« イタリア、アメリカ痛み分け | トップページ | 弱いブラジル・弱いフランス »

2006.06.19

日本代表川口が可能性残す

 【ニュルンベルク15日共同】国際サッカー連盟
(FIFA)のヘレン広報は15日、ワールドカップドイツ大会の規定で
1次リーグの順位決定方法を変更していたことを明らかにした。
新規定では、2チーム以上が勝ち点で並んだ場合は全3試合での
得失点差、総得点の順に決定。
それでも同じ場合に、当該チーム間の対戦成績で順位付けする。
http://fifaworldcup.yahoo.com/06/jp/060615/27/6eud.html
以上FIFAオフィシャルより引用です。

ブラジル戦に向けて
日本代表の決勝トーナメント進出の可能性についてまとめておきます。

クロアチア代表と引き分けの終わった日本代表ですが、
既にNEWSで報じられている通り、決勝トーナメント進出には
次のブラジル戦に2点差以上で勝利する必要があります。

①オーストラリアがクロアチアに勝った場合は勝ち点で上回れず
残念ながらグループリーグ敗退です。

②オーストラリアが引き分けの時は、
日本はブラジルに3点差以上で勝利が必要です。
2点差でも得失点、総得点が並ぶ可能性がありますが
当該チーム間では1-3で負けましたので得失点で
上に行く必要があります。

③クロアチアがオーストラリアに1点差で勝った場合
これが最高で且つ恐らく奇跡を起こせる限界点
2点差でブラジルに勝利!
こうなるとグループリーグ2位で決勝トーナメント進出です。

現実味は薄いですが、可能性ある限り
グループリーグ突破を信じて応援します!
頑張れ!NIPPON

|

« イタリア、アメリカ痛み分け | トップページ | 弱いブラジル・弱いフランス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/10590023

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表川口が可能性残す:

» 日本代表最後まで! [サッカーワールドカップ2006-FIFAワールドカップ・ドイツ大会特集-]
ブラジル戦。とにかく最後まであきらめずにがんばれ! [続きを読む]

受信: 2006.06.23 00:33

« イタリア、アメリカ痛み分け | トップページ | 弱いブラジル・弱いフランス »