« フランス決勝へ! | トップページ | ガンバ引き分け »

2006.07.11

好ゲームなのに残念な決勝戦。

イタリアとフランスの間で争われた
ワールドカップ決勝戦。
見応えのある好ゲームではありましたが
残念なこともありました。
先ずはこの試合の前半の得点。
フランスのPKはTV的にはマルダのシュミレーション。
イタリアのマテラツィのヘッドは
ビエラを右手で押さえつけてる。
何となくどちらも微妙な判定でした。
どちらも、決定機に至るまでのプロセスは見事でした。
そして、フランスのビエラの負傷退場。
このワールドカップでフランス躍進の最大の立役者と
思っていた選手だけに非常に残念な早い時間の怪我でした。
ビエラを失ったフランスの攻撃は強いイタリアのDF陣を
なかなか崩しきれないまま時間が過ぎました。
ダイナミックなオーバーラップを効果的に出来る
ビエラの存在があってこそ、決勝トーナメントにも進めたし
厳しい試合に得点を生み出してきたフランスだけに
この交代は痛かったと思います。
そして、話題騒然、ジダンのマテラツィへのヘディング。
先ほどフジTVでフローラン・ダバディがイギリスの新聞で
マテラツィがジダンに対して「アルジェリアのテロリスト」と
人種差別的で更に、異常なまでの侮辱的な発言をした末の
ジダンの愚行であったらしいとの情報がありました。
何となく、愚行が納得できたように思います。
事実だとしたら、マテラツィは最低でも1年間出場停止位の
処分が相等であるように思います。
試合前に差別追放のコメントまでワザワザ読み上げていた
大会で対戦している選手が、こんな発言をしたとしたら
許されてはいけない事だと思います。

折角、カンナバロやピルロ、ガットゥーソ、ブッフォン等の
活躍でワールドカップ4度目の優勝を飾ったイタリア。
セリエの不祥事の負の印象が多少は薄らいだ感じですが
マテラツィの事が事実だとしたら最悪です。
世界最高の舞台で、悲しいラストダンスとなったジダン。
報復行為をした選手にMVPはFIFA不味くないですか?
しかし、この問題はしっかり調べた上で、しっかり対処して欲しい。
二度と起こってはならないことだと思います。

ある意味、ジダンらしい熱さを悪い形で発揮してしまった
最後だったが、先制のPKは恐らく彼以外には蹴る事が出来ない
勇気と経験の居る、GKブッフォンの動きを見たうえでの
ゴールど真ん中上を狙うフワリと浮かせたソフトタッチの
シュートだった。あんな事が出来るのがジダンだった。

|

« フランス決勝へ! | トップページ | ガンバ引き分け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/10893081

この記事へのトラックバック一覧です: 好ゲームなのに残念な決勝戦。:

« フランス決勝へ! | トップページ | ガンバ引き分け »