« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.30

JFL東京ダービー

2006_0430_125916aa

佐川東京SC対横河武蔵野FC
実力では格上と思われる佐川が早い寄せから
ボールを奪取して、何度か良い形を作る。
風上の武蔵野はGKのキックなどロングボールが伸びる。
試合前から吹き続ける強い風を利用して上手く先制点を奪う。
2006_0430_131910aa
2006_0430_131936aa

やや長くなりすぎた感じの
ライン際のボールを村山が必死に追い攻撃のリズムを
掴むとその数プレー後に村山がPKを決めて2-0
2006_0430_132738aa
2006_0430_132742aa

何度か訪れた決定機を逃し、嫌な感じで風下の後半へ
気温が高くなったために両チーム疲れを
感じさせつつ後半が進む
やられたと覚悟する場面もGK井上の好セーブで
凌ぎ完封勝利まで後僅かのところで
数的有利になり前掛りになりすぎたスキをつかれ1失点。
2006_0430_145022aa

もったいない失点だったが佐川に勝ったのは大きいですね。

PS
川崎フロンターレで踊る場を失ったチアの皆さんが
佐川東京のチアとして活動してました。
試合前、ハーフタイムとチアを見せてくれました。
2006_0430_135152aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.29

1失点で凌ぎ東京勝利

名古屋、吉村の豪快なミドルで1点返されたが
土肥の度重なる好セーブで逃げ切り。
2006_0429_200922aa
2006_0429_205020aa
2006_0429_205022aa

途中出場のリチェーリは動きは良いので
今後、面白い存在になりそう。
2006_0429_205338aa

ルーカスが2ゴールを決めたことは
不調を抜け出すきっかけになるだろう。
2006_0429_205744aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京思い掛け無い2点リード

2006_0429_190248aa

まさかの前半2得点。ルーカスがヘッドで2発!
2006_0429_192102aa
2006_0429_192118aa

2006_0429_192422aa
2006_0429_192432aa


しかし、間延びするラインは相変わらず
名古屋の不調に助けられている感じは否めない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はしご観戦@武蔵野線乗車中

埼スタでレッズ勝利確定!
試合終了のホイッスル後、永井コールをしながら
スタジアムを出て軽くダッシュ。
混雑前の埼玉高速線に乗り東川口で乗り換え。
その後J'sゴールで他開場結果確認。
川崎対清水引き分け、清水やっぱり強いですね。
鹿島勝利、千葉勝利、順当に強い所が勝ち点積んでます。
3日千葉、7日鹿島と前半戦の山場
良い形で切り抜けリーグ制覇へ弾みを付けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念な勝利

2006_0429_160536aa

啓太が厳し目のタックルでこの日2枚目の
イエローで退場になってしまった。
2006_0429_164238aa

攻守の要を失って挑む次節は難敵ジェフ
かなり厳しい試合となりますが熱いサポートでカバーしたい。
試合はロスタイム前掛りの大宮を嘲笑うかの様な
ロングボールからワシントンそして永井へと
ボールが渡り見事にダメ押し2-0でレッズ勝利!
2006_0429_165338aa
2006_0429_165342aa
2006_0429_165354aa

盛り上がるレッズ戦だが冷静さを失わず
無駄なカードを貰わない様にしたい。
審判のレベルアップは訴え続けなくてはいけない
しかし、試合中は覚悟を決めて
「Jリーグでは審判は試合を裁けない!!」
を前提に戦はないと選手が損をしてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大宮にとってのさいたまダービー

2006_0429_145724aa
2006_0429_150414aa

立ち上がりから必要以上に荒い大宮
唯一、大ブーイングでおとなしめなのが土屋位。
2006_0429_153110aa

トニーニョのクリアミスを見のがさず
上手く抜け出し1対1を落ち着いてワシントンが
流し込み先制ゴール!
2006_0429_154028aa
2006_0429_154040aa

接触プレーが激しいので
怪我人や退場者が無ければ良いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.28

大原、前日練習

午後2:30からのTOPの練習を観て来ました。
ミニゲームでは伸二と永井が良い感じに移りました。
2006_0428_151700aa
2006_0428_152024aa

一方でワシントンはボールタッチの感覚が
若干ずれている感じを受けました。

練習後、都築のポストカードは、ゲットできず
しばらく待って伸二が沢山ポストカードを持って
出てきてくれて、この日ポストカード待ちの全員に
行き渡りました。
TOP選手はこの2名のみの配布でした。
明日、試合ですから結果で示してくれれば
言う事無しってところですね。

その後、ちょっとだけサテライトの練習を観に
グラウンドサイドへ移動しました。
2006_0428_174934aa

再び並び、坂本、千島の
2選手にカードを貰いました。
2人とも一度出てきてところで待っているのを見て
ポストカードを取りに戻り直接渡してくれました。

その後もあったかも知れませんが、
寒くなってきていてので私は切り上げました。

明日は大宮戦!
しっかり、攻めて得点を重ねて勝ち点3を取りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.27

ナビスコ予選グループ3戦目

レッズがアウェー福岡戦@博多の森で
流石に1月に2回の福岡遠征はできず
今シーズン初めて味スタに
FC東京ホームゲームを観戦しに行きました。
2006_0426_190002aa

試合としては、FC東京のバランスの悪さ
チームとしての機能の低さと、けが人が
多いせいもあるのか、今一つの横浜F・マリノス。

前半は本当にワンチャンスを生かした
横浜が田中隼磨のシュートで1点を挙げる。
2006_0426_192416aa
一度は土肥が好セーブするものの、シュートを
撃った田中自らがつめて改めてシュートで
東京のゴールを破った。
2006_0426_200238aa

後半開始、キックオフでは東京が
ハーフウェーライン上に6人が並び
攻める意思を見せる。

開始早々に、伊野波のセンタリングに梶山が
珍しいヘディングシュートで同点にする。
2006_0426_200442aa
2006_0426_200450aa

中盤まで東京の良い時間が続くが、梶山が
ボレーならシュートできるところを前にトラップして
相手に詰められ、チャンスを逸した直後に
2006_0426_202154aa
2006_0426_202156aa

松田がドリブルから土肥の位置を確認しながらの
ループシュートで再度突き放す。
前半と後半で別チームのような動きを見せる
今シーズンの東京。前半から行っていれば
もう少し違う結果になるようにも思うが
メンバーが固定できていない面もあり
コンビネーションがずれることが多い。
今シーズン、レッズの試合を見続けている為か
同じディヴィジョンの試合とは思えないレベルだった。

また、この試合でも明らかな故意のハンドにカードが
出なかったり、100%ペナルティーエリア内で
突き飛ばしているのに、ファールすら取らず、
真横に近い位置で見ることができていたはずの
副審も何も無かったという謎のジャッジがあった。

これがJリーグといえばその通りだし
今更、審判のことを言っても試合結果が
変わる訳でもないのだが、極論を言えば
この試合も、この前に見たレッズの清水戦も
再試合になっても良い位、試合結果を左右する
場面での重大なジャッジミスがあったように眼に映る。

選手のレベルアップやクラブの努力により支えられて
発展してきているJリーグが審判だけはレベルアップ無く
上昇するプレーのレベルについて行けず年々ミスが
増え続けている。非常に残念な事だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.22

後半攻めたレッズに…

どんなに下手なジャッジでも余りにも
清水に偏った試合だった。
2006_0422_202422aa
2006_0422_202424aa
(レッズからもJリーグへ質問すると報道の
あったアレがGKと接触転倒したとき)
2006_0422_203116aa

怪しいジャッジがあり内容的には悪くても引き分け、
上手くすれば逆転勝利だった。
試合終了後ポンテが抗議退場となったが
誰か一人は退場するまではどうにも
抑さまりが就かない感じだった。
2006_0422_205828aa
2006_0422_205912aa
清水と主審連合チーム相手の
ハンディキャップマッチは1点差のまま終了した。
せっかく良いプレーを続けた清水にもケチの
着いてしまった感じだ。
ただし、何度も在った決定機を珍しく外し続けたワシントン
審判の不可解なジャッジに熱くなったポンテ、
それを止めようとしたり、代わりに抗議をした各選手。
ヒステリックな審判に過剰に反応してしまった。
清水の守りは堅く、高さでも珍しくレッズの闘莉王、
ワシントンが競り負ける場面も在った。
非常に残念な主審が主役の試合になってしまったが
レッズにとっては課題が見えたのではないだろうか。
(ジャッジの酷さは試合後にガードマンに守られ
主審が退場した事でも分るだろう)
次のナビスコでは坪井とポンテがレッドカード消化で
出場停止、その後29日にJ1リーグ大宮戦となる。
この試合を引き摺らすに、切り替え課題をクリアして
行ければ、良いターニングポイントに変えられるだろう。
今シーズンのレッズならキットやってくれる!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

前半終了1点リード許す

2006_0422_172630aa
2006_0422_183452aa

前半は清水のパスまわしにレッズDFが振られる場面が
あるなど1-2の点差が内容の差だと思う。
1失点目はもったいなかった。ポンテが押し倒された様に見え
ポンテが倒れボールを抱えたところハンド
清水の早いリスタートから抜け出したマルキに簡単に決められてしまう。
2006_0422_193012aa
(相変わらず相手サポを挑発するマルキ許せん!)
切り替えられぬまま続けざまにチョジェジンに粘られ失点。
2006_0422_193028aa
2006_0422_193210aa
(これまで、レッズの堅い守りを支えてきた堀之内が
チョジェジンを僅かに抑えきれず失点)
2006_0422_194914aa
2006_0422_194918aa

しかし、ワシントンがPKを取り自ら決め1点差で後半へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコパ到着

開門前に到着
レッズツアーバス12台
2006_0422_153745aa_1

更に増えるかも(後で聞いたところ25台だったそうです)
並びもかなり多いです。
2006_0422_154359aa_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウェーツアー

無事、新宿を出て東名に入る。
いきなり料金所から渋滞も13:00には足柄で休憩。
駐車場でエスパルスのツアーバスのとなりに駐車。
思わぬところで遭遇。
2006_0422_130610aa

天気も良く富士山も綺麗に見える
2006_0422_130601aa

後は勝ち点3を持って帰るだけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.15

後半レッズ全開!

アレのサイドから長谷部がゴール前で
二人の京都DFにわずかに競り勝ち先制する。
2006_0415_161804aa
2006_0415_161815aa

アレからワシントンで更に2点を追加!
2006_0415_163331aa
2006_0415_163455aa
2006_0415_163501aa

2006_0415_164639aa
2006_0415_164643aa
2006_0415_164648aa

ワシントンの技術の高さと強さを再認識すると共に、
アレックス、ワシントンなど選手休みが良い方向に
出た事も良かった。
ただ京都のアレモンには苦しめられていた
ので交代は助かった感じがした。
2006_0415_165925aa
2006_0415_170011aa
2006_0415_170104aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危ない前半

2006_0415_150352aa

京都は思ったほど引いてこず。
もっとチャンスを作れるかと思ったが、
微妙にゴール前で連携があわず
無駄なワンプレーの目立つレッズ。
2006_0415_154242aa

チームとしてアレモンにボールを集める
共通の意思で動いている京都。
セットプレーでは失点を予感さ せる
内容も多く先制点が
そのまま決勝点になりそうだ。
2006_0415_154744aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.12

後半実力発揮

山田暢久の芸術的なループ流石FWです^^)
2006_0412_201248aa
2006_0412_201254aa
2006_0412_201306aa

そして、闘莉王のダメ押しゴールで鮮やかな逆転勝ち!
2006_0412_204058aa
2006_0412_204136aa
2006_0412_204146aa

この試合で感じたのは坪井のコンディションの良さ
遂に怪我前のポテンシャルを取り戻した感じ。
2006_0412_204858aa

後半リードを奪ってからは、
長谷部→赤星、啓太→細貝、暢久→岡野と交代
赤星と細貝は数少ない出場チャンス、
もっとアピールできる場面があれば良かったんですが
あまり、見ていて目立つシーンはありませんでした。
2006_0412_205544aa

それにしても福岡の選手は
良く痛がって寝てましたね。
良く解らないのが、レッズにリードされた後も
痛がって時計を進めていること
後は、無意味なファールでイエローカードを
貰うなど、悪い癖とでも言えば良いのか
先の戦いに響くだけに、勿体無い事ですね。

平日の夜でも、観衆が1万5千人を
割ってしまうとは残念です。
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FW暢久

驚きのスタメン
2006_0412_190024aa

試合開始すぐに博多の森では
不在のアレックスに先制ゴールを許す。
2006_0412_191058aa

何度も攻め込むシーンを作り、なかなか
点にならなかったが堀之内が同点ゴール!
2006_0412_192738aa
2006_0412_192758aa
2006_0412_192802aa


岡田劇場開催中の駒場
かなりPKくさい闘莉王へのタックルはなし
更に絶対バックパスをキーパーキャッチも
ホイッスルなし、訳わからん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.09

底力でレッズ

前半に続き素晴らしい内容の福岡に対し
ゴールを決めきれないレッズだったが
2006_0409_160556aa
2006_0409_160604aa
2006_0409_163018aa

2006_0409_165102aa
終了間際になりパワープレーへ
都築が全員を上がらせて、自らFKを前線に送る。
そして、岡野のセンタリングに闘莉王!
2006_0409_165240aa
2006_0409_165244aa
2006_0409_165250aa

ロスタイムに入って闘莉王が値千金のゴール!
福岡が勝って居ないのが不思議な程
素晴らしい試合内容だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アビスパ完璧

ホームの大観衆に支えられ集中し良く動き走り守り、
攻め込む機会もありレッズ数回良い形になったが無得点
福岡のスタミナ次第で試合が決まりそう。
2006_0409_150904aa
開始早々のCKでゴールラインを割ったかと
思われるシーンもあったが、全体的には福岡ペース。
2006_0409_152514aa
2006_0409_154128aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッズのコールは

反響のないゴール裏からで福岡の爆心地に届く!
2006_0409_143750aa

屋根の反響効果を利用しておよそ3倍は居るであろう
レッズサポでない人の力を借りてほぼ互角か?
2006_0409_145002aa

<観戦後感想>
アビスパサポから感嘆の声が聞こえるのが面白かった。
ひたすら驚き、感心していました。
かなりの割合で「凄い!」という声を上げていました。
先ほども書きましたが
TV音声ではレッズのコールばかりですね。
熱く声を出して頑張っているアビスパサポさん達も
結構居ましたが、それをかき消す大音響流石です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームとしての工夫

バックスタンドは無料招待風の○○区と書かれた
のぼりが案内様についたSAとサポ席にあたる
自由エリアはほぼ満席 まだホーム自由ゴール裏は空きがある。
2006_0409_141708aa
2006_0409_141646aa


質の高いレッズサポ遠征組には及ばないだろうが
チケットの売り上げを捨ててまでレッズサポに 席を
与えなかった効果はあったようだ。
2006_0409_141642aa
2006_0409_144502aa

<観戦後感想>
アビスパ福岡にも熱いサポーターが居て、
それなりに、ホームとして定着している感じを受けました。
また、鹿児島や熊本からレッズサポも来ていて
九州全体にサッカー観戦熱が上がって来ている感じを受け
サッカーファンとして嬉しくなりました。
空港に着いた時にはホークスの宣伝ばかり目立ちましてが
しっかりアビスパも支持されているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東平尾公園博多の森球技場

現在のところ出足は遠征サポの多いレッズの方が多い。
ホームメイン、バックの待機列を見て普段来て居る感じの
アビスパサポは驚いていました。
2006_0409_090618aa

さすがにチーム創設以来5回目らしいチケット完売。
とりあえずホーム自由しか買えなかった身としては
アビスパの爆心地は小さいと言う情報を信じて
バックSAよりの上の方から念を送ろうと思う。
2006_0409_142406aa

<観戦後感想>
爆心地は確かに小さかったけど、太鼓の音が
屋根に反響してコール以上に響いてました。
録画の音声聞いてるとレッズの
コールしか聞こえませんね。
場所柄、声は出せませんでしたが、ロスタイムに
念を送っていたら闘莉王がゴール!
岡野から闘莉王で決めた。
瞬間、周りから白い目で見られたことは
間違いありませんでした。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.04.08

アウェーの楽しみ

昨日は博多入りが夕方6時頃になり 一先ず、
一蘭でラーメン、替え玉を注文。
都内にも店舗はあるが、場所が変わるとちょっと違う感じがする。
今日はまず地下鉄で大濠公園駅へ福岡城跡で桜を楽しみ、
2006_0408_100720aa

同じ一画の平和台陸上競技場と
2006_0408_101222aa

舞鶴公園ラクビーサッカーグラウンドを見学。
2006_0408_101524aa

そして、桜を眺め大濠公園を少し歩いて
2006_0408_103324aa
2006_0408_103954aa


博多に戻り鳥栖へ移動。
2006_0408_112732aa

話題の鳥栖駅のかしわうどんを食べてスタジアムに入る。
2006_0408_121208aa

スタジアム内でもかしわうどんを売っていて こちらも好評でした。
噂に、たがわぬ美味しさでした。
2006_0408_122250aa

試合観戦の後、鳥栖スタジアムで知り合った レッズサポさんから
中州、天神情報を聞いたので 情報に基づき散策。
2006_0408_180728aa
2006_0408_183518aa

中州、天神の屋台を見て回り、美味しいラーメンを求め
元祖赤のれんに入る。見た目薄めに見えて
濃厚なとんこつスープに好みに合わせ にんにく、紅しょうが、
一味、ごまなどをトッピング好みの味が固まると
非常に食べやすく 美味しいラーメンになりました。
2006_0408_183456aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥栖攻めず敗れる

初観戦となる鳥栖スタジアムは聞きしに勝る
素晴らしいスタジアムだった。
2006_0408_121722aa
2006_0408_124332aa


前半にヴェルディ1969がCBのブラジル人が 2枚目の
イエローで退場となり鳥栖有利とスタンドは感じていたし
事実退場後は鳥栖の支配率も上がった。
2006_0408_143322aa

しかし、それまでにヴェルディの個人技に基づく
細かなパスに何度か突破を許していた
鳥栖はDFが上がれず、数的優位を生かせず。
かなりの時間を4〜6人で守りながら 結局2失点で敗戦。
1失点後一度は ロングボールが裏に抜けラッキーな形で
2006_0408_153252aa

新居が少しだふり気味のシュート タイミングをずらされた
弁慶がほぼ正面ながら セーブできずにゴール!
同点としたがそれで終わり終始消極的な戦い方で
サポーターを苛つかせる試合だった。
2006_0408_155908aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大壕公園から鳥栖スタ

2006_0407_185046aa

滞在している博多パークホテル前の桜がまだ花をつけているので
鳥栖スタジアムへ行く前に大壕公園へ寄ることにしました。
2006_0408_095352aa

サッカー観戦の後長浜にも行ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.07

福岡到着

良い天気で暖かい福岡。
東京を出たときの服装では汗ばむ程暖かいです。
2006_0407_152459aa
2006_0407_163111aa
2006_0407_163203aa

飛行機も雲海の切れ間から山並みや琵琶湖が見え
なかなか良い福岡遠征のスタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.05

4/9福岡戦席割りについて

考えられませんね。
大宮戦12040人
名古屋戦8585人
22563人収容干渉帯あるにしても試合当日を待たず
かなり前に完売。これだけ売れてるのに
アウェーサイド、ゴール裏までホーム自由を設定。
その上、SA席はメイン側の小さいスペースのみ。
http://www.avispa.co.jp/release/news/topic0604.html

両クラブに再度席割りを見直すように
お願いのメール送りました。
レッズフロントには迷惑かも知れませんが
無駄な争そいは無いほうが良いので。
それにしてもアビスパのフロントは
どう計算するとこの席割りで良いと思えるのだろうか?
頭をかち割って中を覗いて見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント・TBについて

何時も来て頂いて、コメントやTBをして頂いて
ありがとうございます。
一部、BLOGの記事内容とかけ離れた内容を
頂く事があり、先週から認証後に公開させて
いただく事とさせて頂いております。
折角、書いていただいても公開しない場合や
公開まで時間が掛かる事もありますので
ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.02

残念な引き分け

後半はサッカーを観ることができた。
前からチェックに来る様になった名古屋。
藤田の投入を合図に攻勢に出てきた。
数回失点を覚悟する場面を作られ
名古屋のゲームプラン通りの試合となってしまった。
2006_0402_172308aa

ポンテが精彩を欠いているのが
気になる試合でもあった。
終了直前のフリーキックもゴールならず。
2006_0402_175502aa
2006_0402_175702aa

| | コメント (4) | トラックバック (2)

名古屋の守り崩すも

2006_0402_160400aa

2006_0402_162038aa
決定的チャンスを伸二がふかしてしまい
再三のセットプレーもゴールならず
4-5-1で守りまくる名古屋は完全に
スコアレス引き分け狙い。
前半唯一のピンチにも堀之内がカットしてくれた。
なんとかゴールをこじ空けて勝利したい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒いです

埼スタ寒い。
気温上がるはずがかなり寒いです。
29日の寒さで風邪を引いて
発熱の身にはチト厳しいです。
キックオフまで約1時間半 熱い試合を期待!
2006_0402_143104aa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »