« 歓喜!笑顔と涙が交錯 | トップページ | 天皇杯5回戦辛勝で突破 »

2006.12.15

昨日のクラブワールドカップ

横国へ行ってきました。
2006_1214_163711aa

FIFAクラブワールドカップジャパン2006
「クラブアメリカ(メキシコ)対FCバルセロナ(スペイン)」
プレシーズンのアメリカツアーで対戦したときには
4-4の引き分けだったこの対決。
TOYOTACUPを変更して、ヨーロッパと南米に加え
アジア、アフリカ、オセアニア、北中米カリブの
チャンピオンを集める大会となって初めて
世界の頂点を決めると謳った意味が出るかも知れない
そんな対戦カードでした。
2006_1214_192120aa

選手入場時日本のバルセロニスタも頑張り地味ながら
ビジュアル応援を実施。
2006_1214_192433aa

前半11分にグジョンセンがやや逆に出たパスに
足を伸ばしスライディングシュートで先制すると
2006_1214_193556aa

慎重だったバルセロナにサイド攻撃や
ポジションチェンジが見られるようになる。
更に前半30分、デコのCKにマルケスがHSで追加点。
2006_1214_195506aa

これで完全に試合の流れを掴み素晴らしい動きになった。
クラブアメリカもC.ロペスの飛び出しやクエバスの突破など
個々の技術の高さは感じさせるが、噛み合わず、
プジョル、マルケス、ジオ、ザンブロッタ、モッタと
2006_1214_200232aa

豊富な運動量で中盤を効果的に支配したデコ、
2006_1214_200242aa

序盤こそ硬さからかミスが見えたイニエスタもらしさを発揮。
クラブアメリカの攻撃がゴールを感じさせるシーンは
殆ど見られないほどに、連動性、判断、プレー速度
どれもが、クラブアメリカを凌駕する
バルセロナのバルセロナのための試合になりました。
2006_1214_201254aa

前半戦スライドはこちら

後半も素晴らしい出来のバルセロナが終始試合を支配。
2006_1214_202840aa

起死回生を狙い後半開始から投入のブランコも消える
時間が多くかえって逆効果になってしまった感じ。
後半16分にモッタに代えてシャビを投入。
2006_1214_204506aa

怪我から復帰たバルサの顔!攻撃面でモッタよりも
スムーズにボールが動いた印象。
2006_1214_204944aa

そして20分、ジュリのシュートのこぼれに詰めた
2006_1214_204948aa

ロナウジーニョがフェイントを入れて狭いシュートコースを
2006_1214_204952aa

見事なコントロールで抜いてゴール!
実際に撃った瞬間は入るなと思ってしまったが
再生VTRが場内のビジョンに流れると本当に狭い
先ずかなシュートコースを狂いなく撃ち抜いていました。
21分にグジョンセンに代えてエスケーロ
29分にジュリに代えてベレッチを投入。
クラブアメリカもこのタイミングで2枚交代するが
試合の流れは変わらず。
2006_1214_210848aa

40分、ゴール前のロナウジーニョにボールが入った。
2006_1214_210852aa

キープから完璧な「やさしいボール」をデコへ戻すと
2006_1214_210900aa

相手DFをブロックしてシュートコースを広げ
そこにすかさずデコのボレーが炸裂!
ロスタイムにもゴール前で個人技を見せた
ロナウジーニョがループを放つが惜しくもバーに嫌われ
4-0で試合終了!
2006_1214_211722aa

親善試合ではなく、クラブで唯一
獲ったことの無い世界一のタイトルを本気で獲りに来た
バルセロナは本当に強かった。
2006_1214_211814aa

後半戦スライドはこちら

|

« 歓喜!笑顔と涙が交錯 | トップページ | 天皇杯5回戦辛勝で突破 »

コメント

サッカーニュース24さん
TBありがとうございました。

投稿: K@football | 2006.12.18 01:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/13080840

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のクラブワールドカップ:

» 今日決勝戦。バルセロナvsインテルナシオナル。韓国・全北が5位。クラブW杯 [サッカーニュース24]
【クラブワールドカップ】関連ニュース ・クラブW杯:バルセロナとインテルナシオナルが決勝で激突 (毎日) サッカーのクラブ世界一決定戦、トヨタFIFAクラブワールドカップ(W... [続きを読む]

受信: 2006.12.17 11:57

« 歓喜!笑顔と涙が交錯 | トップページ | 天皇杯5回戦辛勝で突破 »