« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006.03.31

4/9福岡戦チケットアビスパシートのみ

ビジター自由が買えなかったので
近くになってからSA席でも買おうかと思って
居たところ買おうとしたら売り切れていたので
ホーム自由を3月中旬に購入していたが
遂にホーム自由も売り切れ。
何処まで赤く染まるのか、特にビジターゴール裏に
入りきらないであろう自由のレッズサポーターが
何処に行くのか結構見もの。
確かバックスタンドの自由がアビスパサポの
爆心地になっているので、両ゴール裏に
レッズサポが居たりするのかも?
新潟などでは県外購入数とかの発表もあり
想像が付いたけど今のところ情報なし。
どうなる事でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.29

ナビスコ初戦飾る

ギシが
2006_0329_201016aa

うっちーが
2006_0329_201644aa

大ピンチを防ぎ
セルがゴールを決めて先制!
2006_0329_202006aa
2006_0329_202012aa
2006_0329_202020aa
ワシントン、ポンテとわたりシュートの こぼれを、
ともちゃんが決めてくれました。
2006_0329_204834aa
何度か危ない場面を作られる試合だったが
結果的には完封勝利!
代表に4人怪我で暢久、永井を欠きながら
しっかり結果を出したあたりは強さの証明か、
しかし、東京もレッズ相手には良いサッカーをしてくる。
レッズの強さがガーロ新監督にこだわりの
ポゼッションサッカーを捨てさせ慣れたカウンターサッカー
を自然と選択した事がプラスに作用したかもしれない。
攻めでは川口一人が目立つ感じの中、伊野波は良く
ポンテに付いていた。
03’04’カップウィナーの対決は今のチーム状態とは
関係の無い結構きわどい戦いになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前半スコアレス

開始早々東京の馬場が負傷交代。
セルが
2006_0329_190440aa

ワシントンが
2006_0329_191642aa
ポンテが
2006_0329_193930aa

シュートを撃つが
東京のゴールを破れず。後半に期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駒場!

2006_0329_165205aa
スタジアム到着! 風が吹き抜けかなり寒いです。
ボーイズマッチがハーフタイムに入りました。
中に入ってすぐ駒場ラーメンに列が出来ていたのがわかる寒さです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.25

レッズ勝利!

後半は先制して流れを掴んだレッズが
2006_0325_163936AA
ワシントンが2回目の決定機を決めて
2点目を取りゲームを決めた。
2006_0325_172232AA

大島に終了間際決められて1点差にされたが
2006_0325_172428AA

それが長谷部のゴールを引き出してくれた。
後半25分あたりから押し込まれる時間が
長くなったが、相手も好調な横浜であり
勝った結果を素直に喜べる試合だった。
2006_0325_172842AA

| | コメント (2) | トラックバック (2)

前半互角の戦いに暢久!

2006_0325_153214AA

横浜の早いチェックに攻めきれなかったレッズ。
マルケスがうまく機能している横浜にも何度か良い形を作られる。
スコアレスで終わるかと思われる前半43分
2006_0325_162020AA
2006_0325_162026AA


山田暢久が決めて1-0とリードして後半へ!
早目の追加点が欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横断幕も!

2006_0325_143115AA

延々と続いた後、バックスタンド2階E22ブロック
辺りまでレッズの横断幕が張られる。
横浜サポ以上の人数が詰め掛けている以上
妥当な処置と言えそうである。

横浜サポとしては言いたい事もあるだろう。
それは自分達のクラブに言ってもらい
今後の運営に活かしてもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前哨戦

2006_0325_131909AA

前座試合でジュニアユースが戦い
2006_0325_132547AA

バックスタンド2階浦和サイドでは
横断幕の陣取りが場内の仕切りの不味さの為に
起こってしまっている。
レッズサポの出足の早さが予想以上だったのだろう。

結局、前座試合はレッズが逆転1-2勝利!
2006_0325_134526AA

横断幕はゴール裏のラインで決着しそうだが
トラブルになる前に場内係りにしっかりした
対応をさせていれば、こんな、いざこざは起きないので
ホームクラブの横浜Fマリノスの管理責任が一番の問題である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.21

ゴールラッシュ

試合を振り返ると
伸二の先制点で全てが決した感じがした。
2006_0321_160918AA
2006_0321_160926AB


ワシントン
2006_0321_161844AA

2006_0321_161852AA


闘莉王と追加点を決め3ー0。

2006_0321_164042AA
2006_0321_164050AA


完封勝利!

2006_0321_165728AA

次の日産スタジアム横浜戦に良い流れで挑む。
次節がひとつ目の山と言えそうである。

| | コメント (2) | トラックバック (15)

前半スコアレス

最後の所でパスが噛み合わないレッズ。
惜しいシーンを作るが得点できず。
2006_0321_151432AA

今ひとつ動き出しが悪く感じた立ち上がりから
20分過ぎからはそこそこ動きが良くなった。
良くなってきた感じをゴールにつなぎ勝利を!

2006_0321_154958AA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにGRG

ホーム開幕は試合開始の少し前に着いた。
そのため今年最初のGRGは今日となる。
今はボーイズマッチが行われている埼スタ
間もなくその時がくる。
2006_0321_144956AA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.19

レッズ3位へ上昇!

J1リーグ第3節を終えてレッズは2勝1分で3位に付けています。
川崎が小瀬で甲府に負けました。J2から昇格した年にも
小瀬で甲府に負けた試合を見たような記憶があり
相性が良くないのかも知れません。が、マルコンの退場は
次節の出場停止もあり結構痛いでしょうね。
3試合連続完封勝利の清水が内容としては良いよう見えますが
対戦相手の内容を見るとまだ調子が出ていないチームが多く
対戦相手に恵まれたと言う側面も感じます。

そんな中、内容は速報とスパサカのみなので不明のレッズですが
広島相手に4-1とアウェーで勝利!
良い流れに乗れたように感じます。
この流れを大切にして火曜日ホームで昨シーズン痛い目にあった
セレッソを相手にしっかり勝ち点3を取りたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.11

第2節レッズ・ホーム開幕ジュビロ戦

ホーム開幕を飾るビジュアルパフォーマンスで
選手の入場を迎える。
2006_0311_140332AA
試合が始まると動きの少ないレッズ。
危ないシーンは右からセンタリングを
何度か上げられたが、ジュビロの攻撃もさほど
怖さを感じさせないモノであった。
しかし、全体的に攻守の切り替えの遅さが目立つ内容。
33分闘莉王が低空ヘディングシュートで先制!
2006_0311_144042AA

これで流れを掴んだ。42分にはアレックスがFKを見事な
コースへ決め2-0で前半終了。
2006_0311_144922AA

後半は61分ポンテがエトーの様な相手の隙を付くプレーで
DFとGKの間に割って入りボールをかっさらうい落ち着いて
ゴールへ流し込み3-0でゲームを決める。
2006_0311_152338AA

その後、相馬、黒部と移籍加入組みも交代出場を果たし
3-0でゲームを終えられるかと思ったが
一瞬の気の緩みを疲れて早いセットプレーから
87分に失点してしまった。
それでも、ホーム開幕戦を勝利で飾ったので良かった。
これで、前節のガンバ戦引き分けの勝ち点1に良い意味を
持たせることができたと思う。


| | コメント (2) | トラックバック (5)

2006.03.08

ファンブック&イヤーブック

毎年恒例のファンブックとイヤーブック出てたんですね。
今年は、サカダイやサカマガ余り見てなかったので
昨日見て、気が付きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.05

不安な開幕ガンバ戦!

TVにて観戦の為、選手個々の動きは
良く解りませんが前半開始早々に先制!
これは良い!と思ったが、
前半30分位までで失速した感じ。
XEROXのときにもあった引きすぎてガンバに
ボールをまわされ、攻め込まれる嫌な時間が結構あった。
結果は1-1でドロー。試合内容からすれば
勝ち点1拾えた感じを受ける。
一番気になったのが恐らく疲労が相当溜まっている
はずのアレックスのフル出場。
相馬とのコンビネーションがまだ試合で使えないという
判断からなのか真相は解らないが、
コンディションの良い選手を使うというギドの言葉と
裏腹に、特に各選手、後半は疲れていたように見えた。
闘莉王のカバーに入る啓太は問題無い筈だが
特にワシントンの前線からのプレスが望めない中での
守りのシステムを早く作り上げないと
リーグ序盤を昨シーズン同様苦戦する事になり兼ねない。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »