« オランダ敗退 | トップページ | ブラジル対フランスが実現 »

2006.06.27

イタリアとウクライナ

イタリア対オーストラリアから
イタリア対ヒディンク、審判はどうなの
など02年大会との因縁を感じてしまう
この試合は、やはりレッドカードで
イタリアが10人となり、そしてロスタイム
イタリアPK!今回は獲得しました。
トッティが最後に決めて1-0勝利!
イタリア勝ちました。
でもオーストラリア強かったですね。
次回大会からワールドカップ予選で
当たる可能盛大ですから、オシム監督?
日本代表強化プランをJFAに進言お願いします。

ウクライナ対スイス
どちらも譲らずにしっかり守っての
チームカラー通りの試合運びで
見せ場も作るものの恐らくは予定の範囲内
PK戦へ、伝統を感じさせるウクライナのGK
ファインセーブも飛び出しPK3-0で勝利!

イタリアと対決。ミランで世界を獲った
シェフチェンコがイタリアに挑みます。

|

« オランダ敗退 | トップページ | ブラジル対フランスが実現 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/10697451

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアとウクライナ:

« オランダ敗退 | トップページ | ブラジル対フランスが実現 »