« ブラジル快勝! | トップページ | おめでとうシェフチェンコ! »

2006.06.23

グループC~F

ベスト16も残り4席となりました。
グループCでは、余裕で良い練習試合を
した感じのアルゼンチン対オランダは
それなりに見ごたえのあるゲームでした。
残念ながらグループリーグ敗退の
コートジボワールもセルビア・モンテネグロに
勝利し勝ち点3をあげて初出場で初勝利を
手にしました。グループが違えば充分旋風を
巻き起こす実力のあるチームでした。

グループDはポルトガルの独壇場の感じで
オランダとの一戦はオランダにとってかなり
厳しい相手となりそうです。
メキシコは冷や汗をかきながらも勝ち上がり
ボルヘッディの不在はかなり響いているだけに
アルゼンチン戦はかなり厳しそうです。

グループEではイタリアが順当に上がったのに
対して、結局初戦のコラーの怪我以降精彩を
欠いてしまったチェコが選手層の薄さを露呈。
結果としてガーナが勝ちあがりました。

グループFは振り返ればヒディンクマジック炸裂。
この能力はあるがチーム力は疑問符の
オーストラリアをしっかりチームと仕上げ
日本に勝ち、クロアチアに引き分けで
2位通過でイタリア戦となり、イタリアは又も
ヒディンクのチームと決勝トーナメントで
戦うという不思議な縁の対戦となりました。
一方のブラジルはやはりこのグループでは
一つも二つも、いや遥かにレベルの違う
異次元の強さ。不調の2TOPを使い勝ってしまい
日本戦ではロナウドが2得点と順調に
リハビリを終えて決勝トーナメントへ
初戦はガーナが相手。ユース世代では
結果を残し何故かA代表では結果の出なかった
ガーナが初出場で決勝トーナメントに
来ているだけに、その勢いは侮れず
楽なグループリーグだった為に意外と苦戦しそうだ。

|

« ブラジル快勝! | トップページ | おめでとうシェフチェンコ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/10642760

この記事へのトラックバック一覧です: グループC~F:

« ブラジル快勝! | トップページ | おめでとうシェフチェンコ! »