« 後半は共に無得点 | トップページ | ナビスコトーナメント第一戦 »

2006.05.31

あれで親善試合なの?

正直な感想はまずタイトル通りです。
加地へのタックルとか、柳沢と駒野が
ユニフォーム破られたり、足踏みつけたり
ドイツかなり汚~いサッカーしてきましたね。
加地一人の怪我で済んで良かったと思ってしまう。

後半高原の2ゴールで2-0として、
素晴らしい試合をしていた日本に対して、
審判がホームアドバンテージを
かなり多目に取っているのを利用して
かなり荒っぽい試合をしていたドイツ。
加地君の怪我による交代で駒野が入ったことで
2点取れたともいえるけど、
その分守備は弱くなったともいえる感じ。
前日の戦術練習の成果も出たようで、
決定機も多く作っていたし、
前半フィジカル勝負で負けていた俊輔が
後半には切り替えて当たらせないプレーを
心がけて良いつなぎになったり
ハーフタイムにヒデと宮本、中澤らがDFについてだと
思うがディスカッションする姿もあり
まずまず収穫の多い2-2だったのではないだろうか。

若干前半の柳沢、後半の大黒など決めるべきチャンスを
逃したのは惜しかったですけどね。
どちらか一つ決めてれば勝てた試合でした。

試合がかなりドイツの悪質なプレーをファール取らないので、
高原、柳沢を怪我させない事を優先しての交代だったと思うが、
本大会グループリーグでは2-0の場面で中田浩二辺りを入れて
もう少し高さに対抗できる準備をしても良かったと思う。

結局のところヒデと俊輔の存在は大きいですね。

田中誠が怪我のために茂庭と入れ替わりましたね。
福島合宿やドイツでの練習に参加していない分、
本当にバックアップでしょうけど、人への強さという面では
今の日本代表にとっては多少はプラスかもしれません。

|

« 後半は共に無得点 | トップページ | ナビスコトーナメント第一戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8867/10331170

この記事へのトラックバック一覧です: あれで親善試合なの?:

» 柳沢敦 [芸能新聞【究極の芸能新聞!?】]
柳沢敦についての記事を厳選して集めてみました。どうぞ! [続きを読む]

受信: 2006.06.01 19:03

» 共感してくれる人がいるって事 [優希]
ブログを始めて良かったと思う事は私と同じように悩んでる人、私と言う人間を知ろうとしてくれる人に本当にちっぽけで、何も出来ない私でも知ってもらえる価値がある、生きてる意味がある、そう思える瞬間がある事・・・・ [続きを読む]

受信: 2006.06.03 16:55

« 後半は共に無得点 | トップページ | ナビスコトーナメント第一戦 »