« 中田引退 | トップページ | イタリア決勝へ »

2006.07.04

間もなく準決勝

ドイツ対イタリア
ポルトガル対フランス
ポルトガル対フランスの勝者が
優勝に近いように思います。
ドイツ対イタリアは後5時間ほどで始まりますが
ドイツに地の利があり、戦力面ではイタリアが
若干有利。ほぼ互角の試合に成ると思います。
ヒョットしたら延長戦、PK戦になるかも知れません。
ポルトガル対フランスはどちらも
しっかりした守りをしているので
先制点をあげた方が90分で勝ち上がってくる
のでは無いでしょうか?
フィーゴのコンディションが万全ならポルトガルが
有利だと思いましたが、怪我をしたらしいですし
フランスはアンリがクラブレベルの決定力を
初めてワールドカップで見せたブラジル戦だった
と感じました。好調のビエラ、安定しているマケレレ
テュラム、チームにフィットし出したリベリ、マルダ
そして、ラスト2ゲームのジダン。
フランスが98年の再現をする可能性が高そうです。
ポルトガルとしてはスコラーリ監督の戦術が
準決勝でもはまるかどうかに掛かりそうです。
こちらの山の勝者が優勝に近い存在だと思います。

|

« 中田引退 | トップページ | イタリア決勝へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/10790885

この記事へのトラックバック一覧です: 間もなく準決勝:

« 中田引退 | トップページ | イタリア決勝へ »