媛にもセットプレーを中心にチャンスはありそう。

2007_0325_162056aa

前半はスコアレスで終了。

2007_0325_170224aa

後半開始から湘南は中里に代えてベテラン
加藤望投入で攻撃力アップ。

2007_0325_171116aa

愛媛のDFは南、近藤との連携も良くなかなか固いです。

2007_0325_171944aa

後半10分、湘南の中町退場で数的優位となった愛媛。
後半16分には湘南がDF財津に代えてFW永里投入。
4バックから3バックへ、対する愛媛も
後半19分に大山に代えFW田中を投入。

2007_0325_173122aa

そして、後半30分内村に代えて千島投入!
左サイドでスタートして攻めに守りに活躍。

2007_0325_174024aa

2007_0325_175146aa

後半40分湘南はMF赤井に代えFW江後投入。

2007_0325_174612aa

江後が左に入り千島は右サイドに移動。

愛媛において千島は勝負をかけた時に使われる
貴重なジョーカーという感じでした。
試合は両クラブチャンスを決められず
スコアレスドローでした。
湘南アジエルは凄く元気。攻撃の起点として大活躍。

守りはGK金、DFジャーン、斉藤、尾亦、財津と安定。
最近のシーズンでは一番良い状態のように感じました。

2007_0325_180350aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表ペルー戦

JFL観戦後、駒沢大学駅から溝ノ口へ新玉川線で
溝の口から日産スタジアムへ新横浜行きバスで
移動して代表戦へ。
17時過ぎに日産スタジアムへ到着。
南1階バックよりファミリー席との境の一番後
30列548番から観戦することにしました。

2007_0324_185052aa

アウェーサイドメイン寄りにペルーサポかなり居ます。

2007_0324_184806aa

試合前にシウマイ弁当で腹ごしらえ。

2007_0324_173710aa

前半を終えて
阿部は休ませたい感じです。
啓太、闘莉王は安定しています。
駒野の所がアレならかなりチャンスがあったでしょう。

加地は俊輔のパスに感じることができずチャンスを
潰しました。
俊輔と高原は好調ではあるのでしょうが
今日のピッチに立っているメンバーとは
違う次元でプレーしています。

2007_0324_195704aa

巻のゴールは俊輔のFKの精度が素晴らしく
クリアしなければ点になる物でした。

やはり両サイドが問題でしょう。
加地は自慢の運動量がやや少なく攻撃的に行く駒野の分
バランスを取り低い位置から上がったことを考慮しても
ガンバでのパフォーマンスには遠かったです。
遠藤は結構効いてます。

かなり荒っぽいプレーも出だしたペルー。

2007_0324_205002aa

高原が俊輔のFKを見事なトラップから
シュートを決め追加点など相手を上手くブロックしたり
良いポジションを取る事が多いのに
巻、矢野がDFの前に入らせてもらえないのと対照的でした。

2007_0324_212502aa

闘莉王の二本のバーに当たったシュートは惜しかったです。

後はW中村のコンビネーションは結構可能性を感じさせます。
リードされている試合では良いオプションになりそうですが
若干バランス面では、DFの負担が大きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

3月24日駒沢競技場JFL

第7回FUTSAL地域チャンピオンズリーグ予選リーグ
11:30~ 大洋薬品/BANFF vs CASCAVEL TOKYOが
駒沢体育館でやってましたのでしばらく見てましたが
外国人もいたりして、高いレベルで試合してました。
大洋薬品が3冠を目指していて強いらしいです。

2007_0324_123751aa

最後までは見てませんが2-1で大洋薬品/BANFFの勝利。
かなりの接戦で見応えありました。
結局、この予選の初戦が最も苦戦した試合となった
大洋薬品/BANFFが優勝して3冠を達成し今年開幕の
日本フットサルリーグ通称Fリーグに向けて
4月より名古屋オーシャンズとなるチームの歴史に
花を添えた形となりました。

目的の試合のJFL前期第3節横川武蔵野FC対FC刈谷
前半セットプレーから競り勝ち瀬田がゴール
オウンゴールかと思いましたが触っていたようです。

2007_0324_141106aa

二点目は池上のミドル

2007_0324_142248aa

三点目は右に流れた宇治の粘りから素晴らしい
ピンポイントクロスが野木に入り産まれました。

2007_0324_143748aa

前半を終えて3対0と武蔵野がリード。
ボールへのプレスが効いて開幕より安定している武蔵野です。
対するFC刈谷は全体にプレスが緩くたまに良い抜け出しは
ありますが苦しいシーズンになりそうです。

後半は刈谷が修正して来たことと
武蔵野の運動量がやや落ちて互角の戦い。
開幕でも見せたDFの有り得ないミスから1失点。

2007_0324_153622aa

とりあえず逃げ切り勝利。
沖縄アウエーを含む三連戦では
後半の運動量低下は止む無しだが
失点につながるミスは気を付けて欲しい。

2007_0324_155502aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月23日久しぶりの大原

14時からの練習を見学。
先ずは、エーコ、坂本、裕也が出てきて
軽くアップしてコーチとともにゴールの移動を

2007_0323_135131aa

開始しだすと、代志也、順大、萌、赤星も出てきて
それを手伝います。その後、ホリが出てくると
各選手が続いてオジェックがグラウンドに

2007_0323_140122aa

ワシ、ロビー、暢久、伸二、都築、長谷部は
ウォーキングをしてから軽めにランニング。
ギシと順大はGK練習のアップ。
ともちゃん、坂本、岡野、萌、エーコ、代志也、
赤星、ホリ、祐也、うっちーがランニングからストレッチ

2007_0323_140526aa

永井は遅れて合流、オジェックと話しと別メニュー。
アップの後は6対6のハーフコート

2007_0323_143058aa

ビブス無し
ギシ、ホリ、うっちー、代志也、ともちゃん、岡野
ビブス
順大、坂本、萌、赤星、エーコ、祐也
岡野相変わらず調子良いです。
永井は完全にひとり別メニューでクールダウンの
ウォーキングとかなり軽いランニングで上がりました。
ハーフコート終了。
右、代志也、左、坂本のクロスに合わせて
シュート練習開始。
そして約1時間程で練習終了でした。
サブ組対サテ組のミニゲーム面白かったです。
岡野や内舘、堀之内らの元気さが目立ちますが
サブ組みに入った代志也やサテ組みの裕也なども
結構アピールしていたと思います。
大原練習風景スライド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »