« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.31

あれで親善試合なの?

正直な感想はまずタイトル通りです。
加地へのタックルとか、柳沢と駒野が
ユニフォーム破られたり、足踏みつけたり
ドイツかなり汚~いサッカーしてきましたね。
加地一人の怪我で済んで良かったと思ってしまう。

後半高原の2ゴールで2-0として、
素晴らしい試合をしていた日本に対して、
審判がホームアドバンテージを
かなり多目に取っているのを利用して
かなり荒っぽい試合をしていたドイツ。
加地君の怪我による交代で駒野が入ったことで
2点取れたともいえるけど、
その分守備は弱くなったともいえる感じ。
前日の戦術練習の成果も出たようで、
決定機も多く作っていたし、
前半フィジカル勝負で負けていた俊輔が
後半には切り替えて当たらせないプレーを
心がけて良いつなぎになったり
ハーフタイムにヒデと宮本、中澤らがDFについてだと
思うがディスカッションする姿もあり
まずまず収穫の多い2-2だったのではないだろうか。

若干前半の柳沢、後半の大黒など決めるべきチャンスを
逃したのは惜しかったですけどね。
どちらか一つ決めてれば勝てた試合でした。

試合がかなりドイツの悪質なプレーをファール取らないので、
高原、柳沢を怪我させない事を優先しての交代だったと思うが、
本大会グループリーグでは2-0の場面で中田浩二辺りを入れて
もう少し高さに対抗できる準備をしても良かったと思う。

結局のところヒデと俊輔の存在は大きいですね。

田中誠が怪我のために茂庭と入れ替わりましたね。
福島合宿やドイツでの練習に参加していない分、
本当にバックアップでしょうけど、人への強さという面では
今の日本代表にとっては多少はプラスかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.05.28

後半は共に無得点

後半はトップ北本の頑張りにより
前線でボールキープ。
2006_0528_141306aa

うまく時間を使いながら試合を
運び逃げ切り勝ち。
2006_0528_145506aa

昨シーズン勝てなかった相手から
しっかり勝利を飾りました!この後は、
TASAKIペルーレ、日テレベレーザと
Lリーグの2強と連戦になります。
今日、失点にはならなかったけど
甘い判断から2度同じミスをしていた
森本や実際に失点してしまった木原の
様なミスは許してくれない相手が
2試合続きます。
今日は勝利という良い結果になりましたが
「優勝」を狙うには厳しい内容でした。
大きなダメージにならなかったミスを
上手く次節以降に生かしてロースコアゲームに
持ち込んで、3節、4節は勝ち点を取れる戦いを
して欲しいと思います。
山郷選手が試合後ファンサービスで
サイン入りポストカードを特設テントで
本人が来て配ってくれました。
試合後疲れているところをありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レッズレディース

今シーズン初のホーム開催試合。
そしてレディースにとって有料試合第1戦
まずまずの観客動員。
試合は前半を終わり3-1でレッズレディースがリード。
右サイドアタッカーに入って居る若林エリの頑張りが目立ちます。
2006_0528_131222aa

先制点も若林エリが上げました。
右からの攻めが多い分逆に伊賀の15番
井坂美都に突破されるシーンもあり
ハイボールのワンバウンド目が大きく跳ね
2006_0528_131810aa

木原が目測を誤ったところから失点したが
2006_0528_133244aa

高橋彩子の40m位のロングシュートで突き放し
2006_0528_134552aa

安藤が追加点良い流れで後半を迎えます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.27

JFL前期12節横川武蔵野

横川武蔵野のHOME GAME。
2006_0527_124952aa

雨の中、武蔵野陸上競技場でジェフクラブを迎えて
13:00キックオフ。
試合開始前にスタンドで話題になったのは
主審が1級審判の大岩真由美さんだった事。
2006_0527_130112aa

試合を通して若干視野の狭さを感じさせる場面は
あるものの、中々安定したジャッジをしていました。
試合はオフサイドになったが、両チームとも
ゴールまで後一歩。紙一重のところまで迫るも
中々ゴールを上げられず、このまま終わってしまうかと
思われる中で、途中出場の横河武蔵野の村山が
持ち込み、こぼれたところに小林陽介が詰めて
2006_0527_144628aa

再び、村山がシュートして終了間際に決勝点を上げて
横川武蔵野が1-0で勝利した。
試合終了後は、村山のヒーローインタビュー、
古矢監督のインタヴュー、出場選手がスタンドに
来てサインや記念撮影に応えるファンサタイム。
試合で疲れているだろうに嫌な顔一つせずに
サインに応じている選手たちには頭が下がる。
2006_0527_145404aa

決勝ゴールを演出した村山、小林そして
ファインセーブのGK井上、攻撃の中心の池上の
4選手にこの日入場時に配られた2006PLAYERシート
へサインしてもらいました。
最後に決めてくれてありがとうと声をかけると
雨の中来て貰っているので絶対に決めないとと
応えてくれた村山選手にエースの自覚を感じました。

おまけ
試合会場に名前忘れましたが横河電機のマスコットが
来てました。とっても、ゆる~いキャラでした。
2006_0527_125442aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.21

レッズ4-2勝利

後半岡野のクロスにワシントンが合わせ4-0から
2006_0521_163028aa
2006_0521_163030aa

若手を起用して久しぶりに赤星、カニがピッチへ
ハーフナーマイクへの寄せが甘くなった所を起点として
2点返されたが、
(TV中継画像では完全のハンドからの1アシストあり)
2006_0521_163346aa

順大が好セーブで後は凌いだ。
2006_0521_165422aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜粉砕!

ラッキーと言うか現行ルールぎりぎりで
暢久がオフサイドを回避した所を
ワシントンが抜け出して個人技で先制。
2006_0521_152858aa

そのワシントンのアシストから
(実際にはキープから暢久へ、暢久から相馬)
相馬が叩き込み
2006_0521_153756aa
2006_0521_153802aa


更に永井の深めのパスから平川が上手く
折り返したボールを
ワシントンが絶妙のボールタッチで3点リード。
2006_0521_154826aa
2006_0521_154834aa

順大も今のところ無難にゴールを守っている。
2006_0521_145536aa
2006_0521_152110aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカー観戦日和

天候に恵まれ5月らしい爽やかな青空。
2006_0521_133005aa

これから戦う選手には少し熱いかも知れないが
好ゲームを期待したい!
2006_0521_125740aa
久しぶりに埼スタプリンこと
「たまご屋さんのなめらかプリン」食べました。

2006_0521_131434aa
プリンを買いに行って目に付いた
Petit Gateauさんの2種類のクリームの
シュークリームも食べてみました。
サクッとした食感の生地に
生クリーム(多め)とカスタードクリーム(少々)が
入っていて中々本格的な感じの味でした。

2006_0521_125515aa
後、何か食べ物をと思い
埼スタ限定デザインの箱に入った
さぼてんのカツサンドを食べました。
ちょっとパンにカツの熱気が伝わったためか
パンが湿っぽかったけど、さぼてんだけに
美味しいカツでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.19

さいたまCITYCUP

バイエルンミュンヘンと提携記念のような試合ですね。
昨年FC東京とやった試合では、かなり良い状態で
試合をしてくれていて、プレーを楽しめるレベルに
あった数少ないクラブでした。昨年同様、開幕前の
大事な時期に入ってからの試合なので
そんなに酷いコンディションでは無い選手のプレー
を見ることが出来ると思います。
相変わらずチケット代は高いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.17

スコアレスドロー

内容は完敗の浦和。
2006_0517_200322aa

金澤復帰でバランス良くルーカスが中盤で
機能。セカンドボールを拾い二次三次攻撃を
繰り広げガーロの目指すサッカーが見え
不調を抜け出せそうです。
2006_0517_201734aa

普段試合でやっていないメンバーで
コンビネーションが悪く山岸の反応の
良さに救われました。
2006_0517_202754aa
2006_0517_205234aa


決勝Tを勝ち上がるには、鹿島か川崎
が相手の準々決勝が重要になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッズは寝てた

2006_0517_190044aa

清水戦の前半の様でした。
ただ東京にマルキやジェジンが居ない
おかげで無失点で済んだ。
相馬が徳永に負けるシーンが気になる。
2006_0517_191102aa
2006_0517_194552aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平日開催なのに

レッズサポの出足の早さは
いつもの事ながら驚かされます。
開門1時間半前で南ゲートからの
列は既に延びきって
アミノバイタルフィールド前の
広場に最後尾がありました。
2006_0517_183050aa_1

今年のナビスコ東京ホームゲームで
初めての上層開放で下層、上層
アウェーゴール裏は赤く染まる。
ホーム側は雨に濡れない所だけ
グルーッと緩衝帯まで人が居る感じ。
2006_0517_185648aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.16

06ワールドカップ日本代表メンバー決定

結果はこちらJFLオフィシャル
NEWですでにご存知の事と思いますが
取り敢えず感じたことのみ挙げておきます。
FWコンディションを理由に久保を外して柳沢を入れる?
巻は頑張っているしJリーグで成績も残しているので
依存は無いですが、玉田今シーズンの調子の悪さ
どう考えているんでしょうね?
玉田外して寿人か松井という選択して欲しかった。
MFうーん中田浩二、稲本ですか欧州での活躍具合
見てませんので分りませんが、長谷部、阿部でも良いのに。
DF、GKに関してはこんなもんでしょうね。

06年で一つの時代が完結して、10年大会にはGK以外は
違うメンバーという可能性も秘めた選考結果となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.14

レッズ見事!

2006_0514_170316aa

後半ほとんどの時間を横浜が支配。
2006_0514_171756aa
2006_0514_171802aa

永井からワシントンとわたり
逆転ゴールが決まる直前も危ないシーンの連続
こんな試合で勝てる今のレッズは本当に強い!
2006_0514_175444aa
2006_0514_175508aa

しかしロビーは大丈夫だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンテ負傷交代

2006_0514_160302aa
2006_0514_160930aa

那須にやられた後、永井の同点弾で
レッズペースになりかけたが
2006_0514_161712aa
2006_0514_161716aa

ポンテの負傷で引き分けも考えた方が良い位
バランスがおかしく、危険なシーンが多い。
レッズとしてはゲームメーカーを欠いて
前半途中から戦わなくてはならなくなった。
2006_0514_163602aa

審判が選手の危機管理を欠いて
ゲームを止めないこと前半だけで二回。
全てを選手のフェアプレーに任せな様な
試合運営、これなら居ないのと変わらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前座試合jrユース勝利

2006_0514_140907aa
2006_0514_150236aa

前半1-0後半1-1でレッズjrユースが勝利!
前線の3番15番の個人技としっかりつないで
ゲームを組み立て様とする意識も見え
先日の関東大学サッカー一部より
はるかに面白いゲームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日産スタジアムへ

いつも通り、溝ノ口へ出て東急バスで
日産スタジアム前まで往復600円で向かう。
新横浜へ向かう人とマリサポが半々位で
毎度の事ながらレッズサポは一人だけです。

UP後もう一人レッズサポの方が来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.13

スコットランド優勝

2006_0513_175458aa
2006_0513_180158aa

派手な演出の壮行セレモニー
2006_0513_192158aa
君が代はHiromi Goでした。
2006_0513_212038aa

試合は勝つ必要の無いアウェーゲームは
こう戦えとお手本を見せ付けた
スコットランドが余裕のスコアレスドローで
この大会の優勝になりました。
日本代表にとっては収穫少ない試合だった。
ワールドカップ準備のキャンプで俊輔、ヒデを
迎えた上でチーム力を3倍程度上げられれば
グループリーグ突破もあるかも知れないが
今の状態では良くて勝ち点2でドイツを去る事に
なるだろう。まあ、相手が日本以上に低次元の
チーム状態でワールドカップに来てくれれば
話しは別になりますが

唯一の救いはオーストラリアに関しては
日本に勝つ事にグループリーグ突破の望みを
掛けて勝ちに来てくれる事でしょう。
久しぶりのワールドカップで勝ち点1狙いの
ゲームをされたらかなり勝つチャンスは薄いでしょうが
お互いに初戦の勝利がトーナメント進出へ
希望をつなぐ道なので攻め合いになる分
スピードを生かせると考えてます。
前途多難、アジアの中の日本を痛感させられる
大会になりそうな気がします。
日本は強いという幻想から覚めたときに
果たしてJリーグや今後の代表戦に
どの程度観客が集まるだろうか?
日本サッカー界は代表人気に引っ張られている
事は否定できない事実です。
レッズや新潟など極一部のクラブ以外では
かなりの打撃になりそうだ。
この予想の全てを裏切る日本代表大躍進!
の道へ進むには時間は限られているが
不可能な話では無い。
今日までの経験を選出される23人がプラスに
活用してキャンプ期間を過ごせれば
世界を驚愕させる可能性はあるでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (1)

南北線車内

試合開始まで時間的には余裕があるが
車内は既に日本代表一色
東川口からレッズ戦で乗るときに空いている
最後部車両でも立ち客までいる状態。
Jリーグとは来る人の生活圏が違いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻のファインゴール

2006_0513_130321aa
2006_0513_141010aa
2006_0513_141020aa

田辺の直接FKがアローズのゴールを破ったが
壁の動きが早いとのファールを主審が優先して
ゴールは幻に終わりスコアレスで試合終了。
2006_0513_145328aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFL横河武蔵野→代表戦

武蔵野陸上競技場でJFLを観戦後に
ワールドカップ前国内で行う最後の親善試合を
埼スタで観戦します。
朝から雨になってしまいました。
観戦するには残念な天候ですが
横河武蔵野とすれば気温も上がらず
90分存分に動き続けられるだろう。
ピッチコンディションはやや心配だが
しっかり勝ってくれると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.12

流経大辛勝

2006_0512_194422aa
2006_0512_194430aa


何とかオウンゴールの1点で勝利した流経大。
駒大が第一試合で勝った後だけに
負ければ首位陥落の試合を辛うじて乗り切った。
東京ユース出身の宮崎君は左サイドで相変わらず
テクニックを披露していたし、
中大のエース辻尾君との一対一は見応えもあった。
ただ今日の2試合だけでは断言はできないが
余りにも大雑把な蹴り合いの場面が多く
一昔前の高校サッカーの様な内容で
選手育成には繋がりにくい感じを受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中大、流経譲らず

2006_0512_180830aa

どちらも今一つ決め手を欠くスコアレス。
目の前では大熊さんやジュビロのコーチの方など
協会関係者がこの世代の選手の育成など含め
サッカー談義をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駒大勝利

2006_0512_172858aa

何と無く両チームともに雑なプレーが目だった。
良いプレーと雑なプレーが混在、
しっかりしたスキルの選手が多いので
もう少し丁寧なプレーが観たかった。
2006_0512_174832aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東大学サッカー

2006_0512_160220aa

夢の島競技場での第一試合駒大対順大
第二試合中大対流経大
2006_0512_161932aa

第一試合前半16分駒大の塚本君が
FKを見事に決めて先制!
ジェフの巻の弟も出ていますが、
若干運動量の少ない巻と言った感じ。
兄貴とプレースタイルが似ています。
順大では渡邉君の頑張りが目につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.11

今日の大原

2006_0511_162238aa

一番心配なのが啓太の状態。
ハーフコートゲーム守備陣レギュラーでプレー
休憩時間にギドと会話した後、
一人練習を切り上げクラブハウスへ
試合に響く様な怪我でなければ良いのですが…
2006_0511_164818aa

一方で、既に皆さんご存知の通り
達也がメチャ元気良いです。
ほぼサテ控え組と同じメニューから
コンタクトプレーをセーブした程度で
練習の最後まで一番元気だった印象があります。
ちなみに啓太が抜けた後は萌が左に
左に居たうっちーがボランチに入ってました。
攻撃レギュラーのフォーメーションは
達也や千島、祐也を見ていたため
あまり良く覚えてません。ごめんなさい。

2006_0511_164404aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.10

横浜勝利!

後半も横浜の優勢は変わらず。
2006_0510_202210aa
2006_0510_202212aa
2006_0510_202216aa


KAZUのゴールで追加点。
トゥイード負傷交代も見事に切り抜けた
横浜が勝利!
2006_0510_204746aa
2006_0510_204748aa

市衛も交代出場したし、まずまず良い試合だった。
横浜はすごく良いチームになりつつありますね。
ひょっとして昇格あるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横浜1点リード

前半終了。1対0と3位横浜が4位ヴェルディをリード。
横浜は山口を中心とした中盤と
KAZU、城、アウグストの前線が
ゴールに向かう共通意識が感じられる攻撃で
ヴェルディを上回り
2006_0510_191648aa
2006_0510_191700aa
2006_0510_191722aa

KAZUのCKをトゥイードがヘッドでゴール!
2006_0510_191724aa
2006_0510_191730aa

更に同じパターンでトゥイードが折り返し
城と言う決定機を演出。
バジーリオが抜け出したチャンスを
決めきれず前半終了。しかしこの時
トゥイードが負傷したことが
ヴェルディには追い風だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2ヴェルディ対横浜FC

味スタに来ました。
チケットショップで招待券を780円で購入。
1000円以内でサッカーを観られるのは有難い。
まだ試合開始前、平日の17時半という事もあり
会場の雰囲気は非常にまったりしています。
2006_0510_173224aa

ラモス、都並、柱谷、高木と監督やコーチに
なるなか現役FWとして今なお活躍を続けるKAZU
上位を争う両クラブの対決!
KING KAZUの活躍は観られるだろうか?
2006_0510_183246aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.07

レッズ完勝!

2006_0507_160540aa
2006_0507_160832aa
2006_0507_160840aa

試合としては後半開始直ぐの伸二の
これぞループという完璧なコントロールから
産まれた3点目で決まった。
2006_0507_165016aa

そして終了間際にワシントンが倒され
PKを獲得すると自ら蹴り込み4点目。
見事な完封勝利!
2006_0507_165706aa_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッズ、鹿島を圧倒!

2006_0507_143346aa

ジェフ戦が良いカンフル剤となった感じの前半。
2006_0507_145032aa

サポの応援のボルテージも試合開始直前から
今シーズン最高!
2006_0507_151108aa

試合内容も伸二の先制点
2006_0507_152452aa

ワシントンの追加点
2006_0507_155010aa

山岸のスーパーセーブ
2006_0507_154024aa

闘莉王や啓太のアグレッシブなプレーの連続。
2004年ナビスコ決勝以上に圧倒!
良い流れのまま後半追加点をあげて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普段の倍のビジターエリア

2006_0507_144844aa

流石に鹿島は来ますね。
普段の試合の倍のビジター席。
これだけビジター席あるのは
FC東京、新潟位でしょう。
美園の駅前や埼スタ入場後もいつもより
目障りなユニが目立ちます。
U13に続いて鹿島倒しましょう!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

レッズU13勝利

2006_0507_132145aa

結局1-0で勝利!
記念撮影後、両ゴール裏レッズサポへ挨拶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後半15分レッズ先制

2006_0507_132113aa

前半から左サイドで起点になり活躍の
15番子が先制ゴール!
残りわずか攻めるレッズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一進一退

2006_0507_131141aa

フリーで撃たれたシュートがバー直撃。
そのすぐ後にチャンスを作りキーパーが
ファールで止め警告。
2006_0507_131257aa

FKは残念ながらキーパーがキャッチ。
8分辺りからレッズが押し込む。
後はゴールのみだが後一歩、
頑張れヤングレッズ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前半終了スコアレス

2006_0507_125527aa

終盤は左サイドから攻め込み惜しいシーンも
鹿島になれてきた感じで良い時間も増えてきた
後半は得点できそうだ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ボーイズマッチU13

2006_0507_123824aa
2006_0507_123928aa

両クラブのU13によるボーイズマッチ。
5分過ぎたが若干鹿島のポゼッション率が高め。
レッズは奪った後の切替でやや上回っている感じ
なかなか釣り合いの取れた試合です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.06

東京決定機外し大宮逆転

2006_0506_164044aa

結果としては数多く決定機を作りながら外し過ぎ。
終了直前小林大悟の直接FKで逆転勝利。
2006_0506_165610aa
2006_0506_165644aa
2006_0506_165646aa
2006_0506_165658aa

同点にされた後、攻めた姿勢はホームだから
しかたなかっただろうし、押される中
伊野波投入で対応した。
ただ最後FKを与えたシーンはあそこまで
アグレッシブに行く必要があったかやや疑問が残る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャーンPK獲得をルーカス

2006_0506_145550aa

セットプレーからジャーンが競りながらヘッド
一度つぶれながら即起き上がったゴールへの
執念が産み出したPKをルーカスが決めて先制。
2006_0506_151348aa
2006_0506_151536aa

ルーカスと赤嶺の前線からの追い込みと今野の
抜群の読みでしっかり守れていた東京だが
茂庭が負傷交代で増嶋投入から
ややバランスを欠く場面が発生する。
後半最初のゴールが意味を持ちそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.03

レッズ全てで完敗

2006_0503_173428aa
2006_0503_175048aa

何から何まで全てジェフが上回る。
最低な内容を2年続けてフクアリで見せたレッズ。
勝てる感じがしない、玉際の厳しさが足りない。
気持ちの差としか表現できない!
2006_0503_175648aa
唯一の救いは試合後闘莉王が他の選手を
ゴール裏へ呼び寄せサポの近くまで挨拶に行った事位。

今日をきっかけに多いに発奮しない限り
鹿島相手試合にならないだろう。
気持ちの伝わるプレーをもっと見せて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

予想以上に苦戦

2006_0503_150457aa

前半スコアレスながら巻にゴールネットを2回揺らせれた。
特に2本目は取ったオフサイドには見えなかっただけに
かなり危険性を感じた。
2006_0503_163916aa

それでも多少千葉の運動量が落ちた終盤
何度かゴールを予感させるプレーが見られたレッズ。
後半にサポーターの待つゴールへ決めてくれるに違いない。
2006_0503_165102aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »