« スイス完勝決勝T向け前進 | トップページ | J2ヴェルディ »

2006.06.21

グループA、B終戦

グループA首位争いは
主力温存したエクアドルに対して
ホスト国としてフルメンバーのドイツの
試合となり、しっかりドイツが首位をキープ。
グループBでは38年スウェーデンに
勝っていないイングランドが首位通過を
スウェーデンがグループリーグ突破を
賭けての戦い。イングランド、開始直後
オーウェン膝やってしまった感じで負傷交代。
この交代が響くことなく、
J.コールの見事なテクニックによる
ゴールで先制前半1-0で終了。
しかし、スウェーデンも後半直にCKに
ニアでアルベックが合せ同点にする。
しかし、J.コールのセンタリングに
ジェラードがヘッドで勝ち越し。
これで、決まりと思ったが、終了間際に
ロングスローがバウンドしたところに
詰めたラーションがイングランドゴールに
流し込み同点として2-2で試合終了。
1位イングランドがエクアドルと
2位スウェーデンがドイツと
決勝トーナメントで当たる事となった。
この組み合わせはB組有利に思えます。

今日の夜にはアルゼンチン対オランダが
在ります。個人的にはこのカードが
決勝で再現されると思っているので
消化試合ながら楽しみにしています。

|

« スイス完勝決勝T向け前進 | トップページ | J2ヴェルディ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/10616768

この記事へのトラックバック一覧です: グループA、B終戦:

« スイス完勝決勝T向け前進 | トップページ | J2ヴェルディ »