« ポルトガル強し! | トップページ | 日本代表川口が可能性残す »

2006.06.18

イタリア、アメリカ痛み分け

後半にも退場者を1人出したアメリカだが
運動量を何とか維持してイタリアの攻撃を
凌いで1-1のドローで終了。
結局、オウンゴールの得点のみだったが
気合のこもったプレーでイタリアを気持ちの面で
上回った感じを受ける。しかし、受身に
立ちながらも、最低線は抑えて引き分ける
イタリア、デロッシの肘ウチ退場は良くないが
このグループではチェコが戦力ダウンした為
勝ち点でも実力でも1歩リード。

出場停止を抱えたアメリカ、
風はガーナに吹いて来ているように感じる。
決勝トーナメントに行くのは
イタリアか?ガーナか?チェコか?アメリカか?
このグループは3戦目に全チームが進出を
掛ける展開になった。

日本もこの日のアメリカのように
気持ちを前面に出したプレーで、クロアチアを
圧倒するプレーをして欲しい。

|

« ポルトガル強し! | トップページ | 日本代表川口が可能性残す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/10572646

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア、アメリカ痛み分け:

« ポルトガル強し! | トップページ | 日本代表川口が可能性残す »