« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005.03.31

W杯アジア地区予選バーレーン戦

アレだけセットプレーがあってオウンゴールの1点のみのゴール欠乏症は重症ですが
とにかく勝ちました。貴重な勝ち点3を確保。これでグループ2位に上昇。
次がアウェー、バーレーン戦ですから、余裕はありませんが次はとりあえず
「負けられない戦い」にやばさが戻った感じです。
この日の結果北朝鮮は予選敗退がほぼ確定しましたから、バーレーンの上に
行くための戦いをして行けば2位抜けで本大会へいけます。
ただ、つぎ中村、小野、中田と揃いますが4バックなのか3バックなのか
カウンター得意のバーレーン相手ですから無理に攻めずに0-0もOKのつもりで
戦えば火事は無いと思いますが、ジーコのことなんで勝ちに行きそうで
その場合、どんな布陣になるのか不安でもあり楽しみでもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.03.29

FC東京スポット誕生!

バモスタ
代表戦も楽しめる、FC東京応援スポット誕生です。
水~土夜20~25時の営業です。京王線柴崎駅下車北口徒歩1分だそうです。
私も機会があれば行ってみようと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.03.26

ナビスコ第2節

今日は、味スタでFC東京対大分を観戦。
結果は0-0スコアレスドローで、グループの最下位を分け合うことになってしまいました。
内容も梶山が帰ってきたのが明るい話題という程度で、東京にとっては非常に厳しい
ナビスコになってきました。これでJ1再開です。リーグでは首位なので気持ちを切り替えて
積極的にシュートを撃ち、ゴールを狙ってもらいたい。
昨日の代表戦にも通じるが「シュートを撃たなければ入らない」もっとゴールに対するこだわりを
持ってプレーして欲しい!そう感じさせられる試合だった。

試合終了前からのブーイングと終了後の阿部ちゃんへのコール、
東京の選手たちの奮起を期待したい!

帰宅後、録画した浦和対大宮をチェック。
こちらは、トップカテゴリーで初のさいたまダービーにふさわしく
両チームとも良さを発揮した感じがします。
好スタートを切ることに成功した大宮は初の敗戦となったが、掴んだ物の多い試合だったと思う。
一方のレッズは課題は多く感じるがとにかくナビスコで2連勝!
J1再開に弾みがついたと信じる。達也、エメゴールってのも乗っていけるでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006ドイツへの展望

韓国も負けましたね。
30日バーレーン戦「絶対に負けられない戦い」では無く、
「絶対に勝たなくてはいけない戦い」になってしまった感じがします。
最悪はプレーオフで韓国のいるグループの3位(多分クウェートかウズベキスタン)
に勝って北中米カリブの4位に勝てば行けるから大丈夫とは思ってましたが、
何か、韓国も怪しいし3位同士で日韓戦なんて事もありそうで、
とにかく次勝てば、嫌な流れを断ち切り、その後のアウェー2連戦に望めますから
内容はシュート一本でも良いから
とにかく勝つことに徹して、2位以内をキープしていきたいところです。
この2戦を観て組織力でバーレーン、個人技でイラン、精神力で北朝鮮に
それぞれ劣っているように見える日本。まあ、挙げた点を除けばそれぞれに対して
劣っているところは無いはずなので、ここからの3試合で2位以内を決めるつもりで
戦い抜いて欲しいです。
いやでも、気合の入る30日埼スタ、バーレーン戦。
みんなで戦い、みんなで支えて、ドイツ行きの切符をとろう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イラン戦敗戦

結果は皆様ご存知のとおり1-2で敗戦。思ったよりも機能した4バックでしたが、各個人のコンディションなのかな?
ポストになれない高原、突破できずにボールを失い続ける玉田、前半ハシュミアンをまるで抑えられなかった加地、
ダエイを手で抑え込む以外に防げなかった中澤などシステム云々では無く、個人の力量で負けた感じがします。
ほぼ実力的に同等のイランにアウェーでの1点差負けですから、1-2の敗戦は最低ラインは確保したといっても良いでしょう。
30日バーレーン戦ホームで1-0でも良いからとにかく勝つことですね。
第3戦を勝てば2位までは無条件で本大会出場できますから、とにかく30日埼スタで必勝ですね!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.03.25

ワールドカップ予選イラン戦

いよいよ、今夜ですね。
まあ、アウェーでのイラン戦相手の攻撃力に対抗する意味での4バックのようなので
過去に余り良い例が無いとは言え、止むを得ない布陣かと思います。
試合開始して押し込まれて慌てて対処する形での4バックよりはいいかと思います。
三浦(淳)と俊輔がいるのでゴール近くでFKを何本か取る事が出来れば得点は取れるでしょう。
勝てれば最高!予選1位通過の可能盛「大」、引き分けOK予選通過の可能性UP、
といった試合だと思います。
夜10時35分KICKOFFが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.23

FIFA TOYOTA CUP

FIFAクラブワールドチャンピオンシップトヨタカップジャパン2005チケット概要
発表になりましたが、驚きの高価格設定になってますね。
昨年のヨーロッパ対南米の「最後のトヨタカップ」の観客動員の少なさを考えなかったんですかね?
正直、あきれるレベルの高さです。出場チームがわからない中でどの程度売れるのか不明ですが
買うとしたらカテゴリー4になりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.22

川崎決戦!

観戦した訳ではないのでハッキリとは言えませんが
フロンターレ対ヴェルディ、前半4-0とリードしながら
同点に追い付かれたフロンターレ、今シーズンJ12試合と
このナビスコの1試合を見る限り、柏戦こそ後半追い付いたが
全体的に見て機能していた2戦目の浦和戦とこのヴェルディ戦
前半に飛ばして逃げ切る戦い方に出ている様に思えるが
結局、最終的には逃げ切れない展開になっている。
絶対的な攻撃力と堅い守備で昨年圧倒的な強さを見せた
フロンターレだが、J1のスピードに対応し90分戦い続けるには
やや、現状ではスタミナ不足のようである。
スピードになれて無駄な動きが少なくなってくればまた違う戦い
になっていくだろう。
序盤戦は苦戦が続くかもしれないが、5月頃からは楽しみな感じもします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.20

ヤマザキナビスコカップ予選リーグ開幕

日立台で行われた、柏レイソル対FC東京戦を観戦。
チェ・ソングク合流でJリーグでは良い試合内容ながら未勝利のレイソルが
試合内容にふさわしく今期初勝利を上げました。
FC東京は石川のゴールで先制までは良かったが、直後に失点すると
そこからリズムがおかしくなってしまった感じの試合。
藤山に変えて藤田が入ってから再びリズムを取り戻したものの
時間が足りず、3-1のまま試合終了。
今期初失点、初の敗戦をきっしてしまった。
ただ、少しずつではあるが、ダニーロの調子が上がってきているようなので
もう少し時間は掛かりそうだが、今後の活躍に期待していきたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.19

プリンスリーグU-18

やっと昨日、日程が出ましたね。また、Jユースカップの組み分けも発表になりました。
後は関東の大学サッカーが日程出ると、大体日程が出揃います。
いろんなスタジアムでいろんなカテゴリーのサッカーを見るのも楽しいものですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.17

週末観戦予定

今年は関東近県観戦に抑える予定なので、余り遠方のアウェーには行きそうにありませんが、
結構同じ試合を観に行きそうですね。何処かでニアミスしてるかも知れません。
こちらは19日日立台観戦、20日は未定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.16

2006FIFAワールドカップアジア地区最終予選

すでにいろんな方が紹介してますが、メンバー発表になりました。
イランが欧州から移動距離も少ないとあって欧州組みが久しぶりに
多数選ばれました。
レッズの試合を見る限り、坪井はまだ早いと思います。
また、最近余りいい所を未定な息がするヒデが選ばれましたが
スタメンでくるのでしょうか?
伸二と俊輔が入ればヒデ使う場所が内容に思いますが…

GK 
土肥 洋一   FC東京
楢崎 正剛    名古屋グランパスエイト
曽ヶ端 準   鹿島アントラーズ
DF
三浦 淳宏   ヴィッセル神戸
茶野 隆行   ジュビロ磐田 
宮本 恒靖   ガンバ大阪
松田 直樹   横浜F・マリノス
中澤 佑二   横浜F・マリノス
坪井 慶介   浦和レッズ
加地 亮    FC東京 
MF
藤田 俊哉   ジュビロ磐田
福西 崇史   ジュビロ磐田 
中田 英寿   フィオレンティーナ(イタリア)
中村 俊輔   レッジーナ(イタリア) 
小笠原 満男  鹿島アントラーズ
本山 雅志   鹿島アントラーズ
中田 浩二   マルセイユ(フランス)
稲本 潤一   カーディフ(イングランド)
小野 伸二   フェイエノールト(オランダ)
遠藤 保仁   ガンバ大阪
FW
鈴木 隆行   鹿島アントラーズ 
高原 直泰   ハンブルガーSV(ドイツ) 
玉田 圭司   柏レイソル
大黒 将志 ガンバ大阪
※バーレーン戦には、下記メンバーが合流する予定です。
田中 誠   ジュビロ磐田
三都主 アレサンドロ 浦和レッズ

まあ、アウェーの厳しい戦いにヒデの経験が役に立つと考えているようにも思えますが
とにかく、この2連戦で1勝1分なら、ほぼ予選突破が見える訳で、しっかり戦って欲しいと思います。
流石にイラン戦はTV観戦です。
バーレーン戦はしっかりサポートして勝利の瞬間を味わいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.13

川崎対浦和

最高と言って良いパフォーマンスを見せた川崎と、開幕戦同様最悪の状態レッズ。

全員の守備意識を高く持ち、2人3人でプレスをかけてきた川崎が大金星まで後僅かという所まで迫りながら

0312171700AA






岡野と“カニ”投入からレッズが息を吹き返し、岡野のゴールと終了間際のアレ→闘利王の同点弾で辛くも勝ち点1を確保。


0312171714AA






岡野と“カニ”投入からレッズが息を吹き返し、岡野のゴールと終了間際のアレ→闘利王の同点弾で

辛くも勝ち点1を確保。
レッズとしては、坪井のブランクが響いている感じ。アルパイ戻ったらサブかな?

ネネの負傷交代で入ったウッチーは気合の入ったプレーで良い働きをしていた。

ただ、試合内容からすれば完全に負け試合をドローで逃げたのは今後につながる「勝ち点」1だったといえる。

開幕からの1週間で課題を修正した川崎と選手のコンディション不良を克服できなかった浦和

それでも、引き分けなのが実力差ではあると思うが、リーグ制覇という目標を手にするには、
早急な改善が必要である。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.03.06

J1☆第1節柏対川崎

久しぶりの日立台
ピッチとの近さはやはり日本で一番でしょうね。
試合は、柏がいい形で攻めながらもフィニッシュが枠へ行かず
なかなかゴールできず。川崎は中村の不在も響いたのか
たまにジュニーニョが個人の力でゴールに迫るくらいで
余りいい所がない。昨シーズンJ2を圧勝で昇格するも
かなり厳しいシーズンになりそう。
結局試合は1-1の同点になった。
終了の終盤に追いついた川崎には何とか拾った勝ち点「1」
柏にとっては痛い勝ち点「1」だったように思う。
柏は、フィニッシュの精度以外はいい形もできているし
安永のポストプレーも良かったし、早いうちに勝利を上げれば
波に乗ってきそうな感じを受けましたが、失点したときの
選手の落胆した感じが見えたのがやや気がかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

J1☆第1節東京対新潟

浦和戦観戦後、味スタへ移動。
東京の開幕戦を観戦。昨年までのスカパラのオープニングセレモニーとは違い
アニマル浜口さんの気合だぁ~のパフォーマンスで始まる。
間合いが微妙であったが、何か楽しそうにやってくれてたので良かったかも…
試合は川崎戦の悪いところを修正しダニーロをスタメンからはずした策が当たり
4-1-4-1の超攻撃的布陣がはまる。石川、今野、ルーカス、ルーカス計4点
見事に完封して4-0で開幕勝利を飾る!
いい流れになったので終了間際にダニーロを使うこともできていい試合だった。
栗澤の運動量が際立って目立った。昨年不調だった宮沢も調子を取り戻して
なかなか良かったが、戸田との連携をもう少し良くしてくれれば、右に偏る
攻撃が両サイドからバランスよくできると思える。
しばらくは、今日のスタメンを続けてほしい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

J1☆第1節浦和対鹿島

エメのフィジカルの問題や鈴木の挑発行為にマンマとはまってしまったアルパイなど
浦和にとっては惜しまれる試合となってしまった。
レフェリーのジャッジにもナーバスになりかえって心象を悪くしてしまった感じも強かった。
鹿島の狡猾さが目立つ試合で、流石と言えば流石だが、後味の非常に悪い試合だった。
次節川崎戦にアルパイが不在となり、おそらくは坪井が出場すると思われる。
PSMザスパ戦のTV中継を見た限りでは、怪我前の50%くらいの状態ではないかと思う。
場合によってはウッチーや堀之内の起用もありかも知れない。
後1週間でエメのコンディションがどこまで戻るかが一つのキーポイントかも知れない。
長谷部、アレと途中出場の岡野は割と良かったのが明るい材料ではあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »