« グループC~F | トップページ | JFL横河武蔵野対刈谷 »

2006.06.24

おめでとうシェフチェンコ!

スタメン全員入れ替えたスペイン。
やることが豪快ですね。それでも
サウジ相手にしっかり1-0勝利で
見事に1位通過です。
そして、悲願のワールドカップ出場のウクライナ。
シェフチェンコ決勝トーナメントでも
チームの中心として厳しいマークを
掻い潜りチャンスメークや決定的な仕事
が出来るでしょうか?

一方、韓国、スイス、フランスの2枠争い
となったグループリーグ最終戦は
残念ながらアジア最後の砦、韓国が
スイスに2-0(疑惑判定あり)で敗退。
今まで判定に恵まれた02大会を
スイスのオフサイド判定をパスの後に
韓国DFに当たった為にオフサイドではない
との主審の判断で副審が取ったオフサイドを
取り消し2点目が認められてしまい
大会を去ることとなりました。
判定で引き分けたフランス戦。
判定で駄目押しされたスイス戦。
判定が最後まで話題になるのも韓国らしい
かも知れませんが、残念な結果でした。

フランスはトーゴ相手に圧倒的に試合を
支配するものの相変わらずゴールが決まらない。
嫌な流れを後半、攻め上がったパトリック・ビエラが
ゴールを決め嫌な流れを断ち切った。
ビエラの攻め上がりは98年や2000年の
強いフランスを思い起こさせる、ポジションに
拘らずに相手の隙を付く流動的な動きから
生まれた。呪縛から解かれたフランスは
アンリが追加点を上げて2-0と勝利!
最後の最後でグループ2位で決勝トーナメント進出。
ジダンのラストダンスは決勝トーナメントで
行われる事となった。
ワールドカップでのフランスの勝利は
実に98年決勝以来でこの舞台で勝利する事の
難しさを物語っていると思う。

|

« グループC~F | トップページ | JFL横河武蔵野対刈谷 »

コメント

コメントありがとうございます。

今日もワールドカップ漬けでした。
イングランド戦は、まさに
ベッカム!!!でした~。

ポルトガルvsオランダですが、ライブで観てました。
荒れ放題って感じですね。

審判は空気みたいな存在がベストです。
目立ってはいけませんね。

C・ロナウドが個人的に好きなので(フリースタイル志向)
足の具合が心配でなりません。


投稿: toshio10 | 2006.06.26 07:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/10655163

この記事へのトラックバック一覧です: おめでとうシェフチェンコ!:

» 日本VSブラジル [オーディション]
ついに日本代表の試合が終わりました。賛否両論いろいろあるとは思いますが、まずは、選手達にお疲れ様でした。 [続きを読む]

受信: 2006.06.24 14:50

» ワールドカップドイツ大会 決勝トーナメント組合せ日程 [サッカーは好きですか?]
ワールドカップドイツ大会決勝トーナメント組合せ日程。今大会のワールドカップの決勝トーナメントは順当過ぎるぐらいの組合せになりました。決勝トーナメントに勝ち上がったチームを見てみると、誰もが強いということを知っているチームばかり。 [続きを読む]

受信: 2006.06.25 17:06

« グループC~F | トップページ | JFL横河武蔵野対刈谷 »